みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に
2018/04/15

標準報酬月額の計算方法やツール!交通費やボーナスは含まれる?

Large %e5%a0%b1%e9%85%ac%e9%a1%8dpexels photo 210990
目次

標準報酬月額とは

毎月支払っている保険料の標準報酬月額の計算の方法などって気になりませんか?気になる標準報酬月額の計算の方法で標準報酬月額を調べる事の出来るサイトや標準報酬月額の厚生年金、標準報酬月額の交通費などは含まれるのかなどを詳しくご紹介させていただきます!そして、標準報酬月額を抑える方法などもお伝えしていきます。

<下に続く>

標準報酬月額はどのように決定するの?

お金

標準報酬月額の資格を取得する時に決定する場合は、四パターンがあります。一つ目は、一定の期間で定められている月額・週給などの報酬については、その計算した金額が報酬額の月額となります。

そして、二つ目が日給や時間給、請負給、出来高給などの報酬などは、その月も一緒の事務所で前の月も仕事していて、報酬も一緒のように受けた方の報酬の平均した額となります。

それから三つ目が一定期間定められていなくて、月額や週給などの日給や時間給、請負給、出来高給などの報酬である為に、計算出来ない時があり、資格取得の一ヶ月間に同じ場所で、同じような仕事をしていて同じような報酬を受けた方の報酬額となります。

そして四つ目が、月額や週給などの一定期間定められてもいなくて、二ヶ所以上に報酬を受けている場合や日給や時間給、請負給、出来高制などの報酬のような方法で計算が出来ないことなど、それぞれのパターンにより計算した金額の合計額になるという事です。

標準報酬月額で決まる保険料について

「標準報酬月額」で決まる保険料などは、どのようなものがあるのでしょうか?みていきましょう!

健康保険料とは

健康保険料とは、加入する制度が職業によって違って来ます。自営業の方や農業をして働いている方などは、「国民健康保険」に加入しています。

そして、工場や会社、商店などで働いている方がケガや病気にかかったときに使用したりケガや病気などで会社や工場、商店などを休まなければいけない時に、お給料が出ない時や亡くなってしまった時、さらには出産の為に工場や会社、商店などを休みお給料が出ない時などの医療給付や手当などを支給していたり、生活を安定させるという目的としている「社会保険」などの制度があります。

厚生年金保険料とは

毎月の賞与や給与の共通の保険料率をかけてから計算された金額を事業主と折半で負担します。平成16年から徐々に引き上げられてきました。しかし、平成29年の9月を最後として引き上げが終わりました。平成29年9月以降は厚生年金保険料率18.3%に固定となります。

<下に続く>

標準報酬月額の計算方法

毎月支払う「健康保険」や「厚生年金保険」では、事業主から被保険者が毎月受ける給料などの報酬の月額を区切ります。その区切りのよい幅で区分けした3月を超える期間の賞与と標準報酬額から千円未満を切り捨てた標準報酬月額となります。

その中でも健康保険は累計額(年度)573万円、厚生年金保険は150万円が上限(一ヶ月あたり)と設定し、保険給付の金額と保険料の金額を計算します。また、第1級の5万8千円から第50級の139万円までの全部で50等級に健康保険は区分けされています。

そもそも「報酬」に含まれるものは?

標準報酬月額の「報酬」に含まれるものとは、健康保険料では、基本給や賃金、手当、賞与、俸約、その他の名称であっても被保険者が受けるもの全て(労務の対象として)含みます。また、大入り袋や見舞金など、年間3回以下の賞与などの臨時に受取るものは含みません。その他にも、出張手当や結婚祝いのお金なども臨時に受取るので含みません。

そして、厚生年金保険の場合で報酬に含まれる対象となるのは、被保険者が労働の自己の対償として受取るものであるという事、そして、実質的に事業所から経常的に受取るものであるとともに、通常の生計に被保険者があてるものであるという事です。

その報酬の対象となるものは、能率給や基本給、役職手当、奨励給、職階手当、物価手当、特別勤務手当、宿直手当、休職手当、家族手当、住宅手当、別居手当、通勤手当、早出残業手当、大入り袋や見舞金(継続支給する事)、現物や現金などで事業所から支給されるものをさします。ただし、賞与については、年間4回以上支給されるのであれば報酬に含まれて標準報酬月額の対象となります。

計算方法

計算している

健康保険の標準報酬月額の計算方法は、2006年7月1日から20日以上だった基礎日数(報酬の支払い)が17日以上と変更されています。2006年度からは、17日未満の基礎日数が4月や5月、6月といった報酬を受ける月にあれば、その17日未満の月を抜いて決定します。

事業所から被保険者が受ける報酬は、給料アップなどで変わってきます。そのベースアップで変わった後に対応した報酬を標準報酬月額にするために毎年決まった時期に1回見直しをします(標準報酬月額)。現在について7月1日被保険者の対象となるのが、4月や5月、6月に報酬を受けた平均の金額を標準報酬月額の等級区分けにあてはめます。

そうすると、9月から翌年の8月までは標準報酬月額から除かれるという事になります。また、パートタイマー(短時間就労者)にかかる標準報酬月額の定時決定時の計算は、支払い基礎日数が4月、5月、6月の17日以上ある場合には、報酬月額は17日以上ある月の平均により計算される額によって標準報酬月額が決定されることになります。

その他にも、支払い基礎日数が15日以上17日未満の場合は4月や5月、6月の三ヶ月で、その未満の月の報酬月額の平均で計算された金額で標準報酬月額が決まります。さらに、基礎日数が3ヶ月(4月、5月、6月)のうち15日未満であれば、従前の標準報酬月額をその年度の標準報酬月額とされます。

厚生年金保険の標準報酬月額の計算方法は、毎年7月1日で事業所で使用される現在において7月1日の3ヶ月前(4月、5月、6月)の支払い基礎日数が17日以上に報酬を受けた総額に総月数で除く、そしてその得た額を報酬月額として決定し標準報酬月額となります。その決定した標準報酬月額は、9月から翌年の8月までの標準報酬(各月)となります。

標準報酬月額の計算が出来るサイト

ご自身で標準報酬月額の計算が出来るならとても便利ですね!そんな便利なサイトをご紹介します。

①kaisan

健康保険料や年金の給与や賞与の報酬額から利率で計算してシミュレーション出来ます!その年度の健康保険料や介護保険料、子ども・子育て拠出金とその従業員の負担額などがわかります。その他にも生活の計算やフリー計算、専門的な計算などもあり使いやすくてご自身で保険料の計算をしたい時などに便利です。

②保険の疑問をしっかり解決

このサイトは、健康保険料や厚生年金、雇用保険などの計算のシミュレーションが出来ます。給料や年齢、会社の場所、一般か抗内員、仕事内容を選び一発で計算する事が出来ます。その他にも等級の一覧表なども載っていて字が大きいので見やすくて、視力が落ちて細かい字が読みづらいって方にもおすすめします。

③エクセル術

このサイトは、標準報酬月額の等級表がエクセルのファイルをダウンロード出来たりシミュレータがダウンロード出来るようになっています。とても分かりやすくて使いやすいサイトです。等級表も細かく記載されていますので、自分がどこの欄のかがパッと見てすぐに確認できます。

④知っておきたいあなたの標準報酬制

このサイトは、等級表がバッと出てくるというカナリ分かりやすいサイトです。その他にも計算例などが記載されていて、ご自身がどの保険料になるかがバッとわかります。

<下に続く>

標準報酬月額を抑える方法

お金を持っている人

標準報酬月額は、総支払い額を4月と5月と6月の分の平均が基礎の金額となります。そして、その基礎額が9月からの一年の間の保険料を決めてしまうのです!

そうすると、残業などを基礎額が決まる月に多く頑張って働いたのにも関わらず、保険料が増えてしまって残業した分損した気分になります。なので、基礎額の決まる4月と5月と6月には残業はなるべく抑えて、別の月に残業をたっぷりする方が収入が増えるというわけです。

けれど、出産手当や後に貰う年金、傷病手当の計算にも関係してくるので保険料が少なくて済むのはいいのだけれど、手当などを貰うときには少なくなってしまうという現実もあります。

標準報酬月額の計算方法やツール!交通費やボーナスは含まれる?のまとめ

毎月支払う保険料できる事なら自分で計算をしてしっかり管理したいなと言う、そんなみなさんの為に、ご紹介させていただいた標準報酬月額についての記事はいかがでしたか?この記事をご覧になって保険料のシミュレーションをして、少しでも保険料を抑える方法を知り、みなさんが少しでもより豊かでお得になれればと思います。

Thumb minkane logo
written by
「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。 投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
関連記事
おすすめ記事