みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に
2017/06/06

不動産投資ローン金利比較!各社の特徴を簡単に比較しました!

Large img 0286

不動産投資ローンとは??

ネクタイ

不動産投資ローンとは、投資用マンション、一棟アパートなどを投資を目的とする不動産を担保にして融資を受けるローンのことをいいます。マイホームなど居住用の住宅を建てたりするため住宅ローンとは異なります。

不動産投資ローンは住宅ローンとどう変わるの?

不動産投資ローンと住宅ローンの違いは大きく分けて3つあります。

①審査基準

それぞれ貸付の目的が異なるため、審査基準が変わってきます。住宅ローンは本人の年収など返済能力が重視されますが、不動産投資ローンは事業の採算性や可能性などが重視されます。

②比較的不動産投資ローンの審査が厳しい

不動産投資は市況に左右されるため、継続的な返済に辺り、不安要素が多いと判断されるため審査基準が厳しくなっています。

金利設定

不動産投資ローンと住宅ローンでは、金利の設定も異なってきます。住宅ローンの金利0.4%〜3%に対し、不動産投資ローンは2〜5%と高くなっています。

null

<下に続く>

不動産投資ローンの魅力とは??

金融機関から融資を受けることは「借金」をするという点で悪いイメージがありますが、融資を利用する際2つのメリットがあります。

1)レバレッジ効果(少ない資金で高額の不動産を購入できる)

レバレッジつまり、てこの原理で少ない手元資金でも高額の不動産購入ができるため、投資効果を大きくすることができます。

2)即時性(いつでも不動産投資を始められる)

購入資金が貯まるのを待つことなく、いい物件があれば、不動産投資を始めることができます。

<下に続く>

各銀行の不動産投資ローンの審査基準を比較

各銀行によって審査の基準や特徴が変わってきますので、主な5行についてそれらをまとめましたので参考にしてください。

日本政策金融公庫のアパートローン投資

・日本政策金融公庫は政府系金融機関であり、利益優先の考えではないので、若者、高齢者、女性といった社会的弱者が優遇されるという特徴があります。

また、1%後半〜と低金利であり、なおかつ固定金利で融資を受けることができ、保証人も必要ありません。

家賃収入を得るための「不動産賃貸事業」であることが融資の条件となります。なので、売却益を狙った投資目的では融資を受けることができません。

そのほかには担保物件があることや公共料金、税金に未払いがないことが条件となります。

りそな銀行のアパートローン投資

りそな銀行は都銀の中で最もアパートローン投資に積極的であり、同行から借り入れを行なっている投資家は多くいます。

りそな銀行の最大の特徴は、物件の評価方法が収益還元法のみだということです。他の都銀は、積算評価と収益還元法の2つを組み合わせます。

満室を想定した賃料ではなく、現在の入居者から得ている賃料収入を計算するので、満室に近い物件を選んで融資依頼することが重要です。

みずほ銀行のアパートローン投資

みずほ銀行は3大メガバンクの一つとして知られています。

そんなみずほ銀行の最大の特徴は、融資エリアが広いということで、民間で全国展開をしている唯一の銀行です。

担保物件の収益性や耐用年数の基準が厳しいので、みずほ銀行の基準にあう物件は必然的に高利回り物件になります。

三井住友銀行のアパートローン投資

三井住友銀行もみずほ銀行と同様、3大メガバンクの一つとして知られています。

三井住友銀行の特徴は、メガバンクということもあり、融資エリアが広いことと比較的積極的な融資姿勢をとっているということです。融資割合は9割からフルローン出ることも珍しくありません。

資産負債比率の基準が厳しいので、金融資産を多く持つ富裕層向けとなっています。

スルガ銀行のアパートローン投資

スルガ銀行は静岡県に本拠地を構える地銀です。しかし、全国に支店を持ち、個人向けのアパートローンに強い銀行です。

スルガ銀行の特徴の一つが、他の銀行が融資を行えないような物件にも積極的に融資を行なっていることです。これは耐用年数を超えて融資を組むことができるからです。

2つめの特徴が審査の早さです。ほかの銀行が1ヶ月以上かけて仮審査を通すところ、スルガ銀行はわずか数日で評価出しまで終えることもあります。

ただし、金利が原則4.5%の変動金利スタートとなっていますので、スピードを重視したい方向けとなっております。

<下に続く>

区分マンション投資への各行の融資姿勢とは

基本的に各行とも一棟アパートに比べ、消極的で、以下の2点が懸念されます。

①空室リスクが大きい

区分マンションの場合、1室のみであることから、空室率はゼロか100かになり、借主が抜けると賃料収入がなくなるためリスクが高くなります。

②土地評価では見られない

各室への土地の権利は非常に小さく、土地のみを売却することも困難なので土地評価はゼロになることがほとんどです。

null

<下に続く>

不動産投資ローン金利比較!各社の特徴を簡単に比較のまとめ

この記事を読んで不動産投資ローンについて知識を深めることができたでしょうか?

自身にあった不動産投資ローンを見つけ、みなさまのより良い資産形成の第一歩をお手伝いできたのなら幸いです。
ありがとうございました。

Thumb minkane logo
written by

「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。
投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。

関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line