みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に
2018/05/31

静岡県の方言!静岡弁の基本の方言からおもしろ、かわいい方言一覧!

静岡県で用いられる方言を静岡弁と言いますが、その特徴はどのような感じなのでしょうか?静岡弁の特徴やイントネーション、基本的な静岡弁、面白い・かわいい静岡弁などをご紹介していきます!また、静岡弁は気づかないことも少なくないため、静岡県民はそれが静岡弁だと気づいていないケースも少なくないようです。

Large mt fuji 1317663 960 720
本記事のコメンテーター

静岡弁の特徴

静岡弁とは、「静岡県の方言」のことです。
狭義では静岡県中部で使用される方言を指すようですが、ここでは静岡県全域の意味(広義)でご紹介していきます。

東京弁や西関東の方言に次いで、共通語に近い方言とされています。
しかし、方言区画としては長野県や山梨県などが近縁にあたります。

基調となるのは東部方言ですが、静岡県内でも西部に向かうほど西武方言が色濃くなっていきます。
そのため、同じ静岡県でも地域によって方言に大きな違いが生じています。

ある地域では使用しても、ある地域では使用しないといったことは珍しいことではありません。
そのため、静岡弁という括りではなく、遠州弁など地域ごとの括りをすることもあります。

<下に続く>

静岡弁のイントネーション

アクセントや音韻は、共通語と似ている部分が多いとされます。
しかし、地域によっては共通語とは似つかないイントネーションになっていることもあります。

共通語と似ているといっても、日常的に使用する言葉の中にもイントネーションが違うものは見られます。
たとえば、「午前」と「午後」です。

共通語では「午後」も「午前」も、はじめの「ご(午)」を強調します。
一方の静岡弁では「午後」も「午前」も、後ろの「ご(後)」や「ぜん(前)」を強調して喋ります。

他にもいろいろ、強調する部分が違う言葉はあります。
普段聞いている分には気になりませんが、よくよく聞くと気になるものになります。

<下に続く>

基本の静岡弁一覧

静岡弁の基本

基本の静岡弁は、以下の5つあります。

  1. ~だに
  2. ~け
  3. ~や
  4. ~じゃん
  5. ばか~

では、それぞれの「静岡弁」についてを詳しくみていきましょう。

基本の静岡弁①:~だに

「~だに」は、基本的な静岡弁として有名なものになります。
語尾の一種であり、共通語では「なのに」と同じ意味です。

しかし、「~だよ」と同じような使い方をされることも多いようです。
以下に、使い方の例を挙げます。

「何で数学の教科書を出してあるの?今から国語だに?」(今から国語だよ?)
「このカレー激辛だに?本当に食べられるの?」(このカレー激辛なのに)

大体は、語尾上がりです。
ちょっと伸ばす感じで使う時には、「だにぃ」といった感じになります。

基本の静岡弁②:~け

「~だに」と同様、語尾の一種になります。
共通語で言えば、「~か」と同じ意味です。

「~か」は、「そうか」や「〇〇に行くか」などの「~か」です。
「~け」の使用例は、以下のとおりになります。

「そうけ?」(そうか?)
「そんなこと言ったっけ?」(言ったか?)

など、少々とぼけた印象を覚えます。
「そうけ?」のような使い方は、若年層の中では使用されることが減っているようです。

基本の静岡弁③:~や

これまでの基本と同じく、語尾の一種です。
共通語に直すと、「~よ」になります。

「〇〇をしてよ」などの「~よ」です。
使い方としては、以下のようなものがあります。

「早くしろや」(早くしてよ)
「うるさいや・うるさいやぁ」(うるさいよ)

などですが、少々強めの言い方に聞こえることが多いです。
実際に、強めな言い方をしたい時に使用されることも多々あります。

基本の静岡弁④:~じゃん

③までと同じく、語尾の類です。
「~じゃん」は共通語にすると、「~じゃないか」や「~だよね」と同じ意味になります。

場合によっては、「~じゃんねぇ」という言い方になることもあります。
以下が、使い方の例です。

「昨日言ったじゃん」(昨日言ったじゃないか)
「あのタレントって静岡県出身じゃんねぇ?」(静岡県出身だよね?)

など、「じゃんねぇ」は疑問形で用いられることが多いです。
「じゃん」は、時々で込められる感情が大きく異なります。

基本の静岡弁⑤:ばか~

「ばか~」は、語の前に付けるて使用します。
共通語では、「やけに~」や「すごく~」と同じ意味です。

場合によっては、「ばかに~」の形になります。
使い方の例は、以下のとおりです。

「ばかうまい」(すごくうまい)
「ばかに騒がしいな」(やけに騒がしいな)

など、「ばかみたいに」という意味と考えれば問題ありません。
数ある静岡弁の中では、割と全国的に知られている方言だったりします。

<下に続く>

面白い静岡弁一覧

面白い静岡弁l

面白い静岡弁は、以下の5つあります。

  1. とぶ
  2. やっきりこく
  3. ぶしょったい
  4. ちんぶりかく
  5. 空を使う

では、それぞれの「静岡弁」について詳しくみていきましょう。

面白い静岡弁①:とぶ

「とぶ」と言えば、「飛ぶ」かもしれません。
静岡弁で言う「とぶ」は、共通語で言う「走る」や「急ぐ」の意味です。

場合によっては、「とんでく」(走って行く・急いで行く)の形で使用します。
使い方には、以下のようなものがあります。

「とんでくから待ってて」(急いで行くから)
「あの猫、急にとぶから驚いた」(急に走るから驚いた)

など、「飛んで行くように早く行く」というイメージです。
実際には飛べないので、そのイメージ的表現は独特なものだと言えます。

面白い静岡弁②:やっきりこく

なかなか、方言らしい響きです。
共通語に直すと、「腹が立つ」や「頭にくる」と同じ意味になります。

意味的に、言い方は怒りを感じ取れるものとなることが多いです。
以下に、使い方を挙げます。

「やっきりこくやぁ」(頭にくるよ)
「ゲーム中の弟がやっきりしている」(弟が怒っている)

などですが、「やっきりこく」は主に女性が使う言葉です。
言う様子を見れば感情を理解できますが、言葉の響き的には怒りのイメージはしにくいかもしれません。

面白い静岡弁③:ぶしょったい

静岡弁的にはポピュラーな言葉ですが、知らない人からすると「?」でしょう。
「ぶしょったい」の意味は、共通語で言う「汚らしい」や「だらしない」と同じです。

良い意味ではないため、言い方もそのような感じになります。
使い方の例は、以下のとおりです。

「ぶしょったいヤツだなぁ」(だらしないヤツ)
「土だらけでぶしょったいやぁ、早く着替えて来な!」(土だらけで汚いよ)

など、呆れた意味合いを込めて使うことが多いです。
時と場合によっては、怒り混じりにもなり得ます。

面白い静岡弁④:ちんぶりかく

さて、どういう意味か分かりますか。
共通語に直すと、「すねる」という言葉になります。

かわいいような、面白いような響きです。
使い方の例は、以下のような感じになっています。

「母親に怒られてちんぶりかく」(怒られてすねる)
「そんなこと言うならちんぶりかくからな!」(すねるからな!)

などですが、単に「すねる」というよりは「ひねくれる」ような意味合いも含みます。
「納得いかない気持ちですねる」=「ちんぶりかく」と言ったイメージです。

面白い静岡弁⑤:空を使う

物理的に空は使えませんが、どういう意味なのか分かりますか。
「空を使う」の意味は、共通語にすると「とぼけている」や「知らないふりをする」になります。

「空を使う」=「顔を空に向ける」といったイメージです。
使い方としては、以下のようなものがあります。

「怒られている最中に空を使う」(とぼけている)
「空を使っているのはバレバレだ」(知らないふりをしているのは)

など、良い意味では使いません。
人は後ろめたいことがあると、誰とも目が合わない空に目を向けるのかもしれません。

<下に続く>

かわいい静岡弁一覧

かわいい静岡弁みるいは茶の評価の一

かわいい静岡弁は、以下の5つあります。

  1. ちょびちょびする
  2. じゅるい
  3. みるい
  4. しょんない
  5. じょんじょん

では、それぞれの「静岡弁」について詳しくみていきましょう。

かわいい静岡弁①:ちょびちょびする

「ちょび」が繰り返されていますが、意味を想像することはできますか。
「ちょびちょびする」は、共通語にすると「ちょっかいを出す」の意味になります。

また、「要らない世話をする(お節介)」の意味で使われることもあります。
使い方の例は、以下のようになっています。

「ちょびちょびするな!鬱陶しい」(ちょっかいを出してくるな)
「ちょびちょびしたくなるタイプ」(ちょっかいを出したくなる)

など、基本的には「ちょっかい」の意味で使用されます。
響き的には、かわいい方言だと言えます。

かわいい静岡弁②:じゅるい

「じゅるい」とは、何のことでしょうか。
この方言を共通語に直すと、「ぬかるんでいる」になります。

場合によっては、「じゅるじゅる」とも言います。
以下に、使い方を挙げます。

「雨でグラウンドがじゅるい」(グラウンドがぬかるんでいる)
「じゅるい道だったから車のタイヤが泥だらけになった」(ぬかるんだ道だったから)

など、水を音を立ててすする時のような・・擬音表現のような方言になります。
言い方によっては、かわいい感じで聞こえることでしょう。

かわいい静岡弁③:みるい

静岡弁としては、一般的にもよく用いられる表現です。
共通語では、「(野菜などが)柔らかい・青い・若い」の意味と同じになります。

野菜や果物に対して用いることが基本ですが、茶に対する肯定的評価としても使います。
使い方の例には、以下のようなものがあります。

「このトマトはみるいな」(このトマトは青い・若いな)
「みるい柿だけど食べる?」(やわらかい柿だけど)

など、「みる」が丸い響きになるため、聞いた感じはかわいい印象になります。
「みるい」は使用する機会が少なくないので、静岡弁だと気づいていない県民は意外と多いかもしれません。

かわいい静岡弁④:しょんない

「しょんない」は、意味がイメージしやすいとも言えます。
共通語に直してみると、「仕方ない」という言葉になります。

場合によっては、「しゃーない」とも言います。
以下に、使い方の例をご紹介します。

「それはまあ、しょんないことだな」(仕方ないことだな)
「しゃーないなぁ、急いでやるか」(仕方ないなぁ)

など、使い方的には特に変哲ない感じです。
言葉の響き的には、「しゃーない」よりも「しょんない」の方がかわいいかもしれません。

かわいい静岡弁⑤:じょんじょん

さて、何のことか分かりますか。
「じょんじょん」は、共通語で言う「草履」のことです。

人によっては、「じょんじょ」などと言うこともあります。
使い方の例は、以下のようになります。

「じょんじょん履いて行く」(草履を履いて行く)
「プラスチック製のじょんじょん」(プラスチック製の草履)

など、藁草履だけでなく、サンダルも「じょんじょん」と呼びます。
言葉の響きはかわいいのですが、意味は特にかわいらしさのない「草履」というギャップです。

<下に続く>

静岡県に住んでいる人は静岡弁に気づいていない?

「静岡県民は方言に気づかない」という話は、真実に近いと言えます。
全員が気づいていないわけではありませんが、割と気づいていない人が多いのは事実です。

その理由は、東京弁などに次いで、3番目くらいに共通語に近い方言であるからと考えられます。
ところどころ違うだけで、普段使用する言葉としては大きな違いがないために、方言に気づかない現象が起きやすいとされます。

しかも、アクセントや音韻などイントネーションも共通語と大差ありません。
共通語と似ている部分が多いために、県民でさえも静岡弁に気づいていないことが多々あったりするのです。

<下に続く>

静岡県の方言!静岡弁の基本の方言からおもしろ、かわいい方言一覧!まとめ

静岡弁の特徴から、基本・面白い・かわいい方言の一覧までをご紹介しましたが、いかがでしたか?
県民すら静岡弁に気づかないほど共通語に近いのは確かですが、共通語とかけ離れた方言らしい言葉もしっかり存在していました。

静岡県は東部と西部の中間にあるため、静岡県といっても地域により方言に大きな違いが見られるという点も静岡弁の面白いところです。
静岡の人が使う言葉の中で聞き慣れないのがあったら、それは方言かもしれません。

今回ご紹介した静岡弁以外にもいろんな方言がありますので、知識がてら調べてみると面白いかもしれません。
静岡弁の中には既に共通語になっているものもいくつかあるため、何だったら実際に使ってみるのも良いでしょう。

Thumb minkane logo
written by

「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。
投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。

関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line