みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に
2018/06/04

【100均】ダイソーのフェルトの種類と上手に作るコツ・作品例!

100均でおなじみのダイソーで売られているフェルトには、普通のフェルトからシールタイプや洗えるタイプ、アイロンでくっつくタイプ、キットまで、種類が豊富です。色も赤、青、黄色、紫、肌色、茶色など、様々な色が探せます。また、同系色が5枚入りで入っているものもあり、お得感があります。ダイソー以外のセリアやキャンドゥなどの100均でも探せるので、クラフトに興味がある方は、まずはフェルトで挑戦してみませんか?

Large sowa 1136044 1920  1

ダイソーのフェルトで手作りを楽しもう!

ダイソーのフェルトは、種類が豊富で色や柄も多く、質やコスパもなかなか良いとされています。
また、フェルトは切りっぱなしでも処理がいらない便利な素材なので、クラフト初心者やお子様にはもってこいです。

キットも売られており、キッズ向けのものや、大人かわいいフェルトスイーツが作られたりします。
ちょっとハンドメイドをしてみたいといった時には、気軽にフェルトクラフトが体験できます。

色の組み合わせ方やモチーフで、キッズ向けになったり大人かわいくできたり、幅広い年代の方が扱いやすいフェルト。
あなたもぜひ、ダイソーのフェルトで手作りを楽しんでみてはいかがでしょうか。

<下に続く>

ダイソーのフェルトの種類

ダイソーのフェルトの種類には、以下の6つがあります。

  1. アソートタイプ
  2. 大判フェルト
  3. プリントフェルト
  4. 和柄フェルト
  5. シールフェルト
  6. 羊毛フェルト 

では、ダイソーのフェルトの種類を、それぞれ詳しくみていきましょう。

ダイソーのフェルトの種類①:アソートタイプ

アソートタイプは、5枚入りと10枚入りがあり、5枚入りアソートは、丸めて入っているタイプが6種類、平入りされているタイプが5種類あります。
どちらも18cm×18cmの大きさです。

丸めたタイプのカラーは、レッド系、ブルー系、ブラウン系、イエロー系、グリーン系、モノトーン系があります。
どれもグラデーション風になっており、同系色を揃えたい時はとても便利です。

平入りタイプも18cm×18cmの大きさです。
平入りタイプのカラーは、ビビッドAタイプ、ビビッドBタイプ、ライト系(ペール系)、ブライト系、グラデーション系があります。

色の組み合わせは同系色というわけではないので、色んな色を揃えたい時はこちらを選ぶと良いでしょう。

また、10枚入りアソートは2種類のカラーバリエーションがあり、サイズは18cm×9cmが2枚、9cm×9cmが8枚入っています。
小さめのサイズで色んな色を沢山使いたい時に便利です。

ダイソーのフェルトの種類②:大判フェルト

大判フェルトは70cm×60cmあり、フェルトにしてはかなり大きいサイズです。
大きい作品を作る時や、同じ色を沢山使う時には大判フェルトを選ぶと良いでしょう。

カラーバリエーションも豊富で、赤、ピンク、うすいピンク、オレンジ、ペールオレンジ、黄色、レモン(うすい黄色)、黄緑、緑、青、グレー、黒、白、こげ茶色の14種類があるようです。

また、色によってはフェルトの厚みが薄く感じたり、透けを感じることもあるそうです。
薄さが気になる場合や本格的な作品を作りたい時は、2枚重ねたり、裏地を付けるなどの工夫がいるかもしれません。

ダイソーのフェルトの種類③:プリントフェルト

プリントフェルトのサイズは45cm×45cm。
ドット柄は5種類で、ツートーンドットにはラベンダー×マゼンタ、ピンク×ラベンダー、ターコイズ×イエローがあり、マルチカラードットにはアイボリー×カラフル、ブルー×カラフルがあります。

また、アニマル柄(ぞう)は3種類あり、ベースの色は白、赤、黄色です。
アニマル柄はキッズ用の持ち物に使えますし、ドット柄、特にツートンカラーのものは、もっと年上の若い世代にも使えそうな色合いです。

かわいいデザインですが、プリントなので、乱暴に扱うと色が擦れたりするので要注意です。

ダイソーのフェルトの種類④:和柄フェルト

和柄がプリントされた、とってもかわいい和柄フェルト。
サイズは30cm×40cmです。

柄は4種類で、麻の葉柄、小梅柄、花柄、亀甲柄があります。
表面にプリントが施されているため手触りは固めですが、毛羽立ちはしづらそう。

フェルト特有の厚みがなく薄めなので、手縫いやミシンもかけやすいでしょう。
手洗いがOKなところも、この商品の扱いやすさの一つです。

使い道も様々です。
柄がかわいく上品なので、そのまま広げてランチョンマットにしたり(下に無地のフェルトを合わせるのがおすすめ)、ご祝儀袋にしたり、和風のアクセサリー作りに使うなど、色んな使い方ができます。

ダイソーのフェルトの種類⑤:シールフェルト

シールフェルトは、シールのように方眼入りの紙をはがして使うタイプです。
布に貼る場合は、アイロンで接着するとさらに強力に接着できます。

縫わずに作業ができるので、クラフト初心者の人でも簡単にワッペンなどが作られます。
種類は、10枚入りタイプ(9cm×9cm)にはビビッドタイプが1種類、ライトタイプ(ペールタイプ)が1種類あります。

3枚入りタイプ(18cm×18cm)にはビビッドタイプが5種類、グラデーションタイプが10種類(赤系、緑系、茶系、など)あるようです。

ダイソーのフェルトの種類⑥:羊毛フェルト

羊毛フェルトとは、フワフワの羊毛をニードルという針のようなもので何度も突くことで固めていき、好きな形にしていく手芸方法です。
立体的なもの以外にも、布やフェルトに刺すことで、絵や文字を刺繍していく羊毛刺繍という手芸方法もあります。

ダイソーの羊毛フェルトは、同系色の3〜4色をセットにしたアソートパックが販売されています。
キットも充実していて、動物ものが多いです。ハロウィンやクリスマスの時期には、それにちなんだマスコットを作成できるキットが売られます。

<下に続く>

ダイソーのフェルトと専門店の違いは?

null

専門店と比べると、ダイソーのフェルトは縫うとすぐ毛羽が立ち、ハサミでカットする時も毛羽がついてきます。
ただ、初心者が針や糸の練習用に使うにはおすすめできます。

サイズは、100均のフェルトは規格外のサイズで少し小さめになっています。
また100均は3~5色程度のフェルトがセットで1袋100円+税ですが、専門店ではセット販売はあまり見られません。

100均のフェルトセットは色は選べられませんが、一袋買うことで色んな色を揃えられるので、かなりお得感があります。
ただ100均のフェルトは、専門店にあるような、微妙な色の違いが豊富に選べるようなカラーバリエーションはありません。

色にこだわりたい場合や、少ない色を必要な分だけ欲しい場合、また質を重要視する人は専門店を利用すると良いでしょう。

<下に続く>

ダイソーのフェルトで作ったフェルト作品

ダイソーのフェルトで作ったフェルト作品①:頭に付ける被り物

お子様の誕生日に、フェルトで作った王冠を被せてみてはいかがでしょうか。

大判のフェルトを使えば、子供用なので一枚で済みます。
ビジューやシールなどで格好良く飾りましょう。

かわいいもの好きのお子様なら、ティアラにしても。

誕生日以外の日でも、ハロウィンの時期だと頭にフェルトで作ったカボチャやオバケのモチーフを付けたり、クリスマスだとお星様を付けたり、イースターだと卵モチーフやウサギの耳など、色々活用できます。

また、幼稚園や小学校低学年の子が発表会で行う演劇などの際にも、固めのフェルトを選べば、紙で作るよりも丈夫な被りものができ、フェルトが大いに活躍するでしょう。

ダイソーのフェルトで作ったフェルト作品②:子供用の衣装

大判のフェルトなら、小さい子用の衣装が作られます。
好きなキャラクターのエプロンドレスにしてみたり、ハロウィンのコスチュームにしてみたりできます。

頑張って大判のフェルトを何枚も使えば、大人用のコスプレ衣装もできないことはないでしょうが、やはり安っぽく見えてしまうので、子供用が良いでしょう。
また、好きなスポーツ団体のユニフォームでキッズサイズがない時に、大判フェルトでキッズサイズを作ってしまうのもありです。

しかし子供用だからといって手抜きをするのはNG。
後から服がほつれてきたり、子供にとって着心地が悪いこともあるので、子供が気持ちよく楽しめられる衣装を大人がきちんと作成し、良い思い出を一緒に作ってあげることが大切です。

ダイソーのフェルトで作ったフェルト作品③:ぬいぐるみやマスコット

ぬいぐるみマスコットを作るには、フェルトがとても良く合います。
お子様用の遊び相手に作ると喜ばれますし、好きなキャラクターを大人が本気を出してフェルトで再現するのも楽しいでしょう。

また、「宇山あゆみ」という人形・マスコット作家さんが作るフェルトマスコットは、昔懐かしい思い出が蘇るようなレトロかわいい作風です。
作り方の本も売られており、参考にしてはいかがでしょうか。

同じような作風で、「タバサナオミ」という作家さんもおり、こちらもレトロかわいいフェルトのマスコットやぬいぐるみが作られる本を数冊出しています。
子供にぬいぐるみを作ってあげたいけど、自分ではアイデアが浮かばない人や、レトロかわいいものが好きな人など、ぜひ参考にしてみては。

ダイソーのフェルトで作ったフェルト作品④:ぬいぐるみの服

ぬいぐるみ用にを作ってあげる時も、フェルトが役に立ちます。
端を処理しなくても良いので簡単にできますし、フェルト以外の素材を組み合わせれば、結構本格的に服や小物を再現できます。

着せ替え用の服を何枚か作るのも面白いです。
自分や子供がお気に入りのぬいぐるみやフィギュア、人形に合った色んな服を作ってあげて、着せ替えて楽しむのも面白いです。

型紙はネットでダウンロードしたり、また最近では人形用の服作りの本が多数販売されているので、そのようなものから取り寄せた型紙をフェルト用に応用すると良いでしょう。

ダイソーのフェルトで作ったフェルト作品⑤:和柄小物

ダイソーの和柄フェルトは、柄がかわいいうえに生地も厚いため、ハンドメイドにはもってこいのフェルトです。

この画像のようにがま口が裏地無しでできてしまったり、フェルト全体を使ってハイカラなベレー帽にし、仕上げにちりめん紐で縛ることで、とてもオシャレなファッショッン小物が作られたりします。

リボンの形にしてヘアゴムやクリップにしてもかわいいですし、ダイソーでも売られている和風のパーツを合わせて、1ランク上のアクセサリーや小物を作るのも楽しいでしょう。

くるみボタンにしても良さそうですが、和柄フェルトは生地が硬いため、くるみボタンにするには不向きなようです。

<下に続く>

ダイソーのフェルトで上手に作品をつくるコツは?

null

コツは、丁寧に作業をすること。
ハサミでフェルトを切り出す時は、ガタガタにならないよう下書きにそって綺麗に切ります。

接着剤で貼る時は、接着剤がはみ出ないようにしたり、糸で縫う時は、細かく綺麗に縫うことを心がけましょう。
このように、ゆっくりで良いので、作品の質を高めることが大切です。

また、羊毛フェルトにもコツが要ります。
刺すときは、最初は中心に向かって深くゆっくり刺して内側を固め、徐々に浅く刺して表面を固めていきましょう。

羊毛の量を少しずつ調整しながら作るのがコツです。
また、針は必ず垂直に刺して、抜くようにしましょう。

いずれにしても、早く作ろうと焦らずに、丁寧に作業することがポイントです。
特に羊毛フェルトの場合初心者は失敗しやすいので、基本を押さえながらコツコツやっていきましょう。

<下に続く>

ダイソーの羊毛フェルトキットもおすすめ!

null

ダイソーのフェルトの種類の項で少し紹介しましたが、羊毛フェルトもダイソーでは充実しています。
特にキットがおすすめで、主に動物もののストラップが作られます。

ハロウィンやクリスマスには、それにちなんだキットも販売され、人気ですぐに売り切れてしまうこともあるので、気になっていて見かけられたら即買いするのをおすすめします。

説明書も写真付きでかなり丁寧に紹介されており、英文も同時に付いているので、英語圏の人にプレゼントもできます。
羊毛フェルト専用の針(ニードル)やストラップの金具など、必要な材料はほぼ全て揃っているので、すぐに始められます。

見本に近いものが作られたら達成感がありますが、その通りに作られなくても味になります。
ネットでは、失敗作をあえて投稿すことで話題になることもあるので、自分の感性を信じて楽しみながら作りましょう。

<下に続く>

【100均】ダイソーのフェルトの種類と上手に作るコツ・作品例!のまとめ

フェルトの良いところは、安く手に入れられて端の処理が要らず、誰でも気軽にクラフトができるところです。
そして100均ダイソーには色んな大きさのフェルトやシール状のフェルト、洗えるフェルトなど色んな種類があったりします。

自分で作る物が思いつかない場合は、キットも豊富なので、手芸初心者にもおすすめできます。
ぜひ、100均のフェルトでものづくりの楽しさを実感してみて下さい。

その面白さがわかったら、もっと沢山もっとクオリティの高いものを作りたくなるはずです。

Thumb minkane logo
written by

「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。
投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。

関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line