みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に

年金は何歳から何歳までもらえる?受給金額やもらい方は?

Large %e3%81%8a%e9%87%91dollar currency money us dollar 47344

老後には必要不可欠の公的な年金は、何歳から受給できるのでしょうか?現代では、公的な年金も受給し始める年齢を選べるというのですがほんとうなのでしょうか?その公的な年金を受給し始める年齢によっては、受給金額がお得になる場合があると言われています。その受給金額がお得になる年齢とは、いくつなのでしょうか?

公的な年金は、いったい何歳から支払い始めて何歳から国民年金は受給する事ができて、厚生年金では何歳から支払い始めて何歳から受給する事ができるのでしょうか?そして、公的な年金は何歳から受給し始めていくら受給することができるのでしょうか?みなさんの老後の為に分かりやすく解説していきます。

年金は何歳からもらえる?

年金

今の段階では、公的な年金は「厚生年金」と「国民年金」とがあります。この「厚生年金」と「国民年金」は、日本に住む全国民に加入が義務づけられています。その公的な年金は、一昔前までは60歳から受給できましたが高齢社会となった現在は、受給年齢が65歳に引き上げられてしまいました。

その現状は財政状況が厳しく、現在も受給年齢を少しずつ引き上げている真っ最中となっています。男性は、2013年度から2025年度にかけて段階的に引き上げられ、女性は2015年度から2030年度にかけて段階的に引き上げられて行く事となります。したがって、現時点では公的な年金は基本的には65歳からの受給となっています。

しかし、年金受給開始の年齢は60歳から70歳まで選ぶことが可能となっています。受給される本人が65歳よりももっと前に年金を受給したければ、「繰上げ受給」の申し込みをして、65歳よりも後に年金を受給したければ「繰り下げ受給」を申請するシステムとなっています。

残念ながら本人が受給開始年齢を選べるといっても、「繰上げ受給」の場合は年金受給額が最大30%もの減額とされる状態となっていて、「繰り下げ受給」の場合は最大42%もの増額されます。けれど、65歳から1年間は公的な年金を払い続けてやっと増額という形となります。

<下に続く>

何歳から年金をもらうかは選べる? 

先ほども公的な年金は、基本的に65歳に受給開始ですが60歳から70歳まで選択可能となっています。しかし、65歳以下に受給開始をすると、年金受給額が減額となり65歳以上に年金受給開始をすると年金額が増額となると述べました。

選ぶことは出来ますがご自身の選んだ受給開始年齢が決まれば、その受給額がずっと一生続きますので慎重に選びましょう!変更などは出来ませんので、老後の事を考えて選ばなければいけません。

<下に続く>

年金は何歳からもらうとお得?

公的な年金は、60歳から70歳までの受給開始年齢が決める事が出来、その年齢によって受給額が決まります。そして、繰上げての年金受給の累計額が基本の65歳以下から年金の受給を開始したときは、65歳からの年金の受給を開始した累計額に追い抜かされるという時点の年は、100%÷0.5%=200ヶ月で16年と8ヶ月となります。

例えば60歳から年金の受給を開始したとなれば76歳8ヶ月で65歳からの年金を受給した方の年金累計額に追い抜かされます。61歳から年金の受給を開始された方は77歳8ヶ月で累計額が追い抜かされ、62歳で年金の受給を開始された方は78歳8ヶ月で累計額を追い抜かされ、63歳で年金の受給を開始された方は79歳8ヶ月で累計額を追い抜かされ、64歳で年金の受給を開始された方は80歳8ヶ月で累計額が追い抜かされる事となります。

それとは逆の、公的な年金の受給開始年齢が65歳以上で開始された方のときは、100%÷0.7%=142.85ヶ月となり11年10ヶ月となります。という事は、65歳から公的な年金を受給を開始したときは76歳までは累計額でいうと1200万円もお得になります。

77歳まで生きることができたときには、66歳以上の年齢で公的な年金を受給を開始した方がお得というわけであります。けれど、66歳以上で公的な年金を受給を開始して66歳で、もし生きていないとすれば全くお得ではなくなります。健康で長生きできる自信があるならば、65歳以上で公的な年金の受給を開始した方がお得ではあります。

<下に続く>

年金は何歳から?【金額と受取り方】

お金

公的年金は満額で78万100円(年間)を受給することが出来ます。公的な年金は、受け取れる資格が出来たら自動的に即受給が開始されるというわけではありません。受給出来るご自身で公的な年金を受取る為の手続きを行う必要性があります。その手続きを行う手続きを請求してからの受給開始となります。

その請求書は、受給年齢に達していて特別に支給される公的な年金を受給するための権利が発生する方には受給年齢に達する3ヶ月前には、氏名や基礎年金番号、性別、住所、生年月日そして、年金加入記録をあらかじめ前もって印字してある「年金請求書」や請求の手続き(年金)の保険年金機構からご案内がご自身あてに送られてきます。

公的な年金を支給開始の年齢のときに受取る為には、65歳で受給権が発生して加入期間が1年未満などの方には公的な年金請求書以外にも公的な年金に関するハガキでお知らせが送付されてきます。そして、65歳に到達する3ヶ月まえになると先ほど述べた年金請求書が送付されてきます。

その請求書の提出の仕方は、公的な年金を受給できる受給権が発生した日は、生年月日の前日という事になります。そして、その支給開始年齢になってからでしか請求書は提出する事が出来ません。受給開始年齢になる前からの請求書提出は受付されませんのでご注意くださいね。

その請求書を提出する際にご用意するものは、受給権発生び以降に交付された住民票や戸籍です。そして、その住民票や戸籍は公的な年金請求書の提出する日から6ヶ月以内に交付されたものを用意する必要があります。

特別支給の公的な年金請求した際に、加給年金額の支給を開始する前に生計する為の維持関係費の認定(仮)に書類が必要な場合に限っては6ヶ月以内に交付されていて、受給権発生日前に交付された必要書類に関しては手続きが可能となっています。

その公的な年金加入者のご自身が20年未満の加入期間であり、配偶者が20年以上の加入期間が公的な年金にある場合は、記載事項証明書の戸籍謄本や収入の確認が出来る書類(請求者)、住民票(世帯全員)とが必要となります。

上記以外のその他の公的な年金を受取る場合に必要なものは、まずは年金手帳、年金証書、歯科医師や医師の診断書、合算対象機関が確認できる書類、年金加入期間確認通知書、雇用保険被保険者証などです。上記の方々は、ご自身の公的な年金を受給するために必要なものを請求書を年金事務所街角の年金相談センターへ提出しましょう。

<下に続く>

年金は何歳から?【種類別の違い】

年金は国民年金や厚生年金によって受給できる年齢は違ってくるのでしょうか?みていきましょう。

国民年金

国民年金は、60歳から70歳までの受給開始年齢が決める事が出来、その年齢によって受給額が決まります。

厚生年金

厚生年金には、タイムサービス年金というものがあり昭和16年4月1日以前に生まれた男性や昭和21年4月1日以前に生まれた女性は厚生年金を60歳から支給されています。さらに、昭和36年4月2日以降生まれの男性や昭和41年4月2日以降の女性からは、65歳からの年金受給となっています。

<下に続く>

【番外編】年金は何歳から支払うの?

分かるようで分からない年金は何歳から支払うのでしょうか?厚生年金と国民年金とで違うのでしょうか?

厚生年金

厚生年金の場合と言うのは、決まった年齢で支払い始めるという事ではありません。厚生年金では、会社に勤務し始めて労働契約と就業規則に定められている所定労働日数と所定労働時間をみた場合に4分の3以上の所定労働日数と所定労働時間を満たす従業員で70歳未満の方が被保険者(厚生年金)となります。

2017年10月以降からは、その4分の3以上の所定労働日数と所定労働時間の従業員でなくても、①雇用が1年以上見込まれている。②月額の賃金が88,000円以上である。③学生は除外する。④所定労働時間が週20時間以上である。⑤501人以上常時勤務している企業に勤めている。という風な方が厚生年金被保険者と変わりました。

その他にも年齢に下限がないので、例えば中学を卒業してすぐに働き始めて上記の条件に当てはまる場合は厚生年金の被保険者となります。さらに、1カ月でも厚生年金に加入していれば、年金が支払額に応じて支払われます。

しかし、加入期間が国民年金と合わせて25年以上である事が条件となっています。2017年10月以降からは、加入聴かんが10年以上と変わりました。

国民年金

お金

満20歳から満60歳となるまで、40年間もの期間を国民年金は支払います。その満20歳の誕生日から59歳11ヶ月(支払い未納がない時)まで支払い続ける国民年金ですが、満額を受給するためには480ヶ月もの期間支払います。

もしも未納期間があるという場合は、未納の月数分が差し引かれてしまった金額でしか受給する事が出来ません。もしも、受給の金額を満額にしたいとお思いなら、保険料の猶予や免除の申請を受けている場合に限りますが10年以内であれば未納分を後払い出来ると言うシステムもあります。

しかし、10年を超えている場合は、後払いは出来ませんが5年間(満60歳から65歳未満)の任意加入制度を利用し、満額にする為に保険料を支払うことができます。

ただし、今までは300ヶ月の25年間の支払い実績がないと年金は受給できませんでしたが、2017年10月以降からは120ヶ月以上の10年間年金を支払えば年金を受給する事が出来ます。けれど、年金は支払った分だけ受給する事ができます。

<下に続く>

年金は何歳から何歳までもらえる?受給金額やもらい方は?のまとめ

日本国民の老後の貯えとして必要な、公的年金について述べてきましたがいかがでしたか?これからの時代は、公的年金を受給する年齢も、現代は基本65歳から受給出来ますがどんどん基本年齢が上がるといわれています。

その頃に老後に困らない為にも今から公的年金の勉強して老後の為に役立てましょう!その際にこの記事を参考にしたいただけると幸いです。

Thumb minkane logo
written by

「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。
投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。

関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line