みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に
2018/04/19

一ヶ月の食費の平均はいくら?【一人暮らし|2人・3人・4人家族】

Large euro seem money finance  1

一ヶ月にかかる食費はどのくらい?

生きていく上で必ずかかる費用の1つ、食費。抑えようと思えば工夫次第で抑えることもできるけど、気を抜けばあっという間に増えてしまってびっくり、なんて経験をした人も多いでしょう。

今回は、一ヶ月にかかる食費の平均はどのくらいなのか、一人暮らしや同棲カップル、夫婦などその家族構成ごとに詳しくご紹介していきます。

また、食費を節約するポイントや簡単な方法などもご紹介していきますので、ぜひチェックしてみてください。

<下に続く>

一ヶ月の平均的な食費【一人暮らし】

一人暮らし 炊飯器

大学生

大学生全体の約半分が一人暮らしをしていると言われています。仕送りやバイトの中から家賃や光熱費、通信費、食費などを捻出するのは結構大変ですね。そんな一人暮らしの大学生は、一ヶ月にどのくらいの金額を食費に当てているのでしょうか。

食費を節約している人は月に1万円というツワモノもいますし、月に7万円程食費に使ってしまうという人もいるので、本当に人それぞれであると言えるでしょう。

一般的に一人暮らしをしている大学生の一ヶ月にかかる食費は2万5千円から3万円程が平均であると言われています。自分が一ヶ月にどのくらい食費に使っているかを考えてみて、2万5千円から3万円の間であれば妥当な金額であると言えるでしょう。

大学生は学業が本分ですから勉学に重きを置きつつ、できる時には自炊をするように心がけると食費を節約することができますよ。

コンビニばかりを利用するのではなく、お昼はなるべく学食を利用する、お弁当やお惣菜を買うなら夕方以降のスーパーで、なるべく水筒を利用するようにする、飲み会は一ヶ月の予算を組んでその中で収めるなど、少しの工夫で節約することができますので挑戦してみましょう。

社会人

社会人になると、大学生よりも一ヶ月にかかる食費の平均はあがると言われています。社会人の一ヶ月の食費の平均は約3万円〜4万円前後、女性よりも男性の方が高い傾向にあるようです。

男性は付き合いなどでの飲み会も多く、また自炊が苦手という人はつい外食やコンビニ弁当に頼りがちになり、結果的に一ヶ月の食費が5万円を超えてしまうという人も少なくないでしょう。

仕事が忙しいとなかなか自炊も難しいでしょうし、かといって食べなくては体を壊してしまいます。無理のない範囲で少しずつ出費を抑えるように努力しましょう。お給料の15%程度が目安と言われていますので、まずはその予算以内を目標としてください。

基本は自炊、時間のある時に纏めて作って冷凍できるものは冷凍して保存しておきましょう。ご飯も纏めて炊いて冷凍しておけば、電気代の節約にもなります。

コンビニは極力避け遅い時間帯のスーパーの割引商品を狙う、食材を腐らせないようにカット野菜なども上手く取り入れましょう。お昼はできるだけお弁当、無理ならワンコインランチを心がけ、マイボトル持参で自販機を利用する頻度を減らす努力を。

付き合いは仕方ありませんので、飲み会のあった週は極力節約料理で乗り切るなど、メリハリを大切にしてください。

<下に続く>

一ヶ月の平均的な食費【大人数】

同棲2

同棲カップル

ここからは、一人暮らしではなく複数人で生活している場合の食費の平均を見ていきましょう。まず、同棲カップルの平均的な食費からご紹介します。

同棲カップルの一ヶ月にかかる食費は大体3万5千円〜4万5千円くらいまでが平均的な金額となっています。6万円を超えると、食費にかなりお金をかけてしまっていることです。

2人の収入を合わせた金額の約15%程度、仮に2人合わせて40万円の収入ならば6万円程度が目安となるわけですね。このくらい収入に余裕があれば良いですが、できれば少しでも節約したいもの。2人で協力し合えば無理なく食費を抑えることも可能です。

節約方法は一人暮らしの場合と基本的には同じです。予算を組んで、メリハリをつけて節約に挑戦してみてください。我慢の後にご褒美のプチ贅沢を設けると、モチベーションもあがりますよ。

夫婦

夫婦2人の場合の食費の平均も、大体同棲カップルと同じくらいとなっています。ただ夫婦となると今後のために少しでも多く貯金しようと考えている人が同棲カップルに比べて多く、4万円を超えると食費にお金をかけている印象になるようです。

夫婦の一ヶ月にかかる食費は共働きかそうでないかによってもかなりの差が出てきます。

共働きの場合は妻が専業主婦の家庭よりも世帯収入は多いですが、その分忙しくて惣菜を利用する回数が多かったり、つい無駄なものまで買ってしまい気付けば食費が8万円にまで膨れてしまっているという家庭もあります。

妻が専業主婦の家庭では、世帯収入は少なくなりますがその分節約を意識したり妻が頑張って食費の節約に取り組んだりしている家庭も多いので、専業主婦の家庭だからといって必ずしも家計が苦しいとは言えないでしょう。

2人が協力し合いながら少しずつ食費を抑えていき、その分を貯金に回すようにすると今後のためにも安心できるのではないでしょうか。

3人家族

3人家族、夫婦2人と子供1人の場合の一ヶ月にかかる食費の平均を見ていきましょう。子供の性別や年齢によっても大きく異なりますが、約4万円〜6万円程が平均的な一ヶ月の食費とされているようです。

子供が中学生や高校生の食べ盛り、ましてや運動部の男子などであればその食欲はかなりのものでしょうし、食費を節約したいあまり子供の空腹を満たしてあげられないのも可愛さそうですし、難しいところです。

よく食べる高校生くらいの子供がいる家庭では月に食費が7万円というところも珍しくないでしょうし、良く外食する家庭であればその出費はさらに高いものであると予想できます。子供の教育費用のことなどを考えると、無理はさせたくないけど1円でも安く抑えたいですよね。

3人家族の食費節約方法としては、特に子供が食べ盛りの頃であれば腹持ちの良い食材を上手く取り入れると出費を抑えられるでしょう。

おやつは買ったお菓子ばかりでなく、ふかし芋や手作りホットケーキ、おにぎりなどもうまく取り入れましょう。おもちやパンも腹持ちが良いのでおススメです。

野菜は旬のものを活用し、白米はもちろんうどんやパスタなどの麺類の割合を多くしてカサ増しすると1食にかかる費用を抑えつつお腹も満たすことができますよ。

4人家族

4人家族が一ヶ月にかかる食費の平均的な金額は、約5万6千円〜6万6千円程となっています。共働きや良く食べる家庭ですろ7万円程食費にかかっているという家庭も少なくはないようです。

逆に、家族4人でも月に4万円以内で収めているという家庭もありますので、その家庭の事情や食べる量によってもずいぶん差が出てくるということでしょう。ちなみに、4万円とは外食を除いた純粋な食費です。

子供が未就学児のうちはそれほど食費の負担はないかもしれませんが、食べ盛りになってくるとあっという間に食費が膨れ上がります。外食なんてすれば安い回転寿司でも1回5千円では済まなくなってくるでしょう。

食費を安く抑えるコツとしては、やはり上記でもご紹介したように腹持ちの良い食材をフル活用することです。肉や魚は大容量パックを買って冷凍保存するなどすると良いでしょう。

キャベツなら1玉、大根なら1本という風に野菜も丸ごと購入して、その日はサラダ、次の日は炒め物、最終的にはスープや味噌汁など余すところなく活用しましょう。

じゃがいも玉ねぎ人参、もやしや豆苗などの安定して安い食材をフル活用し、豆腐やこんにゃくなどもカサ増しなどに積極的に利用しましょう。

ハンバーグも全てひき肉で人数分作ると結構なお肉を使いますが、豆腐やおからでカサ増しすれば安くて量も多く作ることができます。

4人家族でも、工夫次第では食費を抑えることが可能です。最初からあまり無理をしないで、まずは4万円〜5万円の間を目指して頑張りましょう。

5人家族

家族

総務省統計局の調査では、5人家族の平均的な一ヶ月の食費は8万円前後となっていますが、普通この金額を聞くと「8万円って高いなぁ」と感じる人も多いでしょう。

この調査はあくまで5人家族、必ずしも親2人と子供が3人というわけではないようです。子供が何歳か、また住んでいる地域などによってもかなりの差が出てくるでしょう。

平均的に食べる小学生3人と親2人と考えた場合、月に4万円〜5万円以内に食費を抑えられている家庭はかなりの節約上手な家庭であると言えるでしょう。

仮に7万円程度であったとしても、子供が大きければ妥当な金額といえます。逆に未就学児が3人なのに月7万円であれば食費にかけている金額は結構高いということですね。

家族が大勢であればあるほど、食費を節約するためにはやはりカサ増し・大容量パックを購入するというのが良いでしょう。子供が3人居れば多くの家庭は共働きであると想定できますから、無理をせず上手に節約ができると良いですね。

大家族

テレビで良く見る大家族、食べるシーンを少し見ただけでも戦争のような凄まじさが感じられます。作ったそばからなくなっていくおかず達、ご飯だけでも日に10合炊いていたりと大変そうです。

テレビで見かける人数の大家族は稀でしょうが、当然のことながら人数が増えれば増えるほど食費も増えていきます。

夫婦は2人で後は子供達という家族構成で考えると、4人以上の小学生以上の子供のいる家庭では一ヶ月の食費が10万円程度に収まれば良い方であると言われているようです。

中学生・高校生、または男子の割合が多ければ、月に12万円程食費にかかってもおかしくはないということになるでしょう。毎月食費だけでこれだけの費用を捻出しようと思ったらかなりの収入が必要となります。

食費を抑えるには、カサ増し食材を活用させたり米やパン、餅なども積極的に取り入れると良いでしょう。

大皿いっぱいに作ってもすぐになくなってしまうという場合は、面倒でも1人分ずつお皿に分けてみてください。ゆっくりと味わいながら食べられますので、より満腹感を得ることができます。

あとはタイムセールを狙う、大容量のお買い得パックを買う、業務用スーパーなどで大量に安く購入できる場所を探すなどの努力をすれば、きっと今までよりも食費の節約になりますよ。

<下に続く>

一ヶ月の食費を抑える節約術

節約術①献立を決めてから買い物に行く

まず食費を抑える方法の簡単な方法として、献立を決めてから買い物に行くというものがあります。スーパーの特売品というものは毎日異なりますので、スーパーに行ってから安いものを買って献立を考える、という人も多いでしょう。

瞬時にレシピがパッと思いつく人は良いかもしれませんが、スーパーで安売りしているものを適当に購入したは良いけど、家に帰ってみたらどれも中途半端でレシピに当てはまらなくて結局買い足すハメに、なんて経験をした人も少なくないでしょう。

また、安売りのものをレシピも決まっていないのにいくつも購入していると、レジで精算すると結構な金額になっていて驚いた、なんてことにもなりかねません。

そうならないためには、予め献立を決めてから買い物に行くのがおススメです。できれば1週間分、メインだけでも良いので大体を決めてから買い物に行くようにしてください。

メインが決まっていれば、後の副菜はもやしや豆苗、豆腐やこんにゃくなどの安定して安価なものを購入します。こうすれば、自分が考えている予算から大幅にオーバーすることもなくなりますし、食材を買ったは良いけど何も作れないなんてことにもなりません。

安売り食材もたくさん買えば大きな出費、メイン献立だけでも決めてから買い物に行くと出費の振り幅を抑えることができます。

節約術②まとめ買いして冷凍保存

魚市場

食費の節約上手が共通して行っていること、それはまとめ買いして冷凍保存するというテクニックです。

特に肉や魚などの値段が高い食材は、安売りの日にまとめて買って小分けにして冷凍保存しておくという方が多いようです。

小分けパックを買うよりも大容量のものを買った方がトータル的見にると安いという場合も多く、肉や魚などの冷凍可能なものは週の始めなどに一週間分まとめ買いして冷凍しておくと良いでしょう。

1回分ずつ分けてラップやジップロックに入れて冷凍しますが、その際に下味を付けておくと調理時も楽ですし味もしみて柔らかく美味しくなります。

1つはニンニク醤油、1つは砂糖味噌、1つは塩麹、という風に献立ごとに味付けを変えて冷凍しておくと、バリエーションも豊かになり同じ種類の肉でも飽きません。

また、キノコ類などは石づきを取りほぐしてからジップロックに入れて冷凍保存しておくと、使いやすくその上栄養価もアップするのでおススメです。

葉物野菜は茹でてから冷凍、ブロッコリーや人参も茹でてから冷凍しておくと解凍後すぐに使えて便利です。

肉や魚を冷凍保存することは、節約にプラスして時短調理や味がしみたり柔らかくなったりもして良いこと尽くめだということです。

節約術③予算を決めて買い物

予め今日の買い物に使えるお金を決めて、その分だけをお財布に入れて買い物へ行くようにしましょう。たくさん買いたくてもお財布に決められた分だけしかないので買えません。もちろん現金がないからといってカードで買ってはダメですよ。

例えば1週間八千円で食費をやりくりしたい場合は、六千円をお財布に入れて買い物へ行きましょう。予め決めておいた献立を軸に買い物を済ませます。

あとの二千円はどうしても食材を買い足さなければならなくなった時に使うようにしてください。使わずに残った場合は、封筒に入れてとっておきましょう。

食費はできるだけ節約したいところですが、いつも一ヶ月に五万円を食費に使っていた人が急に三万円に収めようとするのは無謀です。

いつも5万円使っていた人はまずは四万円に設定して、無理なく達成できるように努力してください。お給料が出たらすぐに四万円を手元におき、週ごとに分けて封筒に入れます。

ここでポイントですが、週ごとに分ける際には一ヶ月を5週と考えて予算を振り分けてください。仮に一ヶ月4万円に設定した場合は、それを5週に分けますので八千円の入った封筒が×5となります。

そして、週始めなどに買い物に行く際にお財布に6千円を入れて買い物へ行きます。これが上手くいけば、一ヶ月の終わり頃にはいくらか手元に残っているはずです。この残ったお金で月に1度纏めてお米や調味料を購入すれば、1週間の負担が少なくて済みます。

お金が残れば、ご褒美としてちょっと贅沢してもモチベーションが上がって良いかもしれませんね。

大切なのは決められた予算を守ること、そのためには初めから無謀な金額設定はやめて自分が達成できそうな金額から始めてみましょう。

節約術④常備菜を活用

食事の中でも特に費用がかかるのは主に夕食です。栄養バランスや品数を増やそうとすると、どうしても食費が多くなってしまいます。

そこで、安価で日持ちのする常備おかずを一度にたくさん作って冷蔵または冷凍しておくと簡単に毎日のおかずの品数を増やすことができます。

無理して毎日たくさんの品数を作っていると疲れますし、作るのが面倒になってつい惣菜に頼ってしまう、なんてことにもなりかねません。

週の始めの食材を購入した日に少し頑張って何品か常備できるおかずを作りましょう。もやしやキュウリのナムル、きんぴらごぼうやひじきの煮物、きのこを甘辛く煮ても美味しいです。もやしなどは調理することで生のまま保存するよりも腐りにくくなります。

あまり作りすぎて傷んでも困りますので、食べきれるくらいの量を作って上手に活用してください。上記でご紹介したようなおかずは夕食はもちろん朝ごはんやお弁当にも大活躍間違いなしです。

きんぴらごぼうなんかは、パンの上にチーズと一緒に乗せてトーストすると美味しいですよ。忙しい日の朝ごはんにもぴったりです。

このように何品か常備おかずを作っておくことで無駄な出費も抑えられますし、食事の準備も楽になり更に食材を腐らせて捨ててしまう確率も減りますのでぜひ実践してみてください。

節約術⑤腹ペコで買い物に行かない

「腹ペコで買い物に行こうがお腹いっぱいで行こうが一緒でしょ」と思うかもしれませんが、腹ペコで買い物に行かないというのは意外と食費の節約になります。

仕事帰りにスーパーに寄って買い物する人も多いでしょうが、疲労+空腹の状態でのスーパーは非常に危険です。甘い誘惑がたくさんありますので、ついつい手を伸ばしてしまうことも。

甘いものやお惣菜は、空腹の状態ではいつも以上に手が伸びやすくなります。「1つくらいいいだろう」と油断していると、意外に食費を圧迫してしまうでしょう。

甘いものや好きなお惣菜は食費を予算以内に抑えることができた場合のご褒美にとっておいて、普段は必要なものだけを買うように心がけてください。といってもあまりに我慢すると爆発した時が怖いので、予算以内なら少しの嗜好品は許容範囲内とします。

そして空腹の状態で行くよりも、ご飯の後や買い物の前には雨やガムなどを軽く口に入れてから行くようにしてください。これだけでも無駄遣いを抑えることができるでしょう。

節約術⑥時間帯を考えて買い物に

スーパー

時間に余裕のある日に、セールの時間帯に合わせて買い物するようにすると安くて良いものが買える確率が高いです。

狙い目は夕方16時以降、生鮮食品などに値引きシールが貼られる時間帯です。閉店間際はお寿司やお惣菜が半額になる店舗も多いので、外出後などでどうしても作りたくないという日は外食するよりもこういったお惣菜を買うと良いでしょう。

また、週1回の肉の日・魚の日・ポイント◯倍セールなどもうまく活用してください。事前にチラシなどをチェックして買うものをメモしておくと余計なものを買わずに済みますよ。

ポイントも貯めればちょっとした時に便利ですので、なるべく1箇所のお店でポイントが多くつく日を狙って買い物するようにすると良いですね。

節約術⑦ちょっとずつ材料を残す

通常は材料をカットして料理していくわけですが、その際に材料を少しずつ残しておくと後で役に立ちます。

じゃがいもやなすなどのアクの強い食品はカットして残しておくことが難しいかもしれませんが、例えば玉ねぎや人参、葉物野菜やキノコなどは調理する時に全部使ってしまわずに少量ずつ残しておくことをおススメします。

少しずつ野菜を残しておくことで、5・6日目の食材の少なくなっている日に卵とじやお味噌汁、餡掛けなどにすれば立派な一品になります。お肉なども少し残しておいてそこに加えれば、更にボリュームアップ。

一気にたくさんの量を取ってしまうとその日の献立に影響してしまいますので、いろいろな食材を少しずつ残すのがポイントです。きっと、困った時のお助け食材として活躍してくれるでしょう。

<下に続く>

一ヶ月にかかる食費を把握して節約してみよう!

節約

以上、今回は一ヶ月にかかる食費の平均を家族構成ごとに詳しくご紹介していきました。食費を節約するポイントなどのお役立ち情報も満載でお届けいたしましたが、参考になりましたでしょうか。

食費というのは、簡単に節約できそうで実は難しい出費でもあります。すぐにたくさん節約するのは難しいかもしれませんが、毎月の変動を抑えることはそう難しくありません。

今回の記事を参考に、自分の一ヶ月の食費は妥当なのかそうでないのかを見直してみてください。そして、節約方法を参考にして少しでも出費を抑えることができると良いですね。

Thumb minkane logo
written by

「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。
投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。

関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line