お金のコトをもっと身近に|みんかね

税金とは何か。税金についてわかりやすく簡単に解説します!

Large accountant accounting adviser advisor 159804  1
目次

税金とは何か?なぜ必要なのか?

null

私たちが負担している税金には、所得税や消費税、相続税、贈与税など様々な種類がありますが、税金とは何か、なぜ必要なのかと疑問に思う人もたくさんいます。

それに対する最も適切な答えは、社会を支える対価となります。納税者が納税したお金は、私たちの日常生活を支える多くのものに対して使われており、例えば安全を守る警察や消防、ライフラインである道路や水道の維持や整備、国家の礎となる教育や人としての生活を送る為の医療、福祉、そしてそれをまとめる行政などが挙げられます。

つまり、我々の社会を支える為に税金は必要不可欠なものと言えます。

<下に続く>

基本の税金とは何か?

税金がどういうものかを理解した所で、代表的な税金を確認してみましょう。まず基本の税金であり、かつ最も税収の高い所得税と住民税ですが、これは簡単に言えば稼いだお金、儲けたお金に対して課税される税金です。会社の利益に対して課税される法人税なども同じく仕組みであり、こうした所得に対して課税されるものを所得課税と言って税収の半分を占める代表的な税金です。

具体的には、収入から必要経費を差し引いた金額が所得、つまり稼いだお金、儲けたお金であり、その所得に税率を掛けて税額を計算します。

例えば、法人税では会計上の利益(儲け)に、税務上の計算方法で差異となった金額を調整し、算出した所得に税率を乗じて税額を求めます。

所得税や住民税では、個人事業主であれば売上や収入から必要経費を差し引いて事業所得を計算しますし、サラリーマンなどの給与所得者であれば、給与の額面金額から給与所得者の必要経費である給与所得控除額を差し引いて給与所得を計算します。

そして、それぞれの所得金額からは扶養控除や社会保険料控除などを差し引き、余った金額(課税所得)に税率を掛けて税額を計算します。最後に住宅ローン控除など、税額から直接控除できる税額控除を差し引いて、最終的な納税額を求めます。

身近な税金、消費税とは何か?

null

次に身近な税金と言えば消費税です。近年では消費税を増税するタイミングが二転三転するなどして、多くの人がニュースなどで耳にした事もあってパッと出てくる人も多いと思いますが、消費税は所得に対して課税される所得課税とは異なり、消費に対して課税される税金です。これを消費課税と言います。

税収全体の20%程度を占めている消費税ですが、景気に左右される所得課税より安定して税収を確保できるという特徴があります。

そうした背景から高齢化に伴い急激に増加する医療や福祉などの社会保障費の財源として期待されており、税率を8%や10%に引き上げ税収を増加させる事で、充実した社会保障を実現させる目的の税金と言えます。

<下に続く>

相続税や贈与税とは何か?必要な税金なの?

相続税は両親などが死亡した事に伴って財産を取得した人に課税される税金です。両親などの財産を受け継いだだけなのに、なぜ課税されるのかと疑問に思う人もたくさんいますが、課税される最大の理由は富が集中する事を防ぐ事です。

例えば、一人の資産家がその財産を子供や孫に受け継がせた場合、特定の人物や組織が富を独占する事なり、貧富の差は縮まりません。そうした富の独占を防ぎ、富を再分配する事が相続税の目的です。

かつての日本には財閥など富を独占していた組織があり、戦後、そうした組織や経営者への富の集中を防ぐ事が求められていたという背景がある事から、一定以上の財産を取得した者に対してのみ課税されるように配慮されています。

特に、3,000万円に法定相続人一人あたり600万円を加算した基礎控除額、あるいは税収全体に占める相続税の割合(2%弱)などはそれを良く表しています。

贈与税は、他者から財産を譲り受けた者に対して課税される税金であり、相続税を補完する性質を持ちます。なぜなら、贈与税が無ければ生前贈与をする事で容易に財産を移転する事ができ、相続税の課税目的である富の集中を防ぐ事が困難となるからです。

その為、相続税と同じく他者から財産を取得した場合に、相続税より高い税率で課税する事によって相続税の回避を防止し、ひいては富の集中を防ぐ事ができます。贈与税が相続税法の中に規定され、特例贈与財産や相続時精算課税など相続税と絡む制度があるのは、こうした理由があります。

税金とは何か?についてのまとめ

null

このように一つ一つの税金には、それぞれ大きな目的があります。所得税や住民税、法人税などは基本的な税金として税収、つまり社会を支える最も重要なものであり、消費税は安定した税収によって社会保障を必要とする弱者を守る目的が、相続税や贈与税は富の集中を抑え、富の再分配を行うという目的があります。

これらは全て安心して暮らしていける社会を支える為に必要不可欠な対価であり、これがあるからこそ我々は生活できる事になります。もちろん、税の使い道などに不満を持つ事もあると思いますが、こうした目的や背景に目を向ける事で理解を深め、納税義務を果たす事が社会を支える一員となれる事に繋がります。

Thumb minkane logo
written by
「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。 投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。
関連記事
おすすめ記事