みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に
2018/05/27

ビールの種類と分類一覧!日本&海外おすすめのビールも紹介!

「若者のビール離れ」という言葉がささやかれています。
一方、これまでビールをたしなんでいた方でも、発泡酒や第3のビールと言った安価なお酒を買うようになったという方は多いのではないでしょうか。

国税庁の調査によると、ビールの消費量は1994年の705万キロリットルをピークに、最も消費が落ち込んだ2014年には259万キロリットルとおよそ64%も減少してしまったことがわかります。

日本人があまり飲まなくなってしまったビールですが、世界には沢山の種類のビールがあり、国内でもクラフトビールと言うジャンルでとても人気を集めている商品があります。
今回は身近なお酒ビールについて、醸造方法や国内ブランドの種類、海外にはどのようなビールがあるのかなど、詳しくお伝えしていきます。

Large beer

ビールの種類【酵母による分類】

ビールの種類には、大きくわけると以下の3つがあります。

  1. エール
  2. ラガー
  3. 自然発酵

それぞれ詳しくみていきましょう。

エール

ビールは醸造方法と酵母の種類によって分類することが出来ます。
中でも「上面発酵」により製造されるビールのことを「エール」と呼びます。

上面発酵とは

  • 「出芽酵母」という酵母を使い
  • 常温で
  • 短い時間で

発酵を行うものです。

炭酸ガスが多く発生するので酵母が浮かび上がり、原料の上面に層が出来るため上面発酵と呼ばれます。

フルーティーで豊かな香りと深い味わいが特徴です。19世紀以降にラガーが普及するまでは、ビールと言えばエールが一般的でした。

現在、アメリカのクラフトビール醸造所ではIPA(インディア・ペールエール)と呼ばれるものが最も多く製造されています。

インドの青鬼 350ml×24本
5800円
最近人気急上昇中のジャンルです。

ラガー

エールが上面発酵であったのに対し、下面発酵で製造されるのがラガーです。
上面発酵とは使われる酵母が違うことに加え

  • 低温で(10℃以下)
  • 長い時間

発酵を行います。

これにより役目を終えた酵母は原料の底に沈殿します。
それが「下面発酵」と呼ばれるゆえんです。

黄金色の外見に爽快なのど越しや心地よい苦みが特徴で、一般的に皆さんがイメージされるビールと言えばこちらではないでしょうか。

ちなみに「ラガー」とは「貯蔵する」と言う意味で、かつて氷を入れて冷やした洞窟の中でゆっくり醸したことに由来します。
19世紀以降に冷蔵庫が発明されたことで大量生産が可能になり、爆発的に普及しました。

日本で飲まれるラガービールはほぼ全て「ピルスナー」という種類のものです。
のちほど解説しますが、このピルスナーというビールはチェコが発祥で、現在も元祖と言われる商品が製造されています。

キリン ラガービール 350ml×24本
4640円
言わずと知れたこのパッケージ。

自然発酵

エールもラガーも酵母を使って製造されるものですが、そもそも酵母が発見される以前、ビールを造るためには自然発酵に頼るしかありませんでした。

自然界に存在する天然の酵母を使って製造されるビールには、独特の香りや酸味がもたらされます。
現在ではほとんどありませんが、アフリカベルギーでは伝統的な製法として自然発酵により製造されるビールが存在します。

中でも有名なのがベルギーの「ランビック」と呼ばれるもので、パヨッテンラントという地域だけで製造されています。

ティママン ブランシェ(瓶) 375ml×12本
8582円
滅多に飲む機会のない、自然発酵のビールです。

<下に続く>

ビールの種類【国内ブランド】

ビールのホップ

様々なメーカーから様々なブランドでビールが製造されています。
ビールの国内ブランドの代表的なものには、以下の5つがあります。

  1. キリンビール
  2. アサヒビール
  3. サントリー
  4. サッポロビール
  5. オリオンビール

では、国内ブランドを、それぞれ詳しくみていきましょう。

キリンビール

麒麟麦酒株式会社により製造されるブランドです。
明治時代からの老舗ブランドで、日本のビールシェアトップ争いをアサヒビールと競い合っています。

「麒麟」と言うのは動物園にいるあのキリンではなく、古代中国の空想の聖獣です。
当時海外ではビールに動物の名前が用いられることが多く、縁起の良い存在であった麒麟が選ばれたとされています。

  • 「ラガービール」
  • 「クラシックラガー」
  • 「一番搾り」

などが有名です。

キリン 一番搾り 350ml×24本
4698円
キリンラガーと並んで有名なパッケージですね。

アサヒビール

アサヒビール株式会社により製造されるブランドです。
創業者の出身地である大阪府堺市の「旭館」または「旭橋」を由来として「旭麦酒」と言う名で創業しました。

最も有名なのは何と言っても

  • 「アサヒスーパードライ」

で、1987年に日本初の辛口ビールとして登場して以降、爆発的に普及しました。
現在でもアサヒビールはスーパードライのブランドにこだわり、違うブランドのビールはあまり製造していません。

この点において、一番搾りで新しいブランドを作り上げたキリンビールとは違いが見られます。

アサヒ スーパードライ 350ml缶×24本
4380円
こちらも大変有名ですね。

サントリー

サントリー酒類株式会社により製造されるブランドです。
社名の由来は創業者 鳥井信治郎の名前をもじったという説がありますが、定かではありません。

華やかなホップの香りをウリにした

  • 「ザ・プレミアム・モルツ」

をはじめとした「モルツ」ブランドを展開しています。

ザ・プレミアム・モルツ 350ml×24本
4998円
ここ数年で一気に有名になりました。

サッポロビール

サッポロビール株式会社により製造されるブランドです。
その名の通り北海道札幌市で創業され、現在でも北海道ではとても人気です。

苦みとコクが特徴的な

  • 「サッポロ黒ラベル」

の他

  • 「ヱビスビール」

もサッポロビール傘下のブランドです。

サッポロ 黒ラベル 350ml×24本
4699円
星のマークが目印!

オリオンビール

オリオンビール株式会社により製造されるブランドです。
大手5社の一角とされますが、そのシェアは0.9%程度で全国的にはほとんど飲まれていません。

ですが創業の地であり本社のある沖縄県では圧倒的な人気を誇り、「県民ビール」として親しまれています。爽やかな飲み心地の

  • 「オリオンドラフトビール」

が有名です。

アサヒ オリオンドラフト 350ml缶×24本
4752円
沖縄に行った際には是非飲みたい!

ビールで乾杯

<下に続く>

ビールの種類【国別】

海外の様々な国でビールが製造されています。
そのうち、有名な国を9つ紹介します。

  1. ドイツ
  2. ベルギー
  3. イギリス
  4. チェコ
  5. アメリカ
  6. メキシコ
  7. ニュージーランド
  8. タイ
  9. 中国

では、国別ビールの種類を、それぞれ詳しくみていきましょう。

ドイツのビール

言わずと知れたビール大国。
毎年10月に開催されるオクトーバーフェストでは、約600万人もの人が会場を訪れ、約600万リットルものビールが飲まれます。

  1. 国王も愛した高級ビール「ピルスナー」
  2. 果実の爽やかな風味が特徴の「ヴァイツェン」
  3. 現存する最古の修道院醸造所が製造する「ヴァイスビア ドゥンケル」
  4. ドイツで最も売れている小麦ビール「ヴァイスビア チャンプ」

など、数を挙げればキリがありません。

ドイツ国民が選んだビール顧客満足度No.1ビール ラーデベルガー ピルスナー 330ml缶×24本
4980円
ドイツ人から一目置かれる高級ビール

ベルギーのビール

ヨーロッパの中でドイツと並ぶビール大国です。
生産量ではドイツに劣りますが、輸出量に関してはドイツを上回っています。

  1. 世界一魔性を秘めたビールと言われる「デュベル」
  2. ホワイトビールの「ヒューガルデン ホワイト」

などが有名です。

[ベルギービール] ヒューガルデン ホワイト 330ml瓶×24本
7764円
ホワイトビールと言えば!

イギリスのビール

イギリスでは社交場としてのパブが沢山あり、そこでよくビールが飲まれます。

  1. イギリスで最も人気のあるプレミアムエールの1つ「フラーズ ロンドン プライド」
  2. ワールド・ビア・アワードでベスト・ピルスナーを受賞した「ハービストン シェハリオン」

などがあります。

フラーズ ロンドン プライド(瓶) 330ml 24本入 1ケース
9020円
イギリスのビールはラガーよりエールが一般的です。

チェコのビール

チェコも忘れてはなりません。
日本のラガービールは「ピルスナー」と呼ばれるものが多いのですが、その起源はこの国です。

「ピルスナーウルケル」は日本のビールに慣れ親しんだ方ならとても美味しく飲めることでしょう。

ピルスナーウルケル330ml/24n Czech beer チェコ ビール ケース重量:約13.6kg
6870円
日本のビールの元祖

アメリカのビール

ビールについてあまり語られることはありませんが、有名な「バドワイザー」「クアーズ」の他、多くのビールが製造されています。

キリン バドワイザー 350ml×24本
4580円
さっぱりとした飲み心地

メキシコのビール

こちらもあまりビールのイメージはないかも知れませんが、「コロナビール」は他でもないメキシコで製造されるビールです。
コンビニなどで見かけることもありますね。

ビール コロナ・エキストラ ボトル 355ml×24本
5472円
ラッパ飲みでグイっといきたいですね

ニュージーランドのビール

ラグビーやクリケットの試合を観ながらビールを飲むことが多いニュージーランド。

  1. ニュージーランドの地ビールメーカーのパイオニアとして名高いマカシンズ・ブルワリー。 そこの代表作として有名な「ストーク ゴールド」
  2. 変わった名前で世界中のビアマニアから支持される「デジタルIPA」

などが有名です。

ストーク ゴールド 330ml 6本 Stoke Gold 330ml x 6 Bottles  NZビール ニュージーランドワイン、Organic beer、 オーガニックビール、ゴールデン・エール
2500円
日本ではあまり見かけません。

タイのビール

暑い国タイでは薄味でゴクゴク飲めるビールが人気です。「シンハービール」はご存じではないでしょうか。

シンハービール 330mlx24缶
6080円
タイのビールと言えばこれですね!

中国

中国のお酒と言えば紹興酒が有名ですが、ビールだって造っています。「青島ビール」は日本でもよく飲まれています。

青島ビール 瓶  330ML × 24本
5604円
中華料理屋などで飲めることが多いですね。

<下に続く>

ビールの種類【ノンアルコールビール】

飲酒運転が厳罰化されて以降、沢山のノンアルコールビール(ビールテイスト飲料)が開発・製造されています。
製造法は5つあります。

  1. 一度製造したビールからアルコール分を除去する方法
  2. ビールと同じ製法で、酵母菌を入れるのではなく炭酸などを入れる方法 「キリンフリー」など
  3. 麦汁を使わず、麦芽エキスに様々な成分を加える方法 「アサヒドライゼロ」など
  4. ビールと同じ製法で、発酵時にアルコール濃度が1%未満になるよう調整する方法
  5. 清涼飲料水にビール風の味付けをしたもの

ものによっては微量とは言えアルコールが含まれているので、自動車を運転する際はくれぐれもご注意ください

アサヒ ドライゼロ ノンアルコール 350ml×24本
2693円
銀色の缶はお馴染みです。

<下に続く>

ビールの種類【ハイアルコールビール】

ノンアルコールビールとは反対に、アルコール度数の高いビールもあります。
ビールを凍結させ、凝固点の違いから凍結していないアルコールを抽出し、それを繰り返すことでアルコール度数を高める「アイスボック製法」などで製造されます。

中にはアルコール度数が60%近い、それはもはやビールなのかというお酒が存在します。

ハイアルコールビア 6本飲み比べ セット
4480円
日本でも様々な銘柄が楽しめます。

<下に続く>

ビールの種類【フルーツビール】

従来のビールのような苦みではなく、フルーツの香りを楽しめるのがフルーツビールです。
天然果汁もしくはフルーツ香料を加えて造られ、フルーツの種類は様々です。

ベルギーで製造されるものが有名ですが、国内でも沢山製造されています。
国内ではみかん、マスカット、桃、ブルーベリー、苺などからできたビールが人気です。

北海道フルーツビール 6本セット
4380円
こちらは北海道産

<下に続く>

国内&海外のビールの種類や分類一覧!おすすめのビールも紹介!のまとめ

棚に並ぶたくさんの種類のビール

いかがでしたでしょうか。
今回ご紹介したビールは世界中に存在するもののほんの一部に過ぎません。

「ピルスナー」や「IPA」などと言ったものはビールの「スタイル」と呼ばれ、これに基づく分類だけでも100種類以上のビールがあるとされます。
ちなみに、分類法を整理するなど、ビールの世界に大きな貢献をしたとして有名なのがマイケル・ジャクソンです。

かの有名なキングオブポップとは同姓同名の別人なのですが、こちらは麦芽とホップに人生を捧げた人と言うことでキングオブ「ホップ」と呼ばれています。
今夜はビールのなみなみ注がれたグラスを片手に、そんなよもやま話に花を咲かせてみてはいかがでしょうか。

Thumb minkane logo
written by

「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。
投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。

関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line