みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に
2018/06/13

近寄りがたい人、男女の特徴!理由や上手な付き合い方!  

学校会社の友人・先輩・上司、隣人、ママ友、知り合い…人は人生の中で非常にたくさんの人達と関わることになります。

人間ですからタイプや性格もさまざま、時には「ちょっと近寄りがたいかも」と感じるような人とも付き合っていかなければならない場面に遭遇することもあるでしょう。

今回は、そんな近寄りがたい人の特徴を男性・女性別に詳しくご紹介して行きます。
また、そんな人との上手な付き合い方についても詳しく見ていきますのでぜひ参考にしてください。

Large pexels photo 278312  1
目次

近寄りがたい男性の特徴

あなたの周りに近寄りがたいと感じる男性はいますか?
近寄りがたい男性には、以下の6つの特徴があります。

  1. 無口で1匹狼タイプ
  2. 完璧主義者
  3. 人気が高すぎる
  4. 態度がそっけない
  5. 表情が乏しい
  6. 内向的で会話が続かない

では、それぞれの特徴について詳しくみていきましょう。

近寄りがたい男性の特徴①:無口で1匹狼タイプ

近寄りがたい人の特徴を見る前に、まず「近寄りがたい」とは何なのかその意味から理解していきましょう。
「近寄りがたい」という言葉には「気安く話しかけられるような雰囲気ではない様子、人を寄せ付けないような雰囲気を醸し出している人」といった意味があります。

つまり、怖い雰囲気に萎縮してしまって上手く話せないといったマイナス面、または美人過ぎたりイケメン過ぎたりしてもオーラが凄すぎて気安く話しかけられないといったようなに対してこの言葉が良く使われるということですね。

そんな近寄りがたい人の特徴、まずは男性から見ていきましょう。

このタイプの男性の特徴として「無口な1匹狼タイプ」というものが第1に挙げられます。
人はどういうタイプの人に話しかけやすいのか、それは「話しかけたら優しい対応をしてくれる人」ですよね。

あちらから話しかけてくることはほとんどない、こちらから話しかけて返ってくるのは1言か2言。
そんな人に気軽に話しかけたいと思う人はあまり多くはないでしょう。

また、常に1人で居るような1匹狼タイプの男性というのも、話しかけずらいタイプの典型とも言えます。
特に自ら望んで1人を選択していることが明らかに分かるような男性に明るく声をかけたとしても、それがプラスになるとは考えにくいですよね。

「この人は1人が好きだから、あまり話しかけると迷惑かも」という気遣いもあり、あまり頻繁に話しかけようとは思わないでしょう。

無口な1匹狼タイプの男性は、本人もあまり頻繁に声をかけてほしいとは感じていない人も多いですから、適度な距離感で接するのが無難かもしれませんね。

近寄りがたい男性の特徴②:完璧主義者

近寄りがたい 男性

次に挙げられる特徴として「完璧主義者である」というものがあります。
特に仕事などに関してとても優秀で、いつも物事を順序立てて効率良く完璧にこなすことを良しとしているタイプの男性には一層近寄りがたい雰囲気がありますね。

仕事や物事に対していつも真面目に向き合い、1つ1つに対して真剣に取り組んでいる。
その姿勢は素晴らしいですが、あまりにも完璧でストイックな性格であると周囲は容易には話しかけられなくなるでしょう。

「自分にも完璧な返答を求められるかもしれない」と思うと、緊張してしまってなかなか上手く話せなくなってしまいますよね。
そんな緊張やプレッシャーも加わって、気さくに話しかけようとは思えなくなってしまいます。

スキのない完璧主義の男性は、周囲から見て近寄りがたいタイプであるということです。

近寄りがたい男性の特徴③:人気が高すぎる

イケメン・高学歴・高収入など、絵に描いたような素敵な男性って、実は周囲から近寄りがたいと思われている場合も多いです。

何事にも長けたハイスペック男性は、あまりにも度が過ぎると容易に近づいてはいけないのではないかと萎縮される場合があります。
特徴②でも述べましたが、何事も完璧過ぎたりハイスペック過ぎたりすると、特に自分に自信のないタイプの人は「自分なんかが近付けない」と感じてしまうことも。

そしてそんな男性は取り巻きも多く、そうなるとますます近寄りがたいと感じるようになる人は増えてくるでしょう。
ハイスペック男性に容易に近づけるような人はその人と同じタイプかもしくは自分に自信のある人が多いです。

それ以外の人は、周囲にいる人たちに気圧されてしまったり、「自分なんか相手にされない」と萎縮したりしてあまり気軽に話しかけようとは思わないでしょう。

何事にも長けた男性は魅力的ですが、それと話しかけやすさとは別問題ということですね。

近寄りがたい男性の特徴④:態度がそっけない

次に挙げられる特徴として「態度がそっけない人」というものがあります。
特徴①でご紹介した無口なタイプと通ずるものがありますが、とにかく話しかけた後の反応が微妙だと次もまた話しかけてみようとはなかなかなりません。

話しかけても態度がそっけなかったり、返事が適当で冷たかったりすると「もう業務連絡以外では話したくない」と思ってしまうのは当然です。

当の本人にそんな気はなくても、態度がそっけないと「もしかして嫌われているのでは」と不安になってしまう人も多いでしょう。
そんな嫌われているかもしれない人に、笑顔で話しかける勇気はなかなか出せません。

「迷惑かもしれないし、なるべく近づかないようにしよう」と考える人がほとんどでしょう。

個人の性格もありますので一概には言えませんが、やはり話しかけた後の態度は非常に重要であるということなのでしょうね。

近寄りがたい男性の特徴⑤:表情が乏しい

感情表現が苦手で、あまり笑ったりしないようなタイプを近寄りがたいと感じる人が多いようです。

この表情というのも大変個人差があり、喜怒哀楽がはっきりと顔や態度に出てしまう人もいれば、感情があまり顔に出ないまたは出さないタイプの人もいます。

それは性格なのである程度仕方のないことではありますが、やはり顔の表情が冷たかったりする男性は、近寄りがたく怖いイメージを持たれてしまうでしょう。
特に女性は、そんな男性を怖いと感じ積極的に会話しようとはしない人も多いです。

例えば感謝の言葉1つ伝える時でも、「ありがとう」と笑顔で言われるのと「ありがとう」と無表情で言われるのでは全く違います。
無表情で言われても「本当は迷惑だったのかも」と落ち込んでしまいますよね。

このように、無表情だったり常に険しい顔をしている男性は、周囲から畏怖されたり近寄りがたいと思われがちであるということです。

近寄りがたい男性の特徴⑥:内向的で会話が続かない

近寄りがたい 男性

優しく明るいフレンドリーな雰囲気の人って、話しかけやすいですよね。
逆に、内向的ですぐに会話が途切れてしまうようなタイプの人にはあまり気軽に話しかけられないと感じてしまいがちです。

内向的というのもその人の持った性格ですのである程度は仕方ない部分もあります。
しかし、あまりにも対人関係において対応が上手にできないタイプの人は、周囲から近寄りがたいと思われてしまう可能性があるのです。

ただ人と関わることが苦手なだけなら話しかけづらいとはならないでしょうが、話しかけてもあからさまに嫌そうだったり、下を向いて目を見なかったり、ボソボソと何を言っているのか分からなかったり。

あまりにもそんな対応ばかりしているような人は、周囲から話しかけられるのを躊躇われてしまうことが多いということです。

人と関わることが苦手なタイプの人はたくさん居ますが、だからといって嫌そうな対応ばかりしていると近寄りがたい人だと思われてしまうのですね。

<下に続く>

近寄りがたい女性の特徴

近寄りがたい女性には、以下の6つの特徴があります。

  1. 独特の世界観がある
  2. 表情がいつも険しい
  3. 完璧主義者
  4. 真面目でキッチリとし過ぎている
  5. 人気者で高嶺の花
  6. 常に群れていておしゃべり大好き

では、それぞれの特徴について詳しくみていきましょう。

近寄りがたい女性の特徴①:独特の世界観がある

先程は近寄りがたい男性の特徴を詳しくご紹介しましたが、ここからは近寄りがたい女性の特徴を6つに分けてご紹介していきます。

女性は男性に比べ柔らかく優しい雰囲気の人も多いので割と誰にでも話しかけやすいような気がしますが、やはり醸し出している雰囲気や態度によっては近寄りがたいタイプの女性も存在します。

そんな女性の特徴として、まず「独特の世界観を持っている人」というものが挙げられます。

社会に出ると1人よりも他人と共に過ごす時間が長くなるため、周囲の雰囲気や空気感にある程度合わせて生活していくのが普通です。
そんな中で、周りの空気感なんつものともせず自分の世界を大切にしているタイプの女性は、周囲から近寄りがたい人として認定されてしまうことが多いです。

自分の好きなものやことを貫けるのは素晴らしいことですが、協調性をまるで無視して自分の好きなものだけを重要視していると、周囲から浮いた存在として見られてしまうことも。

そしてその好きなものが周囲からあまり理解されないようなことであると、更に周りから敬遠されてしまうことが多くなってしまうでしょう。
デスクの周りを好きなアニメグッズや好きなアーティストグッズで溢れさせたり、個性的すぎるファッションで出社するなど、やり過ぎてしまうとなかなか理解されなかったりするものです。

近寄りがたい女性の特徴②:表情がいつも険しい

近寄りがたい 女性

次の特徴として、表情がいつもかたく険しい女性は周囲から近寄りがたい人として見られてしまいがちです。

いつも柔らかい表情をしている女性は、それだけで周囲から良い印象で見られやすいです。
表情が柔らかく笑顔が多い女性には話しかけやすいですし、そういうタイプの人は周囲に溶け込むのもはやいです。

逆に、いつも不機嫌そうに険しい表情をしている女性にはなかなか容易には話しかけられない人が多いでしょう。
少しキツめの美人であったりするとなおさら近寄りがたいオーラが漂ってしまいますね。

実際は優しい人だったとしても、雰囲気が怖いと「話しかけても迷惑がられるのではないか、キツイことを言われてしまうのではないか」と萎縮してしまい非常に話しかけづらいです。

このタイプの女性は仲良くなるとサバサバしてハッキリした性格の裏表がない性格、という人も案外多かったりするのですが、第一印象では近寄りがたさナンバーワンのタイプであるといえるかもしれませんね。

近寄りがたい女性の特徴③:完璧主義者

先程男性の特徴をご紹介した時と同様に、完璧主義の女性というのもまた近寄りがたいタイプであるといえるでしょう。

男性もそうですが、女性の場合もあまりにも何でもこなすタイプだと周囲は気を遣ってしまってフランクに接することができなくなってしまいます。

何か注意されるのではないかと思うと怖いし、話しかけても釣り合う会話ができないのではないかと考えるとなかなか気軽には話しかけられません。

素晴らしい努力家であることは周囲も当然分かってはいますが、隙がなさ過ぎると近寄りがたくなってしまうということです。

近寄りがたい女性の特徴④:真面目でキッチリとし過ぎている

真面目で何事にも妥協を許さない、キッチリとした潔癖症タイプの女性は特に男性から敬遠されてしまいがちです。
先程も述べましたが、あまりにも隙がなさ過ぎると逆に周囲から近寄りがたいタイプとして認識されてしまうことも。

デスクはいつもピカピカ、身だしなみはいつもキッチリ、何でも真面目にもくもくとこなす、素晴らしい特徴ではありますがそれを他人にも求め過ぎてしまうと「いちいち細かくてめんどくさい人だ」と認識されてしまいます。

話しかけても額面通りのキッチリとした答えしか返ってこないと、つまらないと思われてそれ以降話しかけてもらえないということもあるかもしれません。

真面目でキッチリとした性分を周りにも押し付けがちなタイプの女性は、近寄りがたいと思われてしまうでしょう。

近寄りがたい女性の特徴⑤:人気者で高嶺の花

男性編でも述べましたが、ハイスペック男性と同様高嶺の花過ぎる女性というのも近寄りがたいタイプの特徴です。

容姿も優れていて仕事もできる、男性にも女性にもモテモテで隙がないように見える女性に話しかけられる人というのはタイプが限られてきます。

自分に自信がないタイプの人はとても近づけないと感じるでしょうし、普通の人であっても容易に話しかけることは躊躇われるでしょう。
「人気者過ぎて自分なんか相手にされないのでは」と相手に思われてしまうタイプの女性は、人気者であっても近寄りがたいと思われてしまうことがあるのです。

気さくなタイプならそんなことはないのでしょうが、ちょっと高飛車に見えてしまうタイプの女性には特に容易には近づきにくそうですね。

近寄りがたい女性の特徴⑥:常に群れていておしゃべり大好き

女性は特に集団で行動するタイプの人も多いですが、いつも誰かと連れ立っていて大きな声でおしゃべり、噂話大好きというタイプの女性は周囲からあまり近づきやすい人であるとは思われないことも多いです。

常に1人を好み話しかけないでほしいオーラを出しているような人も近寄りがたいですが、逆にどこに行くにも誰かと一緒でなければならない、1人が嫌いで誰かと一緒に居ないとダメというタイプの人にもなかなか話しかけづらいでしょう。

常に誰かと一緒に居る人に話しかけようと思ったらそこに割って入らなければならなくなりますので、まずそのハードルが高いと感じる人も多いです。

そしておしゃべりや噂話が好きな人と話す時は「下手なことを言うと誰かに言われるかも」という不安もありなかなか素直に会話を楽しむこともできません。

こういったことから、特に男性はこのようなタイプの女性を近寄りがたいと感じてしまうようです。

<下に続く>

近寄りがたい人との付き合い方

近寄りがたい人には、以下の4つの付き合い方があります。

  1. 変に馴れ馴れしくしない
  2. 気を遣い過ぎない
  3. 相手を尊重する
  4. 相手の得意な事柄について聞く

では、それぞれの「付き合い方」について詳しくみていきましょう。

近寄りがたい人との付き合い方①:変に馴れ馴れしくしない

近寄りがたい人との付き合い方

前項でこのようなタイプの人にどんな特徴があるのかということがお分かりいただけたと思いますが、ここからは実際にどういう付き合い方をしていけば良いのかというところを詳しく解説していきます。

近寄りがたい雰囲気だからといって全く関わらないわけにもいかないのが大人の社会というもの。

特に会社の上司や取引先の方がそういったタイプまであったなら、苦手でも上手く付き合っていかなければなりません。
そんな近寄りがたい人との付き合い方のポイントを4つご紹介しますのでぜひ参考にしてください。

まず1つ目のポイントは、「変に馴れ馴れしくしない」ということです。

早く仲良くなろうとして距離感の詰め方を間違ってしまうと、このタイプの人は瞬時に心を閉ざしてしまいます。
そうなると、ますます近寄りがたい雰囲気が醸し出され結局上手くお付き合いができないということにもなりかねません。

また、このタイプの人は自分が人に馴れ馴れしく接するということがないため、そういうことをする人の気持ちというものが理解できません。
そして「なぜ大して仲良くもないのに馴れ馴れしいのか?」と嫌悪感を抱いてしまいます。
ですので、過度なボディタッチや踏み込んだ会話などは避けた方が無難です。

距離感を大切にしながら、最初は程よい会話程度に留めておくのが良いでしょう。
多少もどかしいかもしれませんが、「この人は付き合いやすいな」と思ってもらえるまで待つというのも大切ですよ。

近寄りがたい人との付き合い方②:気を遣い過ぎない

このタイプの人との上手な付き合い方、次のポイントは「気を遣いすぎない」という点です。

近寄りがたい雰囲気の人って、やっぱり怖いですよね。
特に上司や取引先相手がこのタイプの人だったりすると、必要以上に気を遣ったり顔色を伺いがちになってしまうのも仕方のないことです。

しかし、このタイプの人は案外サッパリとした性格の人も多く、特別気を遣ってほしいとは考えていません。
それなのに必要以上にビクビクされると話しづらいし、あまりに怯えられると傷付くしイライラしてしまいます。

怖いのは分かりますがそれは相手にも失礼というもの、堂々といつも通りの会話を心がければ相手も変に怒ったり突っかかってきたりはしないでしょう。

このタイプの人も、ハッキリと自分の考えや思ったことを口にする人の方が好きという場合も多いです。
きっと普通に話しかければ、案外話しやすかったりするものですよ。

近寄りがたい人との付き合い方③:相手を尊重する

このポイントは近寄りがたい人との付き合い方に限ったことではありませんが、上手にお付き合いをしていきたいと考えるならばやはり相手の気持ちを尊重するということは大切です。

特にこのタイプの人は、自分とは相容れないと感じた人に心を閉ざすタイミングが非常に早く、1度そうなってしまうとまた受け入れてもらうことは容易ではなくなってしまうでしょう。

そうならないためにも、相手の気持ちを尊重しながら会話をするということは非常に大切なポイントであると言えます。

変にへりくだって気を遣うという意味ではなく、相手のプライベートにズケズケと入り込んだり、相手の都合も考えずこちらの要求ばかりを押し付けたりはしないということです。

近寄りがたい人との付き合い方④:相手の得意な事柄について聞く

このタイプの人と上手くお付き合いするポイント、4つ目に挙げられるのが「相手の得意な事柄について聞く」ということです。

自分が近寄りがたいと感じている相手に対していきなり世間話で盛り上がれと言われてもそれは無理な話、しどろもどろでそんなことをしても相手も不審がってしまうでしょう。

自分が近寄りがたいと感じている相手に対しては、まず相手の得意なことや興味のあること、仕事のことなど興味や関心を持ってもらえる話題作りを心掛けると良いです。

自分が不得手と感じていることに対してそれが相手の得意分野であった場合、具体的に分からないところを質問してアドバイスをお願いしてみるのも1つの方法です。

また、相手の趣味や好みの食べ物などさり気ない話題で会話を試みてみるのも良いでしょう。
「はい、いいえ」で答えられる質問ではなく、具体的な質問を投げかけてみると会話が上手く成立しやすいです。

初めから長く会話しようとせず、まずは1言2言から始めることを目標としてみてください。

<下に続く>

近寄りがたい人とは「きっかけ」が大事?

近寄りがたい人との接し方

近寄りがたい人にはどうしても苦手な印象を抱きがちです。
1度苦手意識を持ってしまうとその後なかなか自分から話しかけようとは思えないですよね。

しかし、「苦手」と「嫌い」は違います。
第一印象で苦手だと感じたとしても、接していくうちに実は自分と共通する部分が見つかるかもしれないのです。

きっかけは何でも構いません。
同じものを食べていたとか、同じものを持っていたとか、共通の趣味があるとか。

たった1つのきっかけさえ掴めば、その人の意外な一面を知ることができるかも知れません。

その上で苦手だと再認識すれば上手な距離感でお付き合いすれば良いのですから、まずは相手の人となりをきちんと知る努力をすることが大切ですね。

<下に続く>

近寄りがたい人にはギャップが多い?

第一印象があまり良くない人は、その後の付き合い方によっては「とても付き合いやすい人」に変わることも多いです。

上記でも詳しくご紹介しましたが、近寄りがたいと感じる人にはさまざまな特徴やタイプがあります。
なかでもそう思われる人としてやはり多いのは、「怖そう、怒られそう、威圧的、自分とは合わなそう」というイメージが強いタイプになるでしょう。

そしてその人が第一印象とは異なる性格であった場合、そのギャップに魅力を感じるという人も多いようです。

例えば、見た目が優しそうな人が優しい性格であったならばそれは見た目通りと感じるでしょうが、一見怖くて近寄りがたそうな人が優しかった場合その面がより一層強調されて良く見えます。

第一印象が近寄りがたそうな人は、付き合っていくうちに実は性格とのギャップで好かれるという場合も多いということです。

<下に続く>

近寄りがたい人と上手く関われば実は良き理解者になってくれる!

近寄りがたい人との付き合い方

以上、今回は近寄りがたいと感じる人の特徴やその人との上手な付き合い方について詳しくご紹介していきましたがいかがでしたでしょうか。

第一印象が近寄りがたそうだとすぐに苦手意識を感じてあまり関わりたくないと思ってしまう人も多いでしょう。
確かに第一印象というものは大切ですが、その人の人となりというものはそれだけでは判断できません。

この社会でたくさんの人と関わって行くなかで、近寄りがたいと感じて避けていた人が実は自分の良き理解者となってくれる場合も多いにあり得るということです。

今回の記事を参考にしながら、ぜひ一度近寄りがたいと感じる人との付き合い方についてじっくりと考えてみることをオススメします。

Thumb minkane logo
written by
「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。 投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。
関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line