みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に

旅行傷害保険とは。具体的な保障内容や旅行傷害保険の入り方を解説

Large pexels photo 27571  1
目次

旅行傷害保険とはどのようなもの?

旅行傷害保険とは、旅行中の事故や病気、盗難などのトラブルや何らかの事情により自分が他人の物を壊すなどの損害を与えてしまった場合において保障してくれる保険のことで、大きく分けると海外旅行損害保険と国内旅行損害保険の二つに分かれます。

自分は健康だし、旅行先での生活も衛生面には気をつけるので旅行損害保険に加入しなくても問題ないと考える人も少なくはありません。

しかし、旅行損害保険の中には航空機の遅延やキャンセルに対する保障や何らかのトラブルによる賠償請求による保障なども含まれていることもあります。

健康面だけで保険に加入するか否かを決めてしまうのは尚早です。旅行損害保険は保険会社によって補償内容が異なるため、まず内容をチェックすることが好ましいです。

<下に続く>

旅行傷害保険の具体的な内容とは

null

では、具体的に旅行傷害保険にはどのような保障が含まれているのでしょうか。

その内容としては

  • ケガで死亡または後遺症が残った場合に支払われる傷害死亡・後遺障害
  • ケガをした場合病院での治療費が補償される傷害治療費用
  • 疾病による死亡または後遺症が残った場合に支払われる疾病死亡・後遺障害治療費用
  • 疾病による病院治療費が補償される疾病治療費用
  • ケガや病気で入院した時に支払われる入院一時金
  • ケガや病気で入院した時に親族が日本から現地へ向かう際の交通費と現地滞在費が補償される救援者費用
  • 誤って人に怪我をさせたりものを壊した際に保険金が支払われる賠償責任
  • 身の回りのものが盗難に遭ったり、壊された際に損害額が補償される携行品損害
  • 航空機が遅延・欠航して代替機に搭乗できない場合の宿泊費・食費が補償される航空機遅延費用
  • 身の回りの品を購入した際の費用が補償される航空機寄託手荷物遅延費用

などが挙げられます。
しかし、これは海外旅行傷害保険についてです。国内旅行傷害保険の場合は保険会社にもよりますが内容はシンプルで、傷害死亡・後遺障害、賠償責任、携行品損害のみの保障というものが多いです。

<下に続く>

旅行傷害保険は必要?

null

今は国内旅行傷害保険の商品も増えていますが、旅行保険として加入者が多いのは圧倒的に海外旅行傷害保険です。というのは、日本という平和かつ衛生的な国で生活している私たちにとって、環境が大きく異なる海外の国では想定外のことが起こりがちです。

衛生的に恵まれた日本に比べると、海外においては日本と同じように生活しているだけで生水にあたったり、感染症をもらったりするリスクは高いため、単に自分の体が今健康だから保険は必要ないと考えてしまうことはハイリスクです。

また、治安面においても日本ほど治安の良い国はそうそうありません。携行品の盗難やそれらを壊されるリスクも国によっては非常に高く、治安が比較的良いと言われる国でも日本に比べるとそれらのリスクは高いことを知っておく必要があります。

また、航空機に預けた手荷物が別の飛行機に乗せられてしまったということも海外の航空会社では珍しいことではありません。航空機の遅延やキャンセルも天候などの理由だけではなく突発的に起きることもあるため、それらに対する保障があると安全です。

<下に続く>

旅行傷害保険に入るための方法

null

では、旅行傷害保険に入りたい場合はどうすれば良いのでしょうか。
方法はいくつかありますが、旅行会社を通してツアーなどで申し込む場合は、旅行の申し込みと同時に旅行会社を通じて加入することができます。

また、保険会社のサイトから個人的に申し込むこともできますし、最終的には空港にあるカウンターから申込むこともできます。

しかしながら、できることならば事前に申し込んでおく方をおすすめします。というのは、事前に申し込みをしておけば、空港に向かう道すがら、もしも保険適用となるトラブルが起きた時にその時点から保障されるからです。加入する際は旅行の初日から帰ってくる最終日までを適用とするため、事前に申し込んでおけば家を出た瞬間から保障が始まるのです。

それ以外にも、最近ではクレジットカードに自動的に海外旅行傷害保険が付帯しているものも増えています。そのクレジットカードを使用して旅行代金を支払った時に適用されるという条件のものがほとんどですが、有料で申し込む旅行傷害保険に比べると内容は簡素なものが多いので、どのような項目が保障されるのかを事前にチェックしておくと安心です。

<下に続く>

旅行傷害保険とは。具体的な保障内容や旅行傷害保険の入り方を解説のまとめ

このように旅行傷害保険は、楽しい旅先でケガ、疾病、何らかのトラブルに巻き込まれた際に保障を受けることができるというものです。

特に海外では治療を受ける際に日本の健康保険が適用されないため高額の治療費がかかることがあり、また衛生面や治安面からも保険に入っておくと安心です。

国内旅行においても、はめをはずしやすい旅行という時間を安心して過ごせる旅行損害保険の需要が高まっています。

Thumb minkane logo
written by
「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。 投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。
関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line