みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に
2018/06/04

プチローソンとは?取り扱い商品と設置費用・申し込み方法!

仕事の休憩時間や残業の合間に、お菓子やコーヒーでひと息つけるスポットが職場にあったら便利だと思いませんか。

コンビニに行く時間ももったいない!そんな忙しい人でも、オフィス内でキャッシュレスで手軽に買い物ができるサービスがあるんです。

今回は便利なオフィス内出張コンビニ、プチローソンについてご紹介します。

Large adult beard blur 842567

プチローソンとは

プチローソンとは、2017年7月3日に開始された、オフィス内などにローソンの商品を収納したボックスを設置し、セルフレジで販売するサービスです。

お菓子やコーヒー、日用品などを職場で手軽に購入できて、電子マネーによるキャッシュレスな決済方法で盗難の心配もありません。

この記事ではプチローソンの主な商品ラインナップや決済方法、売上トップの人気商品や値段設定もご紹介します。

さらに導入方法と設置にかかる費用や、プチローソンを設置している会社BMTについて調べてみました。

<下に続く>

オフィス内コンビニ「プチローソン」の特徴

オフィスでの軽食

プチローソンでは、主にお菓子や飲み物、日用品などを中心に設置しており、オプションで冷蔵品や冷凍品も導入できます。

コーヒーマシンも設置できるので、職場で手軽にローソンのマチカフェコーヒーを楽しめます。

会計はすべて電子マネーによる決済のため、キャッシュレスで会計ができるのが特徴です。

そのため現金を持ち込めない職場でも設置可能で、売上金も保管しなくて済むため、防犯面でも安心ですね。

ただ現金決済やpontaが使えないため、利用するには交通系電子マネーを用意する必要があります。

会社以外でもホテルや病院などにも設置できるので、導入している企業が増えています。

現在は東京23区限定のサービスですが、今後利用できる場所が増える可能性は大。

<下に続く>

プチローソンはキャッシュレスだから盗難の心配がない

オフィスでの決済

プチローソンの決済方法は交通系電子マネーに限られています。

現在はSuica、Kitaca、PASMO、TOICA、icoca、manaca、sugoca、nimoca、はやかけんが使用できます。

キャッシュレスで買い物ができるので、現金の盗難の心配がないのが大きな特徴です。

企業によっては社内に現金を持ち込めないところもあるので、そういった環境でも設置できるメリットがあります。

自分で商品をスキャンして決済するセルフレジでの会計なので、自分のペースで買い物ができるのも便利ですね。

キャッシュレスでおつりを出す必要がなく、円単位の価格設定ができるため、幅広い商品が設置できます。

<下に続く>

プチローソンは売り上げや在庫状況は遠隔で管理できる

プチローソンでは、販売状況をクラウド管理によってセンターで把握しているため、遠隔で在庫の状況を確認できます。

これにより補充の効率化、システム化を図っています。

商品の売り上げ状況にもよりますが、約二週間に一回の補充が行われているようです。

売り上げのデータに応じてピックアップされた人気商品を設置し、さらなる売り上げにつなげています。

<下に続く>

プチローソンで設置できる商品は?アイスやコーヒーは?

プチローソンで設置できる商品は、お菓子、カップ麺、飲み物、マスクなどの日用品がメインです。

オプションを申し込めば冷蔵庫や冷凍庫も設置できますので、アイスや冷たい飲み物も置けます。

加えてコーヒーマシンも設置することができるため、職場で淹れたてのホットコーヒーが楽しめます。

基本的には人気の定番商品や新発売のものを中心にセレクトして設置してくれます。

小腹がすいたときに欲しい甘いものや軽食が多く、オフィス向けのラインナップになっていますね。

それ以外でもこんなものが欲しい、といった要望を伝えることで、可能な範囲で検討してもらえるとのことです。

<下に続く>

プチローソンの品目数・在庫量は圧倒的!値段にすると7万円相当

プチローソンの商品は他の出張コンビニに比べてかなり豊富なのが特徴です。

ひとつのプチローソンの棚に、およそ7万円相当の商品が補充されています。

常に在庫状況を把握し、プチローソン専用の物流拠点があるため、安定した供給がされています。

定番の人気商品が7割、新商品を3割という比率で設置しているので、利用者を飽きさせない工夫がされています。

<下に続く>

プチローソンの人気商品は?

オフィスで飲めるコーヒー

プチローソンでは、お菓子や機能性食品などの気軽に食べられる商品が人気です。

ブラックサンダーやガルボなどの小袋タイプのチョコレートや、クリーム玄米ブランなど、休憩中に軽く食べられるものが売れ筋です。

特にナッツ系のヘルシーなものが売り上げが高く、利用者の健康志向が見て取れます。

また、淹れたての熱いまま飲めるのが魅力のマチカフェのドリップコーヒーも人気。

アイスの売れ行きも、夏場に外出せずに買えることなどから好評なようです。

他にもミントタブレットやマスクなど、常に持ち歩いていたいアイテムがよく売れている様子ですね。

実際の利用者からのリクエストでは、ストッキングや傘、文房具といった、いざという時にあると助かる日用品が多いとのこと。

ローソンでも要望を出来るかぎり検討して設置できるように取り組んでいます。

<下に続く>

プチローソン導入にかかる費用は?

ぜひ職場にもプチローソンを導入したいけれど、設置するためにどのくらい費用がかかるのか、気になりますよね。

プチローソンの導入には、実は費用は一切かからないんです。

ただし、設置した什器や冷蔵庫などの設置スペースを確保し、電気代や水道代などの維持費を企業側が負担することが必要です。

プチローソン自体に費用がかからないということで、会社としての負担はそれほど大きくありません。

これからの熱い時期、冷たいものなどの需要も高まりますので、興味を持たれた方は導入を検討してみてはいかかでしょう。

<下に続く>

プチローソンの申し込み方法は?

ここまでの記事を読んで、本格的にプチローソンを導入したい!と考えられた方もいらっしゃるかと思います。

では、実際にプチローソンの導入について申し込むには、どうしたらいいのか?

プチローソンの申し込みは電話での問い合わせと、ローソンのホームページからの申し込みができます。

申し込み後に担当者が実際にオフィスに訪れ、サービスの詳細を説明してくれます。

同時に設置できるスペースの確認や、電子決済可能な電波状況かを調査します。

利用するには100人程度の利用予定者の目安が必要ですが、場合によっては100人以下でも設置してもらえるようです。

販売状況が思わしくない場合、販売を終了する可能性もあるので、安定した利用が見込めるか、事前に確認しましょう。

問い合わせについて詳しくはローソンのホームページを確認してください。

プチローソンに関する問い合わせ(ローソン公式サイト)

<下に続く>

プチローソンの設置を行っている会社BMTとは?

ローソンと共にプチローソンの設置を行っている、BMTについて調べました。

ブリッジ・モーション・トゥモロー株式会社は、2002年8月30日創業で、資本金は4億1800万円。

主にビデオオンデマンドなどのコンテンツ流通サービスを行っています。

他にもホテル客室ソリューション(VOD機器の販売、委託設置等) 、交通系電子マネーによる客室決済システム開発・販売などをしている会社です。

特に客室へのVODサービスは、導入施設数約700施設、配信部屋数約135000室と、業界トップクラスの実績です。

また、客室での多言語コールセンター、Wi-Fiサポートサービス、外貨両替機サポートサービス。

病院での様々な情報や映像配信、ビデオチャットなどの機能をひとつにまとめ、患者へ提供する「ゆめてれソリューション」サービスなども提供しています。

これらの先端技術が、プチローソンの電子マネー決済にも生かされているんですね。

<下に続く>

オフィス内コンビニのプチローソン!キャッシュレスで商品豊富、設置費用や申し込み方法は?まとめ

外出せずにオフィスで簡単に買い物ができる、プチローソン。
買い物に必要なものは電子マネーだけ。

さらに別途で費用もかからないとなると、自分の職場にもぜひ欲しくなりますね。

このまとめを参考に、プチローソンの魅力を上司にプレゼンしてみてはいかがでしょう?

Thumb minkane logo
written by

「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。
投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。

関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line