みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に

ミライノカードの概要や年会費、ゴールド以上の特典を紹介

住信SBIネット銀行から新クレジットカードとしてミライノカードが誕生しました。今回は概要や年会費、審査、ゴールド以上の特典や家族カードの有無、カードのブランドは何がある?口コミやキャンペーンなどミライノカードについてわかりやすくご紹介していきます。

Large goldcard

ミライノカードについて

ミライノカードとは大手ネット銀行である住信SBI銀行が新しく発行するカード。

元々住信SBI銀行が連携しているクレジットカードでSBIカードというものがあったのですが、それがなくなることになり新しくなったのが今回ご紹介するミライノカードなのです。

<下に続く>

ミライノカードとはどんなカード?

次はミライノカードについて、もっと詳しくご説明いたします。

カードの概要

ミライノカードには種類が4種類あって

  1. 一般カード
  2. ゴールドカード
  3. プラチナカード
  4. ETCカード

となっています。

対応ブランドはJCBとMastar Cardのみで他のブランドには対応していません。

ちなみに住信SBI銀行のネット口座を持っている人以外でも、申し込み可能なカードでもあります。

ただし、後程ご説明しますが住信SBI銀行のネット口座を持っている方がお得な面があるので持っていない人はお得感は感じられないかも。

それでは種類ごとに一つずつ詳しくご説明いたします。

一般カード

ミライノカードの一般カードの年会費は初年度は無料ですが、年間10万円以上の利用がない場合は900円、利用があれば次年度無料です。

リボ払い利率・分割手数料利率・キャリング利率は全て15.00%で、申し込み可能年齢は高校生を除いた18歳からです。

仮にカードを紛失や盗難、破損または暗証番号の変更の際は一律1000円かかります。

また住信SBIネット銀行のお客様への優遇サービスは
・ スマートプログラムのランクアップ条件に適用
・ カードローン金利が年0.1%引下げ となっています。

キャッシングご利用可能枠早見表

社会人の方 学生の方
総枠 20万円 〜 100万円 10万円
ショッピング枠

1回払い 20万円 〜 100万円 10万円
ショッピング残高枠
2回払い 0〜100万円 0~10万円
ボーナス1回払い 0〜100万円 0~10万円
ショッピングリボ払い 0〜100万円 0~10万円
ショッピング分割払い 0〜100万円 0~10万円
キャッシング総枠

キャッシング1回払い 0〜40万円 0~10万円
海外キャッシング1回払い 0〜40万円 0~10万円
キャッシングリボ払い 0〜50万円 利用できません

ゴールドカード

ミライノカードゴールドカードの年会費は3000円で年間100万円以上の利用があれば次年度無料となっています。

一般カードとは違って初年度は無料というものではなくて、初年度から3000円ですのでご注意ください。

リボ払い利率・分割手数料利率・キャリング利率は全て15.00%で、申し込み可能年齢は学生不可で20歳以上からです。

仮にカードを紛失や盗難、破損または暗証番号の変更の際は一律1000円かかります。

また住信SBIネット銀行のお客様への優遇サービスは
・ スマートプログラムが2ランクアップ
・ カードローン金利が年0.1%引下げ となっています。

キャッシングご利用可能枠早見表

総枠 70万円 〜300万円
ショッピング枠

1回払い 70万円 〜300万円
ショッピング残高枠
2回払い 0 〜 100万円
ボーナス1回払い 0 〜 100万円
ショッピングリボ払い 0 〜 100万円
ショッピング分割払い 0 〜 100万円
キャッシング総枠

キャッシング1回払い 0 〜 40万円
海外キャッシング1回払い 0 〜 40万円
キャッシングリボ払い 0 〜 50万円

プラチナカード

ミライノカードプラチナカードの年会費は一般とゴールドと比べると非常にランクアップして25000円です。

何万円利用で無料というサービスはありませんのでご注意ください。
申し込み可能年齢は学生不可で20歳以上から。

リボ払い利率・分割手数料利率・キャリング利率は全て15.00%で、申し込み可能年齢は高校生を除いた18歳からです。

仮にカードを紛失や盗難、破損または暗証番号の変更の際は一律1000円かかります。

カードに付帯しているサービスは

・ プラチナ・コンシェルジュデスク
・ プライオリティ・パス
・ 空港ラウンジサービス
・ 海外ラグジュアリー・ホテル・プラン
・ JCBプレミアムステイプラン
・ ダイニング30
・ 手荷物無料宅配サービス
・ JCB <JCB Presents>ユニバーサル・スタジオ・ジャパン™ JCB LOUNGE など。

住信SBIネット銀行のお客さまへの優遇サービスは

・ スマートプログラムが2ランクアップ
・ カードローン金利が年0.1%引下げ となっています。

キャッシングご利用可能枠早見表

総枠 70万円 〜300万円
ショッピング枠

1回払い 70万円 〜300万円
ショッピング残高枠
2回払い 0 〜 100万円
ボーナス1回払い 0 〜 100万円
ショッピングリボ払い 0 〜 100万円
ショッピング分割払い 0 〜 100万円
キャッシング総枠

キャッシング1回払い 0 〜 40万円
海外キャッシング1回払い 0 〜 40万円
キャッシングリボ払い 0 〜 50万円
新しいウィンドウで開きます商品概要説明書PDF

ETCカード

ETCカードは、一般・ゴールド・プラチナの3種類のカードの申し込みの際に一緒に申し込んで利用することができます。

このETCスルーカードも追加すれば、有料道路料金所でいちいちお札や小銭を数えて出したりするわずらわしさからは解放。

1枚のカードにETCカードも1枚で一般・ゴールド・プラチナのどのカードを申し込む際でもOKです。作るのにお金はかかりません。

家族カードはなし

ミライノカードには家族カードはありません。
ただし家族の誰かがミライノカードを持っていれば旅行保険などの特約を受けることができるようになっています。

家族の対象は?という疑問に関しては後程改めてご紹介いたします。

家族カードの魅力は本会員と同様の特典が家族割として年会費が割安で利用できたりする点ですよね。それがないのはちょっと寂しい…。

<下に続く>

ミライノカードは住信SBIネット銀行引き落としがおすすめ

ネット銀行口座でお得

上で、ミライノカードは住信SBIネット銀行の口座を持っていなくても申し込むことは可能だが…と書きました。

ですがお得感がないと書きましたがその理由をご説明いたします。
その理由は住信SBIネット銀行の口座がないとスマートプログラムというものの利用ができない点です。

スマートプログラムと今回ご説明する住信SBIネット銀行引き落としには関連があり、まずはスマートプログラムについてご説明いたします。

スマートプログラムとは

スマートプログラムとは商品・サービスなどでポイントが貯まるプログラムのことです。

そしてそのスマートプログラムにはランク制度があり、ランクが上がれば上がる程、さまざまな優遇が受けられるようになるのです。

スマプロランクとは

上でご説明したスマートプログラムランク、通称スマプロランクは1~4までランクがあります。

例えばランクに応じて提携ATMの引き出し手数料無料の回数や、銀行振り込みの手数料無料回数が最大で15回まで増えるなどの優遇を受けることができます。

ちなみにミライノカードゴールドだと住信SBIネット銀行を引き落とし口座に指定すると2ランクアップになります。

またミライノカードゴールドに入会して上と同じく住信SBIネット銀行を引き落とし口座として設定、または新規口座を開設するとランク2からのスタートになります。

ミライノカード一般の場合は引き落とし口座として設定して、かつ月間の支払総額が1万円以上でないとランク判定対象にはなりませんのでご注意を。

スマプロポイントは現金に交換できる

スマプロポイントとは住信SBIネット銀行で貯められるポイントで、利用状況によってポイントが付与されて、500ポイント以上で1円に換算して現金に交換ができるポイントです。

キャッシュバック申請をしてから翌々日に住信SBIネット銀行口座に振り込まれますので住信SBIネット銀行に口座があればこそのものです。

となると、住信SBIネット銀行口座を持っている方が様々な点で、お得ということがよくわかりますね。

<下に続く>

ミライノカードはポイント還元率が良い

次はミライノカードのポイント還元率についてご説明いたします。

1000円分のミライノポイント=1000ポイントは2000円に相当するスマプロポイント2000ポイントに交換可能で還元率は1.0%になります。

1000円分が2000円になるって非常にお買い得感がひしひしと感じられます。これは女性も男性も魅力的ですね。

ポイント交換は1000ポイント以上が原則で1000ポイント以上でスマプロポイント1000ポイント単位になります。

そして上でもご説明しましたが、この還元率を体験する為には住信SBIネット銀行の口座が必要です。

ミライノカードを作ろうかな?お得感を感じたい!と思ったらミライノカードゴールド入会と、その前に必ず口座開設をしておきましょう。

<下に続く>

ミライノカードは年会費のわりに海外旅行傷害保険が手厚い

次はミライノカードに付帯している海外旅行傷害保険について3種類を一つずつ詳しく説明いたします。

最初にご説明しておくと、3種類全てに家族特約というものがついていて、簡単に言うと家族カードがない代わりのようなものです。

そして「家族ってどこまで?」という疑問については

①. カード本会員の配偶者

②. カード本会員またはカード本会員の配偶者と生計を共にする同居の親族

③. カード本会員またはカード本会員の配偶者と生計を共にする別居の未婚の子 が対象者です。

ミライノカード一般「利用付帯」

まずミライノカード一般は利用付帯といって、ツアーの代金や公共交通機関などの料金(出国するまでの公共交通機関)を、このミライノカード一般を利用していないとこの海外旅行傷害保険は適用されません。

・本会員は最高2000万円まで補償
・本会員の家族は最高1000万円まで補償

詳しくはこちら ミライノカード 付帯保険

利用付帯となると、必ずカードで支払いしないとなのが少し面倒。
ですが家族特約はついていて補償額が一般とは思えませんね。

ミライノ カード GOLD「自動付帯」

ミライノカードGOLDからは自動付帯となり、カードを持っているだけで自動で海外旅行保険に入っている状態になります。

・本会員は最高5000万円まで補償
・本会員の家族は最高1000万円まで補償

詳しくはこちら ミライノカード 付帯保険

一般カードと違って自動付帯で、面倒な手続きも必要なくただ旅行に行くだけで既に安心の補償付きなんて至れり尽くせりですね。

ミライノ カード PLATINUM「自動付帯」

GOLDと同様、自動付帯でカードを持っていればOK。驚くのは補償額!

・本会員は最高1億円まで補償
・本会員の家族は最高1000万円まで補償

詳しくはこちら ミライノカード 付帯保険

自動付帯で、なんと1億円まで補償!家族と比べると差が激しいのがちょっとうーん…となりますが、それにしても自動付帯で補償額も充実しすぎる程、充実していてまるで王子さまやお姫様が使うようなカードです。

携行品にも補償

3000円自己負担すると、携行品にも保険として補償がつきます。

携行品1つ(1点or1対)あたり10万円を限度で、時価額または修繕費のどちらか低い額もお支払いしますというものです。

<下に続く>

ミライノカードはQUICPayやApplePayにも対応

またミライノカードでは電子マネーのQUIC Payを搭載。コンビニやスーパーなどQUIC Payに対応店舗であれば利用可能です。

支払方法はSUICAやPASMO、ICOCAなどと同じで支払いをする端末にカードをかざすだけでOKです。

そしてQUIC Payを使用して支払いをした金額も、カードでの利用金額となるのでミライポイント付与対象になるのでお得です。

それともう一つ、Apple Payにも対応していますので、iPhone7以降の機種を持っていればミライノカードを取り込んで電子マネーとして使うこともできます。

ただしミライノカードでのApple Payは全国にあるQUIC Pay加盟店にて電子マネーとして支払いが可能ですのでQUIC Pay加盟店でないとNGです。

<下に続く>

ミライノカードについているJCBブランド特典

次はミライノカードについているJCBのブランド特典です。

・ JCB PLAZA
・ JCBプラザコールセンター(日本/海外)
・ たびらば(WEB/アプリ)
・ JCB GLOBAL WiFi
・ 海外レンタカーサービス
・ 空港宅配優待サービス
・ JCB空港優待ガイド
・ JCB沖縄優待ガイド
・ 空港免税店割引サービス
・ JCB紛失・盗難海外サポート

JCBの加盟店情報や観光情報、ホテル・レストラン・各種チケットの予約などのサービス、他にもカード紛失・盗難時のサポートやWi-Fi無料サービスなどを受けることができます。

また海外でのレンタカーサービスや優待ガイド、空港免税店での割引サービスも。

このように充実したブランド特典がありますので旅行をお得に快適にごすことができますのでご家族や夫婦・恋人とのバカンスが楽しくなりますね。

<下に続く>

ミライノカードゴールド以上についている特典・サービス

嬉しい人

ミライノカードゴールド以上についている特典とサービスについてご紹介いたします。

サービス①プライオリティパス

プライオリティパスはプラチナカードにのみ付帯されているサービスで

世界約130の国や地域、約500の都市で約1,000ヵ所の空港ラウンジを無料で利用が可能になります。

空港でゴミゴミした場所ではせっかくのこれからの楽しみが台無し!飛行機のフライトまでゆっくりと過ごしたいという方にはお勧めです。

サービス②プラチナ・コンシェルジュデスク

プラチナ・コンシェルジュデスクはJCBのプラチナ会員専用デスクで24時間365日利用することができます。

手配や予約・ゴルフ場・チケットやレストランの案内などさまざまな私たちの相談を専任のスタッフが可能な限り承ってくれます。

忙しくて自分ではすぐには行動できないという時には非常にありがたい存在なのです。

サービス③海外ラグジュアリー・ホテルプラン

世界各地のラグジュアリーなホテルに、様々な特典をつけて宿泊できる優待サービスです。

一度は憧れるようなクオリティの高いホテルをお得に堪能できますし、待遇も上級会員のようなスペシャルサービスを受けることができます。

例えば朝食サービスやワンランク上のお部屋にアップグレード、レイトチェックアウトなど。

プラチナカード会員または会員1名以上を含む宿泊に利用可能です。
他にもザ・リーディングホテルズ・オブ・ザ・ワールドの優待も利用できます。

利用する時はプラチナ・コンシェルジュデスクに電話をすれば完了、海外ラグジュアリー・ホテルプランを利用したい旨を伝えてください。

サービス④JCBプレミアム・ステイプラン

日本全国にある質の高い人気ホテルや旅館が用意されており、オリジナル特典を受けることができます。

よくある宿泊サイトよりも安価な場合があって利用しないと損!と言い切ることができるほど、ぜひ利用したいプランです。

サービス⑤ダイニング30

2016年3月1日から開始されたサービスで、全国の対象店舗で専用のクーポンを提示してJCBプラチナカード・JCBゴールドザ・プレミアで支払いをすると利用合計金額またはコース代金から30%引きになるサービスです。

利用金額が高ければ高いほど、一人がお安くなりますからお得感が充実したサービスなのです。

サービス⑥宅配サービス

ゴールド以上についているサービスで宅配サービスがあります。
それが空港手荷物宅配サービスというもので、安心安全にあなたの手荷物を指定の場所へ運搬します。

こちらは現在キャンペーンが開催されていますので改めて後程詳しくご紹介いたします。

サービス⑦ユニバーサル・スタジオ・ジャパン JCB LOUNGE

ユニバーサルスタジオジャパン日本の中にJCBのプラチナカード以上の人だけが利用できるラウンジがあります。

JCBがスポンサーをしているザ・フライング・ダイナソーへはラウンジからエレベーターで移動して降りた先がアトラクション乗り場と間近。

ですから待ち時間なしで楽しめるという最高の場所でもあります。

ただしラウンジの利用は1年に1回の制限がありアトラクション利用前にラウンジを利用することができます。

そしてラウンジの原則は30分入れ替え制ですが疲れた時やちょっと静かな場所で休憩したい時にはもってこいです。

<下に続く>

ミライノカードと住信SBIネット銀行Visaデビットカードとの違い

違いは?

次はミライノカードと同じく住信SBIネット銀行が発行しているVisaデビットカードとの違いをご説明いたします。

違い①銀行口座開設の年齢

住信SBIネット銀行Visaデビットカードの場合は口座開設は15歳から可能ですが、ミライノカードの場合は一般・ゴールド・プラチナでカード自体への入会年齢が違います。

違い②年会費

住信SBIネット銀行Visaデビットカードは年会費は完全無料ですが、ミライノカードの場合は口座開設年齢と同様、カードのクラスで違います。

③引き落とし口座

住信SBIネット銀行Visaデビットカードは引き落とし口座に住信SBIネット銀行しか選択することができませんが、ミライノカードの場合はそれ以外も選択可能。

ただし、ミライノカードを住信SBIネット銀行以外の引き落とし口座に選択してもメリットは特にありません。

違い④還元率

住信SBIネット銀行Visaデビットカードの還元率は0.6%で、キャンペーンやプレミアムフライデーから3日間だけ還元率が1%になります。

対してミライノカードは常に還元率は1%ですからここも違いますね。

違い⑤スマートプログラムのランクアップ

住信SBIネット銀行Visaデビットカードはスマートプログラムのランクアップ条件への影響が小さく、ミライノカードはランクアップに大きく貢献してくれます。

ランクアップするとどんな利便性があるのかは上でもご紹介しました。ミライノカードを保有することで1~2ランクアップします。

こう見ているとミライノカードの方が良いように感じますが、ミライノカードのデメリットと呼べるものはやはり年会費でしょう。

年齢も住信SBIネット銀行Visaデビットカードとは違いますが、ミライノカードは利用しないと年会費がかかるのが難点です。

それならばミライノカードよりは劣りますが、完全に年会費無料の住信SBIネット銀行Visaデビットカードの方が与信審査もないですし気軽に持てるかなと感じます。

<下に続く>

ミライノカードの口コミや評価

次はミライノカードの口コミや評価をご紹介いたします。

口コミ①

還元率とスマートプログラムについての評価・口コミです。

・還元率は楽天カードと同じくらいだけど、他の機能も備わっているし一応持っていて損はないかな? 

・住信SBIネット銀行Visaデビットカードよりも還元率は良いし、ポイントも貯まりやすいのは良いと思う

口コミ②

次は審査についての評価・口コミです。

・私は一般カードの申し込みをしたけど、審査落ちした

・かなり審査が厳しいみたいだし正直ややこしいカード

口コミ③

次は旅行保険についての評価・口コミです。

・旅行保険が充実しているのはとっても良い。海外ともなると色々不安だし…

・家族特約があるのも良いし、旅行保険自体充実しているのは良いと思うけどゴールド以上じゃないと自動付帯じゃないからカードで買い物ってやらなきゃだし正直面倒かなとは思った。

他にもスマートプログラムのランクアップには手っ取り早いのがミライノカード入会だと思うという口コミもありました。

ただETCカードとミライノカードが1枚になったら良いな、ゴールド以上じゃないとあんまり欲しいと思わないという口コミも。

特に審査落ちについての口コミが多くて、JCBは厳しい!でも良い特典がついているのはJCBしかない!という嘆きの声もありました。

<下に続く>

ミライノカードのキャンペーン

現在、ミライノカードが行っているキャンペーンは空港手荷物宅配サービスです。重い荷物は預けて身軽に移動できるチャンスです。

期間・対象者

キャンペーン期間は2013年4月1日~2018年9月30日まで。
対象者は海外でJCBのゴールドカード(プラチナカード含む)を利用したお客様です。

※カード券面にJCBロゴマークが入っているゴールド、プラチナ会員(JCBザ・クラス含む)が対象となります。

このキャンペーンは日本国内で発行されたカードのみが対象です。

対象の空港

成田国際空港、羽田空港(国際線旅客ターミナル)、中部国際空港、関西国際空港が対象の空港になります。

JAL ABCカウンター営業時間】

■成田国際空港 到着ロビー
[営業時間]6:00AM~最終便(年中無休)
[場所]第1ターミナル1階(北ウィング、南ウィング)、第2ターミナル1階

■羽田空港(国際線旅客ターミナル) 到着ロビー
[営業時間]24時間(年中無休)
[場所]国際線ターミナル2階

■中部国際空港 到着ロビー
[営業時間]7:00AM~10:00PM(年中無休)
[場所]Centrair2階

■関西国際空港 到着ロビー
[営業時間]6:15AM~10:30PM(年中無休)
[場所]1階

利用方法

利用方法はJALの対象の空港宅配到着カウンターへ荷物を持って行き、ゴールド以上のカードと海外渡航先でのJCBカードのご利用控えを提示して完了。

支払方法・金額

支払方法はゴールド以上のカードでのお支払いで金額はキャンペーン中は500円となります。

このキャンペーンは海外からの帰国時にのみ利用できて1度の渡航につき、おひとりさま1個のみとなっています。

もしゴールド以上のカードを持っていない人や2個目以降の荷物の宅配をしてもらいたい場合や出発時に利用したい場合は空港宅配優待サービスを利用しましょう。

参加登録も不要ですしキャンペーンは今年の9月30日までですのでぜひ一度利用してみてはいかがでしょうか。

<下に続く>

新クレジットカード「ミライノカード」の概要や年会費、ゴールド以上の特典のまとめ

今回は住信SBIネット銀行のカードで、新しくなったミライノカードについて概要や年会費、ゴールド以上の特典などたっぷり説明・ご紹介させていただきました。

家族カードはないということで、一般カードでも家族特約があって補償があるのは非常にありがたいですが、審査落ちが多発しているのを考えるとちょっと迷ってしまいます。

そうなると様々な特典があるゴールド以上のカードの審査はどうなるの!?と不安になってしまいますね。

ただ住信SBIネット銀行の口座を持っている人がミライノカードに入会できればスマプロなど利点は多くあるのでこの記事を参考にぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

Thumb minkane logo
written by

「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。
投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。

関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line