みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に
2018/06/13

日本と海外のコンセントの種類まとめ!機能別おすすめコンセント

普段何気なく使っているコンセントですが、その形状や機能にはいろいろな種類があります。とくに、海外旅行に行くと国によって電気規格が違うため、日本仕様の電化製品が使えなくて困ったという経験を持つ人も多いのではないでしょうか。日本と海外のコンセントの特徴や種類、そして機能別のおすすめコンセントをご紹介します。

Large %e3%82%b3%e3%83%b3%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%83%88%e7%99%bd%e9%bb%92

日本のコンセントの電圧

日本の電圧は一般住宅やオフィスでは100V、工業用では200Vです。
これは、世界的に見てもマイナーで、ほかに100V を使っている国は北朝鮮くらいだというから驚きです。

アメリカでは120V、ヨーロッパでは、220~240Vが一般的です。
電気が普及したころの日本は、木造住宅がほとんどだったため、高電圧では漏電した時に危険だということで100Vと低電圧を採用したそうです。

ホームセンターや電気屋さんに行くと、いろいろな種類のコンセントが売られています。しかし、コンセントの形は「単相」と「三相」。ボルトが「100V」と「200V」の違いがあるだけです。

日本のコンセントは、使う家電によって、100Vか200Vに別れているので、コンセントを取り付けるときには、どの家電用のために付けるか考えながら設置しましょう。

<下に続く>

日本のコンセントの種類

コンセント タップ

日本のコンセントの種類には、以下の3つがあります。

  1. 単相式100Vコンセント
  2. 単相式200Vコンセント
  3. 三相式200Vコンセント

では、日本のコンセントの種類を、それぞれ詳しくみていきましょう。

日本のコンセントの種類①:単相式100Vコンセント

一般的な家電に使われるのが、縦長の穴がふたつ開いている単相式100V15Aです。同じ100Vのコンセントでも、アンペアが違ってくると形状も違ってきます。そのため、15Aと20Aを併用できるタイプのコンセントもあります。

最近では、100Vよりも200Vの家庭電化製品も増えています。現在100Vの電圧しか使っていない家庭でも、200Vの電圧を使用するために必要な3本の電線がすでに用意されていることが多いようです。そのため、簡単な工事をするだけで200Vの機器を使うことができるようになります。

日本のコンセントの種類②:単相式200Vコンセント

単相式200Vのコンセントは、IHクッキングヒーターやエアコン、電子レンジといった大きな電気容量の機器を効率よく働かせることが可能になります。たとえば、同じエアコンでも広い部屋用では、消費電力も大きいので200V仕様、小さい部屋用では、100V仕様が一般的となっています。

100Vと200Vの違いは、仕事量の違いです。流れる電流の大きさが100Vでは10A、200Vでは5Aとなり、電線の負担が半分になるので、そのぶん大容量の電流が流せることになります。

200Vを必要とする電気製品に100Vのコンセントを使ってしまうと、電線に負担がかかって、熱をもったり発火の原因になったりするので注意が必要です。

日本のコンセントの種類③:三相式200Vコンセント

三相式200Vは、別名「動力用電源」とも呼ばれています。主に、工場などに使われるモーターを動かすための電源として使われるためです。

三相は、単相と比較すると少ない電流で同じ電力を生み出せます。それにより、効率よく稼働でき、設備を小さくでき、電気代も節約するというメリットもあります。

そのため、あまり一般の家庭では使われることはありません。もし使う場合には、別契約しなければなりませんし、工事も必要になってきます。

<下に続く>

コンセントの種類の選び方のポイント

コンセント スマホ

コンセントには、以下の3つの選び方のポイントがあります。

  1. 雷ガードが付いている
  2. トラッキング防止機能が付いている
  3. スイッチ付き
  4. 防水機能付き

では、それぞれの選び方のポイントについて詳しくみていきましょう。

コンセントの選び方のポイント①:雷ガードが付いている

家電は、過剰な電流が流れると壊れてしまうことがあります。とくに、パソコンでは大切なデータが破損してしまいます。オーディオやテレビなど、デリケートで高価な家電を使っている人には、ぜひおすすめしたい機能です。

雷が家に直撃するというのは、非常にまれではありますがゼロとはいえません。万が一落雷があったときでも、1回~数回までは防いでくれる効果があります。

コンセントの選び方のポイント②:トラッキング防止機能が付いている

最近の火事の原因で多いのが、コンセント付近にホコリが溜まっていることで発火するというケースです。とくに、冷蔵庫や洗濯機など、一度セッティングしたら、なかなか動かすこともありません。

このような家電のコンセントは、トラッキング防止機能の付いた電源タップを使うと安心です。絶縁キャップが付いているので、ホコリへの通電を防止して、発火の危険性を回避してくれます。

コンセントの選び方のポイント③:スイッチ付き

コンセントを抜き差しせずに、待機電力の節約になるのがスイッチ付きです。パソコンのプリンターやスマホの充電器といった通常はコンセントに差しっぱなしという家電も、使っていない間はスイッチをオフにしておくと節電になります。

コンセントの選び方のポイント④:防水機能付き

洗面台、洗濯機周り、観賞魚用水槽などの水回りで使うときには、どうしても水しぶきが飛ぶことを考慮しなければなりません。水が付着することで、ショートしてしまう危険性があるからです。

万が一水滴が付着しても、中に入り込まないカバー付きのものや、製品自体が防水設計になっているものを選ぶようにしましょう。

<下に続く>

機能別・用途別おすすめコンセントタップ【日本国内用】

おすすめのコンセントタップ①:

エレコム 電源タップ 雷ガード 個別スイッチ ほこりシャッター付 6個口 2.5m ブラック T-K6A-2625BK
1207円

エレコム 電源タップ 雷ガード 個別スイッチ ほこりシャッター付 6個口 2.5m ブラック T-K6A-2625BK

コンセントは6カ所付いています。それぞれのコンセント口に対応したスイッチが付いています。

エアコンやスマホなど、こまめにスイッチを切って待機電力を節約するものと、冷蔵庫など常に電気をつけておかなければならない家電など、これひとつあれば両方使えます。

また、コードが2.5mあるので、コンセントから離れた家電も使いやすくなります。テレビなどの精密機器を落雷から守る「高性能雷サージ吸収素子内臓」のため、安全性と使いやすさが特徴になっています。

おすすめのコンセントタップ②:Powerjc タワー式 電源タップ 縦型コンセント 8+6

Powerjc タワー式 電源タップ 縦型コンセント 8+6(AC差込口+USBポート) 2500w 入力95v-250v 3Mコード USB急速充電器 一括スイッチ付 掛ける可能 職場用 複数国に向け 2層 ホワイト
4380円

タワー式の電源タップです。ACアダプタが8カ所、USBポートが6カ所付いているので、スマホ、タブレット、パソコン、ゲーム機といった複数のデバイスへの充電も同時にできます。

このコンセントタップの優れたところは、USBポートが接続された機器を識別して、オートによって機器に適切な電流で急速充電できることです。

おすすめのコンセントタップ③:サンワサプライ 節電エコ 電源タップ 2P 6個口 1m TAP-S18-1

サンワサプライ 節電エコ 電源タップ 2P 6個口 1m TAP-S18-1
1187円

ACコンセント口が6カ所付いていて、集中スイッチでまとめてONとOFFができます。もちろん、それぞれ個別スイッチが付いているので、機器別に電源のONとOFFもできます。

フック穴が付いているので、壁に固定して部屋をスッキリさせることもできます。ホコリ防止シャッターによって、使っていないコンセントへのホコリの侵入を防いで、火事といった危険防止対策がほどこされています。

このほか、小型のACアダプタを無理なく接続できる間隔を確保。絶縁キャップ付きでトラッキング火災予防設計、落雷ガードも搭載されています。

おすすめのコンセントタップ④:ケーブルプラグ CABE PLUG 04 002881

ケーブルプラグ 4個口 CABE PLUG 04 [ ブラック ] 002881
2700円

とってもコンパクトな電源タップです。カラーは「ホワイト」「ブラック」「カーキ」の3色でデザイン性にも優れ、さりげなくお部屋をおしゃれに見せてくれます。

コードが3mもあるので、使い勝手がよく、さらに、差込口がそれぞれスイッチでONとOFF ができるので、待機電力の節電効果もあります。

おすすめのコンセントタップ⑤:W-I-C インテリアナチュラルウッド電源タップ 雷サージプロテクタ AC3口 個別スイッチ&USB付 PT337BEWD

W-I-C インテリアナチュラルウッド電源タップ 雷サージプロテクタ AC3口 個別スイッチ&USB付 PT337BEWD
3228円

ちょっと珍しい木目調のデザインのコンセントタップです。ナチュラルテイストのお部屋や、和室にもぴったりと合うデザインです。

使い勝手のよい3つのACアダプタがついていています。さらに、端のコンセントは、大型の充電器を差し込んでも邪魔にならないような設計になっています。

雷サージガード、ホコリ防止シャッター、トラッキング火災防止の絶縁カバー付きのプラグが採用されています。お部屋のインテリアの一部として、安心と機能性のあるコンセントタップです。

おすすめのコンセントタップ⑥:エレコム 電源タップ ホコリシャッター付 耐熱素材使用 flecc orbe 4個口 1.0m ホワイト T-NFL02-2410WH

エレコム 電源タップ ホコリシャッター付 耐熱素材使用 flecc orbe 4個口 1.0m ホワイト T-NFL02-2410WH
984円

シンプル&スタイリッシュなコンセントタップです。円筒形をしており、差込口の向きが90度ずつずらした放射状になっています。

机の腕も安定するように低重心に設計されており、複数の人が同時に使う会議や打ち合わせなどにも便利です。万が一発熱しても溶けにくく、電気火災防止のための工夫がされています。

おすすめのコンセントタップ⑦:可動式電源タップ 回転式8口+固定式4口 S9PC01RB

可動式電源タップ 回転式8口+固定式4口 S9PC01RB
3121円

差込口がなんと12カ所もあります。そのうちの8カ所は、プラグが90度動かすことができるため、どうしてもスペースを取ってしまうACアダプタを並べても簡単に差し込むことができます。

また、内臓ブレーカーが搭載されているので、過電流の場合にも自動的に電源を落とします。さらに、ケーブル押さえが付いているので、タップの周りで、ケーブルがぐちゃぐちゃに絡まってしまうこともありません。

おすすめのコンセントタップ⑧:サンワサプライ ACアダプタ対応9口タップ ブラック TAP-B40BK

サンワサプライ ACアダプタ対応9口タップ ブラック TAP-B40BK
1160円

差込口は9カ所。それぞれ上下左右に角度をつけてレイアウトされているので、スペースを取るACアダプタも複数連続接続をすることができます。

9カ所の差込口のうち。6カ所がONとOFFができ、あとの3カ所は常時通電と節電のために分けられているのが特徴です。消費電力が1500Wを超えると自動的に電源が切れるシステムになっているので、過電流に伴う火災の心配もありません。

<下に続く>

海外のコンセントの種類

コンセント 地球

日本と海外のコンセントでは、大きく分けると「コンセントの形状」「コンセントに届いている電圧」の2つが違っています。

日本では、100Vの電圧を使っています。ところが海外に目を向けてみると、アメリカでは120V、ヨーロッパでは220V~240Vが一般的となっています。

電圧を分類してみると9タイプのプラグがあります。日本仕様の100V専用の器具をコンセントに差し込んでしまうと、高い電圧が流れて破損してしまう危険性があります。

そのため、海外旅行や出張、留学するときには、現地の電気規格に合うように「電源変換プラグ」と「変圧器」が必要になります。タイのように、ひとつの国の中で、地域によってコンセントの形状が違うというところもあります。

主要コンセントは6種類もあり、それぞれの型には、さらに変形版もあるので、正確なコンセントの種類は、もっと多くなるでしょう。海外出張の多いビジネスマンは、国ごとに形の合うコンセントを持っているのは面倒ですから、マルチコンセント変換プラグを持っていく人も多いようです。

<下に続く>

海外旅行で使えるおすすめコンセント用アイテム

海外旅行で使えるおすすめのコンセント用アイテム①:YAZAWA 海外用電源プラグAタイプ HP1

YAZAWA 海外用電源プラグAタイプ HP1
1642円

アメリカ、カナダ、中国、台湾、韓国など、主要国に対応しているAタイプのコンセントです。出張先がAタイプの国に限定されている場合などは、価格が安いので助かります。

海外で日本の電気製品をそれほど使わないという人は、このプラグがひとつあれば十分です。ひとつでは、どうしても足りないという人は、もうひとつ追加して購入しても、それほどの負担にはなりません。

海外旅行で使えるおすすめのコンセント用アイテム②:カシムラ 海外用マルチ変換プラグ 世界対応ブロック型 カムイ ピンク NTI-598

カシムラ 海外用マルチ変換プラグ 世界対応ブロック型 カムイ ピンク NTI-598
2137円

9種類の変換プラグをひとつにまとめてコンパクトに持ち運びができるのが、最大のメリットです。これ1台で、ほとんどの国のコンセントに対応できます。

さまざまな国を行き来するグローバルなビジネスマン、1回の海外旅行でいろいろな場所に行く場合などに携帯するととても便利です。

海外旅行で使えるおすすめのコンセント用アイテム③:海外旅行用 電源変換プラグ付 電源タップ 5口 PowerCube 1930 (USB付)

海外旅行用 電源変換プラグ付 電源タップ 5口 PowerCube 1930 (USB付)
2430円

ドイツのグッドデザイン賞を獲得したお洒落なキューブ型変換プラグです。スタイリッシュでコンパクトな設計のプラグには、電源コンセントが4口、USBポートが2口搭載されています。

4タイプのプラグに対応し、主要30カ国以上で使うことができ、電気製品のトータル消費電力が2500Wまでなら、一度に使うことができます。コンセントへの直付けタイプや延長コードタイプもあるので、使い勝手のいい方を選べます。

海外旅行で使えるおすすめのコンセント用アイテム④:ヤザワ 海外用マルチ変換プラグ 差込口形状A・C・O・BF・SE・USB対応 HPM4WH

ヤザワ 海外用マルチ変換プラグ 差込口形状A・C・O・BF・SE・USB対応 HPM4WH
1236円

この変換プラグひとつで、5タイプの差込プラグが格納されています。約150カ国のコンセントに対応できる優れものです。

電源コンセント2口とUSBポート1口が付いていて、他の機器の使用中でもスマホの充電が可能です。

さらに重さはわずか77gと軽量、コンパクト設計ですから、海外への持ち運びも苦になりません。価格も1,000円台とお手頃ですから、持っていきたい電気機器が多い場合には、2つ用意しても経済的な負担は少なくて済みます。

海外旅行で使えるおすすめのコンセント用アイテム⑤:サンワサプライ 海外電源変換アダプタ ホワイト TR-AD4W

サンワサプライ 海外電源変換アダプタ ホワイト TR-AD4W
2120円

変形プラグを分割して、合体・変形することができます。この機能によって、9種類のコンセント形状に変えられるため、ほぼ全世界、158カ国での使用が可能になります。

しかも、厚さ16.5mm、重さはわずか55gと持ち運びに便利です。海外の目的地のコンセント形状がハッキリしなくて不安だという場合やいくつかの国を訪問しなければならない場合など、これひとつ持っていると安心です。3年間長期保証というのも安心材料です。

海外旅行で使えるおすすめのコンセント用アイテム⑥:ADVANCE マルチ変換プラグ 世界200ヶ国以上対応 USB2ポート付

ADVANCE マルチ変換プラグ 世界200ヶ国以上対応 USB2ポート付 (ブラック)
1680円

5タイプに対応していて、世界200カ国以上で使えるシンプルなボックス型。重さも109gと軽量設計ですから、海外旅行の手荷物の中に入れても邪魔になりません。

スマホは海外でも必需品です。充電用のUSBポートが2ポート付いているので、スマホとタブレットを同時に充電することも可能です。また、高出力2.1A対応ですから、急速充電もできます。

<下に続く>

日本と海外のコンセントの種類違いを知って、快適な家電生活を

スマホやタブレット、パソコンなどなど、こうした電気機器は生活の上で欠かすことができません。私たちは、普段何気なくコンセントから通電したり、充電したりしていますが、海外に行くとほとんど日本電気機器のアダプタは使えません。
日本と海外のコンセントの違いを理解して、必ず現地に合ったものを用意するようにしましょう。

Thumb minkane logo
written by

「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。
投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。

関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line