みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に

国内債券とは何か?国内債券の種類とメリットについて詳しく解説します。

Large dollar currency money us dollar 47344

債権と債券

セント

債権と債券。発音は全く同じですね。しかし、これが意味するものは全く違います。

誰かに何かを求めること。これを法律的に表現すると、「債権」と言います。債権をもっている人は、ある人に対して「債権をもっている」と言うことができます。これに対して、誰かから何かをするように求められることを債務と言います。誰かから何かを求められる立場にあるとき、「債務を負担している」と言うことができます。

これらに対して、「債券」とは、何かをしてくれ、という内容が、お金に関するものを言います。「〇〇円を払ってください」というように内容が具体化されたものを指すことになります。

だたしこれには注意が必要です。よく、知人間でお金の貸し借りをすることがあるでしょう。このようなときには、「債券」とは言いません。なぜなら、それが金融商品としては扱われないからです。確かに、「〇〇円を払ってください」というように、お金に関する内容の債権ではあります。ただ、ここで「債券」と言うときは、このようなものは除かれます。

それでは、「債券」とはどのようなものを言うのでしょうか。

<下に続く>

国内債券とは

コイン

少し触れましたが、債券と言ったとき、金融商品を念頭に置いています。例えば、国は債権を発行しています。この状況について、もう少し具体的な説明をしてみましょう。

国が債券を発行している=国に対して、お金を払ってください、ということができる、ということです。誰でもこのように主張することができるのでしょうか。そうではありません。

国がお金を集めたいとしましょう。というより、国は色々な投資をするためにお金を必要としています。そこで、「債券を買いませんか?」と、一般の人に募集をかけるのです。これに応じる人が、国が発行している債券を買います。すると、その対価が国に支払われます。

ここで、国にはお金がうつります。それに対して、買った人は「債券」を手にすることができます。「債券」は売りに出すことができます。持っていると、利息が付きます。この二点で、債券をもっていることによって、買った人は得をすることができるのです。

<下に続く>

国内債券の種類

靴

一言に「債券」と言っても、そこにはいくつかの種類があります。発行元の種類で分類することができます。

国が発行しているものを「国債」、地方公共団体が発行するものを「地方債」と言います。この二つをあわせて「公債」と言います。ちなみに、一般企業も、債券を発行することができます。これを「社債」と言います。

イメージとしては、株式のようなものです。発行元がお金を必要とするときに、債券を発行してお金を集めるのです。
ただ、債券はあくまでも「借金」のイメージに近いです。満期が定められますし、基本的に利子も最初から決まっています。それに、債券をもっているからと言って、発行元の内部に入ることはありません。

つまり、資金を集めたいという目的は株式と同じです。しかし、原理的には大きな違いがあるのです。

国際・地方債について

一般的な傾向をご紹介すると、国内債券は非常に人気が高いです。というのも、いわば「国」が債務者ということになります。

普通の借金の場合、債務者にお金が無くなってしまうというリスクは常に存在します。債務者が破産してしまうと、最悪の場合、元金を回収することができないでしょう。しかし、国内債券だと、基本的に国が破産することはないでしょう。とすると、国内債券は「安心できるもの」という評価がされやすいです。

おそらく日本がデフォルトすることは考えられないでしょう。とすると、国内(=日本)債券は、安心して投資できる対象と考える人が多いのも納得です。

さらに、今、日本で普通に預金をしていたとしても、利子は全然つきません。低金利の時代ですので、残念ながら、銀行にお金を預けていてもほとんどトクをすることはありません。これを嫌う人は、銀行に貯金をするかわりに、国内債券を購入するのでしょう。回収できなくなるリスクは少ないですし、銀行よりかは良い利息を受け取ることができます。

地方債についても、同じメリットを挙げることができます。
この理由から、金融商品としての魅力があると考えられるのです。

社債について

国債・地方債と比べると、社債は比較的不安定な存在です。国が「倒産」するリスクと、会社が倒産するリスク、比べてみると明らかでしょう。

ただ、だからこそ、社債には色々なバリエーションがあります。企業は、多くの出資者を集めるために、社債の内容に特徴をつくっているのです。例えば、新株引受権が付けられていたり、高い利回りを期待することもできます。

<下に続く>

国内債券とは何か?国内債券の種類とメリットについて詳しく解説のまとめ

今は低金利の時代です。だからこそ、資産の運用が難しく、かつ、大切だと考えられます。もちろん、シンプルに銀行に預金することがダメなわけではありません。

ただ、時代遅れになっているのもまた事実です。銀行の窓口でも、これらの商品の説明をしてくれます。資産運用に興味がある方は、是非一度ご検討下さい。

Thumb minkane logo
written by

「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。
投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。

関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line