みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に
2018/03/13

気温12度の時の服装の選び方やコーデをメンズ・レディース別に紹介

Large photo 1484502249930 e1da807099a5
目次

服装を決めるのに微妙なラインの気温12度

季節が移り変わる節目のときは、鳥肌が立つほど寒いというわけではなくても少し肌寒さを感じてしまうこともあります。

そして、夏や秋や春といった本来は温暖な季節でもちょっと寒くて厚着をしようかどうか迷ってしまうということもあります。

肌寒いと感じる気温は12度であることが多いです。激寒というわけでもないけれど、ファッションには迷ってしまうというときの子供、レディース、メンズの服装の選び方のポイントをまとめてみました。

<下に続く>

12度の時の服装は?

服

12度というと、夏の終わりくらいにこのくらいの温度になりやすいです。12度はもう秋と同じような気温なので、風邪を引かないようにアウターをしっかりと持って出掛けるべきです。

春でも肌寒い天気だった場合、12度の日になってしまいます。季節の変わり目は体調を崩しやすい人が多いのは、体温調節をしっかりとできていない人、またはそれを甘く見て怠ってしまっている人が多いからとも言われています。

そうならないように、しっかりと服装を選らんで重ね着や温かい下着や体の末端を冷やさないような靴下を履いてでかけるなどをするべきです。

次項から、12度の日にすべきファッションや服装について、レディース、メンズ、子供向けに項目を分けて解説します。

感覚を感じるのは自分なので、自分が温かくて熱すぎないと感じる服装で出掛けるのが一番良いですが、このようなファッションもあるという提案だと思って参考にしていただけるとありがたい限りです。

<下に続く>

気温12度の時の服装選びのポイント【メンズ】

気温12度で、少し肌寒いと感じるときは面倒くさがらず、しっかりと厚着をして出掛けてください。

そのような手間1つで、風邪や体の小さな痛みといった不調や未病といった状態を未然に防ぐことができます。ここでは、気温12度くらいのときのメンズファッションの選び方のポイントを解説します。

ポイント①:ライトアウターは絶対必要です

夏の季節であっても、気温が12度であるのならばライトアウターを使って温かい格好をしてでかけるべきです。

ライトアウターは、ジャケットなどの丈の短いアウターを指します。気温12度で丈の長いコートを着てしまうと、とても重い印象になってしまいますし、季節外れのファッションは、会う人に少し不信感を与えてしまう場合もあります。

季節に合わせて、かつ、気温が12度である場合、ライトアウターは丈の短いものにして外出したほうが自然なファッションになって良い印象に仕上がります。

ポイント②:色が暗すぎないのものを選びましょう

気温12度は寒いと感じるのが普通の感覚です。もし、体調不良などで熱く感じたとしても温かいライトアウターをはおって出掛けることを強くおすすめします。

季節の移り変わりなどのときで気温が12度のとき、がちがちの冬装備でダウンコートなどを着用してしまうと、少し重い印象になってしまいます。

この場合は、割と色が明るめの、暗すぎないライトアウターを選択するとコーディネート的に重すぎない印象になります。冬のどんよりした寒空で、空気がぴりぴりしている雰囲気でもないときに、暗すぎるファッションをしてしまうと重い印象になりがちです。

ポイント③:ダウンコートではなくダウンベストを選ぼう

まだ真冬ではないのに、ダウンコートを着てしまうのはよくありません。気温12度という微妙なラインの気温のときはライトに着られていろいろなカラーも選べるダウンベストを選ぶと重すぎない印象になって良い仕上がりになります。

ダウンベストだったら、ぴっちりしたデザインでもありませんので下にいろいろな洋服を着ても余裕を持った動きをすることができます。

ダウンベストの場合、汚れてもさっと拭き取れますし外出先で汚れてしまった場合の心配もそこまでする必要がないのでアウトドア派の人にもおすすめできます。

ポイント④:テーラードジャケットを利用しよう

まだ冬になっていないのに気温12度のときは、普段寒くないので余計に寒く感じてしまいますが、早まって真冬の格好をしてしまうと少し季節外れのファッションをすることになり、会う人に重い印象を与えてしまいます。

テーラードジャケットを使うと、ゴワゴワとした印象にならずに軽いコーディネートに仕上げることができます。

テーラードジャケットとは、エリのあるデザインのジャケットです。デザインがスーツの上着のような少しきれい目なアイテムなのが、このテーラードジャケットです。無地のアイテムと合わせるとおしゃれ度がアップします。

<下に続く>

気温12度の時の服装・おすすめコーデ【メンズ】

前項では、気温が12度という微妙な天気のときの服装についての注意点をコーディネートを含めてご紹介しました。

今回は、12度の天気のときにどのようなコーディネートが良いかというおすすめコーディネートをご紹介します。

いろいろな服について書いていきますので、自分の家に何か使えそうなものがないかどうか調べてみてください。

おすすめ①:12度を温かく感じさせるニットを使ってみよう

12度は、温かいときの服装と同じような服装でいると寒くて手足が冷えてきます。そして、寒いまま放置しておくと、体が痛くなってしまう可能性もあります。

面倒くさがらず、衣替えの前でもクローゼットの中から温かい服を探してみてください。長袖のアイテムの中でおすすめできるものの1つにニットがあります。

ニットは余裕のあるデザインをされていることが多いので、ニットの下にTシャツなどを合わせてみるというのも素敵ですし、暖かさも保障されるので一石二鳥です。

おすすめ②:レザージャケットを使って体温調節しよう

レザージャケットを使って、体温調節にチャレンジしてみてください。レザージャケットだと、12度のときの天気にぴったりです。まだそこまで寒くないと思うときでも、便利なアイテムであることに間違いはありません。

レザージャケットは、下にニットなどを組み合わせることもできますし、人によってコーディネートの幅も広がりますのでおすすめできるコーディネートの1つです。レザージャケットを着こなした重すぎない12度のファッションを試してみてください。

ポイント③:ミリタリージャケット

微妙な天気である12度の気温を制覇するには、ミリタリージャケットもおすすめできます。ミリタリージャケットは、ジーンズなどによく合うので自分の手持ちにジーンズのアイテムがないかどうか探してみてください。

ミリタリージャケットはコーディネートの組み合わせによって、周りに差を付けることのできるアイテムで、ファッションのコーディネートにはとても便利なアイテムなのでぜひ試してみてください。

ファッション好きな人に、ミリタリージャケットは持っていて決して損のないアイテムです。持っている方はぜひ活用してみてください。

<下に続く>

気温12度の時の服装選びのポイント【レディース】

ここからはメンズではなくレディースの服装選びのポイントやファッションのコーディネートについて解説します。

12度という微妙な天気だからこそ気を抜かずに不自然に見えない、自然でおしゃれで、かつ機能的なコーディネートを目指せるように皆さんに情報をシェアします。

ポイント①:ダウンコートはまだ早過ぎる

12度は寒いので、女性の体に冷えは特に悪いということを気を遣いすぎて、つい、厚着をしてしまう人もいるかもしれませんが、厚着をし過ぎると不自然な印象になってしまいます。

薄着ともいえないけれど、厚着ともいえない中間部分の微妙な着こなしを目指せるようになると良いです。そのためには、季節や12度という気温よりも自分の肌感覚で洋服を選らんでみてください。

クローゼットに入っている洋服を丸ごと衣替えするのではなく、自分の肌感覚で必要だと感じるものを少しずつ出していくというのも楽しいものなので、オススメのポイントです。

ポイント②:12度という気温に惑わされない

季節によって、12度という日は違います。12度だからといって、秋に春物の洋服を着てしまったら、当然、少しイメージが悪くなってしまいます。

12度というポイントは抑えつつ、季節に合ったファッションをするように心掛けるべきです。自分が寒いなと思う場合は、季節にぴったりな帽子や靴下などといった小物も合わせて暖かさとファッションの両立を図るようにしてみてください。

今、自分が持っている洋服の中で組み合わせてファッションを楽しむことも頭を使いますし、足し算ではなく今あるものを大切にするという勉強にもなります。

ポイント③:着太り感をなくすような着こなしがおすすめ

12度というと、寒いと感じる人はとても寒く感じてしまいます。そして、寒いからこそ、たくさん合う的着をしてしまう人も中には出てくるのです。

しかし、重たい印象になったり着太りでせっかくのスタイルが台無しになってしまうという人も多いのではないでしょうか。

そうならないために、しゅっとした印象を与えるような洋服を選ぶことを意識してみてください。

例えば、トレンチコートなどならそこまで厚着感が出ませんし、スレンダーなイメージで信頼感のある雰囲気に仕上がるのでおすすめです。

ポイント④:女っぽさを演出することがポイント

ポイント4は、なんといっても女らしさを演出することがポイントとなります。女性はいろいろなアイテムを使用することができますので、小物を使って女性らしさを演出してみてください。

例えば、デニムにマフラーを合わせて男性とのデニムに差を付けたり、トレンチコートなどからスカーフをのぞかせることによって、ちょっと女性らしさを演出するというのもおすすめです。

温かくしながら、女性らしさを演出するような小物を上手に使うというのも、12度の微妙なファッションを演出するのにおすすめな方法です。

<下に続く>

気温12度の時の服装・おすすめコーデ【レディース】

気温12度のときの服装やおすすめコーデについて、レディースに向けのものをまとめてみました。

アクセサリや小物を使って上手に女性らしさを表現したり、厚着になりすぎないようなすっきりとした着こなし、そして、こなれ感があって相手に信頼感を与えるような服装の例を集めました。

12度のときの服装に困っている人や参考が欲しいなと思う人は、判断材料にご利用ください。

おすすめ①:冬本番ではないけれどアウターを活用してみよう

まだ冬本番というわけではないけれど、アウターを用意して重ね着を楽しめるのがこの気温です。

おすすめのアウターとしては、ポンチョなどもおすすめできます。ポンチョは使わないときは小さく畳んで持ち運ぶこともできます。

そして、ポンチョは締め付けなどもありませんので、ぴっちりとしたデザインが苦手な人にもおすすめできるアイテムだといえます。

ポンチョに模様が入っているものは、暖かめなデザインであっても重い印象にならないのでなお、おすすめです。

おすすめ②:温かいインナーも重要なコーデのポイント

インナーは見えないので、コーディネートと関係ないと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、インナーでも厚手のものを選び続けていると着太りの原因になってしまいます。

そうすると、いくら見かけをよくしても着太りのせいでシルエットが崩れてしまうという結果になりかねません。

天然素材のものを選べば、着太りを防ぐことができます。薄手でもシルクなどは暖かいのです。

外から見えないインナーだからといって、気を抜かずに肌の素材に近いものを選らんでみてください。高品質であることも重要な1つの選定ポイントになります。

ポイント③:空調が入っているときは薄手のカーディガンを

先ほどご紹介したポンチョはどちらかと言うと、外出向けです。12度といっても、空調が入っている場合は、寒さは軽減されますのであまり厚くない薄手のカーディガンを着るということもおすすめできます。

秋冬用のカーディガンだったとしても、色合い的に淡いピンク色や明るめの色だったら、春や夏の寒いときにも利用できます。

自分の手持ちにそのような感じのカーディガンがあるかないか探してみてください。きっと使えそうなものが見つかるはずです。

ポイント④:トレンチコートはシルエットもおしゃれでおすすめ

ダウンコートを着るまででもないけれど、肌寒いときにおすすめできるのがトレンチコートです。

気温が12度という微妙な天気が訪れるのは、だいたい春から夏、夏から秋、秋から冬といったような季節の移り変わりの季節帯です。

このような季節の移り変わりの時期にもってこいなアイテムは、なんといっても定番のトレンチコートです。トレンチコートは、シルエットも崩れにくいおすすめなアウターです

どんなファッションにも合わせることができるので、とてもすごく便利なアイテムとして皆さんも1着は持っているのではないでしょうか。

<下に続く>

気温12度の時の服装のポイント【子供】

服

ここまでは、成人した女性と男性のレディースファッション、メンズファッションをご紹介してきました。

これからは、子供が12度のときどのようなファッションで過ごせばよいかを提案していきます。ポイントを4つに絞りましたので、参考にしてみてください。

ポイント①:裏起毛のスパッツで暖かく【女の子】

子供は説明が苦手だったり、気温よりも自分の好みを優先してしまいがちです。そうならないように、親がよく面倒を見て、裏起毛のスパッツを用意してあげてください。

裏起毛のスパッツならば、温かくて12℃の寒さでも十分対応できます。その上からミニスカートなどを合わせたら、もっと素晴らしいコーディネートになります。

スパッツならば動きやすいですし、寒い日の外遊びも安心できます。スパッツは肌触りも良く、その子に合った伸び方をするのでおすすめできるコーディネートです。女の子なら積極的に活用してあげてください。

ポイント②:トップスはフリースやトレーナーを【女の子】

トップスはフリースやトレーナーを利用してみてください。吸湿発熱素材のヒートテックなどを利用するともっと温かく過ごすことができます。

温かさを重視して、風邪を引かせないように体を壊さないようにしてあげられるのはまわりの大人だけなので、しっかり注意してあげてください。

ブーツなどを合わせるとおしゃれでなお暖かさがましますので、ぜひ女の子のために合わせてみてあげてください。

ポイント③:男の子には裏起毛トレーナーを

男の子は活発に動き回りますし、洋服を汚してしまったりすることもありますので、脱ぎ着のしやすいトレーナーを用意してあげてください。

脱ぎ着のしやすいトレーナーは、裏起毛であるとなお良いです。裏起毛トレーナーはそれだけで温かいので重ね着をする必要もないこともあります。

とにかく着替えがしやすいということが、男の子の防寒対策のポイントになりますので、1枚1枚の服それだけで温かくするというこを心掛けてください。

汚したり、トイレのときに着替えが面倒だったりするとやんちゃ盛りの子供にはちょっとストレスになる可能性もあります。

ポイント④:フリースを活用して温かくする

フリースを活用することで、動きやすさを維持しながら温かいコーディネートをすることができます。

男の子はたくさん動き回りますし、外遊びのときなどもたくさん走ったりします。場合によっては、外遊びの影響で暑くなって上着を脱ぎたくなるときもあるでしょう。

そんなときに、1枚1枚だけで十分温かいコーディネートにしていたら、とても重宝します。例えば、フリースの下にタートルネックを合わせてあげれば、フリースを脱ぐことになっても、タートルネック1枚で温かいままでいられます。

子供は大人の予想が付かないほどに元気なので、服装にもそれを反映した気遣いをしたいものです。

<下に続く>

12度の春の服装

12度の春の服装は、女性だったらケープコート、男性だったらデニムジャケットがおすすめです。

ケープコートはポンチョのようなイメージで着ることができるので、ゆったりとした服装を求めている人にはおすすめできます。

男性のデニムジャケットは、重すぎない印象なのに暖かさを保障してくれるので、軽く着られて、かつ暖かさを求める人にはおすすめできるので、記載しました。

どちらもどのファッションにも合わせられるものなので、忙しい朝にも簡単にコーディネートが決まります。手軽に着られるという部分を評価して、春の服装として提案しました。

<下に続く>

12度の秋の服装

秋の服装は、女性の場合、ロングニットカーディガンがおすすめです。男性の場合は、タートルネックニットがおすすめです。

秋は、冬に向けてどんどん気温が低くなってくる季節です。そのため、ニットを活用して、冬を意識したデザインのものを着てみるとよいといえます。

冬を意識したデザインを春の12度の日に使ってしまうと、少し変な感じになってしまいますが、秋の場合は堂々とこのデザインを使ってみてください。

ニットは温かく、少しだぼついて見える場合もありますが、それも冬に向けてのファッションだったら、デザイン的にも不自然ではありません。

<下に続く>

12度の冬の服装

冬で12度といったら、日本の場合は12度が最高気温という日も多いはずです。ここまで寒いと厚着をしても堂々としていて不自然ではありません。

だから、女性は日差しがあるようだったら春コートを利用してください。男性の場合もレザージャケットや、ダウンコートなどとにかく温かくなるものを選らんでファッションをコーディネートしてみてください。

冬の場合、秋と引き続いて、ニット素材の洋服を着たりするのも男女ともに場違いになったりはしない、自然なことです。セーターやニット素材の洋服を利用して冷えを撃退してください。

<下に続く>

12度の夏の服装

夏の12度の服装は、寒さとちょっとした蒸し暑さ両方に対応しやすい服装を心掛けてください。

例えば、女性の場合インナーをエアリズムなどのものにして風通しを良くして薄でのカーディガンを持って歩くというのも良いです。

男性の場合は、着丈の短いジャケットを用意して寒さをカバーしてください。夏の場合、気温上昇が期待できるので、暑くなったらジャケットを脱いで体温調整をすることもできます。

そして、ハンパ丈のパンツをジャケットと合わせて着てみると、よりコーディネートとしてのバランスが取れて良い雰囲気に仕上がります。

<下に続く>

気温12度の時の服装の選び方やコーデをメンズ・レディース別に紹介のまとめ

服

いかがでしたでしょうか?12度という微妙な気温はとてもインパクトがあるもので、12度というインパクトのある気温ばかりに気を配ってしまいがちです。

しかし、日本には春夏秋冬という四季がありますので、春夏秋冬のどの部分の12度なのかを意識してファッションをコーディネートしないと、途中から蒸し暑くなってしまったり、寒すぎて外出がままならなくなってしまったりします。

12度という気温は、ちょっと肌寒い夏の日などに起こりやすいのですが、それ以外の時期にも、季節の変わり目に12度という温度になりがちです。

そのように12度になったときは、どの季節よりの12度なのかを自分なりに考えてみてください。そうすることによって、不自然なコーディネートにしたり、気温に対応しきれない服装の組み合わせにしてしまうということを事前に防ぐことができます。

冬に向かっている秋のコーディネートの場合は、毛糸を沢山つかった暖かめなデザインのニットなどを使うというのもおすすめです。

夏の場合は、薄着をベースにして男性だったらレザージャケット、女性だったらカーディガンなどを用意することをおすすめします。

子供の場合は、動きやすさも考慮して選らん弟あげる必要があります。例えば、トイレに行くときなど、脱ぎやすい服装にするめに、トップスとボトムが別れているものがおすすめできます。

そして、脱ぎやすいものを選らんでいたほうが、もし汚れてしまったときなどに着替えができますし、おすすめです。

汗を吸収して温かくなるものなど、子供にはぴったりなので、子供には特に機能を重視した洋服を選らんであげてください。

Thumb minkane logo
written by
「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。 投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。
関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line