みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に
2018/05/31

韓国語の文法で押さえておくべきルールと初心者むけ勉強法と本

どの語学を勉強するときにでも、必ず「ルール」が存在します。もちろん、日本語にもあれば韓国語にもルールがあります。語学を習得するスピードを左右するものといっても過言ではないでしょう。覚えておくだけで一気に習得までの道のりが近くなるのです。そこで今回は、韓国語の押さえておくべきルールや初心者向けの勉強法・おすすめの本などをご紹介していきます。

Large 004

韓国語初心者が押さえておくべき文法のルール

韓国語の文法で抑えるルール

韓国語初心者が押さえておくべきルールには、以下の7つがあります。

  1. 書き方
  2. 子音と母音
  3. パッチム
  4. 対の関係
  5. 人称の違い
  6. ため口と敬語
  7. 変化の仕方

では、それぞれの「文法のルール」について詳しくみていきましょう。

押さえておくべき文法のルール①:書き方

ハングルの書き方にも決まりがあり、例えば文章を締めくくりたいときには「.(ピリオド)」を打ちます。

また、一つひとつの単語動詞は話して書き、文末に来る動詞と「~です」のような言葉は繋げて表記したり繋がったりします。

文章の順番については日本語とほとんど同じであるため、文章を作るときは日本語の分を韓国語へと変換していく自然とできあがります。

押さえておくべき文法のルール②:子音と母音

韓国語には英語と同じように、子音・母音が存在します。
基本的にはこの二つが組み合わさってハングル文字が作られています。

K/Gの発音にあたる母音の「ㄱ」と、Aの発音にあたる子音の「ㅏ」が組み合わさりKA(カ)=「가」となります。
文字を作る基本となるため、しっかり頭に入れておきましょう。

押さえておくべき文法のルール③:パッチム

子音と母音について理解したあとは、「パッチム」について理解する必要があります。

子音+母音の下に、さらに子音が付く形です。「는(ヌン)」はパッチムがある形となります。

日本人には発音が難しく、前にどんな単語が来るかによっても発音・形が変化するため、しっかり活用できるようになっておきましょう。

押さえておくべき文法のルール④:対の関係

日本語と韓国語は、文字の順番がほとんど同じです。「私は行きます」は「저는 갑니다」となります。

「저=私・는=~は・갑니다=行きます」となり順番が同じだと分かります。
なにか伝えたい言葉があるときは、韓国語に慣れるまで日本語から置き換えながら文章を作ってみるといいでしょう。

押さえておくべき文法のルール⑤:人称の違い

韓国では話す相手によって、一人称などが変わります。
自分を指す「私」であれば、目上の人や初めて会う人には「저」となります。

一方、仲のいい友達の前や親しい間柄であれば「나」となります。使い間違えないように注意が必要です。

押さえておくべき文法のルール⑥:ため口と敬語

韓国では上下関係がとても厳しく、年上の人からの許可がなければ基本的には敬語を用いります。

反対に年下や同学年に対してはため口を使います。
「입니다」が丁寧な言い方にあたりますが、敬語の中でも少し崩して「요」を付けるという場合もあります。

押さえておくべき文法のルール⑦:変化の仕方

日本語同様、韓国語は状況合わせて変化していきます。
「する=하다」は、「해요=します・해주세요=してください・해서=~して」と変化します。
変化の仕方さえ覚えておけば、状況にあった文章を作れるようになるでしょう。

<下に続く>

韓国語の文法の勉強法

勉強法

韓国語の文法には、以下の4つの勉強法があります。

  1. フレーズを覚える
  2. 変化の規則を掴む
  3. 趣味を通じて勉強する
  4. 問題集をやり込む

では、それぞれの「勉強法」について詳しくみていきましょう。

韓国語の文法の勉強法①:フレーズを覚える

文法を一から覚えようとしても量の多さにモチベーションが下がってしまっては元も子もありません。

とにかく「はじめまして」や「よろしくお願いします」など、初歩的な挨拶からフレーズごと覚えてみましょう。

最初のうちは文章の構成については触れず、「私は○○(名前)です」などのフレーズを頭に叩き込みます。

頭にインプットされたフレーズが多くなっていくにつれ、なんとなく使い方や言い回しの文法が分かってきます。

無理にきれいにノートにまとめて一から文法と向き合うくらいなら、文章としてたくさんのフレーズを覚えていきましょう。

韓国語の文法の勉強法②:変化の規則を掴む

韓国語も日本語と同じで、単語が変化していきます。
例えば、韓国で「行く」という動詞の原形は「가다」です。

行く・行きました・行きます・行きたいなどのように、「가다」も갔어요・갑니다・가고 싶어요と変化していきます。

どう活用されるかを覚えておくだけでも、伝えたい文章を作るための第一歩を踏み出せるでしょう。

韓国語の文法の勉強法③:趣味を通じて勉強する

韓国ドラマが好きな人やK-popにはまっている人は、それらを通じて文法を身に付ける方法が適しているでしょう。

テキストを用いて勉強するよりも、若者の言葉や本当に使われている言葉に触れられるという利点もあります。

なにより、好きなものから語学が習得できるというところが一番いいポイントともいえるでしょう。

発音を真似するところからでも、発言について意味を調べるところからでも、適していると思う自分なりのやり方で勉強を始めてみましょう。

韓国語の文法の勉強法④:問題集をやり込む

「これ」という一冊を決めて、その問題集を何度も勉強するという方法です。

一つの問題集を一周して終わりではなく、二周も三周も問題を覚えてしまうくらいにやり込みます。

同じところを何度も通ることで文章力が身につき、いつしか見なくても意味や韓国語が書けるようになります。

ただし、どの参考書を選ぶかによって身につく力が違ってくるため、参考書として選ぶときは十分に検討して選りすぐりのものを選ぶようにしましょう。

<下に続く>

韓国語の文法の学習におすすめの本

おすすめの本①:1時間でハングルが書けるようになる本

1日でハングルが書けるようになる本 (ヒチョル式)
1080円

韓国語の文法をマスターしたければ、まず初歩的な段階として書けるようにならなければ始まりません。

文字や単語が書けてはじめて、文法の練習へと入っていけるのです。
一時間で出来るシリーズの参考書となっているため、比較的はやく覚えたいという人に向いています。

とにかく次のステップへと早く上がりたい・毎日あまり勉強する時間が確保できないなど、急ぐ理由はさまざまなものがあるでしょう。
スピード性を重視して選ぶのであれば、時短シリーズのものを選ぶのがおすすめです。

おすすめの本②:新装版 できる韓国語 初級I

新装版 できる韓国語 初級I
2160円

ハングルが読める人には、文法の基礎が固められるこちらの参考書がおすすめです。

文章や単語にカナルビが打っておらず、カタカナ発音で覚えてしまうことはありません。

覚えた読み通りにハングルに集中でき、内容に関しても基礎が丁寧にピックアップされています。

「書く」以外にも、聞く・読む・話すについても網羅されており、韓国語の基礎としては一冊で十分な役割を果たしてくれるでしょう。

また、同じシリーズで中級まで展開されているため、参考書に慣れたり最後までのモチベーションの維持に繋がったりする一冊となっています。

おすすめの本③:目からウロコの ハングル練習帳

目からウロコの ハングル練習帳 (基礎から学ぶ語学シリーズ)
1512円

目からウロコの ハングル練習帳

初心者にはうってつけの参考書で、読み書きの基礎を習得できるものとなっています。

最終目的が「話せるようになる」という場合でも、読みと書きができていなければなかなか目的が達成できません。

まさに語学を習得する上での土台となるベースづくりに役立つ一冊ともいえるでしょう。

タイトルにもあるように、本当に目からうろこが飛び出るくらい内容がわかりやすく書かれています。

一冊に収容されている内容もボリュームが多すぎるというわけではなく、無理なく続けて取り組める丁度良さがあります。
短い期間でもしっかりと韓国語が身につくでしょう。

おすすめの本④:原形からの変化がわかる 韓国語単語活用辞典

原形からの変化がわかる!韓国語単語活用辞典 (リー先生の日本人のための韓国語レッスンシリーズ)
2138円

韓国語にも単語の変化形があり、変化を覚えさえすれば状況に合わせて文章を作ることができます。

よく使う単語から重要なもの・覚えておいた方がいいものなど、幅広いジャンルで単語の活用の例が載っています。

メッセージのやり取りがしたい・文章として考えを発信したいときなど、文を作るにあたって持っておくと便利な一冊でもあります。

参考書というよりも辞典に近い感覚で、分からない言葉の活用がサクッと調べられます。

50音順に並んでいるため見つけやすく、イラストなども盛り込まれており飽きずに勉強を続けられるでしょう。

おすすめの本⑤:基礎から学ぶ韓国語講座 初級 改訂版

基礎から学ぶ韓国語講座 初級 改訂版
2268円

文法説明のわかりやすさ・CDの読み上げ音のニュアンス・難しすぎないという点などを含め、はじめて参考書を買うという人にはピッタリな一冊です。

一つひとつの説明がとても丁寧で、きちんと理解できるようになっています。
韓国語講座などでも用いられる場合が多く、初歩的なところからしっかりと身についていきます。

おすすめの本⑥:すぐに使える! !韓国語 日常会話フレーズ集

すぐに使える! !韓国語 日常会話フレーズ集
1080円

文法を勉強するときに会話が少しでもできるようにと、フレーズをそのまま頭に詰め込みたいと考える人に向いています。

また、問題集などいかにも勉強という雰囲気が苦手だという人にもおすすめできる一冊です。

本や漫画を読むような感覚で勉強が出来るため、知らず知らずのうちに頭にインプットされています。

語学は勉強してはいけないという人が多いですが、遊び感覚で覚える・取り組むというスタイルも必要です。

内容には日常でよく使われるものから恋をしたときなど、さまざまなシチュエーションで使える言葉が収容されています。

<下に続く>

「韓国語の文法で押さえておくべきルールと初心者むけ勉強法と本」のまとめ

韓国語の文法まとめ

どこの言葉を習うにしても、一日や二日ではマスターできません。
焦らずコツコツと続ける、毎日の積み重ねが大切になってきます。

とにかく継続して取り組んでいると、いつしか実になる日が訪れます。
やろうと決めたからには「成果が分からない」「もう嫌だ」と途中で投げ出さず、スローペースでも自分なりに進めていきましょう。

Thumb minkane logo
written by

「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。
投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。

関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line