みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に

五味大輔ってどんな人?プロフィールや投資先会社一覧を徹底解説

「五味大輔」という名前でピンとくる方は初心者投資家から億万を稼ぐ投資家までいらっしゃることでしょう。
五味大輔氏は投資家ならだれもが知るカリスマ投資家です。

誰もが知りたいそのプロフィールや投資スキル、また総資産に一体どんな会社に投資しているのか?という投資会社の一覧までをご紹介していきたいと思います。

Large pexels photo 534216
目次

五味大輔ってどんな人?そのプロフィール

結婚:既婚
職業:地方会社員(兼個人投資家)
趣味:Twitter、スマホゲーム
株式投資歴:中学時代より20年以上
刺激を受けた人:B・N・F氏やcis氏
お金の使い道:家と車を購入。家族でいい部屋に泊まる。スマホゲームの課金
投資の相談相手:いない

ここ数年大化けし、株式名簿に大株主として載るようになった個人投資家です。
中学時代に始めた株式投資歴は20年以上になるとのことです。

大学生の時に6000万円を稼いだが、刺激を受けたB・N・F氏cis氏を知り、もっと稼いでる人がいるのだから、もっと頑張らなければと思ったといいます。
稼いだお金は、家や車を購入した後は家族旅行の際に良い部屋に泊まったり、スマホゲームで200万円課金したこともあったそうです。

投資の相談相手については自分の考えでやっているので、特にはいないようですが、他の人のTwitterやブログは見ているとのことです。

情報収集

※B・N・F(ビー・エヌ・エフ)氏
2005年12月8日のジェイコム株大量誤発注事件で約10分間で20億3,500万円の利益を上げたことで有名です。
しかし、その他にも100万円からわずか5年で総資産100億円突破した個人投資家です。

※cis(シス)氏
2000年に140万円の元手でスタートし、2015年には総資産200億円になった個人投資家です。
B・N・F氏と同じく、ジェイコム株大量誤発注事件で約6億の利益を上げました。
2011年に唯一「笑っていいとも」にテレビ出演しました。

※ジェイコム株大量誤発注事件
人材派遣のジェイコム社(現・ライク)の株をみずほ証券が「67万円の1株売り」というところを「1円の67万株売り」と誤発注した事件です。
コンピューター画面には異常を知らせるメッセージが出たが、担当者はそのまま発注しました。

その後取り消しの申し込みをしましたが、東京証券取引所のホストコンピューターは認識しませんでした。
大量の株価の急落による売り注文、誤発注ではないかと予測した買い注文の混乱の中で、次第に買い注文が集中し始め、みずほ証券が全発注量を反対売買により買い戻す決定をしました。

そのため株価は急騰し、誤発注から約16分後には1株につきその日のストップ安の状態から約20万円の上昇となりました。
みずほ証券の反対売買にも関わらず、9万6,236株の買い注文については相殺できず、取引が成立したといいます。

<下に続く>

五味大輔の投資スキル

スキル①:基本スタンス

基本的に長期取引を主としていて、それでいて信用取引はしないけれど、空売りをすることはあるといいます。
投資に使うのは1日に実質的には10分から20分程度で、朝に注文を出して終わってから確認するだけとのことです。

※信用取引
購入する株式を担保に資金を借り入れて、自己資金以上の大きな取引、信用取引の場合は3倍までを可能とすることです。しかし、当然株価が下がってしまった時には大きな損失になってしまうというデメリットはあります。

※空売り
株価が下がることが予想される場合に、証券会社から株を借り、株価100円で売って代金の100円を手に入れます。
予想された通り株価が10円さがって90円になった時点で、株を買い戻し証券会社に株を返却するのです。

すると1株につき10円儲けたことになります。
実態のないこういった取引で利益を得ることを空売りと言います。

スキル②:情報は身の回りから

投資に関する情報は基本的に身の回りの物から得ているそうです。
その上で、仕事が終わってから1時間程度、決算短信、つまり上場企業が証券取引所のルールに合わせて発表する期末または四半期末の決算結果や業績を見ているといいます。

資料

気になった銘柄は中長期計画を確認して、それが信頼できるかどうかを確認するということだそうです。
例えば、五味氏はスマホゲーム好きであることからゲーム関連銘柄が好きだそうです。

どこからそういった情報を得るかといえば、実際に自分でゲームをやってみて決めるといいます。
特に「パズル&ドラゴンズ」が出た時には、「待っていたチャンスがついに到来した」と間違いなくヒットするということで、ほぼ全ての資金をガンホーに投入したとのことです。

自分の得意分野を持ち、そこから会社を選んだ方がいいのだということのようです。

スキル③:買うときの利益見込み

五味氏は、投資をしているからには1~2割という値上がりは狙っておらず、2~3倍は最低でも狙いたいというスタンスで投資をしているといいます。
ただ、2~3倍が限度と思える銘柄と、もっと10倍はいけるという銘柄があるそうです。
しかし、そこで大きく勝つか小さく勝つかは「チャンス」とそれを逃さない「経験」からくる差だといいます。

スキル④ 保有株を売る時

基本的には株価の上昇に合わせて徐々に売っていくスタイルです。
ただ、判断を間違ったと思ったら早めに損切りするタイプとは言います。

しかし、売買が成立した株数(出来高)が少ない場合や売れなかった場合は、長期間保有し続ける(塩漬け)にすることもあるといいます。
ただ、五味氏の場合は一つ一つの投資額が1億円を超えることも多いことから、出来高が少ない株を一気に売ると株価の値崩れを起こす原因にもなることから慎重にならざるを得ないと言えます。

※損切り(ロスカット)
買った株が値下がりしてきたが、「また上がるかも」見切りをつけることができずに損を拡大してしまったりすることは初心者にはよくあることです。
もう値が下がっているが売るに売れない、いわゆる含み損の状態のままでおくことを塩漬けと言いますが、その前にある程度の損を覚悟で売ってしまうことを損切りと言います。

<下に続く>

五味大輔の資産はいくら?

2016年、現在でも第1位の大株主である90万株で全体の5.3%の保有率(2017年10月5日時点)であるそーせいグループが急騰したピーク時には総資産300億円を超えたともいわれていました。
しかし、現在では総資産約250億円と言われています。

そーせいグループだけでなく、四季報に大株主トップ10に載っているだけでも15銘柄あります。
本来ならば3~4銘柄に絞るのが理想的と述べていますが、現実的には全部で20銘柄程度と言われています。

投資の検討

<下に続く>

五味大輔の投資会社一覧

① 【4565】そーせいグループ株式会社

保有株数:90万株
保有率:5.3%
大株主トップ10:1位
売上高:69億5,500万円
総資産:694億8,600万円

医薬品開発が主力のバイオベンチャー企業です。
元ジェネンテック社長の田村眞一氏が1990年に創設し、日本とイギリスの2拠点を持ちます。

2004年、東京証券取引所マザーズへの上場や、英国Arakis社やHeptares社の買収、ノバルティス社、Allergan社、AstraZeneca社、Pfizer社といった世界的大手製薬企業との提携などにより急成長しました。

② 【6050】イー・ガーディアン株式会社

保有株数:44万株
保有率:4.2%
大株主トップ10:2位
売上高:50億6,700万円
総資産:31億8,700万円

1997年、夏目三法によって創設されました。
創業当初には、ホームページ制作及びマルチメディアコンテンツプロバイダーとして、無料レンタル掲示板事業、レンタルサーバ事業を開始しました。

インターネット掲示板における掲示板投稿監視事業開始し、2010年には東京証券取引所マザーズへ上場しています。
また、2016年には東京証券取引所第一部に市場変更しました。

③ 【2120】株式会社LIFULL

保有株数:240万株
保有率:2.0%
大株主トップ10:7位
売上高:159億4,800万円
総資産:263億6,300万円

1997年に株式会社リクルート社員だった井上高志、武藤英明によって設立されました。
住宅などの不動産関連のポータルサイト「LIFULL HOME'S」等の企画・運営を行う会社です。

2017年3月までの旧社名は株式会社ネクストといいました。
2006年、東京証券取引所マザーズに上場し、2010年、東京証券取引所第一部に市場変更しています。

④ 【3665】株式会社エニグモ

保有株数:65万株
保有率:3.0%
大株主トップ10:7位
売上高:44億9,200万円
総資産:47億3,200万円

2004年に現在も代表取締役 最高経営責任者である須田将啓によって設立されました。
個人輸入を代行するソーシャル・ショッピング・サイト「BUYMA(バイマ)」の運営会社です。

ソニーが議決権の24.0%を保有する筆頭株主で、主に海外在住の個人バイヤーが商品をサイトに出品することによって、購入者への注文の取次ぎや決済などを代行します。
主な収益源は出品者、購入者双方から得る手数料です。

2012年、東京証券取引所マザーズ市場に株式を上場しています。

⑤ 【7829】株式会社サマンサタバサジャパンリミテッド

保有株数:150万株
保有率:4.2%
大株主トップ10:2位
売上高:321億5,800万円
総資産:167億1,800万円

1994年、現在でも代表取締役である寺田和正によって創業されました。
若い女性向け中心のハンドバッグの企画・販売のブランド「サマンサタバサ」、ジュエリーブランドの「サマンサティアラ」などを手掛けています。

中国、韓国、シンガポール、米国など海外でも事業を展開しています。
2015年、東京証券取引所マザーズへ上場しました。

⑥ 【2497】ユナイテッド株式会社

保有株数:27万株
保有率:1.1%
大株主トップ10:8位
売上高:144億4,400万円
総資産:127億9,300万円

1998年、西川潔によりネットエイジを設立されました。
スマートフォンに特化した広告事業や、スマートフォン向けアプリの開発・運営などを行うコンテンツ事業に力を注いでいます。

2012年、博報堂DYホールディングス子会社のデジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社の子会社になります。
2006年、東京証券取引所マザーズ市場に上場しました。

⑦ 【7774】株式会社ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング

保有株数:43万株
保有率:1.0%
大株主トップ10:5位
売上高:22億7,100万円
総資産:90億2,300万円

1999年、ニデック、イナックス、富山化学工業並びにセントラルキャピタルとの共同出資により設立されました。
組織工学技術を活用して、自家培養表皮などを開発する再生医療のバイオベンチャー会社です。

生きた細胞を使い組織や臓器を人工的に作りだすことを目的としています。
2007年、ジャスダックNEOへ上場しました。

⑧ 【3723】日本ファルコム株式会社

保有株数:48万株
保有率:4.6%
大株主トップ10:5位
売上高:20億5,600万円
総資産:50億2,300万円

1981年、コンピューター導入時のアドバイザー企業として加藤正幸によって創業されます。
社名は『スター・ウォーズ』に登場した「ミレニアム・ファルコン号」からの着想で、最後に「com」をつけたものです。

ゲームソフトを開発・販売し、作品にドラゴンスレイヤーシリーズ、イースシリーズ、英雄伝説シリーズがあります。
2003年、東京証券取引所マザーズに上場しました。

⑨ 【7600】株式会社日本エム・ディ・エム

保有株数:44万株
保有率:1.6%
大株主トップ10:7位
売上高:148億700万
総資産:208億7000万円

1973年、株式会社ホスピタルサービスとして設立されました。
整形外科用の医療器具の商社であるとともに、骨接合材料や人工関節、脊椎固定器具などの製造・開発も行っているメーカーでもあります。

日本特殊陶業株式会社が筆頭株主で30%の株を保有しています。
2000年、東京証券取引所市場第二部に上場し、翌年である2001年には東京証券取引所市場第一部に指定を替えしました。

⑩ 【2410】株式会社キャリアデザインセンター

保有株数:25万株
保有率:3.6%
大株主トップ10:4位
売上高:98億9,300万円
総資産:50億2,500万円

1993年にリクルートのとらばーゆの編集長を勤め、取締役までになった多田弘實によって創業されました。
ビジネス情報や求人情報などの情報誌の出版を目的として設立され、1994年には94年、求人情報誌「type」を創刊しました。

現在では「@type」「女の転職@type」などのサイトの運営、新卒者向け就職イベントや人材紹介、IT関連の人材派遣などを行う会社です。
2004年、大阪証券取引所ヘラクレス市場に上場し、その後東京証券取引所市場第二部上場します。

2013年には東京証券取引所市場第一部へ指定を替えています。

⑪ 【6769】ザインエレクトロニクス株式会社

保有株数:10万株
保有率:0.8%
大株主トップ10:8位
売上高:31億6,500万円
総資産:90億5,200万円

1991年、前身の株式会社ザイン・マイクロシステム研究所を飯塚哲哉によって設立され、翌年、三星電子株式会社(韓国)との合併に伴い、ザインエレクトロニクス株式会社が設立されました。
日本のベンチャー半導体メーカーであり、世界トップシェアを持つLSI製品開発し自社ブランドとして販売しています。

画像データを高速に伝達するLSIを広範な市場のメーカー等に販売していますが、工場を持たないメーカー(ファブレスメーカー)です。
2001年にJASDAQ市場へ新規株式公開しています。

⑫ 【6027】弁護士ドットコム株式会社

保有株数:18万株
保有率:0.8%
大株主トップ10:9位
売上高:16億5703万円
総資産:14億2367万円

2005年、弁護士・元榮太一郎によって、前身のオーセンスグループ株式会社が設立されました。
「弁護士ドットコム」「税理士ドットコム」などのインターネットサイト運営会社です。

主な収益源は、有料会員サービスによる月額料金や広告収入などです。
2013年、現在の「弁護士ドットコム株式会社」に改称し、翌年の2014年には東京証券取引所マザーズに上場しています。

⑬ 【4080】株式会社田中化学研究所

保有株数:20万株
保有率:0.7%
大株主トップ10:9位
売上高:214億1,300万円
総資産:164億7,700万円

1956年、田中忠義によって個人経営として創業され、翌1957年、株式会社田中化学研究所が設立されました。
主力製品はリチウムイオン電池やニッケル水素電池などの高性能電池に使われる正極材料です。

業界内で高いシェアを誇っており、2016年、住友化学の連結子会社となりました。
1999年、本社・福井工場においてISO14001を取得し、2013年東京証券取引所 JASDAQ市場に上場しています。

⑭ 【6972】エルナー株式会社

保有株数:70万株
保有率:1.0%
大株主トップ10:7位
売上高:270億7,500万円
総資産:227億3,400万円

1937年、太陽ストレート株式会社として設立しました。
コンデンサやプリント回路を製造販売する電子部品メーカーです。

また、太陽光発電による売電事業も行っています。
1970年、東京証券取引所第二部に上場しました。

⑮ 【3741】株式会社セック

保有株数:7万株
保有率:1.3%
大株主トップ10:10位
売上高:270億7,500万円
総資産:227億3,200万円

1970年、矢野恭一により株式会社セックが設立されました。
モバイル分野、社会基盤システム、宇宙先端システム等のリアルタイムソフトウェアの提供を主体とする専門会社です。

NTTドコモへの売上高が全体の10%強を占めます。
2017年3月には、ジャスダックから東京証券取引所市場第二部に市場変更し、同年9月には東京証券取引所市場第一部に指定替えしています。

<下に続く>

五味大輔ってどんな人?

ここまで、五味大輔氏についてお話してきましたがいかがでしたでしょうか?
中学時代に投資をスタートし、大学生で6000万を稼ぎ、20年余りの経験を活かして総資産250億までになった誰もが羨む兼業個人投資家です。

そのプロフィールはまだ謎も多いですが、五味大輔氏が超一流の投資家であることは間違いがありません。
五味大輔氏の投資する銘柄に乗る投資家も多いといい、そのカリスマ性はまだまだ終わることはありません。

Thumb minkane logo
written by

「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。
投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。

関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line