みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に
2018/03/13

日本人はどこから来たの?ルーツは?日本人の歴史!

Large pexels photo 863098.jpg%e6%97%a5%e6%9c%ac%e7%be%8e%e4%ba%ba
目次

日本人ルーツの特徴や遺伝子、そして顔や体格からみた日本人ルーツとは?その他にも言葉や地理、そして宗教観点からみた日本人ルーツ、目の色からもみた日本人ルーツなどを海外の反応もふまえて、さまざまな視点から日本人ルーツを辿っていきます。ということがらについてもご紹介していきます。

日本人のルーツに迫る!日本人特有の特徴

世界にはさまざまな人種の人間がいますが、日本人特有の特徴とはどういったことがあげられるのでしょうか?みていきましょう!

特徴①空気を読むのが上手という特徴

日本人は、海外の人にはない周りの人の考えていることを察知してなるべくその周りの人と同じような考え方をアピールするようにするという空気の読める人が多くいます。

その空気を読むことを昔から大事にしていた日本人は、海外の人のように周りの人に合わせて意見をいうのが良いという考え方の人が多いとも言えます。そんな日本人は、空気を読むのが上手という特徴があります。

特徴②しっかりと時間内働くという特徴

null

日本人は決められた時間きっちりと、働くという習慣があります。昔からそうゆう事が当たり前のように行われてきた日本では、ルールにはきちんと従わなければいけないという考え方があります。そうゆう真面目な考え方が良く表れています。そして、日本人はしっかり決められた時間内働くという特徴があります。

特徴③団体で行動する事が好きな特徴

日本人は、周りの人と合わせるのがとても好きです。周りと合わせてこそ、それが常識だという先入観さえも植え付けられているような感じが見て取れます。

その周りと合わせるというようなことは、ある意味個性がないように考えられますが、日本人は周りと合わせて団体で行動する事によって安心するというような心理が働いているのだと考えられます。

日本は、「和風」といった言葉を使いますよね?「和」はつながりや協調性という意味を持っています。その意味と良く似た日本人の団体で行動する事が好きな特徴があるといっても何ら不思議ではありません。

特徴④同じようなファッションを好むという特徴

日本人は、とにかく周りの事を気にする人が多く、ファッションでもそうゆう周りの事を気にするので、流行のファッションにはとても敏感に反応します。その敏感に反応するのが多いのが若い世代の人達です。

人気の芸能人がおしゃれなファッションをしていると、すぐにそのファッションが若い世代の人達に広まります。そうゆうファッションで身をつつむことでみんなと同じで安心というような心理が働いているといえます。日本人には、そうゆう同じようなファッションを好むという特徴があります。

特徴⑤未だに女性は男性の後についていくという風習がある特徴

日本人は、昔から女性は男性の三歩後ろに下がり歩くというような風習があります。その風習は、特に九州男児によく例えられていますよね?その女性は男性の三歩後ろに下がり歩くというような風習は、未だに見られ特に年配の方によく見られます。

海外のようにレディファーストが良いという意見もあるとは思いますが、日本人の控え目な女性はとても魅力的でもあります。日本人は男性の後についていくという風習があるという特徴があります。

特徴⑥瞳が黒くて切れ長な目という特徴

日本人は、瞳の色がブラウンやこげ茶色、そして黒くて切れ長な目の特徴のある人が多くみられます。その特徴に海外の人からは、エキゾチックで羨ましがられるという特徴があります。

逆に日本人は、海外の人の瞳にあこがれてカラーコンタクトなどで瞳の色を変えたりもします。自分にはない瞳の色に憧れるのは、万国共通と言うわけですね。日本人には、その海外の人が憧れる瞳が黒くて切れ長な目という特徴があります。

特徴⑦髪の毛が黒くて真っ直ぐという特徴

日本人は、髪の毛の色が黒くて真っ直ぐという特徴の人が多くいます。海外の人には、元々髪の毛がちゅるちゅると縮れていたり金髪で生まれてくる人もいます。

その他にも海外の人は髪の量が少なめであったりするのですが、日本人は密集率が高いように感じられます。日本人は髪の毛の色が黒くて真っ直ぐという特徴があります。

特徴⑧肌の色が黄色い人種という特徴

日本人は、ヨーロッパやロシアの人々よりも肌の色は浅黒く、南米やアフリカの人々よりも肌の色が白いという特徴が見られます。その肌の色は黄色人種といいますが、肌の色は住んでいる地域によっても変わってきます。日本人は、肌の色が黄色い人種という特徴があります。

特徴⑨背があまり高くない、華奢な人が多いという特徴

日本人は、海外の人のようにスラーっとした身長の高い人が少なく比較的身長の低い人が多く見られます。女性など特に肩幅なども狭くなで肩の人が多くみられ、当たり前ですが着物の似合う華奢な日本人が多いという特徴があります。

特徴⑩どんな時でもマナーは守るという特徴

日本人は、海外の人と比べてもわかるようにマナーを守るという特徴があります。例えば、地震が起きてしまうと生活する上で必要な物資の供給がなくなり困ります。その困っている状況の中で物資の供給が始まるとすると、海外では暴動が起きたりしますが日本人はきちんと並んで物資を供給してもらいます。

自分だけの事ばかりを考えずに回りの人の事も考えるという素晴らしい特徴があるといえます。その他にもオリンピックなどでの観戦中に暴れたりして競技を中断する事などもしませんし、ゴミなども散らかさずにきちんと持ち帰ります。そんなどんな時でもマナーは守ると言う特徴が日本人にはあるのです。

特徴⑪きっちり時間は守るのが当たり前という特徴

日本人は、時間に厳しく特に東京などの都市だとより厳しくなる傾向があります。東京の電車など時刻表などを見れば納得して頂けるはずです。ときには、約束の時間前につき待つ事にも慣れています。

それが当たり前なのと、遅刻しては、相手に悪いし悪い印象を持ってほしくないと言う心理も働いているといえます。そんな時間をきっちり守るという特徴は、小さい頃から教えられています。日本人は時間をきっちり守るという特徴があります。

特徴⑫本音をオブラートにつつんで発言するという特徴

日本人は、周りの目を気にするせいなのかもの事をオブラートにつつんで発言する事が多いと言う特徴があります。そのオブラートにつつんだ発言というのが例えばお盆やお正月などで、お中元やお歳暮などを持っていきますよね?その時に「つまらないものですが」という言葉を添えて相手に渡します。

現実には、そのようなつまらない物を渡すわけないのですが日本人はそうゆう本音をオブラートにつつんだ発言をするという特徴があります。

特徴⑬人を助ける心のある優しい人が多いという特徴

日本人は海外の人に比べると、誰かが困っている時にはスっと手を差し伸べることの出来る人が多いという特徴があります。そして、地震や災害などで誰かが困っているとすぐにボランティアが集まって助けに行く行動を起こすことが出来るという特徴があります。

<下に続く>

遺伝子から見た日本人ルーツ

null
日本人は、中国人や韓国人などと見た目がとても似ている為に、中国人や韓国人からの遺伝子が引き継がれてきたと思われていました。しかし、中国人や韓国人の遺伝子と日本人の遺伝子は、まったく別のものだという事が最近の研究結果でわかりました。

その研究結果というのが、1986年フロリダ州(アメリカ)で約7千年前のミイラ化した人の脳の組織が発見されました。その脳の組織は、7千年前にいたインディアンの祖先のものと推測されました。しかし、微量のミトコンドリアデオキシリボ核酸(mtDNA)がカルフォルニア大学によって抽出されて、DNAの文字列をDNA増幅技術(PCR法)で決定づけることに成功しました。

その文字列がカルフォルニア州で発見されたミイラは「GGACCC」となっていました。しかしその、「GGACCC」はアメリカのインディアンの遺伝子の中で持つ人は誰もいませんでした。そして、その「GGACCC」の遺伝子が日本人の宝来聡博士(故)調べた日本人の中の人の多くが「GGACCC」という配列という事が明らかになりました。

この「GGACCC」という文字列の遺伝子は、変異型なので偶然に日本人が一致すると言うことはありえないのです。それゆえ日本人は、7千年前に存在していたミイラと同じ遺伝子の基盤であるという事がわかったという事です。

<下に続く>

顔や体格などから見た日本人ルーツ

日本人の顔や体格から見たルーツといえばどういったルーツがあるのでしょうか?詳しくみていきましょう。

日本人ルーツ(縄文人)

ロシアのバイカル湖が起源としている人類の種類が日本人より先に日本列島に渡ってきて育てていった文化を縄文文化といいます。その縄文文化に存在した縄文人は、背が高くて身体中の毛が濃く目鼻立ちがくっきりはっきりしています。

その他にも輪郭が角ばっていたり唇がぼてっとぶ厚かったり鼻が横に広がっているという特徴があります。集団で行動はせずに、単独で狩りをしていて行動的な日常を送っていたという特徴があります。

日本人ルーツ(弥生人)

日本人のルーツといわれている弥生人とは、身体中の体毛が薄くて指や手足が短くて、目鼻立ちはのっぺりつるんとした感じで切れ長の目をしているという特徴があります。そして、単独で行動するよりも集団で行動する事が多いといった慎重派で主に田畑を耕して食料を作って生活をしていたという特徴があります。

<下に続く>

目の色から見た日本人ルーツ

日本人の瞳の色は、ブラウンか濃いブラウン、そしてブラックの色の人が多くいます。そのブラウンや濃いブラウンやブラックの瞳の色は、とても多くの量のメラニン色素が含まれていて、アジア地域やアフリカなどにとても多い瞳の色といえます。

ごくまれに淡褐色(ヘーゼル)の日本人も存在します。古代ユダヤ人にも黒い瞳や黒髪、あさ黒い肌をしていて日本人のルーツとも言えるべくY染色体が、日本人と古代ユダヤ人は大きさが同じという結果もあります。

<下に続く>

言葉から見た日本人ルーツ

日本には、「ひらがな」や「カタカナ」がありますよね?その「ひらがな」や「カタカナ」によく似た言葉が古代ユダヤ人の使うヘブライ語にもあるというのです。そのヘブライ語は古代から「聖なる言葉」とされていて、そのヘブライ語は、現代ではイスラエルで公用語として使用されています。

そして、ヘブライ語は一時期殆ど使用されていない時期がありました。そのヘブライ語を再び20世紀になって使用させるようにしたというのが、エリエゼル・ベン・インフダーという人です。そのエリエゼル・ベン・インフダーという人は、エルサイムへ移住してきた人で元々は、ロシアからきたそうです。

なぜ、エルサイムへ移住してきたのかというと、その人は、ヘブライ語の物語を読んでヘブライ語の虜となり移住してきたのです。そして、ヘブライ語を再び使用させることに成功したのです。そして、日本語の歴史では、ヨーロッパ地中海地方から中国へとつながるシルクロードが関係していると考えられています。

日本では、シルクロードを通じて交易や貿易をしてきたといわれていますが、言葉も影響を受けていたようなのです。それが、イスラエルで使われていた「ヘブライ語」と考えられています。そのヘブライ語と古来ヤマト言葉(日本語)がとてもよく似ています。例えば、日本で「コ(ko)」と読みますよね?ヘブライ語でも「コ(ko)」と読むのです。

その他にも日本語で「ト(to)」と読みますが、ヘブライ語では「ト」が傾いたような字を書き(to)と読みます。まだまだ同じように書いて似たような発音をする日本語とヘブライ語はいっぱいあります。

とてもよく似ていますよね?そして言葉からみた日本人のルーツには、いろいろあり大昔は、イスラエルの民族が十二部族居たらしくいのですが、どうしてなのかは分かりませんが十の部族の行方が分からないままなのだそうです。その十部族が日本にやって来たという説があり、聖徳太子の時代の政治にも関与しているというのです。

その関与していたと言われる人物が「秦氏(はたうじ)」という名前の渡来人です。その秦氏にゆかりのあった神社では、イスラエルやユダヤで有名なダビデの星があり伊勢神宮近くの石灯籠にそのダビデの星が刻まれているというのです。

その他にも、秦氏の祖先と言われている「弓月君」なのですが、当時の日本では、イスラエル地方の事を「弓月国」と呼んでいたというのです。さらに、日本の神社には鳥居がありますよね?その鳥居の「トリイ」という言葉も、ヘブライ語では「トリイ」と発音して「門」という意味だそうなんです。

そしてさらに、「サムライ」という言葉が日本にはありますよね?その「サムライ」に良く似た「シャムライ」という発音するヘブライ語もあり、驚くことに意味が「守る者」だそうです。こんなに似ている日本語とヘブライ語が関係ないはずがないですよね?

<下に続く>

地理から見た日本人ルーツ

日本人のミトコンドリアDNAは、他のアジア人にはない日本人だけのD系統のDNAがあります。そのD系統とは、アイヌ人には9割近く集積しています。なので、聖書などで伝えられている三大祖先ハム・セム・ヤぺテがありますが、その聖書にあるノアの方舟の3人の息子セム・ハム・ヤぺテはすべての民族の先祖と言われています。

黄色人種や白色人種そして、黒色人種という分類にわかれています。それが、モンゴロイドやコーカソイドそしニグロイドなのです。そのヤぺテ系が白色人種でハム系が黒色人種そして、セム系が黄色人種となり日本人は、黄色人種のセム系となります。

そのセム系は、中国人やモンゴル人、そしてアラブ人の中近東や東南アジア、そしてポリネシア人などと日本人です。イランやペルシャ人、インド人はヤぺテ系の白色人種でエジプト人は、ハム系の黒色人種となります。

そのハベルの塔の崩壊から3人別々に分かれていったとされるハム・ヤぺテ・セムのハムは黒色人種で主にアフリカへと旅立ち、ヤぺテは白色人種で主にヨーロッパやコーカサスに旅立ちました。そして、セムは黄色人種で中近東や東南アジアに旅立ちました。

セムの遺伝子が濃く残っている日本人の祖先は、中近東へ行きますが、そのまま大きな群れとなり日本へやって来たという事になります。日本人はムー大陸から群れをなして現在の日本へと移り住んだのです。

<下に続く>

宗教観点から見た日本人ルーツ

日本人は無宗教だと思っている方が多いと思いますが、知らずにイスラエルのユダヤ教ととてもよく似ている所があります。それが、聖書との共通点がある事です。その聖書とは、イスラエルが中心に展開されている書物です。その聖書と日本人は、大きく関わっているといっても過言ではないのです。

詳しく説明していくと、古代のイスラエル人が日本に渡ってきて神道をつくってイスラエル人渡来説などがささやかれています。そのイスラエル人が渡来してユダヤ教を日本に広めたといってもいい位にとても良く似た宗教的文化があるのです。それが、まず日本のお神輿です。

日本のお神輿は、イスラエルのソロモンの秘宝のアーク(移動式の神殿)と呼ばれるものに、構造や見た目がとても良く似ています。そして、日本でお神輿を運ぶ際の掛け声で「エッサ」と言いますよね?その「エッサ」はヘブライ語で持ち上げるや運ぶという意味なんです!ちなみにヘブライ語とは、イスラエルの言葉です。

その他にも愛媛県今治市大山祇神社では一人で相撲をするという祭りがあります。その一人で相撲をして戦っている相手が神様でで豊穣を司る神様と言われています。それが、聖書にも同じように神と戦う場面があるのです。その他にも大山祇命(おおのやまつみのみこと)は渡来して神と言われていて日本オリジナルの祭りではないのです。

その他にも長野県諏訪大社の御頭祭もユダヤ教に関係すると考えられます。その御頭祭は、神がイサクというアブラハムの息子(アブラハムはキリスト教やユダヤ教、イスラム教の始祖と言われている)を生け贄にしろと言い、アブラハムの信仰心を試しました。

そのアブラハムは、嫌々ながら神から信仰心を試されているとも知らずにイサクを生け贄に差し出します。その生け贄の仕方は、モリヤの丘で生け贄を縛りアブラハム自身がナイフで刺すというようなことなのですが、ナイフを振りかざすと同時に天使が現れ止めさせるのです。

その生け贄の儀式のようなことを「イサク奉納」と言います。そのイサク奉納と良く似た儀式が御頭祭にもあるのです。それは、別の名で「ミサクチの祭り」と言いますが、そのミサクチという言葉を伸ばして言うと「イサク」という言葉が隠れているのです!

さらに、イサク奉納は「モリヤの丘」で行われるのですが、この御頭祭も「守屋山」で祭りが行われます。不思議な一致があります。そればかりではなく、四国にある剣山にもお神輿を担いで上げるお祭りがあります。そのお祭りは、お神輿はアークと良く似ていると先ほどいいました。

そのお神輿を担いで上げる祭りが行われるのが7月17日と決まっていて、なんと7月17日はノアの方舟の話に出てくるトルコのアララト山に漂着して大洪水から助かったとされる日と一致するのです。その他にも日本には「禊」といい神道では、滝に入り身体を清めたりする為に水を使います。

その水を使って身体を清めるという行為も古代イスラエルでは行われていたというのです。日本人が良く「水に流す」という言葉を使いますが、それも「禊」と同じような意味合いですよね?その他にも神社の拝殿で手を二回叩くのも「約束します。」という意味で古代イスラエルでも使っていたそうです。

その他にも「塩」は、古代イスラエルではお供えものには必ず添えられていました。現代の日本でも清めとして使います。さらに日本には「山伏(やまぶし)」という山岳信仰者がいますが、その山伏はほら貝を吹き頭に兜巾(ときん)をつけています。

その兜巾と良く似た「ヒラクティリー」という小箱をユダヤ人は、額に身につけています。そして、ほら貝とも良く似た「ショーファー」という笛(羊の角で作った)を吹きます。この驚くほど似ているユダヤ教と日本の神道とは、大昔に宗教的観点からみた何らかの関係があったといっても過言ではありません。

<下に続く>

日本人に対する海外の反応

日本人に対する海外の反応とは、どのような反応があるのでしょうか?下記を見て行きましょう。

日本人の本音がわからないという反応

日本人は当たり前のように本音をオブラートにつつんだ発言をします。その発言が海外の人からすれば、イマイチよく分からずにいるようです。

例えば日本人は、社交辞令で「今度一緒に飲みにでもいきましょう!」と言いますよね?その発言を聞いて海外の人は、いつになったら一緒に飲みに行くのだろう?と悩むそうです。海外の人は、思った事をスパッと発言しますものね。日本人の本音が分からず海外の人は困るようです。

日本人はきちんとした礼儀を持っているという反応

海外で行われてオリンピックなどで日本人は、ゴミ箱にきちんとゴミを捨てる。ゴミ箱が無ければゴミを持ち帰るといったことが出来る礼儀を持っているといった反応を日本人に抱いているようです。

電車やバスを待つにもきちんと並んで待ちます。横は入り等も滅多にありません。そんな日本人なら当たり前の事が、海外の人からは礼儀を持っているという反応になるようです。

<下に続く>

日本人はどこから来たの?そのルーツとは!?日本人の歴史を徹底解説!のまとめ

日本人のそれぞれのルーツを徹底解説していきましたがいかがでしたでしょうか?日本人は韓国や中国とつながりが深いと考えられて来ましたが、実はイスラエル人(ユダヤ人)と関係が深いというような説もあります。

その説が確実となる頃には、現在の生きている方々がこの記事で知っていたと言うように、この記事を沢山のみなさんに読んでいただけたら嬉しいなと思います。

Thumb minkane logo
written by
「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。 投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。
関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line