みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に

電子マネー・iDの使い方やおすすめのiD付きクレジットカード

idの使い方については支払い方法として対応するお店やサイトが増えている中、知っていて損はありません。最近は、iphoneのスマホなどにも搭載されるようになりました。iDの使用に関するメリットやデメリット、おすすめのiD付きクレジットカードもご紹介します。

Large id%e3%81%ae%e4%bd%bf%e3%81%84%e6%96%b9 %e3%83%a1%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%88 %e3%83%87%e3%83%a1%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%88%e3%81%a8%e3%81%8a%e3%81%99%e3%81%99%e3%82%81%e3%81%aeid%e4%bb%98%e3%81%8d%e3%82%af%e3%83%ac%e3%82%ab001

iDとは

iDとは、さまざまな買い物の支払いに用いることができる電子決済のサービスです。

idはiPhoneなどのスマホ、クレジットカードにも搭載されています。その使い方は簡単なものであり、対応する店舗には専用の端末が置かれています。暗証番号を入力するといった必要はなく、そこにかざすだけで支払いは完了します。

急いでいるとき、手持ちの現金が不足しているときにも大変に便利でしょう。イメージとしては、電子マネーのように理解するとわかりやすいかもしれません。

形態としては携帯電話そのものでidを用いる「おサイフケータイ」のほかにカードタイプのものとして専用カードのほかプリペイドにポストペイ、さらにデビット一体型やクレジット一体型といったものがあります。

<下に続く>

iDを使うメリット

おサイフケータイでのidの使い方

iDを買い物へ用いる最大のメリットは、何と言っても現金やクレジットカードを使った支払いと比較して時間も手間もかからないところにあるでしょう。スマホやカードがあれば手軽に使用することができ、設定はサイト上などから行うことができて便利です。

メリット①:選べる支払い方法

iDを使うメリットとしてはまず、支払い方法について選ぶことのできる点が挙げられるでしょう。

おサイフケータイや専用カード、プリペイドといったものですと各種の支払いはリアルタイムで行われることになります。iPhoneなどのスマホやカードにあらかじめ金額のチャージをしておいて、その金額が支払われるのです。

デビット一体型については前もって銀行口座の登録をしておくと、idでの支払いを行うと同時にその口座から自動による引き落としがなされるようになっています。そして、クレジット一体型やポストペイは後払い方式です。

買い物をしてから後日、決められた日付になると口座から利用した分の料金が引き落とされるようになっています。このあたりは、自分が想定している使い方に応じて選択しましょう。

メリット②:計画的な利用が可能

あらかじめ支払いに充てる予算を決め、計画的に利用することが可能である点もiDのメリットです。あらかじめ残高をチャージするタイプのものですと、その金額をたとえば1ヶ月につきいくらまでと決めておくことによって使いすぎを防ぐことができます。

銀行口座からの引き落としにしても、口座に入れておく金額を定額にしておくことで使いすぎにはなりません。iDのチャージについてはコンビニエンスストアの店頭、あるいはiDの利用者に提供されているウェブサイトの「マイページ」から行うことができます。

マイページからであれば、スマホを用い場所も選ばず手順を済ませることが可能です。なおプリペイド方式のiDとしては「dカードプリペイド」、「ソフトバンクカード」などがあります。

メリット③:所有しやすい

iDカードの発行を受けるにあたっては、所有しやすいこともメリットとなっています。

iDカードにはクレジット一体型というものもありますが、純粋なクレジットカードに比較するとより低い年齢から所有することが可能です。クレジットカードを申し込むと、支払い能力の有無などに関する審査をパスした上でカードが発行されます。

その点、たとえば「dカードプリペイド」ですと対象が12歳以上とされています。つまり家庭において子供に現金を持たせることが心配であるというようなときに、持たせることができるわけです。

スマホで使うにも、子供であっても難しいことはないでしょう。支払いの部分は親が管理し、プリペイド方式のものを使うようにすれば心配はありません。

<下に続く>

iDを使うデメリット

スマホでのidの使い方

iDは便利なものですが、デメリットもないわけではありません。使い方や支払い方法、お店やサイトでの対応がなされているかどうかなど注意すべき点はいくつかあります。便利に使うためには、デメリットを知っておくことも必要です。

デメリット①:対応するお店が限られている

iDを使うデメリットとしてはまず、idに対応しているお店でしか使うことのできない点が挙げられます。

おサイフケータイの機能が搭載されている携帯電話であっても、結局はお店で対応していなければ用いることができないのです。実際に対応しているお店では、入り口やレジのあたりで「iD」のマークを示しています。

利用するにあたっては、先に確認しておきましょう。これは、支払いのことだけに限りません。

一例として「dカードプリペイド」のチャージをするにあたっては、コンビニエンスストアの中でもローソンでしか対応していません。店頭でのチャージということになると選択肢が少なく、さらに手数料も支払わなければならないようになっています。

デメリット②:端末の不具合による影響

iDを使用する上では、おサイフケータイとして携帯電話を用いる際に何かしら端末の不具合があると影響を受けることもデメリットとなります。

つまりたとえばiPhoneでiDの支払いをしようとして、本体のバッテリーが切れてしまっていると完全に使うことができないわけです。そのほかにも携帯電話に何らかの不具合が起こっていれば、当然ながら支払い手段とはなり得ません。

いざ支払いをしようというタイミングでバッテリー切れに気づいたときは、支払い方法を現金などに変えなければなりません。ここで、最初からiD払いにしようというつもりで現金の持ち合わせがなかったとなっては大変です。

こういったリスクを回避するにはおサイフケータイ、カードタイプのものを併用すると良いでしょう。

<下に続く>

iDの使い方

iDの使い方自体は、スマホで使用するにしてもカードであっても基本的に違いはありません。原則として、お店のレジに置かれている専用の端末へスマホやカードをかざすだけで手続きは済みます。

ただし専用カード、クレジット一体型のカードを用いるようなケースですと処理が異なる場合もあります。お店によっては、クレジットカード払いと同様のシステムになっているのです。

この場合に関しては支払いを行うにあたり、支払い方法がidであると伝えなければなりません。

Amazonなどのオンラインショップでネットショッピングをするときにも、iDに対応するスマホがあればアプリから代金を支払うことができます。iDは登録などの手続きが手間であるというイメージも持たれているのですが、使い方さえ理解すれば大変に便利です。

<下に続く>

iDのスマホ・iPhoneでの使い方

スマホでiDを利用する場合の使い方については大前提としてiphoneですと「ApplePay」、Androidですと「おサイフケータイ」に対応していなければなりません。お店では現金やクレジットカードを用意する必要がなく、必要なアプリは手軽にダウンロードすることが可能です。

スマホでの使い方

AndroidのスマホでiDを使おうという場合ですが、端末が「おサイフケータイ」に対応するものでなければ用いることはできません

対応している端末であれば、まずはスマホにidのアイコンが表示されているかどうかを確認しましょう。もしもアイコンがなければアプリのダウンロード、インストールという手順を踏まなければなりません。

スマホがドコモから販売されている機種であれば、「dメニュー」の「サービス一覧」にiDのアプリがあります。そのほかの機種ですと、「GooglePlay」で検索すればiDのアプリが見つかります。

iDアプリを最初に起動したときには、iDに関する情報を登録しなければなりません。登録が完了すると、実際にお店で使用することができるようになります。

iPhoneでの使い方

iPhoneのスマホでiDを使おうというときには、端末が「ApplePay」に対応していなければなりません

iDは最初からiphoneへ対応していたわけではなく、おもに「iPhone7」以降の機種で対応しています。詳細な対応機種については、アップルのウェブサイトからも確認することが可能です。

iPhoneでの支払い方法は、基本的にクレジットカード払いしかありません。機種が対応していれば、クレジットカードに関する情報を「Wallet」へ登録すればidによる支払いが可能となります。

ApplePayのiDで支払うと、登録されているクレジットカードへの請求が発生することになります。なお「ソフトバンクカード」であればプリペイドを登録することもできるのですが、店舗によっては利用することができません。

iDへ対応する機種につきましては、こちらをご覧ください。

Apple Pay はこれらのデバイスに対応しています - Apple サポート

<下に続く>

iDが使えるお店

iDに対応しているお店は、生活とかかわるさまざまなシーンへと拡大を続けています。チェーン店も多く対応していますから、全国各地で便利に各種の支払いを行うことが可能です。iDが使えるおもなお店について、ご紹介します。

コンビニエンスストア

セブンイレブンにローソン、ファミリーマートやサークルKサンクスといった大手のコンビニエンスストアは当然に対応しています。このうちローソンでは、iDのチャージを行うことも可能です。

そのほかにも北海道に店舗が多いセイコーマートなど多くのお店に対応していますが、スリーエフに関しては対応が関東エリアのお店に限られています。

スーパーマーケット・ショッピングモール

全国展開しているスーパーマーケットですとイオンショッピングセンター、カクヤスなどが対応しています。

各地方のローカルで展開しているお店でも関東であればMARUSHOなど、東北のベニーマートや九州のかねひでなど多くの店舗でiDを使用することが可能です。

ショッピングモールに関しては全国に店舗を置くイオンやイトーヨーカドー、ビブレなどでiDによる支払いをすることができます。

そのほか北海道は札幌駅の地下で営業しているアピアやエスタ、東京ではアクアシティお台場やダイバーシティ東京プラザに加えて大阪のなんばパークスなども対応済みです。

飲食店

ファミリーレストランで言うとガストやジョナサン、バーミヤンなどでiDによる支払いが可能となっています。また牛角やかっぱ寿司、はま寿司などのお店でもidに対応しています。

ファストフードではマクドナルドが全店対応となっているほかCoCo壱番屋やミスタードーナツ、すき家は一部店舗での対応です。コメダ珈琲店、タリーズなどのカフェでも店舗によって対応の有無は分かれています。

そのほかお酒を楽しむことのできる居酒屋などでは魚民や白木屋、和民に笑笑などのお店でiD払いをすることができます。

アルコールが入ると、現金払いをするときに割り勘の計算が合わないなどのトラブルも起こりがちです。いったんiDで払ってから後日精算というかたちにすれば、そのあたりも安心でしょう。

その他のお店

マツモトキヨシやコクミン、ココカラファインなどといったドラッグストアに加えて100円ショップであるザ・ダイソーやドン・キホーテの一部店舗などでもiDによる支払いに対応しています。

家電量販店ではヨドバシカメラにビックカメラ、コジマなどの店舗で買い物の代金を支払うときにも用いることが可能です。タワーレコード、コミックとらのあななどでもショッピングが手軽になります。

キャリアショップに関しては、三大キャリアで言うとドコモショップだけがiDに対応しているという状況です。

各種施設

iDに対応している支払先は、一般の店舗にとどまっていません。

横浜・八景島シーパラダイス、富士急ハイランドなどといったレジャー施設においてもiDで支払いをすることができるようになっています。東京ドームや札幌ドームを利用するにあたっても、iDでの支払いは可能です。

<下に続く>

iDが使える通販サイト

通販サイトでも、iDの支払いに対応しているサイトは多々あります。「Yahoo!ショッピング」、「Amazon」といった大手に対応していますから多くの機会があるオンラインショッピングもより便利になるでしょう。

加えてフリマサイトである「フリマjp」、大手宅配ピザの「ドミノ・ピザ」などでインターネット上から商品を注文するような場合にもiDで支払うことが可能です。

ただサイトによってはiPhoneのみ、Androidのみといったように対応端末が制限されている場合もありますからあらかじめ確認しましょう。使い方としては、どのサイトも総じてiDアプリを使った支払いに対応しています。

そのため、パソコンで利用することはできません。通販サイトでたとえばクレジット決済をするにあたってはカード番号などを入力しなければなりませんが、iDによる支払いであればその必要もありませんから安全性も高くなっています。

<下に続く>

おすすめのiD対応クレジットカード

クレジットカードでのidの使い方

多種多様なブランドのクレジットカードが、iDに対応しています。それぞれのクレジットカードには利用にともなう各種の特典も用意されていますから、新規でカードを作る場合には想定される使い方に応じて最大のメリットが得られるよう検討しましょう。

iDに対応するクレジットカードは、以下で確認することが可能です。

「iD」をはじめる|タッチでお支払い iD

おすすめ①:三井住友VISAカード

三井住友VISAカードは利用者の使い方、支払い方法などに応じてさまざまなカードのラインナップが用意あります。iDに対応するクレジットカードの中でも、特におすすめすることができるブランドのひとつです。

一例として「三井住友VISAアミティエカード」には、「ショッピング補償」が付帯されています。クレジット払いで購入した品物について盗難や破損があった場合には、補償を受けることが可能です。

また「三井住友VISAエブリプラス」については、支払い方法が1回払いをしても自動的にリボ払いとなるシステムである「マイ・ペイすリボ」です。毎回の引き落としにともなう負担が、自動で軽減されるようになっています。

三井住友VISAデビュープラスカード」は、対象年齢が18歳から25歳に限定されています。ただ、ポイントサービスである「ワールドプレゼント」は常に他のカードと比べて2倍です。ショッピングで頻繁に利用する予定であれば、利用しない手はないでしょう。

おすすめ②:セゾンカード

iDに対応しているクレジットカードブランドのうち、セゾンカードも対応するカードが豊富なものになっています。何と言っても「永久不滅ポイント」が謳われているように、利用に応じて付与されるポイントに有効期限のないことは大きなメリットです。

たとえば「ローソンPontaカードVisa」は、ローソンやローソンストア100でクレジット払いの買い物をした際にPontaポイントが付与されます。さらに「ローソンモバイルPonta」を携帯電話へ登録することで、iDを使った支払いにもPontaポイントが付きます。

また「セゾンパール・アメリカン・エキスプレスカード」ですと、海外で使用した場合には付与されるポイントが2倍になります。オンラインで万が一の不正な使用があった場合には、損害が補償される「オンライン・プロテクション」も魅力です。

おすすめ③:イオンカード

イオンカードはiDでの支払いに対応するクレジットカードの中で、引き落としのサイクルが特徴的です。毎月の月末が締め日となっていて、引き落としはその翌々月の10日となっています。

そのほかのカードと比較して引き落としまでのインターバルが長く、後々の入金予定までを考えた買い物といったことも可能でしょう。また年会費は永年無料であり、カードによっては電子マネーの「WAON」が付帯されているものもあります。

そしてイオングループのお店では、毎月20日と30日の「お客様感謝デー」でイオンカードによる支払いをすると購入代金が5%の割引となります。イオンで買い物をする機会が多ければ、イオンカードを持っていて損はありません。

おすすめ④:ANAカード

ANAカードのうち「ANAVISAカード」、「ANAマスターカード」を所有している場合にはiDを利用することが可能です。追加カードとしてiDカードの発行を受けるか、「おサイフケータイ」を利用するかを選択することができます。

ANAのカードということで、当然ながら「ANAマイレージサービス」にも対応しています。パソコンやスマホで航空券の予約をした場合にはコンビニエンスストアでiD払いをすることができますし、その上でマイルも貯まるのです。

仕事やプライベートでもANAを利用することが多ければ、特に最適でしょう。そのほか「ANAVISAワイドカード」については、入会時に加えて1年ごとカードを継続するタイミングでも2000マイルのボーナスマイルが付与されるようになっています。

おすすめ⑤:オリコカード

オリコカードiD」に関してはクレジットカード一体型、「おサイフケータイ」のモバイル型を選ぶことが可能です。オリコカードは、カードを利用した際に得られるポイントの還元率が高くなっています。

もちろんiDによる支払いも、その対象になっているのです。たとえばコンビニエンスストアで少しの買い物をしただけでもポイントが加算されますから、現金での買い物と比較してもメリットがあります。

さらに「オリコモール」を通じてのインターネットショッピングでは、カードを通常利用した場合のオリコポイントに0.5%分がプラスされる特典もあるのです。クレジットカードを使用するにあたってポイントを重視する場合には間違いなくお得でしょう。

<下に続く>

電子マネー・iDの使い方やおすすめのiD付きクレジットカードのまとめ

idについては使い方のほかメリット、さらにはデメリットについても理解しておくことで便利に利用することができます。iphoneなどのスマホやクレジットカード、専用カードをかざすことによって、支払いはまさに「秒速」で完了するのです。

買い物にかかる時間を短縮することができますし、あらかじめ予算を決めておくことができる点も魅力でしょう。iDでの買い物に対応しているお店やサイトもなお増加の一途をたどっていますから、今後も利便性は高まっていくでしょう。

Thumb minkane logo
written by

「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。
投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。

関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line