みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に
2018/04/14

酔い覚ましに即効性のある方法【食べ物|飲み物|飲み会前後】

Large alcohol hangover event death 52507  1
目次

 

早く酔いを覚ます方法を知っていますか?

「早く酔いを覚まさないと!」こんな時ありませんか?今回は、酔い覚ましの方法を、飲み会前・飲み会後などの状況別に、しかも効果的な食べ物や飲み物など、非常に詳しく紹介していきます。

これを読むことで、あなたの酔い対する悩みも解決できることでしょう。飲み会が多い人は必見の内容になります。最後まで見逃さないようにしましょう。

<下に続く>

「酔い覚まし」の予防法【飲み会前】

null

「これから飲み会、だけど酔いが気になる…。」という時はありませんか?そのような時にはしっかりと予防をしておく事が必要になります。そこで、飲み会の前にできる予防法を紹介します。

これから紹介する予防方法をしっかりと実行して、飲み会に挑みましょう。そうすることで酔いの対策になります。

予防法①お腹の中に何か食べ物を入れておく

予防法の一つ目は「お腹の中に何か食べ物を入れておく」です。すきっ腹でのお酒は、とても効きます。何か食べ物をお腹に入れておいた方がいいでしょう。食べ物をお腹に入れておくことで、アルコールの吸収を柔らげることになります。

何も入っていない状態では、急激に吸収をすることになり、酔いのまわりも速くなります。食べ物のと同じだと考えていいでしょう。例えば、糖質であれば、おなかのすいたときにいきなり炭水化物などの糖質を摂取すると、急激に血糖値が上昇します。

しかし、その前に野菜などを摂取しておくと、血糖値の上昇もやわらぐことになります。これと同じ様に、アルコールをおなかのすいた状態で摂取すると、全てを吸収しようとしてしまい、酔いの原因になるのです。

ですから、飲み会に行く前に何か食べ物を食べておき、お腹を多少満たしておく必要があるでしょう。また、食事をすることでお腹が膨れます。すると、お酒を飲む量も少なくなることでしょう。

お腹がいっぱいの状態では、いくらお酒といってもそれほど飲めなくなるはずです。すきっ腹の状態と比べて、飲む量が少なくなくなります。お酒を飲む量が少なくなるという事は、それだけ酔ってしまう確率も下がるというものでしょう。

予防法②脂を摂取しておく

予防法の二つ目は「脂を摂取しておく」というものです。なぜ脂を摂取しておくことが予防法になるのか?というと、脂にはアルコールの吸収を阻害してくれる効果があるからです。

ですから、飲み会の前に脂分を摂取しておくようにしましょう。一番手っ取り早い方法は、「オリーブオイルを飲む」という事になります。サラダ油などを飲むというのは非常にやりにくいことでしょう。

しかし、オリーブオイルであれば、スプーン一杯程度であれば飲むことはできます。なので、オリーブオイルを持ち歩くのがベストな方法になりますが、常日頃から持ち歩くことはなかなかできません。

となるとやはり、飲み会の前にどこかのお店によって脂の多いものを食べておくのがいいでしょう。それほど食べ物を食べたくないのであれば、サラダでも構いません。サラダにかかっているドレッシングが同じような効果をもたらしてくれます。

ただし、このドレッシングはノンオイルでは無いものにしましょう。脂を摂取したいので、ノンオイルでは効果が期待できません。飲食店によるような時間が無ければ、コンビニでサラダを買って食べるというのも一つの方法になります。

予防法③ナッツなどのおつまみを食べる

予防法の三つめは「ナッツなどのおつまみを食べる」というものです。おつまみとなると、飲み会になってからになってしまいますが、お酒を飲む前に食べておくといいでしょう。

ナッツなどの渇き物は提供される時間も速いです。ですから、乾杯の前に摂取しておけば問題ありません。また、飲み会が始まる前には摂取しておきたいのであれば、コンビニに行けばおつまみコーナーにナッツは置いてあります。

そこで購入して、飲み会に行く前に食べておくといいでしょう。ナッツがなぜ予防になるのかというと、ナッツ類には脂が多く含まれているからです。先ほど、脂がアルコールの吸収を阻害してくれるという話はしました。

それの効果をナッツを摂取することによって、得ることが出来るというわけです。ナッツであれば、手軽に摂取できるのでおすすめの予防法ともいえるでしょう。

予防法④乳製品を摂取しておく

予防法の四つ目は「乳製品を摂取しておく」というものです。乳製品を摂取することで、胃に粘膜を張ることができるといわれています。この粘膜が、アルコールの吸収をやわらげてくれるのです。

また、乳製品には脂分も含まれています。ですから、胃に粘膜を張る効果と、脂でアルコールの吸収を阻害してくれる効果の、二つの効果が期待できることになるのです。

牛乳が効果的といわれる時代があったようですが、これは今では効果が無いといわれています。お腹を満たすためと、脂分を摂取するには効果がありますが、粘膜を張る効果は薄いようです。

ですので、乳製品はヨーグルトやチーズといったものを摂取しておくといいのではないでしょうか。牛乳よりもお腹にも貯まりやすいですし、チーズであれば、おつまみ感覚で摂取することが出来ます。

コンビニでも売っていますので、飲み会前に購入して、サッと食べてしまえばそれだけで予防効果があることでしょう。

予防法⑤ウコンを摂取しておく

予防法の五つ目は「ウコンを摂取しておく」というものです。ウコンといえば、お酒を飲む前に摂取しておくもので有名です。コンビニに行けばウコンが含まれているような商品も多く販売されていることでしょう。

ですから、飲み会に行く前にウコンが含まれているようなドリンクや、製品を購入して、ウコンを摂取しておきましょう。また、お酒を飲む前に摂取するようなサプリメントやドリンクは、今ではコンビニに多く売られています。

それらの商品を利用して、飲み会前に摂取し、酔いの予防をしっかりと行っておきましょう。

「酔い覚まし」の方法【飲み会後すぐ】

先ほどは、飲み会に行く前の予防法を紹介しました。ですから、これから飲み会の後すぐに出来る酔い覚ましの方法を紹介します。予防法は、飲み会に行く前に多少でも時間が無いとできません。

ですから、「時間が取れなくて」とか、「予防を忘れてしまっていた…。」という方は、飲み会の後すぐにできる方法で酔い覚ましを行っていきましょう。それでは、飲み会後すぐに出来る酔い覚ましの方法にはどのようなものがあるのか?という事を紹介していきます。

方法①酔いに効くドリンクを飲む

方法の一つ目は「酔いに効くドリンクを飲む」というものです。酔いに効くドリンクとはどういうものなのか?というと、予防法でも紹介しましたような「ウコン」などがあります。

ウコンは、先ほど紹介しましたようにコンビニでドリンクとしても販売されています。さらにほかにも、肝臓に良いとされるドリンクが数多く販売されています。予防法で紹介したという事は、飲み会前に飲まなければ意味がないのでは?

と思われることでしょう。しかし、飲み会の後でも効果はあります。なぜなら、肝臓の機能をアップさせてくれますので、アルコールの分解を早めてくれる効果が期待できるのです。つまり、酔いを早くに覚ます効果を期待できるという事になるでしょう。

方法②アルコール以外の水分を摂取

方法の二つ目は「アルコール以外の水分を摂取」というものです。アルコール以外の水分を摂取することによって、体内のアルコールを薄めることが出来るといわれています。

イメージとしては焼酎などのお酒を、水で割るようなイメージでしょう。水を多く入れればそれだけアルコールは薄まります。さらに、水分をたくさん摂取することで、尿として水分を体外に排出しようとしますので、アルコールの抜けも速くなるでしょう。

摂取する水分は、ジュースなどでも構いませんが、ただの水でも問題ありません。お酒を飲むと利尿効果もあり、水分を摂取しているようでも脱水になりやすいという事が言えます。

なので、水を飲むのがいいのではないでしょう。脱水防止とともに、水をたくさん飲んで酔いをさましていきましょう。

方法③食べ物をしっかりと食べる

方法の三つ目は「食べ物をしっかりと食べる」というものになります。食べ物を食べるのは、どちらかといえば飲む前の方が好ましいでしょう。なぜなら、予防法でも紹介しましたように、お腹に何かを入れてから飲み会に参加することによって、飲む量が減る効果が期待できます。

飲む量が減るという事は、直接的に酔いと関係があります。単純に飲む量が増えれば増えるほど酔いは回り、飲む量が少ないほど酔う事はありません。ですから、酔わないようにするには、飲まないことが一番の対策になるのです。

とはいえ、食べないで飲み会に参加してしまう事もあるでしょう。そのような時には、飲み終わった後でも食べましょう。その際には、肝臓の機能をアップさせるような食べ物を食べると、さらに効果的になるでしょう。

方法④酔いに効くツボを刺激する

方法の四つ目は「酔いに効くツボを刺激する」というものです。酔いに効くツボとはどんなものがあるのでしょうか?そのツボは「陽池」という場所になります。これはどこになるツボなのか?

というと、手のひらと反対側、つまり手の甲側という事になります。手の甲を上にして、手首のあたりを少し小指の方へ行ったあたりが、陽池のある場所となるのです。

このツボを親指で押すと効果があるといわれています。どのくらいの時間おせばいいのか?というと、10秒間を3セットほど行えば効果が出るでしょう。

方法⑤我慢をしないで吐くのも一つの手段

方法の五つ目は「我慢をしないで吐くのも一つの手段」という事になります。気持ち悪くないのに無理やり吐くような事はおすすめしませんが、吐くと酔いがさめるという事が言えます。

「飲み過ぎて気持ち悪い…」という事があることでしょう。そんな時には、我慢せずに、吐いてしまうとスッキリします。酔いも覚めることでしょう。多くの方が我慢してしまう事ですが、酔いをさましたいのであれば、一度無理な我慢をやめてみましょう。

泥酔状態でどうにもならない状態でなければ、吐くといっても自分で何とか処理できます。トイレに行き、一人で何とかなるでしょう。おすすめといえるような方法ではありませんが、一つの手段として覚えておきましょう。

方法⑥シャワーを浴びて気分をスッキリさせる

方法の六つ目は「シャワーを浴びて気分をスッキリさせる」というものです。酔っぱらっている時に、シャワーを浴びることによってスッキリとした気分になります。

気分がスッキリしますので、体内のアルコールが分解されたわけではありませんが、酔いがさめた気分になるでしょう。つまり、意識がハッキリするという事になります。

酔っているとふわふわとした感じになりますが、それが無くなります。熱いシャワーで汗をかけば、アルコールが少しは抜けることもあるでしょう。シャワーを浴びることで、心身共にスッキリできますので、家に帰ったらシャワーを浴びましょう。

<下に続く>

「酔い覚まし」の方法【翌朝】

null

ここまで、飲む前、飲んだ直後と酔い覚ましの方法について紹介してきました。これだけで酔いがさめてくれればいいのですが、飲み過ぎると次の日にもまだアルコールが残っている事があります。

よく言う「二日酔い」の状態ですね。そこで、翌朝の酔い覚ましの方法にはどんなものがあるのか?という事を紹介していきましょう。二日酔いは非常につらいです。すぐにでも酔いを醒ましたいことでしょう。それでは見ていきます。

方法①体の健康のためにも水分補給

方法の一つ目は「水分補給」になります。なぜ水分補給を行うのか?というと、脱水状態になっていることがあるからです。飲んだ次の日の朝というのは、のどが渇いていることが多くありませんか?

これは、先ほども紹介しましたように、アルコールには利尿作用があります。そのため、トイレの回数も多くなり、身体から水分が抜けてしまいます。ですから、水分補給は必要なものになってくるでしょう。

このように、身体の健康状態のためにも水分補給は必要になってきますが、酔いを覚ますためにも必要になります。それは、水分を補給することで、血液中のアルコールを薄めることが出来るからという事になるでしょう。

方法②アミノ酸摂取

方法の二つ目は「アミノ酸摂取」というものです。アミノ酸を摂取するとどうなるのか?というと、肝臓の機能を高めてくれるのです。肝臓の機能が高まると、アルコールがスムーズに分解されて、酔いがさめるというわけです。

肝臓の機能は、たんぱく質を摂取することによって高めることが出来るといわれています。そのたんぱく質を細かくしたものが「アミノ酸」なのです。つまり、たんぱく質よりもアミノ酸の方が、効率的に体に吸収されるという事になります。

たんぱく質のまま摂取すると、それを分解してアミノ酸にする必要があります。ですが、摂取する段階でアミノ酸であれば、その工程を省くことが出来ますので、効率よく酔い覚ましを行う事が出来るといえるでしょう。

方法③ビタミンB1を摂取

方法の三つめは「ビタミンB1を摂取」という事です。ビタミンB1は、直接酔いを覚ますために効果があるのではありませんが、間接的に助けてくれていることになります。

というのも、アルコールを分解する際に必要になるからです。つまり、肝臓を働かすために必要な栄養となります。アルコールを分解するにはたくさんのビタミンB1が使われるのです。

要するに、働かすためのエネルギー源がビタミンB1という事になるでしょう。エネルギーが切れると、機能が低下します。すると、酔いのさめ方も効率が悪くなるでしょう。そうならないためにも、ビタミンB1が必要になってくるのです。

方法④はちみつを舐める

方法の四つ目は「はちみつを舐める」というものです。なぜはちみつなのか?というと、はちみつには「果糖」というものが豊富に含まれているからなのです。実は、この果糖というものは、アルコールの分解に大きく役立ってくれるのです。

とはいっても、果糖自体がアルコールを分解してくれるわけではありません。アルコールを分解するのは肝臓の役割です。ですが、肝臓がアルコールを分解するために必要な栄養素が果糖になるのです。

ですから、はちみつを舐めることによって、肝臓の働きを効率的にすることができ、アルコールを分解するのに役立つという事になります。

方法⑤シジミの味噌汁を飲む

方法の五つ目は「シジミの味噌汁を飲む」というものになります。シジミといえば肝臓によく効く食べ物として有名です。ですから、シジミを食べるのも効果的な方法にはなりますが、飲み会の次の日では食欲がわかない事でしょう。

何かを食べるという事は、とても大変な行為になることが多いです。
そこでおすすめの方法が、シジミの味噌汁を飲むというものです。

味噌汁であれば、ただ単にシジミを食べるよりも摂取しやすいことでしょう。固形物を摂取するのが無理であっても、シジミの栄養が味噌汁に染み出ていますので、飲むことで摂取できます。

飲み会の次の日、ひどい二日酔いで食べ物を受け付けなくても、飲むことが出来れば有効な方法となるでしょう。

方法⑥ツボを押す

方法の六つ目は「ツボを押す」というものです。ツボを押すという対処方法は、飲み会の後すぐの対処方法としても紹介をしました。ツボ押しというのは、飲み会の後すぐにでも効果があるという事になりますし、翌朝にでも効果があるという事になるでしょう。

飲み会後すぐに押すツボを翌朝押しても効果がありますが、ここでは違うツボを紹介します。それは「合谷」というツボです。このツボはどこにあるのか?というと、人差し指の骨の付け根当たりと、親指の骨の付け根当たりの交わるところにあります。

河童の水かきのような感じになっているところです。このあたりを三秒ほど押します。何回か繰り返しましょう。このツボは酔っていなくても、普段から痛み感じやすいツボになります。無理をしないように刺激していきましょう。

「酔い覚まし」に効果的な食べ物

ここまで酔いを早く覚ます方法を状況別に紹介してきました。各状況で様々な酔い覚ましの方法が分かったことでしょう。飲み物や食べ物、ツボ押しというものまでいろんな方法があります。

そこで、これから酔い覚ましの効果的なものを、食べ物に絞って紹介します。一体どんな食べ物が酔い覚ましに効果があるのでしょうか?

食べ物①チョコレート

食べ物の一つ目は「チョコレート」になります。チョコレートと聞くと非常に以外に感じる人が多いでしょう。チョコレートといえば、おやつやデザートといったイメージが強いでしょう。

実は、この甘いお菓子のチョコレートが酔いを覚ますのにとても効果を発揮するのです。先ほど、はちみつを紹介しましたが、その時に果糖がアルコールの分解には必要だと紹介しました。

果糖というのは「糖分」です。チョコレートの甘さも糖分になります。ですが、糖分であればいいという事なら、他にも糖分を含む食べ物はあります。ではなぜチョコレートなのか?というと、「吸収しやすいから」ということになります。

チョコレートの糖分というのは、他の糖分よりも吸収が早いのです。という事は、早くに効果があらわれるという事になるでしょう。

食べ物②カレー

食べ物の二つ目は「カレー」になります。カレーは多くの日本人が好きな食べものです。非常に多くの人が好きな食べ物になるので、嫌いな人を探す方が難しいくらいでしょう。

もはや国民食といってもいいくらいではないでしょうか。そんなカレーですが、なぜ酔い覚ましに効果的なのでしょうか?それは、カレーに使われるスパイスに秘密があります。

カレーには「ウコン」がスパイスとして使用されているのです。ウコンは酔いに効果的なものとして広く知られていることでしょう。そんなスパイスがカレーには含まれていますので、カレーを食べることが酔いを覚ますのに効果的だという事は納得がいきます。

食べ物③シジミ

食べ物の三つめは「シジミ」です。シジミは、翌朝の酔い覚ましでも紹介しましたように、酔い覚ましには効果的な食べ物になります。では、シジミの何が効果的になるのでしょうか?

それは、シジミに含まれる「オルニチン」という栄養素が効果的であるといわれています。オルニチンは肝臓の機能を回復させてくれるといわれています。アルコールの分解には肝臓が必要不可欠です。

しかし、働き続けるといくら内臓であっても疲れていきます。それを回復させるためにオルニチンが有効なのです。回復すれば、アルコールの分解も効率的になりますので、シジミが効果的な食べものといえるのです。

食べ物④トマト

食べ物の四つ目に「トマト」があります。「トマトの何が効果的なの?」と思う人が大多数でしょう。ですが、トマトには酔いを覚ますための効果を持つ栄養素が含まれているのです。

その栄養素というのは「リコピン」です。リコピンというのは名前だけならとても有名でしょう。トマトの代表的な栄養素になります。この栄養素が効果的なものになるのです。

水分も多いので、二日酔いの朝でも比較的食べやすい食べ物になることでしょう。冷蔵庫に常備しておいてはいかがでしょうか。

<下に続く>

「酔い覚まし」に効果的な飲み物

null

先ほどは酔い覚ましに効果的な食べ物に絞って紹介しましたので、これからは「酔い覚ましに効果的な飲み物」に絞って紹介をしていきます。それでは早速、どのような飲み物が効果的なのか?という事をみていきましょう。

飲み物①100%のジュース

飲み物の一つ目は「100%のジュース」になります。なぜただのジュースではなく、100%のジュースなのか?というと、「果糖」が含まれているからです。果糖というのは、先ほども紹介したようにアルコールの分解に役立ってくれる成分です。

果糖というのは、簡単に言ってしまえば糖分です。砂糖なども糖分です。では、砂糖の入っている通常の100%ではないジュースでもいいのではないか?と思う方もいることでしょう。

確かに果糖も糖分ですが、通常の糖分とは違うのです。果物などの汁に入っている糖分がアルコールには効果があるのです。さらに言うならば、100%のオレンジジュースやグレープフルーツジュースといったものがよいでしょう。

なぜなら、果糖に加えてビタミンCも含まれているからです。ビタミンCもアルコールの分解に役立ってくれますので、果糖とビタミンCの二つが一度に摂取できるオレンジやグレープフルーツの100%ジュースが効果的な飲み物になるのです。

飲み物②水

飲み物の二つ目は「水」です。お酒を飲んで酔っ払うと、のどが渇いてきませんか?飲んだ直後でなくても、家に帰るとのどが渇いたり、寝て起きると非常にのどが渇いていたりします。

二日酔いがひどい時などにも水を飲みたくなるでしょう。これはなぜか?というと、アルコールには利尿作用があり、お酒ばかり飲んでいえると脱水状態になるからなのです。

要するに、体に水分が足りていない状態になるのです。だから、身体が水分を欲して水を飲みたくなります。このように、水はアルコールによる脱水の防止になりますが、それと同時に酔い覚ましにもなるのです。

それは、水を飲むことによって、血中のアルコールを薄めることになるからです。アルコールが薄まれば、自然と酔いも覚めてきます。なので、水は酔い覚ましに効果的な飲み物となるのです。

飲み物③コーヒー

飲み物の三つめは「コーヒー」になります。コーヒーを飲むと、目が覚めてスッキリとした気分になります。なので酔いが覚めた気分になる人もいるでしょう。だから酔い覚ましに効果がある。というわけではありません。

実は、コーヒーを飲むことによって、肝臓に良い効果をもたらしてくれるのです。どんな効果があるかというと、肝臓を元気にしてくれたり、守ってくれたりするのです。

肝臓を守るというのはお酒を飲む前の予防のことになります。元気にしてくれるというのはお酒を飲んだ後の時の効果になります。つまり、コーヒーというのはお酒を飲む前でも、飲んだ後でもどちらでも効果があるという事になるのです。

飲み物④シジミの味噌汁

飲み物の四つ目は「シジミの味噌汁」になります。シジミやシジミの味噌汁が酔い覚ましに効果的だというのは、今回の紹介で何度も出てきていますので、もう十分にお分かりのことでしょう。

味噌汁にすれば、二日酔いがひどくても飲みやすいですし、気分的にもなんだがホッとした気分になります。それでゆっくりと酔いを覚ますこともできるでしょう。

【コラム】そもそも「酔わない」ための飲み方とは

酔いを覚ますのに効果的な方法を紹介してきましたが、「酔い」を気にするのであれば、もっと手っ取り早く、そして確実な方法があります。それは「酔わない事」です。

酔わなければ、酔い覚ましも必要ありません。そのためには、酔わないための飲み方というものを知っておく必要があるでしょう。酔わないために確実なのは「飲まないこと」ですが、社会人ともなると、そうもいかない時があります。

そんな時はどうするか?というと、「飲み過ぎない、少しだけ飲む」という事です。調子に乗って飲み過ぎるから酔うのであって、ほんの少しであれば、体質でも違いますが、酔う事は少ないでしょう。

また、自分は酒に強いと思っている人は要注意です。ついついの飲み過ぎることになるでしょう。ですから、自分を過信せずに、ほどほどにするのが酔わないための飲み方になります。

自分でコントロールできない人は、飲む前にお腹いっぱいご飯を食べるといいでしょう。お腹がいっぱいであまり飲めなくなります。強制的に酔い防止になるという事です。

<下に続く>

酔い覚ましに即効性のある方法のまとめ

様々な酔いを覚ます方法や効果的な飲み物・食べ物を紹介してきましたが、いかがでしたか?自分に合った方法を見つけて、試していきましょう。とはいえ、最後に紹介したように、そもそも酔わないという事が確実な方法です。

今回紹介した方法に頼るのもいいのですが、飲み過ぎは体に良くありませんので、ほどほどにしていくように心がけましょう。

Thumb minkane logo
written by
「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。 投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
関連記事
おすすめ記事