みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に

GooglePay(グーグルペイ)とは?使い方やメリット、デメリット!

Large goo4

Google Payってなに?

Google pay、って聞いたことがある方いらっしゃる方も多いのではないでしょうか。ここでは、ざっとグーグルペイの概要的なこと、そしてGoogle Payに登録することが可能なクレジットカードや、電子マネーとの大きな違い。そして、Google Payの使い方、さらには、メリットとデメリットなども解説していきますね。

<下に続く>

Google Pay(グーグルペイ)とは?

null

最近巷をにぎわせている、Apple Payって皆さん一度は見聞きされたことがありますよね?それと同じようなサービスが、実はAndroidスマホで使えることをご存知でしたか?専用のアプリを、Androidスマホにインストールします。そして、そのアプリにクレジットカードの情報、電子マネーの情報を登録することで、決済に利用できるアプリ、となります。

特徴といえば、Androidですから、Googleアカウントに登録しているクレジットカードの情報で、決済に利用できる、ということですね。

2018年2月末で、名前がAndroid Payから、Google Payに変更になっています。今まで利用されていた、「Android Pay」と「Google wallet」と合わせたものが、「Google Pay」という名称になり、それぞれ2つの決済方法のメリットが生かされた形になっています。

<下に続く>

Google Pay(グーグルペイ)に登録できるクレジットカードブランド

null

Google Payを利用するには、支払い方法を登録する必要があります。銀行口座の登録なのか、クレジットカードなのか、デビットカードなのか、ということですね。Google Payで利用するサービスに支払いを行う場合、支払い方法を決める必要がありますが、一番便利かなと思われるのがクレジットカードにでしょうか。それぞれの生活スタイルによりますが。

登録できるクレジットカードブランドとしては、American Express、MasterCard、Visa、Discover(アメリカのみ)、JCB(日本とアメリカのみ)、Visa Electron(アメリカ以外の国のみ)などとなっています。

<下に続く>

Google Pay(グーグルペイ)に対応しているクレジットカード一覧

その他、カードですと→主なところをざっとあげます。楽天カード、楽天VISAデビットカード、MUFG、DC、NICOS、NC CARD、NTT Group Card、エポスカード、OCカード、セゾンカード、ジャックス、オーエムシー、セディナ、ゼビオカード、TOKYU CARD、三井住友VISAカード、UCカード、ライフカード、ポケットカードなどとなります。

逆に対応していないのは、VIEWカードや、dカード、になります。

ただし注意しなければならないのは、これらは楽天Edyにチャージするためのクレジットカード、という意味合いで、今のところ、Google Pay上で、nanacoに直接チャージすることができないので、nanacoのモバイルアプリを入手する必要があります。

<下に続く>

Google Pay(グーグルペイ)で使える電子マネー

今のところ、対応している電子マネーは、楽天Edy、そして、nanacoの2つになります。

デフォルトとして、最初から使えていたのが、楽天Edyですので、やはり、使いやすさを考えると、楽天Edyが一番利便性が良いようです。アプリをダウンロードすると、プレゼントポイントがもらえるタイミングもあるようです。また、当然ですが、楽天Edyの追加も無料です。

楽天の会員であれば、楽天IDがあれば、会員情報に登録されているのクレジットカードをそのカードを、そのまま利用することができますので、支払いを集約することができます。当然新しくクレジットカードを登録もできます。さらには、銀行口座からの引き落とし(対応銀行は、楽天、三井住友、りそな、埼玉りそな、千葉、福岡など)にも対応しています。しかし、この銀行口座からの支払いは楽天Edyのアプリからでないと利用することができないようになっています。

方や、Google Payのnanaco利用方法です。nanacoにチャージする方法としては、現状では、セブンイレブンなどの実店舗やセブン銀行ATMでの現金チャージのみとなっていますのでお気を付け下さい。もし、クレジットカードからチャージをしたい場合には、別途おサイフケータイ機能のnanacoモバイルアプリのインストールが必要になります。

スマートフォンも、おサイフケータイに対応しているのか、確認してください。

<下に続く>

Google Pay(グーグルペイ)の使い方

楽天Edyや、nanacoが利用できるお店で、それぞれ、スマホを、電子マネー読み取り機にかざします。そして、「Edyでの支払いでお願いします」「nanacoでの支払いでお願いします」と、なんの電子マネーを使うのか、店員さんに告げれば大丈夫です。アプリを立ち上げておく必要はありません。そのままで指定方法でチャージや、商品代金が会計されますので。Google Payで、と言わなくてOK。

<下に続く>

Google Pay(グーグルペイ)のメリット

null

メリット①:どのポイントを貯めたいか、選択することができる

使える電子マネーは、楽天Edyとnanacoの2つしかありませんが、Google Payを利用した際に、どこのポイントを利用するかを設定することができます。貯められるポイントがとにかく多種多様!

貯めることが可能なポイントは、楽天スーパーポイント、ANAマイル、Pontaポイント、Greeポイント、ヨドバシゴールドポイント(ヨドバシカメラ)、エポスポイント、マツモトキヨシ、エディオン、ドットマネー。この中から選ぶことができるのですが、注意点としては、ポイントを貯めるためには、利用する前に、ポイントを貯める設定をする必要があるということを念頭においてくださいね。

2つしか電子マネーは設定できませんが、かなりの大手のポイントがたまるので、利用する価値はあるといっても過言ではないでしょう。

メリット②:ポイントの使い勝手がよいのは・・・・

Google Payで楽天Edyを使った時も、通常ので楽天Edyを使ったときと同じように、200円で1ポイント貯まります。

しかし、このポイントを楽天スーパーポイントからGoogle Payにいれると、楽天スーパーポイント1ポイント=楽天Edy1円分として、Google Payでのお買い物に利用することができるという非常に便利なものです。楽天をよく利用される方は、ぜひGoogle Payでの楽天Edy経由にして、楽天ポイントをザクザクと貯めるとお買い物に役立つことは間違いないですね。

<下に続く>

Google Pay(グーグルペイ)のデメリット

null

デメリット①:利用する前に必ずチャージが必要

Google Payで決済をしたい場合、それぞれの電子マネーに、チャージをしておく必要があります。それに対して、Apple Payや、おサイフケータイですと、オートチャージであったり、クレジットカードでまとめてあとから請求がくるので(iDやQuickpay、交通系ICなど)、特に事前の操作はありませんので、そこがデメリットといえばデメリットでしょう。忘れると決済ができませんので。

デメリット②:日本にはおサイフケータイという便利なものがすでにある

実は、海外のAndroid携帯には、「おサイフケータイ」という機能は存在しないのです。この便利な機能は、日本のAndroid携帯ならではであり、ですから、Google Payの広まりにストッパーがかかり、海外では、登場した場合に、新鮮で便利に思われるのだと思いますが、実はすでに日本にはおサイフケータイが存在しているため、あまり利便性を感じない、という声も聞かれます。

日本のおサイフケータイで使える電子マネーは、Google Payでも利用できる「nanaco」、「楽天Edy」、その外に、「WAON」、「QUICPay」、「iD」、「モバイルSuica」、「モバイルスターバックスカード」、「ビックポイントケータイ」、ヨドバシカメラの「ゴールドポイントカード」、dポイントカード代わりの「モバイルdポイントカード」など、正直携帯一台あれば、キャッシュレスで生活できる、買い物できる時代がすでに来ていたのです。そこに来てからの、Google payの登場ですから、やはりおサイフケータイでカバーできてしまうものの一部だけ使えても魅力に欠ける、というのが本音のところでしょうね。

ただ、こんなに電子マネーはいらない!というミニマリストにとっては、Google Payは逆にいいのかもしれませんが。

<下に続く>

Google Pay(グーグルペイ)での利用におすすめのクレジットカード

null

おすすめ①:楽天カード

やはり、楽天Edyが使える、楽天市場をよく使い、ポイント還元率がいいもの、といったら、楽天カードの右にでるものはいないでしょう。年会費は永年無料なのもポイントです。新規入会キャンペーン、5000ポイントプレゼントなどもよくやっていますので、確認してから入会してみましょう。楽天カード加盟店では、100円でポイントは最大3倍ですが、楽天市場ですと、なんと最大4倍になるのです。さらには、月に1度の楽天ポイント10倍デーに優待されるというメリットがあります。

おすすめ②セブンカード

nanacoポイントを貯めたい、というあなたであれば、このカードをお勧めしない手はありません。セブンカードも、年会費は永年無料を誇っています。さらに、公共料金の支払い、Visa、JCB加盟店、そしてETCなどでも、200円に1ポイントたまるのです。セブン&アイグループでの利用でも(デニーズ、イトーヨーカドー、セブンイレブン、セブンネット、アリオ、SOGO・・など)ポイントが2-3倍たまります。

さらに、nanacoへのチャージにセブンカードを指定してもポイントがたまりますし、イトーヨーカドーは8のつく日は5パーセント引きとなり、お買い物を狙うにはとてもお得になっています。

おすすめ③:ライフカード

ライフカードは、非常に顧客満足度も高いカードとなっています。その人気の秘密は、今や当然となった年会費無料。そしてポイント還元。100円で基本は1ポイントです。さらにサンクスポイント、という名前で、年間利用金額に合わせてポイント倍率もあがっていきます。他にも、あとからリボ、あとから分割、など顧客が利用しやすいようなサービス、オンライン連動入金などサイトも充実しています。

おすすめ④:セゾンカード

セゾンカードにもいろんな種類がありますが、一番の特徴といえば、ポイントに有効期限がない、永久不滅ポイントではないでしょうか。そして、この永久不滅ポイントは、家族間での合算も可能で、ポイントを合わせて、ほしい品物をゲットすることができます。さらに、アメックスなどのブランドから、映画好きであれば、シネマイレージセゾン(TOHOシネマズで使える映画好きのためのカード。これでポイントをためていくと、6本見ると1本無料などのサービスがある)などがあります。さらに、セゾンNetアンサーというサイトから、24h利用金額やポイントの確認、このサイトを経由してのお買い物など、色んな利用方法があります。

おすすめ⑤:三井住友VISAカード

聞いたことはない人はいないんじゃないかというほどの有名カード。初年度の年会費は無料、2年目以降も条件によっては無料です。ポイントは1000円につき1ポイント。このカードに、ETCや、WAON、そして、iDの機能も搭載することができ、割と色んな決済方法に対応できる柔軟なカードです。ポイントは、ギフトカードに交換したり、ANAマイレージや、楽天ポイントなどに交換も可能で、ここのポイントプログラムも非常に魅力的なものとなっています。

<下に続く>

Google Payの可能性はこれから広がる

日本ではおサイフケータイの機能が付いた携帯が普及していたため、Google Payの普及は正直遅れています。しかし、今後は、三菱グループなどと提携して、サービスも広げていくようですし、もっと使える可能性も広がっていくでしょう。海外では、おサイフケータイというものがありませんから、Google Payという存在は、ある意味画期的でしたので、携帯での決済、という認識を全世界に広めた、という意味では、Google Payの登場意義は大きいのではないでしょうか。今後の発展が楽しみな決済方法ですね。

Thumb minkane logo
written by

「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。
投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。

関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line