みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に
2018/03/01

omisego(オミセゴー)がタイの政府機関と提携!今後の将来性に注目!

Large pexels photo 415708
目次

omisego(オミセゴー)がタイ政府機関と提携

仮想通貨のomisego(オミセゴー)がタイ政府機関(ETDT)と提携し、omisego(オミセゴー)のブロックチェーンを利用して国民IDの開発に取り組むことを発表しました。

omisego(オミセゴー)とはどのような仮想通貨なのか、政府と提携することで対国民にどのような生活の変化があるのか、omisego(オミセゴー)の今後の将来性について解説します。

<下に続く>

タイ政府と提携したomisego(オミセゴー)とは

omisego(オミセゴー)とは、日本人が運営する企業で、日本やタイ、シンガポール、インドネシアといった東南アジアで決済サービスを提供するために開発された仮想通貨です。

東南アジアには、銀行を利用できない人がとても多く、そんな人でもomisego(オミセゴー)を利用することで金融機関なしに決済サービスを利用することができます。

開発にはイーサリアムの開発者が関わり、SBIホールディングスや三井住友グループなどの大手金融機関や企業が出資していることでも注目されています。

すでに、タイではタイマクドナルドやタイの大手携帯電話キャリア、タイの金融庁とも提携していて、実際に運用もされているので知名度は高いです。

<下に続く>

omisego(オミセゴー)とタイ政府が提携することで変わること

タイ政府(ETDT)は、omisego(オミセゴー)のブロックチェーンを利用して国民にIDを提供しようと考えています。この提供されるIDによって、オンライン上で不正行為から消費者を保護しようとしています。

タイ政府(ETDT)は、eKEYポータルと呼ばれる電子顧客確認ができる台帳を作ろうとしています。ブロックチェーン上に取引が記録されるので、詐欺行為などの取引も改ざんされず残すことができます。

また、eKEYポータルが普及することにより、過去の詐欺行為もブロックチェーン上に記録されるため、犯人が詐欺行為を繰り返すことを防ぐことができるのです。

<下に続く>

タイ政府と提携したomisego(オミセゴー)の将来性

null

omisego(オミセゴー)は、タイ政府と提携したことにより、大きな注目を集めています。これまでにもタイマクドナルドやタイ金融庁との提携や、タイ初の決済ゲートウェイサービスプロバイダーのpaysbuyを買収したりと積極的に活動してきました。

将来的には東南アジア一の決済プラットフォームを目指しているため、その実現が見えてくれば価格も高騰することが予想されます。

omisego(オミセゴー)を利用すれば、銀行口座やクレジットカードを持たないアンバンクドの人が、スマートフォンさえあればどこでも決済ができます。しかし、アンバンクドの人達のスマホ普及率も低いため、それにどう対処していくかが今後の課題となっていくと考えられます。

<下に続く>

タイ政府と提携したomisego(オミセゴー)は、今後の動きに注目

日本のようにインフラが確立されている先進国では、それほど需要は大きくありませんが、世界中では銀行口座を持つこと、クレジットカードを持つことが難しい人々がたくさんいます。

彼らの売買取引の利便性を向上することを目的としているomisego(オミセゴー)は、需要が高く、価値が高まる可能性は十分にあります。

タイ政府と提携したことで、さらに注目され知名度が上がり、omisego(オミセゴー)の課題点も改善されることで普及が進むことが期待される、今後が注目される仮想通貨の一つです。

Thumb pexels photo 236047
written by

みんかね仮想通貨編集部です!
みんかね仮想通貨編集部では、仮想通貨に関する最新情報からブロックチェーンの仕組みなど幅広く、皆さまのためになる情報をいち早くお届けします!

関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line