みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に

JCB the class(ザクラス)とは?条件や取得方法・特典・メリット

「JCB THE CLASS」は、日本のクレジット会社「JCB」が発行する最高位のカードであり、日本人ならではの多数な特典に取得が最も難しいとされています。

「JCB THE CLASS」は、幻のブラックカードとも言われており、その取得方法や条件、審査、申請方法、取得した際のメリット、注意点、使い方について解説いたします。

Large jc01

JCB the classとは?幻のブラックカード!

「JCB THE CLASS」とは、日本が世界に誇れるグローバルブランド「JCB」の頂点・最高位のカードで、プレミアムカードに相応しい高級感あるデザインや取得の難しさ、カード自体がペガサスをワンポイントに、黒とゴールドを基調にしていることから、ブラックカードと評価されています。

JCB THE CLASSはブラックカード

「JCB THE CLASS」は、カードに刻印された「JCB」のロゴが金の箔押しで、同じ「JCB」でもプラチナカード以下は銀の刻印と差別化されて、数あるブラックカードの中でも取得が極めて困難なステータス性の高いカードと言われています。

同じブラックカードである「アメリカンエキスプレスカード」の最高峰、「アメックスセンチュリオン」がありますが、大きな違いは年会費がアメックスが35万円と入会金50万円に対し、「JCB THE CLASS」は、年会費5万円(税別)のみで、同様のサービスを受けることが可能です。

<下に続く>

JCB the classの取得方法

条件や招待基準

「JCB THE CLASS」を手に入れるには、「JCB」に直接申し込んでも手に入れることはできず、原則として「JCB」から招待されることで初めて入手することができます。

そのためには、まずは「JCB」のカードを入手し、利用を重ね「JCB GOLD」や「JCB GOLD THE PUREMIUM」、「JCB PLATINA」を保有し、年間おおよそ100万円〜150万円ほどカードを利用し、数年間、返済も遅延してないことが条件となります。

ただ、「JCB」では厳格な審査基準を公表していませんので、以前は年収1,000万円以上、勤続10年以上、勤務先企業の資本金5,000万円以上と言われていたこともありますが、現在では年収300万円〜500万円のサラリーマンでも招待されることがあるのも事実です。

つまり、年収や職種、年齢よりもカードの利用実績を重視していると考えられ、「JCB」を長く利用することが重要となるようです。

審査

「JCB THE CLASS」の審査は厳しく、招待が届くまで時間や手間がかかることでも有名で、招待が届いてからも「JCB」所定の審査が始まり自宅にカードが届くまでに2〜3週間かかるのが一般的です。

「JCB THE CLASS」を入手できるかどうかはカードの利用状況が重要視されており、「JCB GOLD」などで利用を重ねることで信頼が高まり、審査においても難易度のハードルが引き下がる可能性があります。

JCB THE CLASSの審査

「JCB THE CLASS」の審査は、前述の通り年収が低い場合でも、必要最低限の審査基準が満たされれば発行されますので、長く利用を重ね、引き落とし金融機関の残高が不足にならないよう注意するべきでしょう。

どのクレジットカードにも言えますが、紹介など別とすれば、少なくとも1年間は利用しなければ「ブラックカード」の対象となりませんので、入手を早める場合には年間200〜300万円を利用し、しっかり返済できていれば、招待が早まることも現実にあります。

申請方法

「JCB THE CLASS」の招待は、入会申込書と案内パンフレットがセットで送付され、「JCB THE CLASS」のロゴマークが記載されすぐに「招待」と分かります。

申込書には、記入の際の説明文が記載されていますので、一つづつ確認しながら必要事項を記載していきます。

申込書と同封された案内パンフレットには、「規約・規定集」の他に「Introduction」の冊子が同封され、「JCB THE CLASS」ならではの利用シーンが紹介されています。

また、「JCB THE CLASS」では、家族カードがあり、家族の年会費は無料で「JCB」では、本人、その家族も大切なメンバーと考え、生計を一緒にしている配偶者や子、親など家族カードが発行できます。

この場合、配偶者の親が同居する場合、名字が異なりますので、その趣旨(義理の母親など)をメモなどで添付することで審査もスムーズに進みます。

<下に続く>

JCB the classの特典

特典①:「JCB」の底力「ザ・クラス・コンシェルジュデスク」

「JCB THE CLASS」の最大の特典は、「ザ・クラス・コンシェルジュデスク」という「もうひとりの秘書がいる」とのキャッチコピーで、旅行の相談や手配・予約、ゴルフ場の案内、その他さまざまな相談を可能な限り、専任コンシェルジュが24時間、365日対応するというものです。

「JCB THE CLASS」のコンシェルジュは、外部に委託しているものではなく、「JCB」が教育したスタッフが親切、適格にメンバーの要望を満たしてくれます。

高級ホテルやレストランの予約だけでなく、予算によってお店を紹介し、予約までしてくれ、誕生日や送別会などの場合には、花束まで手配してくれます。

JCB THE CLASSのコンシェルジュ

また、人気のあるイベントやスポーツ、コンサートや、鉄道旅行の特等展望席なども「JCB」の力を存分に発揮し、メンバーの期待に応えてくれます。

特典②:年1回のプレゼント「メンバーズセレクション」

「JCB THE CLASS」を所有することで、年1回、メンバーへのプレゼントとして、「メンバーズセレクション」というカタログが送付され、厳選された商品や旅行、テーマパークなどのレジャー、名店での飲食などカタログから選ぶことができます。

「厳選ギフトコース」では、家電やキッチン用品、バッグなどの他、「メンバーズセレクション」オリジナルのタイトリスト社製の「ザ・クラスオリジナルゴルフボール(3ダース)」などゴルファーには大人気となっています。

「テーマパーク&トラベルコース」では、JCBトラベルクーポン2万5,000円分や、東京ディズニーリゾートのギフトカード(1万円分)とアイテムプレンゼント、USJスタジオ・パスとJCBエクスプレス・パス引換券(各4枚)などが人気です。

また、「グルメ&ステイコース」は、宿泊やレストランのコース料理がプレゼントされていましたが、利用者が少数であったため平成30年現在、このコースは掲載されていません。

特典③:テーマパークではVIP待遇

「JCB THE CLASS」で東京ディズニーランドの「スター・ツアーズ」内にある「JCB」ラウンジが利用でき、ドリンクサービスもあり休憩には最適でスタッフにアトラクションを希望すると、長蛇の列に並ぶことはなくなります。

まさに、VIP待遇をであり並ぶ時間を考えれば大きな特典となっています。

また、USJのジュラシック・パークの「ザ・フライング・ダイナソー」内にある「JCB」ラウンジでも、アトラクションの優先搭乗や、ドリンクサービスなどが受けることができます。

両テーマパークとも予約が必要ですので、専任コンシェルジュへ連絡することで希望日を手配してもらえます。

特典④:空港の専用ラウンジが無料「プライオリティ・パス」

「JCB THE CLASS」は、世界130ケ国・地域の約500年で約1,000ケ所以上の空港専用ラウンジを利用できる「プライオリティ・パス」が発行され、LCC(LCC(Low Cost Carrier:格安航空会社)を含む航空会社や、搭乗クラスに関わらず専用ラウンジが利用できます。

JCB THE CLASSのプライオリティ・パス

通常では、年会費約400ドル(約4万3,000円)を支払い利用するラウンジが「JCB THE CLASS」を所有することで同伴者も1名無料となりますので、配偶者や恋人、知人との旅行や出張には自分一人だけでは入りづらいので大変便利です。

「プライオリティ・パス」は有効期間が2年間ですが、更新時には自動的に新たなパスが送付されてきます。

<下に続く>

JCB the classのメリット

メリット①:年会費が安く家族会員8名まで無料

「JCB THE CLASS」の本会員は、年会費5万円(税別)と「三井住友VISAプラチナカード」と同額ですが、家族会員はすべて無料で8名まで発行してくれるのがメリットとなります。義理の両親など名字が異なっても発行してくれます。

年会費が最も高い「アメックスセンチュリオン」は35万円、「SBIワールドカード」は15万円、ダイナースクラブ・プレミアム」は13万円と高額になっていますが、「JCB THE CLASS」が提供するサービスは他カードに比べても引けを取りません。

さらに、「ETCカード」は有料のカード会社もありますが、「JCB THE CLASS」では「ETCカード」も無料で発行してくれるのがメリットです。

メリット②:ディズニーランド非公開レストラン「クラブ33」の利用が可能

「JCB THE CLASS」のメリットとして、ディスニーランド内の一般の入場者には入れない「クラブ33」に入りことができ、ここに入るために「JCB THE CLASS」を入手する人もいるほどの人気です。

「クラブ33」は東京と米カリフォルニア州、中国・上海のディズニーランド内にある非公開の会員制レストランで、たくさんの秘密が隠されたディズニーランド内での秘密の1つでもあります。

ディズニーランドの中で唯一、アルコールが楽しめる大人のレストランであり豪華なバーカウンターもあり、フランス料理からアメリカン料理、子供のためのメニューも用意されています。

JCB THE CLASSだけのクラブ33

最大の特徴は、レストランの立地がシンデレラ城の目の前にあり、夜のパレードなどの時のみカーテンが開けられショーやパレードをゆっくり楽しむことができます。

メリット③:お得なグルメサービス

「JCB THE CLASS」の会員には、提携した高級レストランなどでコース料金が30%オフになる「ダイニング30」を用意しており、飲食店の予約時に「JCB THE CLASS」で支払うことを伝えると合計代金が30%オフとなるメリットがあります。

また、2名で利用する場合には、コース料金が1名分無料となる「グルメ・ベネフィット」サービスも用意しており、誕生日や結婚記念日などお祝い事には大変お得です。

家族、仲間同士などで4名以上で利用する場合には、「ダイニング30」の割安となり、「グルメ・ベネフィット」の場合には指定された料理コースと限定されますが、「ダイニング30」では、好みのコース料理も選ぶことができます。

メリット④:国内外の旅行傷害保険が自動的に付帯

「JCB THE CLASS」では、メンバーが国内外へ旅行や出張で出かける際に、国内外の旅行傷害保険が自動的に付帯されるのもメリットであり、旅行、出張の出発前に保険会社で契約する必要がありません。

海外では、日本の健康保険が利用できないため実費清算となるため、莫大な費用になることがあり、ジェイアイ傷害火災保険によると、ハワイでディナー中に食事を喉に詰まらせ、救急搬送され3日間入院した場合、372万円となったケースも目らしくないとのことです。

カード会社で補償最高額1億円は最高峰で、利用頻度の高い医療費の補償も最高1,000万円と充実しています。

さらに、旅行、出張の際に万が一、後遺障害や亡くなった場合には「JCB THE CLASS」で旅行代金を決済した場合には5,000万円がプラスされるなど、生命保険をも兼ねたサービスと言えます。

<下に続く>

JCB the classの便利な使い方

使い方①:旅行でも出張でも便利な「JCB Lounge京都」利用可能

「JCB THE CLASS」を所有していると、京都駅にある「JCB Lounge京都」が利用でき、同伴者1名も利用可能となっています。

ラウンジは、フリードリンクで、パソコンや、携帯電話・スマートフォンのための電源もあり、Wi-Fiサービスも利用でき、旅行ではゆっくりくつろげ、仕事で出張の際にはオフィスに近い機能を持つラウンジと言えます。

JCB THE CLASSラウンジ京都

「JCB Lounge京都」では、手荷物も預かってもらえるので、手ぶらで京都観光や仕事もでき、帰りにラウンジによって荷物を受け取り出発前までゆっくりくつろげるスペースとなっています。

使い方②:名門コースでのゴルフ、大相撲の審判員席真後ろの席での観戦も

「JCB THE CLASS」があれば、国内の一般ではラウンドできない名門ゴルフコースでプレイすることが可能で、コンシェルジェに頼むことで1組4名の予約が可能です。

平成28年4月からは、ゴルフのラウンド中に事故やリスクを補償してくれる「ゴルファー保険」が自動的に付帯され、国内外のゴルフコースで適用されています。

また、抽選での販売となりますが、一般では予約できない大相撲の「留まり席」と呼ばれる、審判員席の真後ろにある最も料金の高い席を確保することも可能です。

使い方③:著名料理人のグルメを堪能

「JCB THE CLASS」の所有者だけが参加できる「ザ・クラス名食倶楽部」があり、メンバー限定のグルメイベントであり、関東と関西で年1回、著名料理人の華麗な饗宴が楽しめ、人気があり短期間で募集が終了することもあります。

予約には、コンシェルジュを通じ参加人数などを伝えますが、参加者全員の食材アレルギーや苦手な食材なども聞かれるほどの気の使いようです。

また、「ザ・クラス名食倶楽部」は、本会員だけでなく家族会員も利用できるため、本会員がいなくても家族会員とその友人などで利用することも可能で、これまでの体験者の話では「今までにない饗宴」との声が多いといいます。

<下に続く>

JCB the classの注意点

注意点①:カードが届いたら、まずはサイン

「JCB THE CLASS」が自宅に届きましたら、まずは自分の名前が間違いがないか確認し、カード裏面にサインをするとであり、特典が多大なブラックカードだけに自分のカードと証明されるものですから、真似しやすいサインは避け、自分らしいサインを記載するべきでしょう。

JCB THE CLASSへのサイン

万が一、カードが紛失したり盗難に合い、不正に利用された場合、サインが記載されていないと補償されない場合がありますので、カード到着時には必ず名前の確認とサインを記載してください。

注意点②:カードは本人を証明するもの、貸し借りは厳禁

「JCB THE CLASS」は本人でしか使用できないカードであり、価値が非常に高いため、家族であっても貸し借りはしないようにします。カードがない家族には家族会員カードがありますので8名まで申込みが可能です。

また、カードの管理、特に暗証番号は誰にも知られないような番号を決めてください。生年月日や携帯・勤務先電話番号、単純な数字表記は避けてください。

注意点③:不正防止に手間がかかる場合も

「JCB」によると、カードの不正被害を防ぐために「JCB」では24時間年中無休で不正検知システムとスタッフが不正パターンを分析し、対応しています。

このため、カードの利用内容が不正パターンに類似した場合、本人確認のため、加盟店から「JCB」へ連絡する場合があり、いくつかの質問をされる場合もあるといいます。

これも、メンバーから被害を刺さないようにするための措置で、カード利用時には少し時間が取られる場合もあるかもしれません。

<下に続く>

JCB the classとは?特典や取得方法などのまとめ

「JCB THE CLASS」は、日本が誇るグローバルブランド「JCB」の最高位カードであり、カードデザインは黒ベースにゴールドの刻印や、取得の難しさからブラックカードと評価されています。

日本のクレジット会社ならではの「JCB THE CLASS」は、日本人に響く特典など大きな魅力となるクレジットカードと言えます。

Thumb minkane logo
written by

「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。
投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。

関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line