みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に
2018/03/01

ビットコインキャッシュがAthena BitcoinのATMに対応!

Large mobile phone money banknotes us dollars 163069
目次

ビットコインキャッシュがATMで取引可能に

アメリカ国内に展開しているAthena BitcoinのATMで、ビットコインキャッシュの利用が可能になったと発表されました。このニュースの詳細を解説します。

<下に続く>

ビットコインキャッシュがAthena BitcoinのATMに対応

アメリカのAthena Bitcoin社は、同社がアメリカ全土に設置しているATMで、ビットコインキャッシュの取引も可能になったことを発表しました。

Athena Bitcoin社の仮想通貨対応ATMは、アメリカ国内の8つの州(フロリダ、ジョージア、イリノイ、ミズーリ、オハイオ、ペンシルベニア、テキサス、カリフォルニア)とメキシコで、合計55台が設置され、稼働しています。

Athena Bitcoin社のATMは、口座やカードがなくてもスマホにウォレットさえあれば仮想通貨を購入することができます。その取引時間は90秒以内と法定通貨のATM並みのスピードで取引を行うことができます。

また、このATMではウォレットに保有している仮想通貨を現金に換えて出金することも可能です。仮想通貨での支払いに対応していない店舗でも、仮想通貨で得た利益をATMで法定通貨に換金して簡単に利用することができます。

Athena Bitcoin社のATMは、今までビットコインとライトコインの2種類の通貨に対応していましたが、それに加えて今回ビットコインキャッシュも利用できるようになったのです。

さらに、Athena Bitcoin社はATMだけでなく、ウォレット上でもビットコインを利用できるようにすべく開発中であることも発表しています。

<下に続く>

ビットコインキャッシュがATMに対応などアルトコインの実用化が進んでいる

null

日本ではまだまだ仮想通貨は投機商品というイメージで、通貨としての実用性は低いのが現状です。

ビットコインに対応したATMも、日本国内には10数台しかありません。日本でのATMの設置は4年前ですが、手数料が取引所と比べて割高な点もありほとんどのATMが稼働していないのが現状です。

しかし、アメリカをはじめとする世界各国では、ビットコインに対応しているATMが多く設置されています。最も設置数が多いアメリアのニューヨークには100台以上、世界的には1000台以上のATMが設置されています。そして、この度アメリカの大手ATMでアルトコインの取り扱いもスタートしました。

ビットコインキャッシュがATMに対応しただけでなく、ライトコインの決済サービスの「LitePay」がリリース決定するなど、2018年に入ってアルトコインの実用化が進んでいます。

2017年は仮想通貨元年と呼ばれていますが、今年2018年はアルトコインや仮想通貨の実用化の流れが来ることが期待されます。仮想通貨の実用化の部分で後れをとっている日本でも、他国での実績を見てさまざまな企業が目を付けて開発を進める可能性があります。

<下に続く>

ビットコインキャッシュのATM対応はアルトコインの実用化の先駆けとなるか

null

仮想通貨といえばビットコインというイメージがまだまだ強いですが、この度のアメリカ大手ATMのビットコインキャッシュの対応から、これからアルトコインへの注目がさらに上がり、実用性も進むことが期待されます。

また、ビットコインキャッシュのATM対応の実績をみて、日本でもビットコインやアルトコインの実用化に注目する企業が出てくれば、日本での仮想通貨の実用化が進むことが予想されます。

実用化が進めば、通貨としての価値も上がる可能性が高いので、投資家としても嬉しい流れとなっています。

Thumb pexels photo 236047
written by

みんかね仮想通貨編集部です!
みんかね仮想通貨編集部では、仮想通貨に関する最新情報からブロックチェーンの仕組みなど幅広く、皆さまのためになる情報をいち早くお届けします!

関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line