みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に
2018/03/01

仮想通貨取引所zaif(ザイフ)のウォレットの特徴や作り方

Large stock iphone business mobile 38629

仮想通貨取引所zaif(ザイフ)のウォレットとは?

仮想通貨において、ハッキングの流出事件が起こってからウォレットを持って、仮想通貨の資産を管理することが重要視されてきているように思えます。

今回、紹介するのはzaifのウォレットであり、日本の仮想通貨取引所の中でも使用している人が増え、これからも利用する人が増えてくるだろうと思うので、今回はzaifウォレットの特徴や作り方、そして送金方法についてどのように行うか見ていきたいと思います。

<下に続く>

zaifのウォレットの特徴!

ウォレットを持つことによって、持っている仮想通貨の保管を行うことが可能です。ただし、zaifのウォレットは普通の取引所とは違い取引所とは別にスマホアプリでウォレットのアカウントを作成することが可能であるということです。

ですので、zaifの取引所とウォレットではアドレスが異なり、取引所とウォレットで別々に仮想通貨の保有を行うことが可能なのです。

また、zaifの特筆すべき点としては、ビットコインの取引手数料が他の取引所と比べて圧倒的に安いことが挙げられます。実際、他の国内の取引所と比べてもその安さは特筆すべきで、マイナス0.01%〜0.05%ほどの安さを誇っています。

そのため、zaifのアプリにてウォレットを作成し、取引所のアカウントからウォレットのアカウントへ送金すればハッキングによってお金を失う確率を減らすことが可能なのです。

<下に続く>

zaifのウォレットの作り方

しかしながら、zaifのウォレットについて作り方が全くわからないという人もいるかと思われますので、今回は、zaifのウォレットの作り方について順を追って説明していきたいと思います。

《Zaifウォレットの作り方》
①zaifウォレットをgoogleで検索し、公式ページにアクセスして以下の画面を開きましょう。

null

②すると、以下の画面にて「無料登録はこちらから」というボタンが矢印で指されている通り表示されますので、それをクリックします。

null

③すると、以下のような画面が表示されますので、赤のカーソルの部分にメールアドレスを入力して、「登録」ボタンを押しましょう。

null

④入力したら、登録したメールアドレスに届いておりますので、送られてきたURLをクリックし、パスワードを設定すればウォレットの口座登録は完了です。

なお、zaifのウォレットについては本人確認が必要ですので、運転免許証かパスポートの顔写真の控えは必ず持っておき、手続きを済ませましょう。

本人確認の手順としては、「基本情報の入力」→「出金口座の登録」→「SMSを使った電話番号認証」→「本人確認書類の提出」→「本人確認コードを入力」の順番で行うことが出来ますので、この手順に沿って登録を完了するようにしましょう。

<下に続く>

zaifのウォレットの送金方法

今回は、おそらくウォレットへ仮想通貨を管理したい人が多いと思われるため、zaifのウォレットへの送金方法について順を追って説明していきたいと思います。なお、今回は具体例としてXEMでの送金方法を取り上げたいと思います。

《zaifウォレットから他の取引所やウォレットの送金手順》
①zaifウォレットのアカウントにログインし、トップページから「入金」をクリックしたら、以下の通り入金メッセージと入金アドレスが表示されますので、他のウォレットに送る場合はこれを送金側に入力する必要があります。

null

②そしたら、送金側でzaifのアカウントを持っている人は、「入金」をクリック後、「XEM」のマークをクリックし、「出金」をクリックしたら以下の通り画面が出るので、ここに先ほどの入金アドレスと入金メッセージを入力し、出金をすれば送金を完了させることができます。

null

なお、これがアプリの場合であれば送金アドレスの代わりにQRコードで入力することが可能ですので、これでQRコードを読み込んで送金アドレスをコピーして送金手続きを行うことが出来ますので、アプリを取得していない方は行っておきましょう。
*必要に応じて画像を挿入してください

<下に続く>

zaifのウォレット・スマホアプリの使いやすさや評判は?

登録の仕方や、送金の仕方について説明したところで、次はウォレットやスマホアプリの使いやすさについて見ていきたいと思います。

まず、zaifのウォレットの使いやすさについてですが、評判を見てみると「パソコンで使うのと特に変わりはない」とか「逆にアプリの使い勝手が他の取引所のアプリよりも悪い」といったような評判が見受けられます。

また、取引所のウォレットについてもオフラインとはいえ、セキュリティ面では外付けのハードウォレットや、仮想通貨のプラットフォーム自体が公式で出しているウォレットに比べると弱いため、あまりお勧めできないという声が多く挙がっております。

しかしながら、zaifで頻繁に取引を行うという人にとっては、使うと手数料が安いとのことで割と使っている人もいるので、zaifをよく使う人に向けたサービスであるという印象が強いです。

<下に続く>

zaifウォレットは役に立つ?

ここまで、zaifウォレットについて色々と説明しましたが、正直なところzaifでなければならない理由がなく、他の取引所で仮想通貨の取引を行っているという人にとってはあまりメリットがなく、使う理由もほとんど無いと言っても過言ではありません。

また、ウォレット自体も取引所が発行しているウォレットだと他のハードウォレットに比べてセキュリティが脆弱であるため、あまり役に立たず出来れば他のウォレットを使用した方が自分の資産を守ることにつながりそうです。

Thumb pexels photo 236047
written by

みんかね仮想通貨編集部です!
みんかね仮想通貨編集部では、仮想通貨に関する最新情報からブロックチェーンの仕組みなど幅広く、皆さまのためになる情報をいち早くお届けします!

関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line