みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に
2018/06/07

働きたくない女性の心理!特徴や結婚後の生活は?

結婚していても独身でも、現在仕事をしていてもニートでも、働きたくないと考えている女性は意外に多いようです。働きたくないという考えに至る女性の心理とは?働きたくないと言っている女性の特徴は?働きたくないという考え方と結婚の関連性は?様々な視点から、働きたくない女性についてみていきましょう。

Large adult beautiful blur 935756  1
目次

働きたくないと思っている女性は意外と多い?

働かずに暮らせるならできればそうしたい。
男性・女性に限らず、多くの人がそのように考えているのではないでしょうか。

日本では、「男性が外に出て働き、女性は家庭を守る」といった昔の家族関係・考え方が根強いこともあり、未だに「女性」と「働く」ことの距離は男性よりも遠く感じられているようです。
そのため、女性本人が「働きたくない」「家にいたい」と思う傾向があることは否定できません。

働きたくないと思っている女性は、いったいどのような理由でそのような考えに至っているのでしょうか?
ここでは、女性が働きたくないと考える心理働きたくないという女性の特徴について述べていきます。

<下に続く>

働きたくない女性の心理

働きたくない女性

働きたくない女性には、以下の6つの心理が考えられるでしょう。

  1. 楽して生きたい
  2. 働くのに向いていない
  3. 働くより好きなことに時間を使いたい
  4. 男性は外で働き、女性は家を守る
  5. 子育てに専念したい
  6. 働かなくても生活できる

では、それぞれの心理について詳しくみていきます。

働きたくない女性の心理①:楽して生きたい

働きたくない結婚もしたくない、仕事や家庭で苦労するのが嫌
とにかく自分がやりたくない事はしたくないと考える人の心理です。

働くことは、少なからずストレスを感じたり、自分の意思とは違う事をしなければならない場合もあります。
結婚も、夫や子供の都合に振り回されて自分の時間を削られる事も多くあるでしょう。

嫌なことはしたくない、それは単なる我儘のようにも見えますが、希望として願うだけなら誰にも禁止できません。
言霊という表現もありますから、いつも言葉にしていれば、思いもかけない形で実現する可能性もゼロではないはず。

楽して生きるにはどうするか?そんな建設的な考え方で、願望を実現する人もいるかもしれませんね。

働きたくない女性の心理②:働くのに向いていない

女性に限りませんが、自分は働くことに不向きだと考える人は一定数いるようです。
特に会社で失敗したりミスを注意されたりした場合にこのように考える人は少なくありません。

その中でも、特に女性の傾向として多いのが、仕事におけるミスでもそれを注意されると「自分自身を否定された」と受け取ってしまう人です。
注意されたことが自分を批判されたように感じて頭がいっぱいになり、何について注意されているかの根本が理解できなくなり、「仕事に向いていない」という結論になりがちです。

働きたくない女性の心理③:働くより好きなことに時間を使いたい

これも男女問わず、好きなことや趣味が多い・プライベートが充実している人は誰もが抱く願望です。
バリバリ働きたくない、どうせ熱中するなら自分の好きなこと・自由にできることにしたいと考えています。

人は、一生のうちのとても大きな割合の時間を労働に費やしています。
特に日本人は労働時間が長い・休みが少ない傾向にあるため、他の国の人々よりも働いている時間が長い国民です。

生きるために労働は必要ですが、その大きな割合を費やしている労働時間を、好きなことに使う時間に変換したら、どんなに楽しいだろうかと考えてしまうのも無理はありません。

働きたくない女性の心理④:男性は外で働き、女性は家を守る

このような考え方の女性は未だに多く存在します。
それは、考え方が古いということではなく、このような家族の形態が合理的であるという見方もできるからです。

女性は、様々なことを同時に考えることができる「マルチタスク」型の人が多いとよく言われています。
「マルチタスク」という表現が女性の性質と当てはまるかどうかは様々な議論がありますが、ここでは家事という細かいことを毎日こなす事に長けた性質を持つという意味で使用することにします。

炊事、洗濯、掃除、家族の世話など、1日のうちにやるべきことが沢山あり、それをタイムスケジュールを予想しながら効率よく平行して行うことが得意なのは女性のほうが多い傾向にあります。
さらに、家族の様子を見ながら臨機応変にそのスケジュールを組み替えることができる、家族が暮らしやすい環境のために気くばり・思いやりを持ってこなすことが出来るのも女性の特徴です。

厳密に言えば、この場合は女性は働かないのではなく、職場が家庭であるという事です。

働きたくない女性の心理⑤:子育てに専念したい

子を持つ女性が働きたくないと考える理由のほとんどはこれです。
子育ては夫婦が協力して行うものですが、やはり母親の存在は子供にとってとても大きいもの。

そして、子供の成長はとても早いものです。
その成長を見逃さず、そばにいて子育てしたいと考えるのはごく自然な心理です。

働きたくない女性の心理⑥:働かなくても生活できる

親や夫の資産で十分に生活できている、ということであればごく自然な考え方です。
労働意欲もなかなか湧きにくいのが事実でしょう。

そのような家庭に育ったため、結婚してもその考えが抜けないといったケースもあります。

<下に続く>

働きたくない女性の特徴

働きたくない女性の特徴

働きたくない女性には、以下の9つの特徴があります。

  1. 労働意欲がない
  2. 人に頼りたがる
  3. 結婚願望が強い
  4. すぐに諦める
  5. 協調性がない
  6. 強い意志がない
  7. 自分に甘い
  8. 計画性がない
  9. 子供が生まれたばかり

では、それぞれの特徴について詳しくみていきましょう。

働きたくない女性の特徴①:労働意欲がない

そもそも働きたくないと思っているので、仕事に対する意欲は持ち合わせていない人です。
仕事をすることで得られる達成感なども感じにくく、やりがいを感じられないため、チャレンジする精神も生まれにくいという停滞した考え方を持っています。

スキルアップや昇進についても興味がなく、就職しても労働時間は不毛な時間だと考えています。
収入のために仕事をしても、ある程度の期間働いたら辞めて失業給付を受給するといった事を繰り返し、なるべく働く時間を減らして暮らすことを重視します。

働きたくない女性の特徴②:人に頼りたがる

仕事においてもプライベートでも、頼ったり依存したがるタイプです。
出来ないことは誰かに聞いたりやってもらったほうが良いと考えているため、自分でやってみようという自発的な発想に至りません。

なんとかして働かずに誰かに頼って暮らせないかと考えていて、彼氏の家に転がり込んで寄生したりするのもこうしたタイプの女性です。

働きたくない女性の特徴③:結婚願望が強い

結婚願望が強い女性は、結婚したら専業主婦になる想定のケースが多いように見受けられます。
結婚についての憧れというよりは、「働きたくない」=「結婚」と考えているタイプです。

結婚することで働かないことの大義名分ができる、夫に養ってもらえるという幻想を抱いているため、結婚することで起きる問題などを前もって想定するような発想がありません。
結婚後にいろいろな課題や問題が起きても、2人で解決しようという協力体制ができにくい傾向にあります。

働きたくない女性の特徴④:すぐに諦める

物事を成し遂げる意欲が薄く、ちょっとした壁に直面するだけでも早々に「もうやめよう」と諦めがちです。
諦めるのが早いので何事もやり遂げるという経験が少なく、達成感を感じにくいので何かに打ち込むこともしないそして何かを始めてもまたすぐに諦める、の繰り返しです。

働きたくない女性の特徴⑤:協調性がない

働きたくないと考えている女性は自分の都合の良いように物事が運ぶことを望むため、おしなべて自分中心に物事を考える傾向にあります。
団体での行動が必要な場面でも自分の意見を通したがったり、1人で別な行動をしたりということを引け目に感じません。

働きたくない女性の特徴⑥:強い意志が無い

働きたくないという願望は、仕事をしたくない、面倒な事は避けたいという「逃げ」やマイナスの考え方が多分に含まれています。
そのため、自分の目標のためにこうしようという前向きな考えに至りにくく、自分の望みをかなえるために行動しようという思いが起きません。

自分の意志で行動することが少ないので、自分のかかわりが薄い場面では流されやすいタイプです。

働きたくない女性の特徴⑦:自分に甘い

面倒な事はしたくないと常に考えている働きたくない女性は、少しでも自分が楽になれることを望みます。
自分に課すハードルが低く、向上心が低いので「このくらいでいいか」となりがちです。

将来的な目標よりもその場の快楽を選び、新たなことを始めても長続きすることがあまりありません。

働きたくない女性の特徴⑧:計画性がない

働きたくないと考える人は、現実をどうしたら楽に過ごせるかという目の前の事に注目しがちなので、将来的な自分のビジョンというものを持っていない傾向にあります。
将来、結婚して子供が出来たら、マイホームを手に入れるには、子供が独立して老後はどうするか、など先の見通しをイメージできず、貯蓄や将来設計に関して無関心です。

働きたくない女性の特徴⑨:子供が生まれたばかり

働きたくないと考える女性のタイプは上記のように傾向が偏りがちですが、子育てを理由に働きたくないと考える女性は全くタイプが異なります。
子供のため、子供を育てるという人生の大事な時間のために、働くことをあえて選択しないという意志の強さがあります。

子供、自分、将来的な家族の在り方などを考えたからこその決断は、他の「働きたくない女性」とは一線を画した存在です。

<下に続く>

日本の女性は結婚後働きたくないと考えがち?

結婚したら家庭に入る、という考え方は、いまだに根強く残っています。
出来ることならそうしたいと考えている方は少なくありません。

ただし、現実に働かないという選択をする人はそう多くないようです。
ある調査では、女性に「結婚後の働き方の希望」を聞いたところ正社員が約5割、アルバイト・パートが4割、専業主婦が約1割という結果が出ました。

夫の収入だけでは経済的に不安という意見のほかに、社会的な自分の居場所が欲しいという意見がありました。
現代の女性は、家庭だけではなく社会でも自分の価値を高めたいと考える人が多いようですね。

<下に続く>

働きたくないから結婚する女性も?

結婚と働きたくない願望

仕事が嫌になったとき、疲れたとき、ふとそんなふうに考える機会は誰でもあります。

とはいえ、働きたくないからという理由で結婚する女性は、専業主婦になったからといって必ずしもそれが幸せではないケースが多くあります。
専業主婦は働かなくて良いのではなく、働く場所が家庭になっただけです。

夫が外で稼いでくる分、家のことはほとんど自分がやらなければならなくなり、子供が生まれたらさらに仕事は増えますし、ご近所・ママ友との付き合いなども必要となり、楽になることなどほとんど無いことを実感するはずです。
そもそも、働きたくないから結婚という考え方が間違えていることは明白ですね。

<下に続く>

働きたくない女性の心理!特徴や結婚後の生活は?のまとめ

働きたくないと考える女性の多くは、現実逃避の手段としてそのような考え方に至っているようです。
本心からそう思っている人は案外少ないのかもしれません。
本当に働きたくないと考える女性は、誰かに頼れる環境があれば別ですが、結婚などで一時的に働かなくて良い状態になっても、いずれ「こんなはずじゃなかった」という結末になることでしょう。

Thumb minkane logo
written by
「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。 投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。
関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line