みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に

iPhoneでおサイフケータイが使える?使い方やメリット・デメリット

iPhone7の発表からApple Payが採用され、Androidのおサイフケータイでしか使用できなかった電子マネーがiPhoneでも使えるようになりました。

しかしApple Payはおサイフケータイとは違いがあり、お互いにメリットとデメリットがありますので、それぞれの違いや使い方をここでご紹介します。

Large iphone mnp 3

iPhoneでおサイフケータイが利用可能に?

iPhoneはiPhone7以降、Apple Payが利用可能になり、おサイフケータイと同等の機能が搭載されました。

しかしiPhone7より前のiPhone6やiPhone SEなどの機体ではおサイフケータイ機能は未だ使用することが不可能です。

ただし特定のiPhone用のアクセサリを使うことで、今まで使えなかったおサイフケータイ機能を使用することができます。

その方法とは「ポケット付きiPhoneカバーに電子マネーのカードを設置する」ことです。

この方法でiPhoneに電子マネーのカードを設置したならiPhone6やiPhone SEなどiPhone7より前の機体でも、おサイフケータイのようにレジの端末にかざすだけで電子マネーが使えます。

もちろんiPhone7以降の製品でもおサイフケータイを使うことが可能。

またApple Payでは使えなかったWAONや楽天Edyといった電子マネーを使用することもこのアクセサリを使用した方法なら可能です。

現在、iPhone7より前の機体を使用していて電子マネーを利用したい方にはぜひ利用していただきたいものですね。

<下に続く>

iPhoneのapple payとおサイフケータイの違い

財布

おサイフケータイとApple Payの大きな違いは使用できる端末です。おサイフケータイは基本的にAndroidを搭載しているスマートフォン全般ですが、Apple PayはiPhoneのみ。

また、使い方の仕組みも異なっています。Apple PayはクレジットカードをiPhoneに登録し、後払い式の「iD」や「QUICPay」を使用し、クレジットカードでの後払いをメインとしています。もちろんSuicaも登録できるので先払い式にも対応しています。

一方、Androidのおサイフケータイは「Suica」をはじめとしたあらゆる電子マネーに対応していますが、Apple Payは後払いの「iD」と「QUICPay」と前払いの「Suica」の3種の支払い方法しか使用することはできません。使用できる電子マネーがかなり限定されているんです。

Apple PayではnanacoやWAON、楽天Edyなどが使用不可能です。さらに、Apple Payはクレジットカードの登録が必要ですが、登録できるカードの種類にも制限があり、全てのクレジットカードが適用できるわけではありませんので注意が必要になってきます。

Apple Payとおサイフケータイの違いをまとめると、以下の表のようになります。

支払い方法 電子マネー おサイフケータイ Apple Pay
後払い iD
後払い QUICPay
先払い Suica
先払い nanaco ×
先払い WAON ×
先払い 楽天Edy ×
<下に続く>

iPhoneでおサイフケータイを使う方法

iPhoneSEを持つ

ここまでiPhoneとおサイフケータイの違いについてご紹介してきました。

事実としてApple Payがおサイフケータイに比べてできないことが多いので、iPhoneでもおサイフケータイを使いたいと思う人がいても仕方のないことでしょう。そこで、ここからはiPhoneでおサイフケータイを使用する方法について紹介していきます。

iPhoneでおサイフケータイを使用するのに必要なものは、各種電子マネーカードとカードを設置できるポケットのついたiPhoneカバーです。iPhoneカバーのポケットに電子マネーのカードを設置することでiPhoneをおサイフケータイ風に使用できます。

この時、iPhoneに付けるカバーのポケットの数によって、使用できる電子マネーの数も変わってきます。もし多くのの電子マネーを使用したい時はポケットがたくさん付いているカバーを選択しましょう。

さらにSuicaを使用する場合、残高確認を行えるカバーが販売されています。通常、各種先払い式電子マネーの残高確認はスマホアプリケーションを使用しなければダメですが、カバーによって簡単に残高を表示してくれる商品もあるので、残高をすぐに確認したい人は要チェックです。

以上、iPhoneカバーに電子マネーカードの設置が完了したらあとの使い方は他のおサイフケータイと同様です。

コンビニなどの電子マネー使用可能の店舗のレジにて「iD」や「Edy」でと言い、iPhoneをカバーごとレジの端末にかざしてお支払いは完了。

後払い式ならその後クレジットカードに請求が行き、先払い式なら料金が残高から引かれます。

この時、Apple Payのように使用時に指紋認証や顔認証の必要はありません。そういった意味合いではおサイフケータイ化したiPhoneの方が支払いの際は便利だといえるでしょう。

ブライトンネット nocoly Air for iPhone 7 Plus
1980円

<下に続く>

iPhoneでのおサイフケータイ利用のメリット・デメリット

ここからはiPhoneでおサイフケータイを利用する際のメリットとデメリットについて解説します。

メリット

まずはメリットからです。以下のようなメリットが挙げられます。1つずつ説明していきましょう。

  1. iPhone6などの旧機体でも電子マネー決済ができる
  2. Apple Payで使用できない電子マネーを使用可能
  3. クレジットカードがなくても使用できる
  4. Apple Payと併用することで、あらゆる電子マネーの支払いに適用

iPhone7より前の機体でも電子マネー支払いができる

当然かもしれませんが、iPhone7より前のiPhone6やiPhone SEなどの機体では電子マネー支払いを行うことは出来ません。しかし、iPhoneカバーと電子マネーカードを併用することで、iPhone7より前の旧機体でも電子マネーでの決済が可能になります。

Apple Payで使用できない種類の電子マネーも使用できる

Apple Payでは使えるクレジットカードや電子マネーに制限があり、nanacoやWAONを使用することができません。一方、iPhoneカバーを利用しておサイフケータイとして使用する場合はnanacoやWAONを含めたどんな電子マネーでも使用可能です。

クレジットカードを持っていなくても使用できる

また、アップルペイではクレジットカードを登録する必要がありますが、おサイフケータイを使用するのであればクレジットカードを持っていない人でも利用が可能です。中高生のようにクレジットカードを持っていない学生でも使用可能というのも利点と言えるでしょう。

Apple Payと併用することで、あらゆる電子マネーの支払いに適用できる

Apple Payは非常に便利な機能ですが、対応していない電子マネーが数多くあります。
おサイフケータイを使用することで、あらゆる支払いに適用できるようになるのです。

例えば、iPhone7でApple Payを使っていたとしても、nanacoでどうしても支払いしなければならい状況になった時、nanacoカードをiPhoneカバーに設置していれば問題なくnanacoで支払いをすることができます。

このようにApple Payの弱点である「使用できる電子マネーの制限を補う」という利点もiPhoneのおサイフケータイ化にはあるんです。

デメリット

4つのメリットについて説明しましたが、今度はデメリットについてです。以下のようなデメリットがあります。

  1. あくまでも電子マネーカードをスマホに設置しているだけ
  2. iPhoneケースが必須になるのでかさばる

あくまでも電子マネーカードをスマホに設置しているだけ

Apple PayやAndroidのおサイフケータイとは異なり、iPhoneに電子マネーカードを設置しているだけなので、残高確認やセキュリティに関してiPhoneで管理することは一部例外を除いてできません

iPhoneを紛失した場合、Apple Payなら他人に使用される危険性はありませんが、電子マネーカードを設置しているだけなので他人に使われる可能性があるというデメリットはあります。

iPhoneケースが必須になるのでかさばる

Apple PayはiPhone本体だけでも使用可能だが、おサイフケータイとして使う場合はポケット付きのケースを使用する必要があります。iPhoneにケースをつけるとどうしても厚みが出てしまい、スマートにiPhoneを持ち歩きたい人にとっては不便です。

<下に続く>

iPhoneでのおサイフケータイに対応する電子マネー

スマホケースにカードを設置することでおサイフケータイ化することができるので、原理上どんな電子マネーでもお財布ケータイ化が可能です。

一例をあげるなら以下のような電子マネーが使用できます。

  1. QUICPay
  2. nanaco
  3. WAON
  4. 楽天Edy

1つずつ説明していきましょう。

QUICPay

QUICPayはJCBカードのポストペイ式の電子マネーです。残高を気にせず使用することができるのが魅力的。ただし支払いはクレジットカードとなりますので、クレジットカードがないと使用できないのは欠点です。中高生のようなクレジットカードを持てない学生には難しい電子マネーです。

nanaco

nanacoはセブン&アイが発行している電子マネー。プリペイド型ですので残高を常に気にする必要がありますが、その分お金の使いすぎを避けることができる点で優秀です。またセブンイレブンやイトーヨーカドーなどの買い物ではポイントが貯められます

WAON

WAONはイオングループが展開する電子マネーです。WAONもプリペイド式の電子マネーカード。利用総額が非常に大きいのが特徴です

楽天Edy

楽天Edyはプリペイド式電子マネーとしての代表的存在です。ポイントのたまりやすさも魅力的ですが、何よりも使えるお店が多いのが特徴。基本的にプリペイド電子マネーカードを使用するなら楽天Edyがオススメです。

<下に続く>

iPhoneでおサイフケータイはどんな場面で使う?

iPhoneでおサイフケータイを使う場面は以下のような状況です。

Apple Pay未対応の機種で電子マネーを使いたい時

まずiPhoneでおサイフケータイを使用する場面としては、iPhone7以前のモデルのiPhone6やiPhoneSEなどで電子マネー決済を行いたい時です。

これらの機種は日本のFeliCaに未対応ですので、Apple Payを使うことができません。そのためApple Payに対応していない機種で電子マネー決済をするためにはiPhoneケースに電子マネーカードを挿入し、おサイフケータイ化するしか方法はありません。

iPhone7以降のモデルで、Apple Payが対応していない電子マネーを使用したい時

Apple Payで現在使える電子マネーは「iD」と「QUICPay」、「Suica」だけです。そのためApple Payでは支払いができないシーンが多々あります。そういった時にiPhone7以降のモデルもおサイフケータイ化しておき、他の支払い方法を用意しておくのがいいでしょう。

特に楽天Edyが使える場面が多く安定していますので、iPhone7やiPhone8、iPhoneXを利用している場合でもiPhoneケースに楽天Edyが使える電子マネーカードを挿入しておくことをオススメします。

<下に続く>

iPhoneでおサイフケータイが使える?その使い方やメリット、デメリットのまとめ

以上、iPhoneでおサイフケータイを使用する方法とそのメリット・デメリットについてお話してきました。Apple Payとおサイフケータイの違いは理解できましたでしょうか。
どちらも一長一短な性質ですので、その違いを把握して使いましょう。

また、Apple Payに対応したiPhone7以降のモデルでも、おサイフケータイ化が必要な場面があります。Apple Payでできないことはおサイフケータイ化で対応しましょう。よりキャッシュレスな生活になりますからね。

Thumb minkane logo
written by

「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。
投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。

関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line