みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に
2018/03/01

フュージョンコインの取引所やチャート!詐欺の疑惑もある?

Large pexels photo 210600
目次

フュージョンコインとは?

最近、仮想通貨について話題になっておりますが、その中でも特筆すべき話題として、詐欺コインが話題となっており、フュージョンコインが勧誘がしつこい仮想通貨として良い意味でも悪い意味でも大注目を浴びております。

今回は、そのフュージョンコインについて価格を見ていきながら、チャートを見て購入できる取引所や買い方、あるいはフュージョンコインが詐欺だと疑われている背景となる理由を見ていきたいと思います。

<下に続く>

フュージョンコイン基本情報

フュージョンコインとは、2017年の1月にできたばかりのアルトコインであり、このコインを開発した会社のCEOは萬野顕司であり、この人は元ビットコインジャパンの代表者というステータスを持ちながら、日本でリップルを発売しているという実績を出しております。

フュージョンコインはリップルとビットコインが融合したような性質を持っており、他通貨同士の送金のパイプ役として送金できるブリッジ的な役割を果たすのみならず、格安でスピーディーに他の口座に送金することが可能なのです。

しかしながら、この仮想通貨はニュースでもほとんど話題に取り上げられていないため、まさしく知る人ぞ知るアルトコインになっており、購入している話もほとんど日本国内で聞くことがありません。

<下に続く>

フュージョンコインの価格とチャートを確認

上の画像がそのフュージョンコインの価格を表示しているチャートで、この画像は2018年1月時点でのチャートになっておりますが、公開された日と比較してみると、フュージョンコインの価格は約11倍もの爆上げを達成していながらも、現在は公式ホームページも代表者不明ということで失踪中しております。

しかしながら、NYダウの平均株価が下落したことで、仮想通貨にも影響が出ているため、フュージョンコインの価格は確実に下がっていることが予測されるでしょう。

また、フュージョンコインは価格の動きを見ていると、リップルやビットコインなど私たちがよく使う仮想通貨に動きが近くなっており、少し独特になっているような感じがします。

<下に続く>

フュージョンコインが購入できる取引所

現在、この仮想通貨が購入可能である取引所は全くと言っていいほどありません。

っというのも、フュージョンコインは正体不明のコインであり、正直ほとんど詐欺コインに近いといわれていることが理由として挙げられます。

おそらく、フュージョンコインはノアコインやクローバーコインなどと同様に、どこかのMLMに近い組織が運営しておりそこが無理やり買わせている可能性が高いため、もし誘われたとしてもビットフライヤーやザイフ、あるいはバイナンスなど特定の機関が認めた取引所で購入した方が良いでしょう。

でなければ、全く価値がなく単なる浪費で終わってしまう可能性をはらんでいる仮想通貨であるため、こういったものは安易になんの予備知識もなしに購入するのはおすすめしません。

<下に続く>

フュージョンコインが詐欺コインと言われる理由は?

先ほどの取引所で取り扱われていない話にも関連して、フュージョンコインがどうして詐欺コインと呼ばれているのか見ていきたいと思います。

ぎゅージョンコインが詐欺コインと言われる理由としては、通常仮想通貨を発行する際はICOのプレセールで発行する前にホワイトペーパーと言われる、会社でいうところの有価証券報告書に当たるものを発行しなければなりませんが、今回紹介しているそれは公式に発行されている書類が見当たりません。

そのため、どんな目的で開発された仮想通貨で、どんな現実の問題を解消するために開発された仮想通貨なのかが全く分からない状況です。

また、この仮想通貨はどの取引所でも取り扱っておらず、特定のホームページにアクセスして購入するという手段を取るしかありません。

しかしながら、そのホームページはSSL化されていないかつ代表者も不明なので、信用情報がかなり低い状態になっているのです。

さらに、フュージョンコインはネズミ講方式で紹介された状態でセミナーを行っており、紹介制やバックエンドなどでのセールスで購入させたりとネズミ講方式で購入されている可能性が高いことから詐欺である可能性が高く疑われております。

したがって、現段階ではフュージョンコインは詐欺に近く、購入するのをおすすめされていないので、もし勧誘などを受けてもできるだけ断るようにしましょう。

<下に続く>

フュージョンコインの評判と将来性

フュージョンコインが詐欺コインだと言われるようになった理由を説明したところで、次は評判はどうなのか、また将来性はあるのかということについて見ていきたいと思います。

まず、フュージョンコインの評判についてですが、フュージョンコインはリップルとビットコインの良いところ取りをしている仮想通貨だけあって、今後価格の上昇が期待されている仮想通貨になっている一方で、詐欺だという声も多いです。

ツイッターでも、リップルと一緒にすぐ購入しておいた方が、将来の価値が上がり得をするというポジショントークに近い人を行う人もいれば、逆に立て続けに不当勧誘が行われ危険な仮想通貨ではないかという投稿も散見されます。

しかしながら、いずれにしろ仮想通貨はどんな形であれ最終的な責任は買った本人にあると思われるため、資金管理を行った上でその仮想通貨が詐欺であるかどうか損しても痛くない程度の額で試してみるのも良いかもしれません。

<下に続く>

フュージョンコインはこれから投資するだけのものになりうるのか?

正直なところ、現時点での情報ではこの暗号通貨が投資するだけの価値になりうるかどうかが分からず、多額の投資をするのはかなりリスクが高いように思えてならず、価値もほとんどないと見てほぼまちがいないでしょう。

少なくともホワイトペーパーが公開されておらず、公式ホームページでも情報が曖昧になっている時点で少し危ないので、できればこのような情報がブラックボックスの状態である仮想通貨は避けて、ホワイトペーパーをきちんと呼んだ上で価値が上がりそうな他の仮想通貨に投資するようにしましょう。

Thumb pexels photo 236047
written by

みんかね仮想通貨編集部です!
みんかね仮想通貨編集部では、仮想通貨に関する最新情報からブロックチェーンの仕組みなど幅広く、皆さまのためになる情報をいち早くお届けします!

関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line