みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に
2018/02/24

モチベーションアップの方法や言葉!部下に仕事のやる気を出させるには?

Large pexels photo 290617

モチベーションアップはとても重要

null

モチベーションアップ、という言葉も意味も誰もが知っているものでしょう。しかしその方法となるとはっきり答えられない人も多いかもしれません。しかし、仕事でもプライベートでもモチベーションアップをする事で結果につながる事というのはとても多いものです。今回はモチベーションアップできる方法だけではなく、モチベーションアップできる言葉や部下に仕事のやる気を出させるモチベーションアップの方法についてまでくわしく解説します。

<下に続く>

モチベーションアップする方法

方法①目標を明確にする

まずは、きちんとモチベーションアップさせたい事がらについても目標をしっかりと明確にしましょう。目標を明確にする、というのはとても大切なことですし、目標がしっかりと決まるからこそ、そこへの過程を考えられるようになります。人のやる気というのはやはり上がったり下がったりするものですし、それを維持するための方法というのが必要になってきます。

か、という事などがわからなくなり、モチベーションを維持することができなくなってしまうのです。恋愛にしろ、仕事にしろ、自分が望むものはなんなのか、また今かかえているプロジェクトという一つのちいさな単位でもその中での目標はなんなのか、という事をしっかりと認識しておかなければ、前向きに取り組んでいくという事はなかなかできないものなのです。

方法②ご褒美を決める

小さいこどもなどでもご褒美があるとやはりやる気はできるものです。大人になればご褒美は誰かが与えてくれるもの、ではなく自分が自分に与えるものとなるのです。ご褒美といっても大きいもの、とても高価なものではなく小さなことでも構わないでしょう。また逆にこの大きなプロジェクトを終わらせえたら旅行に行こう、欲しかったものを買おう、という事も大きなモチベーションになるかもしれません。

大人のご褒美には色々な幅がありますが、モチベーションを維持するためには定期的に小さなご褒美、そして長期的に大きなご褒美を与えるという事がとても効果があるものとなります。この週を乗り切ったら「会いたい人に会う」というだけでも、モチベーションはアップするものでしょう。自分自身で自分の機嫌をとる、というのは大人にとって必要な事ともいえるかもしれません。

方法③憧れの人と会う

好きな人や会いたい人と会うのはとても嬉しいものですが、モチベーションをアップさせたいのであればその分野で憧れる人に会うというのが良い事となります。例えば、ダイエットのモチベーションにモデルのような体型の人と会う事、仕事のモチベーションのために仕事で憧れている人に会うこと、というのはとてもやる気がでるものです。何もかもに疲れている気がする、モチベーションがあがらない、というときは昔の恩師や昔あこがれていた人にあう事も意外と今を頑張ろうという気持ちにさせてくれるものです。

恋愛でも、好きな人に会うことでモチベーションはやはりあがるものですから、最近モチベーションがあがらない、という時は憧れている人、また好きな人と会えるようにしてみるとよいでしょう。ただ人と会うだけでも元気が出る事はたくさんありますが、憧れの人と会うと自分もそうなっていきたいという前向きな気持ちになれるため未来へのモチベーションアップができる事になるのです。

方法④褒め言葉を思い出す

人から褒められたこと、というのは案外忘れているものです。それよりも傷つけられた言葉の方が頭に残っていたりします。今まで褒められてきた事を一度とことん考えてみるとモチベーションアップにつながる事があります。自分でも思ってもみなかった部分を褒められた、という事は誰しもあるものですし、思い出す中で過去の自分を思い出す事、そして更に自分が自信をもてるようになっていく事につながってきます。褒められる、というのはやはり嬉しいものです。もしもあまり思い出せない、そんな事はないかもしれない、と思うのであれば一度仲の良い友人などに恥ずかしさを捨てて「自分の良いところってどこだと思う?」と言ってみてもよいでしょう。

急にどうしたの、と言われるかもしれませんが「自分を見つめなおしたい」「最近やる気がであいから」といえば、長所について答えてくれることでしょう。褒め言葉時に「どうせお世辞だ」と受け取ってしまいがちですが、それは言ってくれた相手に失礼でもあります。せっかく心から褒めても相手が悪い意味にとらえれば言わなければよかった、と思うものでしょう。人が言ってくれた言葉は、時には素直に受け取ってみることが、自分への自信にもなり、明るい前向きな気持になる事にもつながってくるのです。

方法⑤歌を聞く

歌には人が思っている以上に心理的に与える効果があります。誰もが自分が好きな歌、嫌いな歌がありますが、色々な歌を聞いてその中で自分を奮い立たせてくれるような歌をテーマソングのように聞くとやる気スイッチが入るかもしれません。毎朝通勤の時にはこれを聞く、落ち込んだときにはこれを聞く、というような歌です。やはり前向きな歌詞やパワフルな楽曲がよいでしょう。

大切なのは本当に聞くだけで元気がわいてくる、と自分が思える歌を選ぶ事です。誰かがあそういっていたから、というのではなく、そういっていたから聞いてみたら元気がでた、というような歌や思い入れのある歌がよいでしょう。自分のテーマソングを作る事で、何かあった時にも一瞬で元気がでますし、少し落ち込んだときに入ったお店などでたまたま流れていたら神様が応援してくれている、というような気持ちにもなれるかもしれません。

<下に続く>

モチベーションアップできる言葉

null

言葉①人生は恐れなければ、とても素晴らしいものなんだよ。人生に必要なもの。それは勇気と想像力、そして少しのお金だ

喜劇といえばチャールズ・チャップリン、と思い浮かぶ人も多いはずです。そんなリャップリンの言葉は恐れをなくし前を向くモチベーションアップにつながる言葉です。モチベーションがあがらない、という時は勇気と想像力が足りていない時であるかもしれませんし、恐れに支配されているかもしれません。

自分の勇気と想像力を信じ、前を向いて人生を歩む強い気持ちを教えてくれる言葉なのです。またお金というのも多くを求めすぎると失敗してしまう事もあります。しかし必要なのは少しのお金なのだ、という言葉を認識しておけばお金に目がくらみ失敗する、というような事は避ける事ができるはずなのです。

言葉②お前の道を進め、人には勝手なことを言わせておけ

ダンテはイタリアの詩人、哲学者でした。哲学者の言葉にはやはり名言が多いのですが、特にこちらの言葉は人の目を気にしてしまう人におすすめです。人からの意見で、自分の道について勇気がでなくなってしまう事は誰しもあるものです。そんな時も、この言葉を思い出せば、前向きに未来を切り開くこと、自分の道をすすんでいく事ができるようにもなるでしょう。

くじけそうな時に諦めず自分の道を進んでいけるようになる言葉のひとつなのです。昔の哲学者の言葉にはやはり深い言葉がたくさんあります。少し心が疲れたな、と感じた時などにはそういった過去の偉人の名言を調べてみることでも、モチベーションアップができるかもしれません。

言葉③努力する人は希望を語り、怠ける人は不満を語る

たくさんの名作を残した日本の小説家、井上靖さんの名言です。努力をするというのはやはり大変なものですし、モチベーションを維持できなければなかなか努力しつづける、という事はできないものです。しかし、そういった時にはやはり不平不満を口にしてしまいがちなものとなります。

大切なのは、不満を語るのではなく、希望を語り前へ進むことです。希望をもつからこそ、努力をしつづける事ができるのでしょう。やはり不平不満というのはその言葉だけではなく、それを話している姿というのも醜いものです。そうではなく、まっすぐに希望を見出していけるような言葉をつかっていくようにする事も耀未来のためには重要な事であるといえるのです。

言葉④夢は逃げない。逃げるのはいつも自分だ

「自由人」を自称して随筆などをたくさん書いている高橋歩さんは、名言集のような本もたくさん出版しています。夢を追いかけているとき、モチベーションがあがらず夢を追いかける事を諦めそうになる事がありますが、しかし諦める、という事は逃げる事ともいえます。

諦めなければ夢はかなう、という言葉などもありますがやはり夢を追いかける努力をするおと、つづけること、は夢をかなえるために重要なものです。諦めそうな時にはこの言葉を思い出すと立ち向かう事ができるかもしれません。逃げない自分でいようとするもちーべションをアップさせてくれる言葉であるといえるでしょう。

言葉⑤自分でこんな人間だと思ってしまえば、それだけの人間にしかなれないのです

偉人伝などでヘレン・ケラーの事を読んだ事がる人は多いかもしれません。学校で習ったという記憶がある人も多いでしょう。視覚と聴覚の重複障害者でありながらも、教育化、社会福祉活動家として活動し、彼女の行動、言葉は今も語り継がれるものとなっています。障害というのはやはりハンデともなりうるものですし、できない事があるという事は辛い事かもしれません。

しかし、ヘレン・ケラーが言った言葉だからこそこの言葉にも大きな意味があるともいえます。モチベーションをアップさせたいと思うくらいですから現在落ち込んでいるという人が多いはずです。そんな人はこの言葉を胸に自分自身の可能性を決めつけずに努力すれば未来が変わってくるかもしれません。

言葉⑥目が前向きについているのはなぜだと思う? 前へ前へと進むためだ

疲れていると、色んな事をどうでもいい、と思ったりやる気がでなかったりする事があります。そうなるとどうしても前に進むことができなくなってくるでしょう。この言葉は「ドラえもん」などの人気漫画で有名な藤子・F・不二雄さんの言葉です。藤子さんの作品からも感じるような温かさを感じる言葉であるといえるでしょう。前に進むモチベーションをアップさせるためには、この言葉を思い出せば、前へ向かって頑張っていこう、と思えるのではないでしょうか。

<下に続く>

部下のモチベーションアップ!その方法とは

方法①マメに声をかける

特に信州社員の時というのは何をするにも不安なものですし、覚えなければいけない事が多すぎて、ミスをするのではないかとドキドキしている人が多いはずです。そんな中で小まめに声をかけ理解しようとしたり応援してくれたりする人がいるというのは心強いものです。とくに新人のうちは先輩や上司に気楽に声をかけてはいけないとも思っているかもしれませんので、その相手から気さくに声をかけられれば嬉しくなるものでしょう。

先輩、というのは自分が思っている以上に後輩からすれば憧れられる存在でにもなりますし、ほっとされる存在でもあるのです。もちろんその人のキャラクターなどにもよるかと思いますが、仕事の事はもちろん、挨拶や小さな事、世間話でも先輩や上司が話を振ってくれれば、部下はほっとして会話に入る事ができるでしょう。またそういったコミュニ毛―ションがあることで、みんないい人だ、仕事を頑張ろう、とも思える物なのです。

異動する人へのメッセージ・一言の例文【上司・同僚・部下】意外と悩む異動する人へのメッセージ 会社員であれば、異動は避けられないものでしょう。異動する人...

方法②小さなことほど褒める

先輩や上司が自分だとすれば、小さなことは当たり前のこととして処理してしまいがちです。しかし、部下や後輩からすればそんな小さなことほど褒めてもらえる事がとても嬉しいものなのです。なぜならば、そういった小さなことも「見ていてくれている」と感じるからです。部下や後輩のうちは色んな事が不安ですし、緊張もしている事でしょう。

そんな時に、小さなことでもきちんと見逃さず褒めてくれる人がいる事で、ここで頑張っていける、とほっとできるものなのです。また、それが間違っていなかった、と安心する事もできるはずです。どんな小さなことでも、せっかく気づいたのであればそれを素直に口にして相手を褒めてあげるようにしましょう。先輩や上司が見ていてくれている、というのは思っている以上に部下のもちベーションをアップさせる事につながるのです。

方法③期待をする

ピグマリオン効果、というのを知っているのでしょうか。心理的行動のひとつなのですが、教師を期待をした生徒は、その成績が向上するようになる、というものです。期待をされる、というのはプレッシャーを感じることもあるかもしれませんが、やはり嬉しいものです。期待されている、となればその期待に応えよう、と努力をする人が多いため、結果につながるのです。

上司や先輩は、部下に期待をする事で、部下の成長をうながす事ができません。「自分は上司に期待をされている」と思えば、自分にある程度の自信ももてるようになりますし、より一層結果をだしその期待に応えよう、喜んでもらおう、と無意識にも思おうはずです。それは仕事をするうえでのモチベーションアップにつながります。

方法④時には任せる

任せる、というのは怖いことでもあります。相手もプレッシャーを感じるかもしれませんしかし、任された、というのは相手をそれができると判断したという事でもありますし、期待をかけられたと感じるものでしょう。責任感も芽生えるはずです。仕事ではやはりやってみないと分からない、という事がたくさんあります。任せられた仕事をおこなっていく中、その過程で新しい気づきや発見があるものなのです。

不安があるかもしれませんが、それも良い経験であると思い任せるという事はとても重要な事です。逆に「あの子にはまだ早い」と言ったような言葉は部下のモチベーションを下げてしまうかもしれません。もちろん仕事をする中で任せたとはいえチェックは必要となりますが、時には任せることが部下のモチベーションをアップする方法にもなりえるのです。

<下に続く>

モチベーションアップの方法や言葉!部下に仕事のやる気を出させよう!のまとめ

null

何をするにもモチベーションをアップするというのはとても大切な事になります。自分自信を成長させるため、そして部下を成長させるためになくてはならないものともいえます。しかし実際にモチベーションアップする方法を知っている人は少なく、誰もが不安な気持ちをもちながら部下に声をかけ指導しているかもしれません。

部下が新しい仕事を覚えるのと同じように、上司も部下への指導やモチベーションアップさせる事は初めて、という事もあるのです。しかし大切なのは部下をきちんと一人の人間としてみて、声をかけること、任せること、また期待をする事です。上司や先輩の立場から些細なことに思えるようなことが、部下にはモチベーションアップとなっている事もあるのです。

Thumb minkane logo
written by

「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。
投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。

関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line