みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に
2018/03/13

仮想通貨LLT(LLトークン)の将来性や特徴と価格推移、購入できる取引所!

Large pexels photo 69760  2
目次

仮想通貨LLT(LLトークン)とは?

LLトークンはまだ誕生したばかりで、取引実績や流通額には乏しい仮想通貨です。コンテンツデリバリーネットワークと呼ばれる、いわゆるシェリングエコノミーでの基盤となることを目指してつくられました。

ただ、現在はまだ購入できる取引所も少なく、取引チャートの面でも、1LLCが100円前後の価格で推移しており、まだ大きく値上がりしてはいません。

とはいえ、シェアリングエコノミーの将来性は非常に有望と考えられているので、その市場とともに成長することを目論んでいるLLトークンも、ポテンシャルは秘めている仮想通貨と言えます。

<下に続く>

仮想通貨LLT(LLトークン)の特徴

null

LLトークンは2017年8月に取引が開始された、まだ新しい仮想通貨です。

ブロックチェーン技術によって、コンテンツデリバリーネットワークによる経済活動を再定義する、という基本コンセプトを掲げて誕生しました

コンテンツデリバリーネットワークとは、近年非常に大きくなってきた、シェアする経済活動です。air b&bならスペースや宿泊場所をシェアしていますし、UBERなら自動車や移動手段をシェアして、利益を生んでいます。また、洋服や、労働時間など、様々なものをシェアするサービスが次々と誕生しています。

LLトークンがそれらをつなぐ通貨となることで、さらにスムーズにシェアリンクエコノミーが発展することを目指し、また通貨自体もシェアして持ち合うことで、コンテンツデリバリーネットワークが強固になることを目指しています。

LLトークンは、技術的にはイーサリアムを基礎として構成されています。さらにマイニングする際に、シェアするコンテンツの供給者と利用者が相互にリソースを分担することで、LLトークンの創出も効率的に行い、発掘と同時にLLトークンを介してシェアリンクエコノミーに関わるメンバーの関係性を構築してしまおう、という仕組みが組み込まれています。

様々なものをシェアするサービスの根幹になることを目指して生み出されたのが、LLトークンです。

<下に続く>

仮想通貨LLT(LLトークン)の将来性

null

シェアリングは今後もさらに普及し、ますます規模が大きくなると予想されています。

LLトークンが当初の目的の通りシェアリングエコノミーの基盤となり、さらなる発展に寄与できれば、その価値は現段階では想像できないほどになります。その意味では、非常に優れた将来性を持つ仮想通貨と言うことができます。

とはいえ、LLトークンは現状では全くの未知数である仮想通貨です。

2017年9月に中国政府が仮想通貨に関する規制を強め、多くの仮想通貨の価格が下落しました。その際に取引を停止された仮想通貨の中に、LLトークンも含まれていました。まだ信頼性の低い段階だったので、あおりを受けた形です。
このように、LLトークンの将来性はまだまだ不安定であることも留意すべきところです。

<下に続く>

仮想通貨LLT(LLトークン)を購入できる取引所

まだ誕生からの歴史も浅く、流通量も少ないLLトークンは、購入できる取引所も多くはありません。日本国内で取り扱いのある取引所も今のところありません。

しかし、BinanceやGateといった、海外のいくつかの取引所で購入できますので、LLトークンの将来性に賭けてみることは可能です。

ただ、購入する際には、日本円で直接買うことはできません。まず、bitflyerなどの日本国内の仮想通貨取引所でビットコインを購入して、BinanceやGateに送金します。そのビットコインを使って、LLトークンを購入することができます。

<下に続く>

LLトークンは購入すべき?

null

LLトークンは、将来性はありつつも不透明な、いわゆるアルトコインと言われる段階にある仮想通貨です。

大きな利益を上げられる可能性と、価値がまったくなくなってしまうリスクを両方とも内包しています

この可能性に賭けて購入するとしても、リスクを理解して検討する必要があります。

今後、2018年内には新しいシステムでのLLトークンも流通を開始する計画もあるようですので、プロジェクトを見守りつつ、投資時期を見極められるよう注視すべき仮想通貨です。

Thumb pexels photo 236047
written by
みんかね仮想通貨編集部です! みんかね仮想通貨編集部では、仮想通貨に関する最新情報からブロックチェーンの仕組みなど幅広く、皆さまのためになる情報をいち早くお届けします!
関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line