みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に
2018/05/16

デブスとは?意味は?デブス女性・男性の特徴や可愛くなる方法!

ここではデブスという言葉について意味からその特徴まで解説していきます。
またデブスから脱する方法やファッションなどについても解説を行い、様々な角度からデブスとは?をご紹介していきます。

Large adolescent casual cute 428338  1
目次

デブスとは?意味は?

まずはデブス の意味から確認していきましょう。
デブス とは太っているという意味の「デブ」と容姿的に優れていないという意味の「ブス」を合わせた俗語になります。

デブでブスを合わせて「デブス 」と呼んでいます。

また「デブス 」というのは主に女性に対して使われる言葉でありましたが、近年では性別関わりなく使われることもあります。
また自虐の意味を込めて当の本人が自分のことをデブス と罵ることもあります。

<下に続く>

デブス男性の特徴

デブスとは。

では、デブスの特徴を性別的に確認していきたいと思います。
まずは男性です。

男性のデブスの方の特徴はどう言ったところにあるのか、その特徴を4つに分けてご紹介していきます。

デブス男性の特徴①: 凄く太っている

まずは一般的な太っている方よりも体重がさらに上乗せされている場合はデブスの対象になります。

野球選手のような筋肉からくる横幅の増加や力士のような場合はこのでブスには当てはまることはありません。

太っていても愛嬌のある方はデブスには当てはまることは少ないです。

それ以外の単純に食べ過ぎや運動不足でお腹だけ出ていたり、100kg以上超えてしまっている場合はデブスと言われてしまうケースが増えてきます。

デブス男性の特徴②: 性格が良くない

これもデブスの1つの基準になってきます。

やはり太っていても容姿が整っていなくても、性格が良い方というのは愛されキャラになれる可能性が高く、デブスと言われることは圧倒的に少なくなることでしょう。

しかし、性格に難のある方は多少太っている程度でもデブスと言われてしまう可能性があります。

デブスとは基本的に俗語ですので、言われて褒められることではありません。
性格というのはとても大切な判断基準です。

デブス男性の特徴③: ファッションが地味

デブスと言われてしまう特徴としてファッションが地味であるということも言えます。

サイズが合わないからオシャレができないなんて悩みもあるかもしれませんが、それを含めて地味になってしまうとデブスに近付いてしまいます。

人は見た目で判断する生き物です。
身なりをしっかりすることによって印象というのは変えることができます。

しっかりと服装を整えて清潔感を出す事で太っていてもデブスと言う評価からは脱することができます。

デブス男性の特徴④: 汗っかきである

男性の太っている方の大きな特徴である汗はデブスと判断されてしまう理由になり得ます。

夏場は致し方ない部分はありますが、冬場でも汗が止まらないでいると周りからは嫌煙されてしまう理由になるでしょう。

汗っかきは防ぐことが難しいとは言えますが、肌着をしっかり着る、汗拭き用のタオルを常に携帯しておく、デオドランドスプレーを持っておくなど、対応できる点は多々ありますのでしっかりと準備をしておきましょう。

<下に続く>

デブス女性の特徴

デブスになる人

次に女性のデブスの特徴をあげていきたいと思います。
男性とは異なる判断基準で女性に対するデブスの要素は決まってきますので、その特徴をしっかりおさえておくことが大切と言えます。

デブス女性の特徴①: 性格が悪い

これは男女ともにデブスという評価を決定付ける部分と言えるでしょう。
どんなに見た目が可愛くても太ってなくても、性格が悪いだけで「デブス」と罵られてしまうこともあるくらいです。

人間は見た目が8割と言えども、性格に難があるというのは付き合い上難しい事とも言えます。

実は周りからは指摘されてないけど、なかなか関係が深まらないとお悩みの方は一度性格面と向き合ってみてはいかがでしょうか。

デブス女性の特徴②: ルックスが悪い

こちらは男性よりも判断基準として顕著になってしまうところでしょう。
単純にルックスがあまり良くないとデブスとしての対象になってしまいます。

しかし、これは愛嬌などの内面でカバーできる分野でもあります。

男性からすれば愛嬌のある女性は可愛らしく映るものです。
ただ女性からして見ればその愛嬌が媚びていると解釈されてしまう可能性もあり、とても厄介な部分でもあります。

なかなかバランスを取るのは難しいものです。

デブス女性の特徴③: 化粧の問題

お化粧の仕方を間違えてしまうとルックスは悪くないのにデブスの対象になってしまうというケースもあります。

これは特に暑化粧の人に多いといえ、チークや口紅が濃いなどが代表される例となります。

化粧のしなさすぎというのもいけませんが、自分の個性を活かしたナチュラルメイクを行えば問題ありません。

変にパーツを際立たせたりするのではなく、あくまで健康的な顔に見えるように落ち着いた化粧を心がけましょう。

デブス女性の特徴④: 髪型がボサボサ

髪型がしっかりと整えられていない人もデブスの対象になってしまいます。

伸ばしっぱなしのロングヘアーやカラーの根元が暗くなってしまっている状態など。
ヘアーに関してのメンテナンスをしっかりしておきましょう。

男性は女性の髪の毛に魅力を感じる人も多いと言えます。
ですから、綺麗に整った髪というのは女性の大きな武器です。

そこのメンテナンスを怠っているということは女性としてマイナスですのでしっかり行っておきましょう。

<下に続く>

デブスは痩せればモテる?

ルックスが主に原因でデブスと言われてしまっている方は痩せると可愛くなる傾向にあります。

芸能人の方でも、激ヤセして可愛くなった方や痩せたら可愛いんだけどなと思わせてくれる人は多いですよね。

特に愛嬌がある人に関しては、痩せることが出来れば男性からの視線を独り占めできる可能性もあります。

夏は肌の露出も増える時期ですので、今の季節からしっかりとダイエットを行なっておくと素敵な出会いがあるかもしれませんよ。

<下に続く>

デブスが可愛くなる方法

デブスを脱却したいと考えているそこのあなた。
デブスを脱却するため、可愛くなる方法を大きく分けて4つご紹介いたします。

これを実践してデブスから脱して人生を大きく変えていきましょう。

方法①: ルックスを整える

「ルックスを整える」と言っても整形をしなさいと言うわけではありません。
自分の持っている顔の素材を活かして考えていきましょう。

まずは手入れを怠っている部分はないかよくチェックしてみることです。

髪が伸びっぱなしでボサボサしてたり、眉毛がゲジゲジになってきていたり、何年も同じ服を着ていたりしていませんか。

そう言った今の自分とはおさらばするために、メンテナンスが滞っている部分を解消しましょう。

方法②: ダイエットする

デブスの要因の1つでもある、体重。適正体重を大きく超えてしまっている人はダイエットが必要不可欠です。

だからと言って高いお金を払ってダイエットを行いなさいと言うわけではありませんのでご安心ください。

まずは軽い運動から始める、食事の量が多いと気になる方は炭水化物を減らすなどを行うだけで体重は徐々に減らすことができます。

まずは自身の食生活を見直して、ストレッチなどから取り組んでみるといいでしょう。

方法③: 性格を見直す

そこまで容姿も悪くない、太ってもいないのにデブスも言われてしまう方は性格に問題があるのかもしれません。

自身の行動を一度見直してみましょう。人によって大きく態度を変えていたりしませんでしょうか。

また女性から見たら鼻に付くような態度を取っていないでしょうか。

少しでも心当たりがある方は改善をしていく必要があります。まずは意識することが大事、そして同じミスをおかしてしまったらしっかり謝ることが大切です。

方法④: マイナス思考をなおす。

マイナス思考やネガティブが中心な思考の方は改善したほうがいいと言えるでしょう。

たしかに今の世の中はポジティブなニュースが少ないですが、マイナス思考やネガティブでは他の人も嫌になってしまいます。

楽観的になるとポジティブはまたニュアンスが異なりますが、なんでもチャレンジする前から失敗を気にしてしまうなど、そう言った部分がある方は改めて、なんでも興味を持ったものはチャレンジしてみる精神を持ちましょう。

<下に続く>

デブスのおすすめファッション

ここではデブスの方がファッションで好印象を持たせる為のコーデをお伝えしていきます。

最近はぽっちゃり体型の方をターゲットにした雑誌も増え始めオシャレも楽しめる時代です。
しっかりとチェックしておきましょう。

ファッション①: カジュアル

基本はカジュアルなテイストのコーデです。
身体のラインを少し目立たなくしたコーデはお腹周りが気になる方にとてもおすすめと言えます。

夏に向けた涼しけな印象を持たせるのも高評価です。

ファッション②:ニット系

ニットを使った可愛らしいコーディネイトです。
丸いルックスを存分に活かしたこのコーデはぽっちゃりが好みな男性には効果抜群です。

ベレー帽を被ることで女性らしさをより引き立たせてくれます。
ぜひ試していただきたいコーディネイトです。

ファッション③:ロングスカート

ロングスカートを用いて足のラインを隠しつつも脚を長く見せると言う一石二鳥なアイテムです。
今の季節にとても合うアイテムですよね。

トップスは様々なものと合わせることができるので、一枚あると重宝するアイテムになっています。

ファッション④: 爽やかな大人コーデ

今の季節にぴったりな爽やかな色合いのコーディネートです。
ホワイトパンツとブルーシャツは定番の組み合わせ。

とても爽やかで綺麗めなオトナなコーディネイトが楽しめます。
シルエットも綺麗に見れるのでおすすめです。

ファッション⑤: ワンピース

ワンピースが好きな女性も多いですよね。
そんな方におすすめなコーディネイトがこちら。

シックで落ち着いた色合いが可愛すぎず、地味すぎずの非常にバランスのとれたコーディネイトになっています。

<下に続く>

デブスとは?意味は?デブス女性・男性の特徴や可愛くなる方法!のまとめ

デブスに関して様々な角度から解説を行なっていきましたが、いかがでしたでしょうか。

男性も女性もデブスになってしまう可能性というのは誰でも持っているものです。
普段から気をつけていきたいところです。

決してデブスと言うのが悪いわけではありませんが、いろんな人とお付き合いをしていく中で一定のハンディになってしまうことは事実です。

人間関係がうまく築けないと感じている方は自身を見直す必要があります。

また今はデブスではない方も年齢を重ねていくうちに体重の増加も懸念されます。

次第にデブスに変わって言ってしまう可能性は十分にありますから、今のうちからケアを怠らないようにしていきましょう。

Thumb minkane logo
written by
「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。 投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line