みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に
2018/03/01

dircoin(ディールコイン)の特徴!詐欺コインとの噂?

Large pexels photo 259165
目次

dircoin(ディールコイン)とは?

ここ最近、仮想通貨の投機熱は上がっている一方で、様々な種類の仮想通貨が出てきておりますが、最近ディールコインと言うものが登場するようになり、注目されるようになりました。

今回は、このディールコインについて現在の価格や相場、換金の方法についてなど見ていきながらディールコインが投資するだけの価値があるかどうか確かめていきたいと思います。

<下に続く>

dircoin(ディールコイン)の基本情報と特徴

ディールコインは、アラブなどの中東10ヶ国が、原油の取引などに利用するために仮想通貨の利便性や将来性に期待し、作られた仮想通貨であることを特徴としております。

ですので、ディールコインは別名オイルコインとも呼ばれております。

この仮想通貨は、上記の国が韓国のビットコイン最大保有会社であるヌリブリッジに対しマイニングを依頼し、2015年に正式発表される仮想通貨であるとされておりました。

しかしながら、ディールコインは現在取引が中止されており、他の仮想通貨への交換を行うことも不可能になっております。

そのため、現在の取引について特に情報は出ていない状況がここ最近は続いており、ヌリブリッジからの声明も特に出ていないようですので、少し危ない仮想通貨なのではという噂もあります。

<下に続く>

dircoin(ディールコイン)の価格をチャートで確認

次に、ディールコインについて価格を見ていきたいところですが、調べてみたところ現在ディールコインを発行している会社の代表が行方不明になっており、公式サイトも閉鎖しているため、残念ながらチャートが表示されておりませんでした。

かつては、30倍ほど価格があがると言われるほど投機熱が高まろうとしていたこの通貨ですが、取引所へのオープンにはほとんど至らず価値が上がることはほとんどありませんでした。

そのため、ICO段階でこの通貨を購入していた人のほとんどは損をしてしまい、中には破産寸前になった人もちらほら存在しているみたいです。

しかも、本来仮想通貨はブロックチェーン技術により開発されるのが普通で多くは、javaのプログラミング言語やイーサリアムの技術が使用されることが多いのですが、この仮想通貨はHTMLで開発されていたみたいで、仮想通貨にすらなり得なかったようです。

<下に続く>

dircoin(ディールコイン)が詐欺コインと言われる理由

先ほどのディールコインの話に関連して、ディールコインが詐欺コインと言われる理由について突っ込んでいきたいと思います。

dircoin(ディールコイン)の報酬プランの仕組み

では、まずディールコインの報酬プランの仕組みについて見ていきたいと思います。

ディールコインの報酬プランの仕組みは、今で言うところのMLMにほぼ近いと言ってもまちがいないでしょう。

一番基本となる報酬システムは、バイナリーシステムにより自分の下に紹介した人をつけ、ネズミ講式にチームを形成することで紹介制の報酬を得ることができる仕組みとなっております。

また、ディールコインではそれだけでなくマッチングコミッションにより直紹介したことでできたグループの人がもらえるバイナリーシステム報酬の5%〜10%の報酬をもらえるというシステムもありました。

さらに、そのグループのメンバーが多くなるとランクが上がり、グローバルプールという自動報酬ももらえるようになるようです。

これだけ見ると、まさに実質のネズミ講式の組織にしか見えません。

dircoin(ディールコイン)の換金方法

では、次にディールコインの換金方法について見ていきたいと思います。

ディールコインを交換するときは、ディールコインをまずは$の通貨に換金し、それをビットコインに交換するという流れで換金を行うことが出来ます。なお、BTCへの交換は1BTC単位で1日3BTCまで交換することが可能です。

それにより、得ることのできたディールコインを実際の仮想通貨として使うことが出来るので、ビットコイン交換所に送れば、その分の通貨が自分の銀行口座に振り込まれるのです。

なお、ビットコインへの交換所として推奨されているのがZaifですが、ディールコインの価値がなくなった以上、ディールコインを交換する手段がなくなりましたので、1BTC単位での交換も出来なくなってしまいました。

<下に続く>

dircoin(ディールコイン)の評判

では、ここまでディールコインのいろいろな側面を見たところで、ディールコインの評判について見ていきたいと思います。

ディールコインについて色々と調べていくと、やはり多いのが詐欺コインという評判が圧倒的に多いみたいです。っというのも、価値が上がるかどうかほとんど分からない仮想通貨に対してなんの知識もなしに当事者たちは投資してしまった人が多いみたいなので、評判が良いとは言えないでしょう。

さらに、ディールコインについてはHYIPやノアコイン、クローバーコインなどと同様明らかに仮想通貨としての価値を持たず、それで稼いでる人がほとんどいないもので騙されて
投資したお金を持ち逃げされるパターンが多いみたいです。

そもそも本当に価値が上がりそうな仮想通貨であれば、それなりに信頼のある取引所に上場しておりますし、使用している技術もブロックチェーンの技術をしっかりと用いてホワイトペーパーも正式に発行しているはずですので、そういう良い案件の仮想通貨をきちんと見抜いて購入するようにしましょう。

<下に続く>

dircoin(ディールコイン)の現在

そんなディールコインの現在ですが、先ほども言及した通りこの仮想通貨を発行していた公式ホームページも閉鎖し、マイニングを行う予定であった韓国の仮想通貨交換所であるヌリブリッジも全く対応しておりません。

ですので、ディールコインは現在仮想通貨のチャートも全く出ておらず、相場の確認すらも行うことができない状況ですし、今となっては失敗コインの一つに名を連ねているくらいですので、2015年はMLMでやたら騒がれていただけの仮想通貨だったということが伺えます。

したがって、ディールコインは今から買おうとしてもすでに購入することはできませんし、代表者も不明な状態ですので、仮に購入できたとしても単純に持ち逃げされて投資した分のお金が無駄になっていくだけでしょう。

<下に続く>

今後ディールコインのような詐欺通貨が出てきたときの適切な対処法

ここまでディールコインについて色々と言及してきましたが、もしかしたらこういった詐欺通貨の勧誘話はふとしたところから出てくるかもしれません。

そういうときは、すぐにその話を受け入れず、まずは公式ホームページなどで正しい知識を調べたり、あるいは仮想通貨についてなるべくホワイトペーパーに近い情報を持っている人に聞くようにしましょう。

その上で、詐欺通貨を断ることができれば、詐欺通貨をつかむ確率が減り、資金管理も上手くなっていくので、なるべく上手い話には乗らないように気をつけましょう。

Thumb pexels photo 236047
written by
みんかね仮想通貨編集部です! みんかね仮想通貨編集部では、仮想通貨に関する最新情報からブロックチェーンの仕組みなど幅広く、皆さまのためになる情報をいち早くお届けします!
関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line