みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に

米国相場の格言「セルインメイ」の意味と理由、過去のチャートの検証

Large pexels photo 534216
目次

セルインメイとは

セルインメイという言葉を、株を知っている人であれば聞いたことがあるかと思いますが、本記事ではセルインメイについて米国ではどのように言われており、過去の株価や検証によってどれほど信ぴょう性があるのか、また日本ではどれほど影響があるのかを紹介しております。

またセルインメイと合わせて知っておきたいハロウィン効果という言葉も紹介しています。

<下に続く>

セルインメイの意味

5月

セルインメイとは、「Sell in May」と言われる投資の現場で使われる英語の格言「Sell in May, and go away; don’t come back until St Leger day.」の「Sell in May」です。

日本語訳をすると、「5月に売って9月第2土曜日まで戻ってくるな」という意味であり、5月は相場が高いのでその時に売り、9月に買うという、投資の理想である「安い時に売って、高い時に買う」ということになります。それにより6月から9月は軟調な展開になりやすいということです。

よくセルインメイとだけ言われることが多いですが、実はセルインメイの後に続きがあるということをしっかりと押さえておく必要があります。ちなみにこの格言は単に5月に相場が下がると言っているわけではありません。

そしてこの格言はアメリカでの相場の格言ですが、日本において当てはまるかどうかですが、1984年以降の傾向を見てみると7~9月の3か月間は上昇回数が少ないので日本の相場においても当てはまっているということが言えます。

セルインメイの意味として注意が必要なのが、セルインメイは5月に下がるから売れという意味でなく6月以降9月までは調整期に入りやすいですよという意味であることに注意が必要です。

<下に続く>

セルインメイと言われる理由

株価は年末が高値になることが多く、高値の時は信用取引の買い残が増加します。信用取引は半年以内に反対売買をして決済する必要があります。そのため年末の高値で購入した投資家の売りが、半年後に集中する傾向があります。

また、アメリカの税制度による影響もあります。アメリカでは、年末に株などの損出しの売りをし、年間の所得を調整します。そして1月半ばからは総合課税の還付を請求し、源泉徴収されすぎた分は1月末ごろから還付が始まります。ちなみにこの還付は5月まで続き、還付金は例年非常に巨額で、還付された資金が消費や投資に使われるためアメリカでは5月ごろまで相場が強くなります。

それ以外にはヘッジファンドの決算が5月にあることや原油が不需要期にはいることによってセルインメイと言われています。

これら以外にも説はありますが、多くの投資家心理として5月が下がると言われているから迷ったら打っておこうということが伝播して売り注文が増えるのではないかと考えられてもいます。

<下に続く>

セルインメイの続きとその意味・理由

セルインメイには続きがあります。ということはこの記事の最初でも述べましたが、「Sell in May」に続くのは、「and go away; don’t come back until St Leger day.」が続きます。「9月第2土曜日まで戻ってくるな」と日本語訳ができます。

全てつなげると「Sell in May, and go away; don’t come back until St Leger day.」となり日本語訳すると「5月に売って9月の第2土曜日まで戻ってくるな」ということになり、相場の高い5月に売って、6月から9月は調整期に入りやすいので9月までは買わないでおくのが良いということになります。

6月から9月までは今までの傾向からしても軟調になり、上昇回数も少ないため様子をみるべきであるということです。

日本でも実は傾向が見て取れます。4年連続で5月が下げていたり、年間で日経平均が大幅上昇していても5月がマイナスであったりということがあります。これは5月にアメリカで悪材料が出て、米国株が下がったことで日本株にも影響がでていると考えられます。そしてこれが4年続いたということです。

<下に続く>

セルインメイを過去の米国株で検証

アメリカ

2002年から2016年までの14年間の米国株を見ていくと特徴的な動きをみせていることがわかります。
14年分のダウ工業平均はどの年も年初より年末のほうが少し高いという印象はあります。この中では日経平均と同じように2008年のリーマンショックが起きた9月10月の下落は非常にインパクトがあるということですね。

また14年分のグラフを平均化すると9月から年末にかけて上昇しています。そして5月から9月は緩やかな動きをしておりあまり上昇は見られません。

過去のセルインメイの的中率としては50%といったところで、確実に当たるわけではありませんが株価の傾向からすると正しいと言えます。そして、2月から4月、9月末から年末にかけては上昇傾向になりやすく、またそれが続きやすいです。

そのため必ずこのようになるわけではないですが、投資で利益を上げるうえで確実ではないですがこの傾向をつかんでおくだけでも結果はだいぶ良い方向に向かうと思われます。

<下に続く>

セルインメイの日本株への影響は?

セルインメイはもともと米国で言われている格言ですが、それでは日本ではどうでしょうか。月間の騰落率を年初から見てみると1月から5月はプラスになっていますが、6月から8月は連続でマイナスになっており9月からプラスになっています。

年初から5月まで上昇しており、そのあと3か月は下落しているのでセルインメイである5月に売るということは当てはまっていると言えます。

実は6月から8月というのはバケーションシーズンに入り市場参加者が少なくなり、株価が下がりやすくなるとされています。また機関投資家は決算月である3月にはあまり動きませんが、年度明けの4月になると年金ファンドには新たな資金が入ってきます。

新年度と言えば、新卒者や退職者が新たな保険契約を結ぶことも多く、保険会社も資金が集まる時期といえます。こういった新たに集まった資金が株式に向かうことで株価上昇の要因になります。

日本の株価というのは日本だけの影響ではなく多くが海外投資家の動きによるものであり、セルインメイがアメリカの格言ではありますが、日本の株価にも関係すると言っても過言ではありません。

<下に続く>

セルインメイは外れた!その理由は?

セルインメイ

セルインメイが必ず当たるということではありません。なぜなら株価というものは世界各地の色々な状況が折り重なってそれが株価に反映されるためです。

例えば2014年を例に見てみると、2013年は株価が非常に安定しており順調な様子であったため、セルインメイが当たりました。しかし、2014年に入ると年明けから中国の経済成長率への不安が高まり、さらにそこへ米国のQE縮小の懸念や新興国市場への不安が重なって、株価は大きく崩れました。

そしてウクライナの政情不安が追い打ちをかけた結果見事にセルインメイが外れるという結果になりました。

2015年には、中国の製造業PMIの不調から上海株安になり、イラン・サウジアラビア間の国交断絶によって原油安が起き、株式相場を一層乱しました。原油安はそれだけにとどまらず、エネルギー関連企業の業績を悪化させるのではないかという不安を生じさせ、融資先を比較的多く抱えるドイツ銀行の信用を落とすという事態にまで発展しました。

これが5月まで影響したことによってセルインメイが外れたということになります。

このように世界各地のあらゆることが株価へ影響しているため必ずしもセルインメイが正しいというわけではありません。ある国の問題が引き金となることもあれば国家間の問題が引き金になり株価が崩れることもあります。

その逆もまたあるということでもありますが、一概にセルインメイが当たるというわけではないということを頭に入れておく必要があります。

<下に続く>

セルインメイと一緒に知っておきたいハロウィン効果とは

ハロウィン効果とはその名の通り10月に関した内容ですが、それはなにかというと「10月に株価が下がる」というものです。10月31日がハロウィンの日ということは周知のことですが、時期が同じなので「ハロウィン効果」と呼ばれています。

ハロウィン効果とは、セルインメイと同じで必ず当たるというものではなく、なにか論理的な裏付けがあるものでもありません。しかし、過去に起きた歴史的な暴落はこの時期にいくつか起きていることもあり、比較的信ぴょう性が高いともいわれています。

例えば1929年の世界大恐慌や1987年のブラックマンデーはどちらも10月下旬に大暴落を起こしています。そして1998年にも10月に通貨危機が発生しています。

そしてみなさんの記憶にも新しい「リーマン・ショック」、これも10月中旬ごろに大暴落が起こっています。

このような結果から投資家の間ではハロウィン効果を信ぴょう性の高いものとして語り継いでいます。

また、この時期に株価が下がりやすいのは、ファンドの決算時期が近く、ポジション調整の都合で売りが入りやすい時期であることが関係しているともいわれています。ただし、これがハロウィン効果なのかどうかという確証がないということも事実です。

セルインメイと合わせて頭に入れておいても良いものとは言えますが、これが全てではないということだけは注意しておいてください。

<下に続く>

これが全てではないけど無視はできないセルインメイ

セルインメイがどのようなものなのかを少しは理解していただけたでしょうか。確証があり、証明されているようなものではないですが、株価を見る上で決して無視できるものではないということもわかりました。

そしてセルインメイと一緒にハロウィン効果というものも知っておきこれを参考にすることで少しは株価の動きというものが予想しやすくなるのではないでしょうか。

Thumb minkane logo
written by
「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。 投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。
関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line