みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に
2018/03/03

結婚の報告のタイミングとは?親、友人、上司への伝え方・メール

Large %e7%b5%90%e5%a9%9a1

めでたく結婚が決まった時、どのタイミングで報告すればよいでしょうか。入籍前なのか後なのか?親友や友人にはいつ伝えればよい?上司にはいつどうやって報告すべき?SNSで報告しても失礼にならない?直接伝える時やメールで伝えるときの例を交えて紹介します。

結婚の報告はタイミングが重要?

結婚の報告は、早すぎても遅すぎてもいけません。結婚する予定はあっても入籍も式も何も決まっていない段階で報告したところで、報告された側としてもどうしてよいかわかりません。

しかし、「来月結婚式を挙げるので出席してください」というように予定を調節しにくいギリギリのタイミングで報告されてたり、「実は去年結婚しました」と仲の良い友人に事後報告するのも失礼になります。

もしあなたが、友人から結婚の報告を受けたらどうしますか?友人のためにプレゼントを用意したり、結婚式に出席する準備を始めたりするでしょう。しかし報告が結婚式の後だと知ったらとても寂しい気持ちになります。

また、もしあなたに子どもがいるとして、「来週結婚式を挙げる」と言われたどんな気持ちになってしまうでしょうか。親としてはとてもショックをうけてしまうでしょう。

結婚の報告は、相手によってタイミングは変わってきます。結婚は二人の問題だけではなく、お祝いしたいという友人の気持ちや親戚に配慮することも大切です。また、結婚式で招待する相手には余裕をもって日にちを伝えることもマナーです。

仕事をしている場合、結婚休暇という長い休みを取ることで周囲に迷惑にならないように事前に日程の相談をする必要があるので、報告するタイミングはよく考えて行いましょう。

<下に続く>

結婚の報告をするタイミングっていつ?

カップル

結婚を報告するタイミングは、できれば親など近い親戚以外はだいたい同じタイミングにすると良いでしょう。
なぜなら、親しい友人だけに話したことで、噂が先に広まってしまったり、他の友人には間違った情報だけが流れていた、という恐れもあります。また、職場において、同期には結婚の報告を先にしてしまい、直属の上司は人づてに聞きいたことで、上司に嫌な思いをさせてしまうことも考えられます。

結婚の報告をすると決めたら、だいたい同じタイミングで自分から直接伝えるようにしましょう。カップルで同じ職場にいる場合は特に慎重にタイミングを考えなければいけません。せっかくのおめでたい報告なのに、「私は聞いた」「私には報告が無い」などという問題で人間関係がギクシャクしないようにしましょう。

それでは、いつ結婚の報告をすればよいでしょうか?それは、結婚式をするのか、結婚したら退職するのか、妊娠しているのか、という内容で変わってきます。
結婚をする、という事実だけならば1カ月前、結婚式をするならば半年から3カ月前、妊娠をしているのなら事実が分かった時点で報告すると良いでしょう。

しかしこれはあくまでも目安です。仕事の内容や、友人との関係で変わってくるので、次の項目で詳しくお伝えします。

<下に続く>

結婚の報告のタイミングと方法

それでは、結婚の報告のタイミングと方法を相手別にご紹介します。

親に報告するタイミングと方法は?

自分の親や相手の親には、結婚するということを決めた時点ですぐに報告をしましょう。結婚するということは、家族に大きな変化をもたらします。誰よりも早く親に報告をしましょう。

報告をするのは、できれば結婚を決めた相手と一緒に、両親と時間を事前に作って報告をしましょう。

しかし、付き合っていることも親に報告していなかった場合は、まずは自分だけで親に報告をし、その後に二人であらためて親に会って報告する方が良い場合があります。

いきなり二人で結婚の報告をし、親を怒らせてしまって結婚自体を反対されたら元も子もありません。

結婚相手が遠方に住んでいたり、また両親が自分たちの住まいから離れていたとしても、できるだけ会って報告をするのがマナーであり、気持ちが伝わります。

友人に報告するタイミングと方法は?

友人全員に同じように報告することはできません。直接会って話すのは親しい友人だけにして、他の友人はメールなどで報告しても良いでしょう。

気を付けなければいけないのは、報告するタイミングを友人で差をつけないことです。聞いていない人に失礼になったり、差をつけられたことで友人関係が悪くなってしまうこともあります。

また、結婚相手と共通の友人がいるときは、結婚相手と報告するタイミングを合わせておくべきです。どちらか一方だけが報告したとなると、この場合も友人関係がこじれてしまう原因になりかねません。

上司に報告するタイミングと方法は?

職場において、上司には一番に報告をしましょう。仕事の内容にもよりますが、できれば3か月前には報告をし、結婚休暇の予定や式の日程などを伝えましょう。

仕事内容によっては、1年後のスケジュールまでびっしり決まってしまっていることもあります。
上司を式に招待したい時や、結婚休暇で長期の休みが欲しいと考えているならば、スケジュールが決まる前に、「だいたい〇月あたりに式を挙げる予定です」などとわかる範囲でできるだけ相手が合わせられる時期には報告をしておきましょう。

上司に報告する場合、「お話したいことがある」と事前に話をできる時間を聞き、同僚などが周りにいない静かな場所を選んで報告をしましょう。

上司以外の先輩などに報告する場合、もタイミングをよく考えましょう。結婚式に参加してもらうことや、結婚休暇をとるなどで、職場の人たちにも多少協力してもらうことも出てきます。いつ報告してよいかタイミングミ迷う場合は、上司に相談してみるのも良い方法です。

親戚に報告する方法とタイミングは?

親戚に報告する場合、遠方であったり直接会う時間を作ることが難しいかもしれません。しかし、式の参加なども考慮し、親に報告したすぐ後に連絡をしましょう。

親戚の場合も、友人に報告するときと同様、親戚同士報告のタイミングに差が出ないように気を付けましょう。
親戚同士で差がついてしまうと、友人の時よりも問題が起きる可能性が大きいです。また、報告をする順番もよく考えて行いましょう。

どのタイミングでどういう順番で報告した方がいいのか迷う場合は、親に相談し、報告は慎重に行いましょう。

また、親戚の場合、式などを挙げていなくても、報告を受けるとすぐにご祝儀などお祝いを贈ってくれることもあります。そのときには丁寧にお礼をし、マナーを守ってお返しをしていきましょう。

<下に続く>

結婚の報告をメールやラインですることは?

結婚という人生における大切な行事を報告するので、メールやラインよりも直接会って報告するのがベストです。
しかし、全員に直接会うのはとても難しいことです。

結婚の報告をメールやラインでするのは、友人ならば問題ないでしょう。しかし、親を含めた年上の親戚、会社関係の人には失礼になります

親や親戚は直接会うか電話で報告をすることで、式の日取りや内容なども伝えることが大切です。少し遠し親戚ならば、メールなどで報告をするのではなく、電話をすることで相手もとても喜んでもらえるでしょう。

会社関係の人は、ほぼ毎日顔を合わせる人が殆どです。メールなどで報告はせず、直接会って報告をするタイミングを作っていきましょう。

大勢に送る場合、一斉にメールやラインを送るよりも、一人ひとり少しずつでもよいので言葉を変え、丁寧な文章で送りましょう。送られた相手のほとんどはお祝いのメッセージを返してくれるでしょう。電話をかけてくれる人もいるかもしれません。

たくさんの返事が返ってきて大変かもしれませんが、自分の事をお祝いしてくれた大切な人です。できればお祝いのメッセージにもお礼の返信をしていきましょう。

<下に続く>

結婚の報告をSNSでするのは?

パソコン

結婚の報告をSNSでするのは、親や親戚、上司や友人など直接会う、または電話やメールで報告するべき人たちに報告した後にしましょう

親しい友人から直接報告を聞かずに、SNSで結婚を知った場合、自分と友人の関係は浅いものだったのか、とがっかりしてしまいます。

もしそれが友人ではなく、職場の同僚だった場合、信頼関係にもひびが入ってしまう可能性があります。

結婚が決まってうれしくて、すぐにSNSにあげたい気持ちもありますが、そこは読む相手の気持ちをよく考えることが大切です。伝えるべき人にきちんと報告した後、結婚相手とタイミングを合わせてSNSにあげていきましょう。

SNSにあげると、それを読んだ多くの人がお祝いのメッセージを送ってくれることや、直接連絡をくれることも予想されます。SNSにあげて放置することは相手に失礼です。メッセージやお祝いをくれた全員に丁寧にお礼を返していきましょう。

また、SNSは自分であげた文章が不特定多数の人に広まる可能性があります。友人だけにとどめておきたいような内容や、広まったら恥ずかしいような内容はSNSには出さず、報告に必要な内容にとどめましょう。

<下に続く>

結婚の報告が早すぎるのは危険?

結婚の報告は早すぎると問題が起きる場合があります。「結婚しよう」とただ二人で決めただけなのにも関わらず、嬉しくて友人や上司に報告してしまい、お祝いを早々にもらってしまった、なんてことも考えられます。

結婚を報告された人たちは、関係が深ければ深いほど、お祝いの準備をしたり本人のようにうれしい気持ちになっていきます。しかし、ただ報告されただけで実は入籍も式も何も決まっていない、となってしまうとどうしてよいか困ってしまいます。

結婚を報告するならば、入籍はいつか、式に招待するのか、家族だけで挙げるのかくらいの正確な日程が決まってからの方が報告される側としてもお祝いなどの準備がしやすくなります

あまり考えたくはありませんが、あまりにも早く結婚の報告をしたものの、入籍が1年後になってしまった、ということや、親に反対されて結婚できるか怪しくなってしまったなんていうことも考えられます。
具体的になにも決まっていない時点で報告するのは危険とも言えるでしょう。

<下に続く>

結婚の報告は相手のことを考えて行いましょう

結婚式2

結婚は、とても個人的なことです。しかし、家族や親戚にとってはとても大きな変化であり、友人にとってはとても素敵な行事になります。

結婚という事実はとても喜ばしいことですが、タイミングや方法を間違ってしまうと、人間関係を悪くさせてしまうこともあります。報告するには相手の気持ちを十分配慮し、報告の仕方とタイミングをよく考えていきましょう。

カップルにとって、結婚は新しい人生のスタートです。自分たちだけではなく、周りの人も幸せになれるような報告をしていきましょう。

Thumb minkane logo
written by

「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。
投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。

関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line