みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に
2018/06/27

大卒資格が欲しい人へ!最短での取得方法やおすすめ大学・通信!

大卒資格が欲しいと思っても、大学を卒業しなければ取れないと考えますよね?実は大卒資格を取るためには様々な方法があります。今回は社会人でも大卒資格が取れる簡単な方法と、安く最短で取れる取得方法についてご紹介していきます。大卒資格を取ることがどれだけ大きなメリットをもたらすのかについても解説します。

Large photo 1450101499163 c8848c66ca85

大卒資格とは?

大卒資格とは大学を卒業したことを証明する資格のことです。
大学を卒業した場合はその学校で卒業資格がもらえます。

しかし大学を中退してしまった場合は、その大学の卒業資格をもらうことはできません。
高卒や中卒の人が就職のために卒業資格を得るために勉強して、取得することができます。

大卒資格があれば、大学を卒業したと世間から認められることになります。

<下に続く>

大卒資格を取得するメリット

大卒資格取得者

働き場所によっては大卒以上でなければ採用してもらえないところがあります。
また大卒と高卒では生涯年収が大きく変わってきます。

さらに、大卒以上でなければ受験できない資格試験もあります。
税理士や医者のような専門性の高いところは、大卒資格がなければ試験を受けることさえできないのです。

学生時代はなんらかの理由があって大学に行けなかったり、中退してしまった人が大卒資格を求めるのは、就きたい仕事が大卒以上であると知った時などが多いです。

大卒資格を取得することによって、自分のできることの幅が広がります。

<下に続く>

大卒資格を取得する方法

大卒資格を取得するための方法は4つあります。

  1. 通信制大学でカリキュラムを終える
  2. 専門学校で資格を取得する
  3. 大学を卒業する
  4. 夜間大学を卒業する

以上4つの資格を取得する方法について、それぞれ詳しくみていきましょう。

大卒資格を取得する方法①:通信制大学でカリキュラムを終える

大卒資格を得るために勉強する

一番社会人をしながら大卒資格を取得しやすいのはこの方法です。
通信制であればインターネットを使って授業を受け、課題を出すことでカリキュラム修了することができます。

サラリーマンであれば日中働いて、夜疲れて帰ってきてもまたそこから学校に通うのは体力がいりますよね。
仕事も終わる時間が様々ですし、そんな中で仕事から学校へ通うのは難しいです。

その場合であればいつでもどこでもできる通信制がおすすめです。
土日に課題をまとめて行うのもいいですし、仕事の合間や家に帰ってきてから寝るまでの何時間やると決めるのもいいでしょう。

通信制は自分のペースで行えるのがいい点です。
何より通学しなくていいので楽です。

大卒資格を取得する方法②:専門学校で資格を取得する

専門学校には大卒資格取得コースがあります。
専門学校で専門的な知識を学び、身につけながら卒業することで専門学校卒業資格だけではなく、同時に大卒資格を受け取ることができます。

これは専門的に学びたいことがある人にはおすすめな方法です。
専門学校で得られる技術は手に職をつけて今後も仕事として活かせます。

その上大卒資格も持てるため、年収が専門学校卒業よりも高くなります。
両方同時に受けられるコースを設置している学校で受けることができます。

大卒資格を取得する方法③:大学を卒業する

シンプルな方法ですが、大学は何歳になっても通うことができます。
実際70歳以上の人が大学に通った例もあります。

社会人をしながら大学に通うことは可能です。
ただこの場合は普通の大学生と同じように過ごす必要があるため、サラリーマンをしながら大学に通うのは難しいです。

夜から働ける仕事に切り替えるか、もしくはアルバイトをしながら大学を通うかになります。
経営者やフリーランスの人であれば、この方法は空き時間を有意義に使える方法としていいかもしれません。

自分のライフスタイルと合わせて最適なものを選ぶのがいいですよ。
20代前半中には10代の人とも交流できるので、新鮮さは味わえます。

大卒資格を取得する方法④:夜間大学を卒業する

大学に通って資格を取りたい人でおすすめなのが、夜間大学を卒業することです。
夜間であれば昼間働いているサラリーマンでも時間を合わせることができます。

仕事が終わってから学校に通うことにはなりますが、通勤圏内にある学校を選んだりすることで負担も少なくなります。
夜間大学に通えば通信制よりも実際に授業を受けられるのでわかりやすく、また同じように社会人をしながら来ている人が多いので友達ができやすいです。

<下に続く>

通信制で大卒資格を取得するときの心得

通信制で大卒資格を取得するときには覚えておきたい3つの心得があります。

  1. 自己管理する
  2. 卒業計画を立てる
  3. サボらない

以上3つの心得について、それぞれ詳しくみていきましょう。

通信制で大卒資格を取得するときの心得①:自己管理する

通信制の学校は先生に見られているわけではないので、すべてが自分次第になります。
そのため通信制の大学は4年で卒業できない人が多いのです。

融通が利き、最近では「4年で卒業できなくても追加のお金はいただきません」という謳い文句をしている大学があるほどです。
時間や期限の融通が利いてしまうので、それに対して甘えてしまい必要な単位を取れないのです。

誰かがこうしなければならない、と言わないから自分で管理していつに何をするかを決まる必要があります。
自己管理能力が低い人や、期限ギリギリにならないとできない人には少し大変かもしれません。

最初に自己管理ができなければ卒業できないということを覚えておきましょう。

通信制で大卒資格を取得するときの心得②:卒業計画を立てる

本来大学では4年間の中で卒業に値する単位を取り、後は就活に備えるというのが主流です。
通信制でもそれは同じで、定められた単位を取らなければ卒業することはできません。

つまり卒業するためにどれくらいの単位がいり、またそれは何をすれば取れるのかを把握しておく必要があります。
卒業するための授業計画を立て、単位を取るための行動をしっかりと行うことが必要になります。

計画を立てても自分自身が仕事が、と理由をつけてサボってしまうと元も子もないので、計画は見える場所に貼るようにしたり、誰かに公言しておくといいですよ。

通信制で大卒資格を取得するときの心得③:サボらない

一番シンプルなのがサボらないことです。
人はついつい好きにしてもいいよ、待っているよ、と相手から期限を迫られないと後回しにしてしまいます。

後回しにしているうちに結局やらなかったり、やろうと思っているけれど疲れたことを言い訳にしてサボってしまいます。
実際普通に大学に通っていても授業をサボったり、単位を撮りそこねることがあるくらいです。

それが通信制となれば尚更監視されていない、家でできるという状態からサボりたくなってしまうのはある意味仕方のないこととも言えます。
そのためサボるものだと考え、サボらない工夫をすることが大切です。
人はどれだけ意思が強くてもサボってしまうものです。

<下に続く>

安く大卒資格が取得できるおすすめ大学・方法

安く大卒資格が取れるおすすめの大学・方法については以下の3つがあります。

  1. サイバー大学
  2. 放送大学
  3. 国公立の二部制

以上3つの安く大卒資格が取得できる大学・方法について、それぞれ詳しくみていきましょう。

大卒資格を取得できるおすすめ大学・方法①:サイバー大学

サイバー大学は通信制の大学です。
他の通信制大学と違うのが、学費を年間で支払うのではなく単位ごとに支払うところです。

単位ごとに支払うため、自分が受ける授業の分だけを支払うことができます。
そのため仕事で忙しい時に学費だけを無駄にすることがありません。

授業の計画も自分で立てることができるので、無理のない形で勉強することができます。
そのため全体的に他の大学よりも費用が安くなっています。

何より安心なのが最長で8年間授業が受けられるので、忙しいからこの時期は授業を少なめ、授業を取らずに落ち着いた時にまとめて取るということもできます。

大卒資格を取得できるおすすめ大学・方法②:放送大学

放送大学は入学金がなんと3万円もかからず、授業料と全て含めても70万円で卒業することができます。
というのも、放送大学はインターネットやテレビを使って放送で授業を受けることができます。

放送大学という名前は、放送を学ぶのではなく、放送で学べるという意味が込められています。
勿論キャンパスで勉強したり、面接授業で教えてもらうこともできます。

またオンライン授業ではテキストがありません。
大学はテキストなどの教科書代で費用がかかることが多く、放送大学では無駄なお金がかかることがありません。

大卒資格を取得できるおすすめ大学・方法③:国公立の二部制

通って学びたい方には国公立の二部制がおすすめです。
国公立は普通に通っても学費が安く、二部制では昼間通う大学生よりも半分の金額で学ぶことができます。

通信制ではなまけてしまうという方には、こちらがおすすめです。
国公立を卒業したということは、一部二部関係なく履歴書に書くことができます。

通信制であれば、通信制しかない場所が多いのでバレてしまいますが、二部制だということがバレることはありません。
そのため今後の自分の仕事に繋がることを考えるのであれば、二部制がいいですよ。

<下に続く>

最短で大卒資格を取得できるおすすめ大学・方法

最短で大卒資格を取得できるおすすめ大学・方法には以下の3つがあります。

  1. サイバー大学
  2. 専門学校
  3. 大学改革支援・学位授与機構を利用する

以上大卒資格を取得できる3つのおすすめ大学・方法について、それぞれ詳しくみていきましょう。

大卒資格を取得できるおすすめ大学・方法①:サイバー大学

サイバー大学は自分で授業の組み立てができ、単位ごとにお金が発生する仕組みです。
そのため必要単位を詰め込むことで、最短2年で卒業することができます。

仕事をしながら2年に凝縮するのは大変ですが、2年間だけ辛抱して勉強をするという気持ちを持てば2年で取得することができます。
サイバー大学は単位分だけの費用で無駄なお金もかからないので、安心して行うことができます。

大卒資格を取得できるおすすめ大学・方法②:専門学校

大卒資格取得コースのある専門学校もおすすめです。
専門学校は2年で卒業できます。

取得コースを修了することで、大卒資格がもらえます。
2年で大卒資格が得られるのでかなりおすすめです。

専門的に学びたいことがない場合でも、ビジネスコースなど仕事に特化した専門学校もあります。
大原学園では様々なコースもあるため選ぶことができます。

大卒資格を取得できるおすすめ大学・方法③:大学改革支援・学位授与機構を利用する

大卒資格を取得する方法は、大学を卒業する以外にもこのような方法があります。
これを利用できる人は大学を2年以上通った人か、専門学校、高等専門学校を卒業した人です。

そのため専門学校を卒業していない、大学に全く通っていない人は、大学に2年間通えば大卒資格がもらえます。
どうしても最短で取りたい人は、この方法を利用するのがおすすめです。

取得方法としては、学位授与機構に申請し審査が通れば受けとることができます。
最低限の基礎知識は必要になるので、少しハードルは高いかもしれません。

仕事や資格を受けたくて大至急必要になる時だけ、この方法を利用するのがいいでしょう。

<下に続く>

大卒資格を取得するのは簡単?

資格取得に迷う人

昔は大学を卒業しなければなりませんでした。
しかし最近では求める人が多く、通信制の大学や専門学校でも取れるようになりました。

通信制の大学も自己管理が難しく、卒業できずにいる人もたくさんいます。
しかし本気で大卒資格を取得しようと思えば、取得自体は難しくありません。

時間を作って二部制に必ず通う必要もなく、今ではインターネットでいつでもどこでも行うことができます。
資格を取ることのハードルが低くなり、簡単になってきました。

ただどんなことも結局は本人のやる気次第です。
大学に入っても、やらなければ取得はできません。

<下に続く>

大卒資格が欲しい人への取得方法まとめ

大卒は社会的評価が変わってきます。
学歴社会は崩れてきたと言われても、まだまだ会社は学歴を重視します。

実際数字として年収にもその結果は現れており、大卒資格を持っておくだけで変わります。
仕事の幅も広がるため、高卒で終わるのは勿体無いです。

それでもお金や事情があり大学に行けない人はたくさんいます。
社会人になったからこそお金に余裕ができ、大学に通った方がいいのかという気持ちが芽生えてきますよね?

働きながら昼間の大学に通うのは大変です。
自分のライフスタイルと合わせながら、今回紹介した大学の通い方の中で一番行いやすい方法を試してみましょう。

資格を取るために勉強をする期間は大変ですが、一定期間我慢するだけでそこからの選択肢は広がります。
まずは今回気になった大学を調べてみませんか?

Thumb minkane logo
written by

「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。
投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。

関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line