みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に

楽天Edyの5つのメリット!基本の使い方とチャージの方法を紹介

楽天edyはとても便利な電子マネーです。しかし小銭などの物のお金と違い、チャージやオートチャージをするなど使い方の知識が必要です。コンビニなどの使える店で使ってポイントを貯めたり、クレジットカードと一体型になったものの使用方法などについてまとめました。

Large id%e3%81%ae%e4%bd%bf%e3%81%84%e6%96%b9 %e3%83%a1%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%88 %e3%83%87%e3%83%a1%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%88%e3%81%a8%e3%81%8a%e3%81%99%e3%81%99%e3%82%81%e3%81%aeid%e4%bb%98%e3%81%8d%e3%82%af%e3%83%ac%e3%82%ab004
目次

楽天Edyとは

楽天edyとは、簡単に言うとSuicaのような電子マネーです。
電子マネーなのでチャージが必要なのですが、コンビニで簡単にチャージできます。

楽天edyには楽天edyに対応しているカードがありますので、そのカードに現金をチャージする形でお金を入れることができます。

楽天edyはクレジットカードと一体となっているものあります。

そして、楽天edyの電子マネーをただ蓄えて、そして電子マネーとしてお買い物で使えるようにするものなどいろいろな種類があります。

楽天edyはコンビニで簡単にチャージできますし、ポイントも貯まるので用途に合わせて使うととても便利な電子マネーになります。

コンビニのレジなどでも、楽天edyは支払い方法の1つになっています。

<下に続く>

楽天Edyの入会金や年会費

楽天edyは、普通のお金を楽天edyのカードに入れることによって電子マネーに変換しお買い物に使うというものです。

楽天edyは使い方や買い物の仕方によっては、ポイントがたまってお得に使える電子マネーなので対象商品や買い物場面によってはかなりお得に使える電子マネーです。

しかし、いくらお得に使える電子マネーであるといっても、年会費などがある場合、使用をちゅうちょしてしまう方もいらっしゃるでしょう。

結論から言うと、楽天edyの年会費は無料です。

年会費は無料なので、電子マネーになじみがなくて使ってみたいと思っていた人はこの機会にぜひ電子マネーデビューをしてみるのも良いでしょう。

年会費は無料でできますので、少しでも興味のある方は持っておいて損のない電子マネーでしょう。

<下に続く>

楽天Edyが使えるお店一覧

楽天edyが使えるお店は全国に55万箇所あります。その中でも有名なお店を詳しく具体的に紹介します。楽天edyが使えるお店は大きく分けて以下の通りです。

  • コンビニ
  • ファミレス
  • スーパー
  • ドラッグストア
  • ネットショップ
  • 家電
  • 百貨店
  • 雑貨店等

①:コンビニは幅広く使える

コンビニなどで楽天edyが使えることはよくあることです。

ローソンやファミマ、セブンイレブンといった大手はもちろん、サークルKや生活彩花という少しニッチなコンビニまで幅広く使用可能です。

②:飲食もだいたい使える

楽天edyは、飲食の使用範囲がとても広いです。

対応しているものに限りますが、コカコーラの自動販売機やガストなどといった大手ファミレス、さらにはマクドナルドといったファストフード店などでも幅広く使用可能です。

③:小売店のスーパーでも使用できる

イトーヨーカドーなどといったスーパーでも使用することができます。

大手のスーパーなだだいたい使用することができますし、地方を中心に展開するアピタやベニマートなどでも使用可能です。

④:ドラッグストアでも幅広く使用可能!

ドラッグストアでも幅広く使用可能なのが、楽天edyのすごいところです。

ドラッグストア大手のツルハドラッグやセイジョーなどはもちろん、地方展開している各種ドラッグストアでも商品を購入するときに楽天edyで使用可能です。

⑤:ネットショップでも使用可能!

楽天edyはネットショップでも使用可能という、守備範囲の広さです。

守備範囲の広さは国内で対抗するアマゾンでも使えるほどです。

ほかにも、Greeや楽天市場などおなじみの市場で使うことができます。

⑥:家電関係のお店でも使用可能!

家電関係のお店でも使用可能です。例えば、ケーズデンキやヨドバシデンキなどで使用することができます。

地方展開している比較的小規模な家電量販店でも使用することができますので、機会があったら使ってみましょう。

⑦:百貨店やショッピングセンターでも使える

百貨店やショッピングセンターでも使用可能なのが楽天edyのありがたいところです。

そのような大型店では、買い物を沢山して荷物がかさばりがちですが、楽天edyでシャリーンという音とともに会計をすることができるのです。

⑧:雑貨系も使える場所がある

雑貨系も使える場所があります。

プレゼントを買うときに便利で、OLにも人気なロフトなどでも、楽天edyは使用できるのです。

ドンキホーテやスーツのハルヤマなどでも使用することができますので、機会があったら使用してポイントを貯めましょう

<下に続く>

楽天Edyの利用方法

楽天edyは便利な電子マネーで対応しているお店も服飾から飲食、百貨店から電気製品まで幅広い用途があります。

楽天edyの使用方法を知ってしっかり楽天edyを使えるようになってください。

ご紹介する使用方法は以下の4つの方法です。

  1. 楽天カードで使うには
  2. 楽天Edy機能付きクレジットカードで使う方法
  3. Edy楽天ポイントカード
  4. おサイフケータイで使う方法

では、1つずつ詳しく見ていきましょう。

①:楽天カード

関根勤のCMでおなじみの楽天カードに楽天edyの機能を付けて使用することができます。

楽天カードに楽天edy機能を付けることによってさまざまなメリットが出てきて、普通の買い物よりもとてもお得に買い物ができるのです。

例えば、楽天カードで買い物をするとたまる楽天ポイントも楽天edyに変えてしまうことができるのです。

つまり、楽天カードで買い物をして貯まったポイントを楽天edyに変えることによって楽天edyに対応している飲食店などで使用することができるのです。

楽天ポイントの場合、外食などをしようと思っても用途が限られてきますが楽天edyに変えることによって使用可能用途はかなり広がります。

お得に買い物をして、さらに貯まったポイントを楽天ポイントの圏外でも使用可能にできるのが楽天ポイントカードに楽天edy機能を付けたものなのです。

②:楽天Edy機能付きクレジットカード

関根勤のCMでおなじみの楽天カードに楽天edyの機能を付けて使用することができます。

楽天カードに楽天edy機能を付けることによってさまざまなメリットが出てきて、普通の買い物よりもとてもお得に買い物ができるのです。

例えば、楽天カードで買い物をするとたまる楽天ポイントも楽天edyに変えてしまうことができるのです。

つまり、楽天カードで買い物をして貯まったポイントを楽天edyに変えることによって楽天edyに対応している飲食店などで使用することができるのです。

楽天ポイントの場合、外食などをしようと思っても用途が限られてきますが楽天edyに変えることによって使用可能用途はかなり広がります。

お得に買い物をして、さらに貯まったポイントを楽天ポイントの圏外でも使用可能にできるのが楽天ポイントカードに楽天edy機能を付けたものなのです。

③:Edy楽天ポイントカード

Edy楽天ポイントカードは、楽天ポイントカードと電子マネーのEdyひとつとなった便利なカードです。

このカードは手に入れれば誰でも使うことができますので、まずは手に入れなくては利用することはできないのです。

このカードはインターネット上で申し込みをして手に入れる方法がありますので出不精の方やもらいに行くのが面倒だと考える人にはこの方法が一番合っているといえるでしょう。

年会費はもちろん無料なので、コンビニをよく利用する人などはこのカードを利用するとポイントが貯まって、日常的に良い買い物ができます。

④:おサイフケータイ

おサイフケータイに楽天edyの機能を持たせることもできます。

おサイフケータイは電子マネーを使う携帯電話の機能なので、電子マネーの一種である楽天edyでも、もちろん対応しているのです。

おサイフケータイ機能を使ったり、パソリを使ったりすることによって楽天edyという電子マネーを使用することができるようになります。

買い物は手荷物がかさばったり、小銭を出すのがおっくうに感じたり、代金をお財布から出しているときに、後がつかえていたりすると気持に余裕がなくなることもあります。

しかし、生活必需品ともいるケータイに楽天edyの機能を持たせることによって、ケータイ1つで簡単に決済ができるようになります。

もちろん、楽天ポイントもたまりますので楽に決済をしてポイントも手に入るお得な電子マネーとして使用できるのです。

<下に続く>

楽天Edyの店頭での使い方

楽天edyはとても便利な電子マネーで、対応店で使うと楽天ポイントも貯まるとてもお得な電子マネーです。

使い方は簡単で、SuicaやPASMOのように対応するお店には読み取り機がありますので会計前に楽天edyで支払いたいと店員の方に伝えて読み取り機にタッチしましょう。

シャリーンという音が鳴ると支払い完了です。

支払いの前にチャージすることも必要ですが、チャージはファミリーマートのファミポートなどでできます。

対応店のコンビニでチャージすることができ、対応店のコンビニでチャージするほかにも、オートチャージ機能も付いていますのでチャージが煩わしい人にはおすすめです。

SuicaやPASMOやwaonカードなどのように現金をチャージすることによって電子マネーに変換し、タッチ1つで支払いをするというのが楽天edyの利用方法です。

<下に続く>

楽天Edyのチャージ方法

楽天edyのチャージ方法は、大きく分けて5つあります。

楽天edyは電子マネーなのでチャージしないと使えないので、以下にご紹介する5つの方法を知って楽天edyを使いこなしてください。
楽天edyのチャージ方法は、大きく分けて5つあります。

楽天edyは電子マネーなのでチャージしないと使えないので、以下にご紹介する5つの方法を知って楽天edyを使いこなしてください。

  1. アプリでチャージする方法
  2. Edyチャージャーでチャージする方法
  3. 楽天カード一体型でチャージする方法
  4. ファミポートでチャージする方法
  5. レジ前でチャージする方法

方法①:Edyチャージアプリでチャージ

Edyチャージアプリでチャージすることによって、楽天edyを簡単に使うことができるようになります。

しかし、注意しなくてはならないのが、iOSには対応していないということで、Google Playのみ対応なので注意しましょう。

方法②:Edyチャージャーでチャージする方法

Edyチャージャーでチャージする方法もあり、Edy専用のチャージ機でチャージする方法です。

Edyに対応しているお店でEdyチャージ機を設置しているお店もありますので、お買い物前にチャージしてしまいましょう。

方法③:一体型カードでチャージする

楽天カードでチャージする方法もあります。

その場合、楽天カードと楽天edyが一体型になったカードに申し込みをする必要があります。

楽天のホームページ上から、申し込みフォームがありますので、そのカードを手に入れれば完了です。

方法④:ファミポートでチャージする方法

コンビニのファミリーマートに置いてあるファミポートという端末にはカードを読み取る部位があります。

ファミポートにカードを載せてチャージすることができるのです。

ファミポートでチャージすると少しポイントが貯まりますので、お得にチャージできます。

方法⑤:レジでチャージも可能

レジでチャージすることも可能です。

楽天edyで買い物をしようと思っていたにも関わらず、残高が足りなくなってしまったというときはレジ前でチャージすることもできるのです。

<下に続く>

楽天Edyの魅力

楽天edyは買い物をする際、加盟店で楽天edyで支払いするとポイントが貯まり、さらにはチャージしても少しポイントが貯まるというお得な電子マネーです。

楽天edyは使い方を心得ているととても便利に使えるので、ここではEdyにさらに詳しくなってもらうため、5つの魅力をご紹介します。

  1. チャージするだけでポイントが貯まる
  2. 加盟店が多い
  3. 楽天ポイントをEdyに変換できる
  4. おサイフケータイで使う方法
  5. チャージ方法が豊富

では、1つずつ詳しく見ていきましょう。

魅力①:チャージするだけでポイントが貯まる

大手家電量販店などにもある来るだけポイントみたいなものが、楽天edyにも存在します。

楽天edyの場合、楽天edyをファミポートや対応するお店にあるレジでチャージするだけでポイントが貯まるのです。

これはかなりお得な制度なので、お買い物前にチャージ残高をチェックして、足りなかった場合はカードにEdyをチャージしておくとよいでしょう。

そうすることで、電子マネーの楽天edyの利用のメリットであるシームレスに買い物をする手助けにもなります。

そしてポイントも貯まるのだから、一石二鳥でスムーズな買い物以上のものを手に入れることになるのです。

魅力②:全国55万箇所での使用が可能

楽天edyは、全国55万箇所での使用が可能という使用場所の多様さが魅力の1つとして挙げられるでしょう。

飲食といっても、マクドナルドやバーミヤン、ヨドバシ電気からハルヤマなどありとあらゆる全国のお店で楽天edyを使うことができます。

全国のお店で楽天edyを使うことによって、ポイントが貯まっていきますので休日の買い物などは、楽天edyを使って買い物を楽しみましょう。

まちの至るところで、楽天edyは利用できます。

そのため、楽天edyを使いたいとおもう人は常に楽天edyを持っていると思わぬところでポイントをゲットすることができるかもしれません。

魅力③:楽天ポイントをEdyに変換できる

楽天ポイントはEdyに変換できます。

楽天は日本国内で、アマゾンと一二を競うECショップでアマゾンにはない化粧品や食料品などがたくさんそろっています。

そんな楽天でお買い物をして貯まった楽天ポイントをEdyに変換できるのは、かなりお得な制度だといえます。

Edyに変換することによって、コンビニスイーツを食べたいと思ったときに実質的に楽天ポイントで支払うことができるのです。

楽天ポイントをEdyに変換し、加盟店で使用することは、上手に使えばかなりおすすめな方法です。

お得に電子マネーを使うことができますし、たくさんのお金を節約することにもなるでしょう。

魅力④:おサイフケータイで使う方法

おサイフケータイで使える方法は、電子マネーであるEdyの利便性をもっとよくしたものであるといえます。

携帯電話は今、ほとんどの日本人がもっているといっても過言ではないでしょう。

その携帯電話と一体にすることによってEdyが使えるのは、荷物が減るしとても便利な仕様であるといえます。

おサイフケータイで仕様することによってEdyが使えるのは、とてもおすすめできる方法なので、おサイフケータイを持っている人はEdyを導入してみましょう。

Edyを導入することによって、いつでもすぐEdyを使うことができるようになり結果としてポイントも貯まりやすくなってかなりお買い得な買い物ができます。

魅力⑤:チャージ方法がたくさんある

チャージ方法の選択しが豊富にあるので、自分が気付いたときにすぐチャージができます。

チャージ方法の1つには、ファミポートでチャージする方法があります。

ファミポートは公共料金の支払いなども行うことができるので、そのついでにといったときにチャージできるのです。

ほかにもチャージ機でチャージすることもできますので、加盟店におかれている場合もありますので、買い物の前に確認してみると良いでしょう。

そして、加盟店のレジでチャージすることもできますのでお会計の直前にEdyが足りなかったと思った場合は、レジでチャージしたい旨を店員の方に伝えましょう。

<下に続く>

楽天edyはポイントが貯まる電子マネー

楽天という名前が付いているため、楽天市場でしか使えないのかと勘違いする人もいるかもしれせんが実際には全国加盟店舗55万箇所での使用が可能です。

楽天edyを使うとポイントがたまり、チャージ方法によってもポイントがたまりますので楽天edyを使う機会がある場合は楽天edyをたくさん使ってポイントを貯めましょう。

楽天ポイントをEdyに変換することもできますので、用途に応じた使い方がお買い得に買い物をする鍵となります。

Thumb minkane logo
written by
「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。 投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。
関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line