みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に
2018/05/09

プロポーズには指輪が必要?選び方や値段の相場、女性が喜ぶ渡し方!

Large adults blur couple 888899 2

プロポーズと指輪

一世一代のプロポーズを成功させるため、プロポーズの際に必要な指輪の相場・相手に喜ばれる渡し方などをまとめました。
最近ではプロポーズの際は指輪なしで後で女性と一緒に購入するという方法もありなので、指輪のサイズがわからなくても焦る必要はありません。
実例もご紹介するので是非参考にしてください。

<下に続く>

プロポーズのタイミングと婚約指輪の選び方

プロポーズのタイミング

恋愛結婚においてプロポーズのタイミングを見極めるのは難しいですが、おおよそ交際から1〜3年程度・女性が30代を迎える直前などでプロポーズをする方が多いです。

お見合い結婚の場合には、そもそも結婚前提のお付き合いなのでプロポーズまで約半年〜1年とスピーディーに進んでいきます。

プロポーズのタイミングに特に決まりはありませんが、緊張でなかなか踏み出せない男性は女性の誕生日・2人の記念日・クリスマス・ホワイトデーなど大きなイベントの力を借りるのもおすすめです。

婚約指輪の選び方・相場

婚約指輪を選ぶ際に知っておきたいことは女性の指輪のサイズ・デザインの好み・好きなブランドなどです。
特にサプライズでプロポーズを計画している方は指輪のサイズだけでもしっかり把握しておく必要があります。

婚約指輪の相場はよく”給料の3か月分”と言われていますが、
現在では30〜50万円の価格帯・0.3~0.5ctが1番の売れ筋です。

<下に続く>

プロポーズの時に婚約指輪は必ず必要?

プロポーズされて指輪を受け取った女性

テレビなどでは指輪の箱を取り出してプロポーズし、YESの返事をもらったらその場で指輪をつけてあげるというシーンが多いです。
そのイメージがあるためか”プロポーズ=婚約指輪が必要”と思い込んでいる男性が多いです。

結論から言うと、プロポーズの時に必ずしも指輪は必要ではありません!

このことによって仕事が忙しくて事前準備ができない・女性の指輪のサイズや好みがわからないという男性でも自分の好きなタイミングでプロポーズしやすくなります。

またプロポーズから指輪購入まで少し時間があるのでその間資金を貯める時間に充てることができ、より女性の理想に近い婚約指輪を贈ることができるのもメリットの1つです。

しかし女性の中にはプロポーズとともに指輪をもらうことに憧れを抱いている方もいるので、できる限り特別な演出を取り入れることでプロポーズの成功率がぐっと上がります。

指輪なしのプロポーズの場合、プロポーズの言葉だけではなく指輪の代わりとして花束・手紙などを用意するとより印象深い演出をすることができるのでおすすめです。

<下に続く>

プロポーズの後で婚約指輪を選ぶカップルも多い?

実はプロポーズの後で婚約指輪を選ぶカップルが増えています。
その理由は女性と一緒に指輪を選ぶことができるからです。

一度でも宝飾店に足を運んだことがある男性ならわかると思いますが、婚約指輪とひと口に言ってもデザインが豊富なので男性ではお手上げということが多いです。

例えば、メインとなる宝石は定番のダイヤモンド・冠婚葬祭で使用できる真珠・ルビーやサファイヤなどの誕生石などから選ぶことができます。

デザインも1粒タイプ・サイドにもダイヤモンドが入っているタイプ・ストレート・カーブありなど実に様々なので、その中から女性が気に入るものをドンピシャで選び出すのはとても難しいです。

宝飾店では実際に指につけて比べることができるので女性が最も気に入ったデザインを婚約指輪としてプレゼントすることができるのは最大のメリットです。

また宝飾店巡りを通じて共同作業をすることで結婚へのイメージをより高めることができ、結婚後のスムーズな生活にも役立てることができます。

<下に続く>

プロポーズの時に婚約指輪を用意するメリット・デメリット

プロポーズに必要な指輪

メリット

事前に指輪を用意することでサプライズ感を演出することができます。まるでドラマのようなロマンチックな雰囲気に驚きがプラスされることでプロポーズをより印象深いものにすることができます。

また、現実的な問題として購入金額を相手に知られることがないのもメリットの1つです。上手に選ぶことができれば実際の価格以上に見えることもあり予算が少なくても恥をかくことはありません。

さらに、事前に購入することで後に引けない状況を作る要素にもなります。特にシャイな男性は緊張のあまり何度もプロポーズの機会を逃すことがありますが、高価な指輪があることで背中を押してくれるメリットもあります。

デメリット

指輪を事前に用意することの最大のデメリットはサイズが合わないことです。どんなにロマンチックな演出でも指輪のサイズが違った場合は感動が半減してしまいます。

特に注意したいのはサイズが大きい場合より小さくて入らなかった場合の方がショックが大きいことです。男性の思っていたサイズが入らないことで女性は恥ずかしい思いをしプライドを傷つけてしまうことがあります。

事前に購入する場合には、このような失敗をしないために必ず女性の指輪のサイズを把握する必要があります。

これと関連して、デザインやブランドの好みが合わないというのも事前購入のデメリットです。女性のお気入りのブランドなどは日頃からアンテナを張っておく必要があります。

詳しい情報がなくてもどうしてもサプライズで贈りたいという方は、老舗ブランドの中から選ぶようにすることが成功の秘訣です。

<下に続く>

プロポーズに婚約指輪を渡された女性の本音は?

多くの女性はプロポーズと同時にサプライズで指輪を渡されることに憧れを持っています。しかしこれは自分の好みのブランド・デザイン・ダイアモンドの大きさがすべてパーフェクトだった場合というのが本音です。

婚約指輪は女性にとって特別なジュエリーとなるため、密かに理想のものを思い描いていることがあります。

例えば、日常使いしやすいデザインがいい・シンプルな1粒のダイヤモンドに憧れる・華やかでキラキラしたデザインが好き・小さくても品質の高いダイヤモンドがいい・とにかく大きくゴージャスなものが好みなど人それぞれ異なります。

これらの好みにぴったりの指輪をサプライズで贈られたら”この人は本当に私のことをわかってくれている”とより感動が深まりますが、その一方で理想とかけ離れた指輪だった場合、男性には言えませんがずっと心の中にモヤモヤを持ち続けることになります。

このような女性の本音を踏まえて、男性は気合を入れて婚約指輪を選びましょう。

<下に続く>

女性が喜ぶプロポーズと指輪の渡し方とは

プロポーズの指輪を渡す人

女性に好まれるプロポーズのパターンは大きく2つに分けられます。
シンプルに指輪を渡すパターン・大掛かりなサプライズを仕掛けるパターンです。

シンプルに指輪を渡すパターンでは、レストランなどで食事を楽しんだ後にデザートのタイミングでプロポーズして指輪を渡します。
ここでのポイントは特別感を演出するために普段行かないような高級なレストランを選ぶことです。

レストランによって個室や特別なデザートなどを用意してくれるところもあるので必ず事前に相談しておくことがおすすめです。

大掛かりなサプライズを仕掛けるパターンでは、レストランの中のスタッフやゲストも仕掛け人になり、あるタイミングで突然全員が踊りだすというフラッシュモブを使用したサプライズが最近のトレンドです。

大きな驚きと感動を与えることができるので間違いなく一生の思い出になりますが、恥ずかしがり屋の女性の場合、周囲の視線を苦痛と感じることがあるため注意が必要です。

いずれのパターンにしても少しのサプライズと誠実な言葉があれば女性は必ず喜んでYESと答えてくれます。

<下に続く>

みんなのプロポーズ・指輪の渡し方、渡され方

実例①

8年の交際を経てプロポーズに至った自分は、彼女がとても恥ずかしがり屋ということを踏まえて自宅で2人だけの時にプロポーズをしました。
指輪は彼女と一緒に選びたいということでプロポーズ時には用意せず、指輪の箱の中にダイアモンドチケットと書かれた紙を入れておきました。

2人が大好きなテレビ番組を見終わったタイミングで「結婚してください」とシンプルにプロポーズしたところ、彼女からYESの返事をもらい思わず叫んでしまいました。
後日彼女と二人で指輪を選びに行ったところ、自分だったら選ばないようなデザインに決まったので勝手に購入しないて良かったと改めて実感しています。

実例②

付き合って1年の記念日にクルーズディナーに行きました。
きちんとドレスアップして普段とは違った雰囲気に少し緊張しましたのを覚えています。美味しいフレンチのコース料理をいただきデザートを待っている時、優雅なヴァイオリンの演奏とともに彼が花束を持って登場。
誠実な言葉・指輪とともにプロポーズされました。

指輪は以前から私が素敵と言っていた高級ブランドのものでデザインも素敵で、何より私が気に入っていたことを覚えていてくれたことが本当に嬉しかったです。
乗客の皆さん・クルーの皆さんから祝福していただき一生の思い出に残る感動的なプロポーズでした。

実例③

サプライズが大好きな彼女のために大掛かりな計画を立て準備しました。今流行っているフラッシュモブをプロポーズに使用したくて3か月前から入念に打ち合わせをしました。
繁華街のど真ん中で突然始まった出来事に彼女はパニックになっていましたが、差し出した指輪を受け取り無事にOKをもらいホッとしました。

後から聞いた話ですが、非常に恥ずかしかったけれど一生忘れられない最高のプロポーズだったと聞いて安心しています。
彼女のご両親・友人にも協力してもらいプロポーズ成功後に登場してもらうなど、準備は本当に大変でしたがこの方法を選んで良かったです。

実例④

去年のクリスマスにプロポーズをして、その時にはカジュアルなペンダントをプレゼントしました。それから半年して婚約指輪を見に行くことになり、自分はジュエリーの知識がないので彼女と一緒に指輪を選びに行きました。

老舗ジュエリーブランドに行ったら色々なデザインをゆっくり見せてくれ、実際につけて比べることができたのでとても勉強になりました。ブランドによってつけた感じや見た目も全然違うので時間をかけてじっくり探すことをお勧めします。

実例⑤

先日、彼からプロポーズされました。彼の自宅に泊まった翌日、それぞれの会社に出勤するために準備をしていた時のことです。
忘れ物をしたから見てきてと言われた場所を調べたら、指輪の箱が置いてありました。
中にはおもちゃの指輪が入っていました。

私は期待はずれで少しムッとしていたら、彼がポケットから本物の指輪を出してプロポーズしてくれました。
とても大きくて輝くダイアモンドに感動して号泣しました。
彼らしい、ちょっと意地悪ででも最高に素敵なプロポーズは一生忘れません。

<下に続く>

プロポーズには指輪が必要?選び方や相場、女性が喜ぶ渡し方!のまとめ

プロポーズをする時に必ずしも指輪は必要ではなく、後日女性と一緒に選びに行くという方法もあるということがわかりました。事前に購入して渡す場合には、指輪のサイズ・デザイン・ブランドなど女性の好みなどをしっかりとリサーチする必要があります。

プロポーズの方法も様々ですが、何よりも大切なのは誠実な言葉と少しのサプライズです。自分よがりのプロポーズではなく女性の立場になって一生の思い出になるよう素敵な演出を考えましょう。

Thumb minkane logo
written by

「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。
投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。

関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line