みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に
2018/03/13

転職するベストなタイミングとは?失敗しない転職の方法は?

Large pexels photo 288477
目次

転職はタイミングや時期が重要となります。転職する時は目的を持って、準備を整えたうえで進めることが大切です。

またタイミングによってダメな時期もあることを知っておきましょう。特に新卒の転職は慎重に進める必要があります。ここでは転職に適したベストなタイミングを年代別に紹介します。

転職が成功するかどうかはタイミング次第!

仕事に不満があるとき転職を考えるてしまうという方がほとんどではないでしょうか?転職をするのが良いですが、成功させるためにはタイミングが大切になります。

自分は何故、転職をしいのか良く考える必要があります。ただ漠然とした理由では次の職場でも良い結果を出すことはできず、また転職を繰り返すことにもなりかねません。

キャリアもなく転職しても同じような仕事だったり、キャリアアップが望めないことがあります。

企業などでは退職シーズンや人事異動のシーズンな決まった時期に募集をかけることがあります。

転職を希望する場合は情報に敏感になり、自分が狙っている企業やポジションに募集が出ているかチェックするようにしましょう。

また新しい資格を取得して、資格を活かして働きたいなど自分をアピールできるポイントがあれば転職にも有利になります。

単純に転職したいだけでは、成功しないのです。転職には目的や今後の目標、キャリアや活かせる資格があるかどうか、見極めることで成功します。

転職をする時に面接は必ず行いますが、面接時に自信を持ってアピールすることができる状態にあるかどうかということも大切です。

<下に続く>

転職するベストなタイミング【目的別】

null

現在の仕事に達成感を得られなくなったり、新たに目標を見つけるなど転職したい動悸は人それぞれです。

転職をすると言っても目的によってタイミングが異なってきますが、ここでは転職に適した時期を目的別に紹介します。

①職場でのキャリアアップ

現在の職場では自分の能力を十分に発揮できていないと感じた時や仕事をやり遂げてしまい、これ以上キャリアアップは望めないというような時は転職を考えるタイミングです。

自分は新しい職場で何ができるのか、どのような仕事に関わりたいのか、また経験を活かしながらキャリアアップができるかなど確認しましょう。

現在の職場でキャリアがあれば次の職場でもキャリアアップができるでしょう。

②仕事を変えでキャリアアップ

今までとは違った職種に就きたいと思った時が、転職のタイミングです。現在の職業とは全く違った業界で働くということは新しくキャリアを積むことにも繋がります。

大学を卒業して同じ会社に数年働いた後にやりがいのある仕事や専門職など違った職業に就きたいと考える方もいます。

現在働いてる職場ではやりがいを感じなくなったり、同じ仕事が続いてキャリアアップが望めない、自分を活かせる仕事や新しい分野の仕事に就きたいと思った時は転職を検討するのも良いでしょう。

③資格を取得した

資格を取得した時は転職を考えるチャンスです。資格があるということは、仕事を理解しながら進められるということになります。

また資格の種類によっては資格だけではなく、実務経験が必要になることもあります。

自分の希望する仕事内容の資格を取得すると転職が成功する確率が上がります。実務経験がなくても資格さえ得取得すれば、未経験でも採用してくれる企業はあります。

経験を積みながらキャリアを身につけるという強い意志や熱意を語ると思いが通じます。

④結婚など

結婚など大きなイベントは転職するタイミングになります。職場恋愛で、どちらかが辞めなければいけないとなった時は、やりたかった事や興味のある分野に進む良いチャンスです。

また結婚して専業主婦になった方や産休・育児休暇を利用している方などは資格取得しておくと再就職する時に有利になります。

結婚しても仕事を続ける場合は、新しい分野に挑戦するのも良いでしょう。

⑤プロジェクトの終了

現在、携わっているプロジェクトなどが終了したのをきっかけに転職するのも良いでしょう。仕事でひと段落つき、次の職場での面接の時に成果をアピールすることができます。

特に大きなプロジェクトに関わってきた時に成功をおさめれば実績として高評価されるでしょう。

プロジェクトのタイミングに合わせて希望の転職先が見つかれば良いのですが、たまたま自分が気になっていた企業が募集をしていた時は、企業側に相談してしてみましょう。

実績がある場合、認められてプロジェクトが終わるまで、待ってもらえる可能性もあります。反対にプロジェクトの途中で転職するのは無責任という印象を与えてしまうので、止めましょう。

⑥世の中の景気の状況

世の中の経済状況が不安定な時に転職しても希望の待遇やポジションにつけないことがあります。景気が悪いということは会社側もお給料を控える傾向にあります。

また不景気の時に動いても良い求人が探せなかったり、求人があったとしても条件に納得できないということも考えられます。

世の中の動きをみて景気が良い時に動けば条件にかなった職場を見つけることができます。

<下に続く>

転職するベストなタイミング【年代別】

転職

転職する時はタイミングが大切で、タイミングによって希望の仕事に就けたり就けなかったりもします。また年代によっても転職するタイミングは重要で、仕事場での位置づけも変わってきます。

20代

20代の転職は、比較的転職がそれほど難しくはありません。企業のなかでは会社の若返りに期待して20代を積極的に採用している会社もあります。

大学を卒業してから3年以内は同じ会社に勤めるようにして、社会人としての基本的なビジネスマナーなどを学ぶようにしてください。

卒業後、1年や2年のうちに転職しても社会人として認めてもらえず、転職が難しいことがあります。

卒業して3年以上経てば、ビジネスマナーなども身について採用される確率が高くなります。

20代で転職したい場合は、新卒で働き始めてから3年〜4年が良いでしょう。3年以内であっても新卒として採用してくれる企業もありますが、転職を成功させたいときは3年後を目安にすると良いでしょう。

30代

30代では30代前半か後半かでも転職のタイミングが変わってきます。前半はら即戦力になることを期待され、後半では管理職など社内をまとめる役割も重要になってきます。

今まで何を専門に仕事をしてきたのか、経験を活かしながら次の職場でも後輩の指導など活躍できるチャンスです。

つまり転職先の会社で即戦力となれることが大切です。そのためキャリアもスキルもなしに転職しても成功する確率は低いと言えます。

特別なスキルなどがなくても自分にはこれができる、また仕事を通して学んだことなど積極的にアピールすると良いでしょう。

また転職先で目標となるものがあれば、目標に向かって資格を取るなどやる気のある態度を見せるようにしましょう。

転職のタイミングとしては35歳を目安にすると良いでしょう。35歳までは現場を中心にした仕事で転職、35歳を過ぎるとマネージャーや教育担当など社内をまとめる管理職などがメインになります。

40代

40代の転職は専門性の高い仕事や管理職など人をまとめることが中心となります。40代と言えば、家族を養っている方もいる年齢ですが、責任感があり、社会的に認められる年齢です。

40代では定年退職になる年齢に近いので、転職のタイミングはしっかり見極めましょう。

40代での転職は経験や知識が豊富なことから条件の良いポストにつけたり、長期間働けるチャンスもあります。

転職した場合、最初から人間関係を築く必要がありますが、新しい環境に馴染めるなら40代での転職も良いでしょう。

40代で転職する場合は45歳までに転職するのが良いタイミングと言えます。後半になると希望の転職の先が見つからなかったり、採用されるのが難しいことがあります。40代での転職はスキルや経験、周囲との柔軟性があれば成功します。

<下に続く>

転職のタイミングを逃さない!準備すべきこと

転職

転職のチャンスはいつやってくるか分かりません。スムーズに転職するためにも日頃から準備を整えることが大切です。どのよなことに注意をして準備をすれば良いのでしょうか。

①目的を明確にする

なぜ転職したいのか目的をはっきりさせましょう。仕事内容やスキルやキャリアアップなど現在の職場では満足できないこと、転職したい理由などを考えてみます。

理由や目的が曖昧だと面接の時に上手く説明できず、チャンスを逃してしまうことがあります。

転職の理由や応募先の会社で自分に何ができるのかなどアピールできるものを準備しておきましょう。

②情報収集

転職の目的や理由がはっきりしたら応募先の企業の情報収集をします。応募先の企業では自分の希望に合った仕事ができるか、経験を十分に発揮できるかなど調べていくと安心でしょう。

情報収集が不十分な場合、いざ就職した時に思っていた仕事内容ではなかったなど後悔してしまうことがあります。

また面接の時に会社のことを聞かれた時に返答がスムーズだと相手側にも良い印象を与えます。

③応募書類の作成

転職のチャンスを逃さないためにも時間のある時に応募書類を作成しておくと良いでしょう。

仕事をしながらの転職は思っている以上にハードなので、急いで履歴書や職務経歴書などの書類を書き上げるとミスが多くなりがちです。

書類のミスはマイナスになってしまうので、気持ちが落ち着いている時に作成すると良いでしょう。転職に有利になるようにアピールポイントを考えて行くようにします。

④面接の対策

いざ面接をすると緊張してしまうので、日常から面接の練習をしておくのも良いでしょう。特に会社を辞めたい理由や転職して何をしたいかなど目的などをはっきりしておくことは大切です。

面接では、自己紹介や以前の仕事の内容や志望動機など聞かれることがあるので返答に悩まないためにも答えは用意しておきましょう。

⑤自己分析

自己分析をすることで自分自身と向き合うことができ、希望の転職先を探しやすくなります。長所や短所を分析することで自分というものを面接の時に上手く伝えられ、転職が成功する確率が高くなります。

また現在の経験を新しい職場でどのように活かしたいのかなど、転職した後の目標やステップアップなど将来、どのようになりたいのか知っておくとタイミングよく転職することができます。

⑥スキルを磨く

転職を考えている企業が自分の持っているスキルで十分足りているか確認しましょう。

目指している転職先と自分の持っているスキルがマッチしないといざ募集があった時に応募することができません。資格取得をしたりスキルを磨くように努力すると良いでしょう。

⑦求人情報には敏感になっておく

転職のチャンスをいつでもチェックできるように日常から情報誌や企業のサイトをチェックしておきましょう。求人情報誌や転職サイト、人材派遣会社を介して探すようにすると良いでしょう

<下に続く>

新卒が転職する時のタイミングは?

新卒でせっかく会社に入社しても仕事内容が自分に合っていなかたり、思っていた仕事ではなかったなど転職を考えてしまうことがあります。

新卒の転職はキャリアのある転職と異なり、不利になってしまうことがあります。特に入ったばかりの頃は、責任感もそれほど重たくなく、やりがいや期待を持って入社した新卒者にとっては、物足りないと感じてしまうことがあります。

1年目は自分の受け持ちの仕事を覚えて、会社の状態などを把握することが大切です。2年目で徐々に自分で動けるようになり、3年目に自分にあっているかどうか、判断できるようになります。

新卒者で転職したい場合は、3年目を目安に転職するのも良いと言えますが、経験が少ないので、次の就職先が見つかるまで時間がかかることがあります。

また面接官によっては前の会社を何故辞めたのか理由を聞かれることもあります。
3年経過すればビジネスマナーも身について面接の時も自分にはこれができるといったことをアピールできるようになり、採用されやすくなります。

第二新卒でもビジネスに関してのマナーもある程度身にけているので面接の印象が良ければ採用が期待できるでしょう。

<下に続く>

転職するのに悪いタイミング 

転職する時は、タイミングによって成功する時と失敗してしまうことがあります。タイミングを知ることは難しいですが、現在の状況を把握しながら、転職すべき時期がどうか知るようにしましょう。

①健康状態が悪い時

体に病気がある時、または精神的に悩んでいる時はに転職しても良い職場を探すことはできません。

気持ちが消極的になってしまうため、面接でも本当の自分を出すのが難しい状況です。治療が必要な病気にかかっている時も病院に通院したり、休みが欲しいなど出てくることがあります。

現在の会社なら大目に見てもらえることがありますが、入ったばかりの職場では気軽に休みをもらうことができず、更に転職したばかりで休みが多いと、他の人に迷惑をかけてしまうなど、居心地が悪くなってしまい、転職を繰り返すことになります。

②世の中の景気が悪い時

世の中が不景気な時は企業などは積極的に募集を行いません。
景気が思わしくないときは、じっと耐えて景気が回復するのを待ちましょう。

待たずに希望出ない企業に転職してしまい、景気が回復して自分の希望の企業が募集を開始したということもあります。

③キャリアがない

キャリアや資格がないのに転職してしまうのも賢いとは言えません。転職の目的のひとつにキャリアアップなどが挙げられますが、新しい職場でキャリアを積もうとする時はある程度の経験があることが望ましいでしょう。

経験や資格もなく転職すると活躍できる場所がなく、転職した意味がありません。

④人間関係が悪い時

職場の人間関係を理由に転職するのも良いとは言えません。仕事はやりがいがあるのに転職してしまうのは残念ですね。

人間関係が合わないのは、自分の性格に問題があることも考えられます。どこの会社に行っても人間関係の良し悪しは必ずあるので、ある程度の我慢は必要と言えます。

人間関係では時間が経過するれば解決することがあるので、辛抱することも大切です。但し、精神的に辛い時は無理をせず退職して休養をしてから次の職場を探すののも良いでしょう。

⑤仕事に対して目標がない

毎日、同じ仕事をして不満を言っている時も転職に適した時期ではありません。仕事に目標を見いだせないのは自分から積極的に仕事をしていないこともあります。

現在の仕事にやりがいを見いだせず転職する方もいますが、現状から逃げ出したいがために転職するのもタイミング的に適切とは言えません。現在の仕事に目標が持てるかどうかは自分次第といって良いでしょう。

今の仕事で自分の力を出し切れていないときは、次の職場でも同じことも繰り返しになる可能性が高いと言えるでしょう。

<下に続く>

転職するベストなタイミングとは?失敗しない転職の方法は?のまとめ

転職を成功させるには、良い条件の職場画見つかるまで待つことが大切です。焦ってしまうと希望とは違ったところに転職してしまうことがあります。

良い転職に繋げるためにも資格取得をしたりスキルアップをするなど普段から心が得るようにすると良い職場が見つかり、更に活躍することができます。

いつ転職しても大丈夫なように情報はいろいろなところから入手して、準備を進めるようにしましょう。

Thumb minkane logo
written by
「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。 投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。
関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line