みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に
2018/07/03

ダイソーのジョイントラックがおすすめ!種類やサイズや組み立て方は?

100均のダイソーで買える「ジョイントラック」が人気です。人気の秘密は、ポール(補強バー)や棚板のパーツを自由に組み合わせて必要なサイズのメタルラックをつくれることと、通販などで買うより断然安くそろうことです。安くても耐荷重は10kg。これは1つのラック全体での重さが10kgまでということです。重さに注意すれば、棚の位置や大きさをパズルのように考えて、キッチンやリビングなどにアイデア次第で便利な棚をつくれます。
今回は、ジョイントラックのパーツの種類や組み立て方、アレンジの仕方などを紹介します。

Large %e7%ae%b1  2

ダイソーのジョイントラックがおすすめの理由

①メタルラックが安く買える

ホームセンターや通販でメタルラックを購入する場合に比べて、安くそろえることができるのが一番のメリットです。
さすがに大きくてしっかりした棚板は300円ですが、ほかのパーツは100円で購入できます。

たとえば、高さ47cmで、45cm×25cmの棚板2枚のシンプルな棚は、税抜き1,200円(以下すべて税抜き価格)で組み立てられます。
安さを実感してもらえるのではないでしょうか。

②使いやすいサイズ展開

パーツの組み合わせで、小さな小物収納から大型収納まで作ることができます。もちろん1cm単位で自由になるわけではありませんが、組み合わせられるサイズであれば必要なサイズのラックがつくれます

収納したいものとラックを置くスペースを確認して、組み合わせるパーツを考えてみてくださいね。

③組み立てが簡単

高さを決めたポールを4本用意して、固定部品で棚板を固定するだけの簡単組み立てです。延長ポールは、クルクルねじを巻けばつなげられるねじ式です。

キャスターも差し込むだけなのでカンタン。ゴム製のハンマーがあれば棚を固定しやすく便利ですが、もちろんなくても組み立てられます。

<下に続く>

ダイソーのジョイントラックのサイズ

①棚板のサイズ

棚板のサイズは重要です。1つのラックには、同じ幅の棚板を用意しないと組み立てられませんので注意してくださいね。

棚板のサイズは5種類です。

30cm×15cm(100円)

30cm×30cm(300円)

40cm×25cm(300円)

45cm×20cm(300円)

45cm×25cm(300円)

小さな30cm×15cmのタイプは、スパイスや化粧品など小さな小物が乗るサイズです。一番大きな45cm×25cmのタイプは、パソコンやゲームを置けるサイズです。大きな棚板以上の広さが必要な場合は、2台置くなどで調整します。

②かごタイプ棚板のサイズ

約6cmの深さのあるかごタイプを通常の棚板代わりに使うこともできます。深さがあれば棚から落ちることもなく、食器やタオルを収納するのに便利です。

網状になっているので、例えばコップを置いてもカタッと傾くことが少なく便利です。かごタイプのサイズは2種類です。

40cm×25cm×6.5cm(300円)

45cm×25cm×6.5cm(300円)

通常の棚板とかごタイプを同時に使用する場合は、40cmのかごには40cmの棚板を組合すように、サイズが同じものにします。

③転び止め棚のサイズ

通常の棚は長いスチールのラインに大きさによって1本か2本の短いラインが入っていますが、より細かく網目状に短いラインが入るので、物を置いた時に倒れにくくなる棚です。サイズは1種類です。

45cm×25cm(300円)

こちらも45cmの棚板、またはかごタイプの棚板とのみ組合すことが可能です。

④ポール(補強ポール)のサイズ

1台のラックには4本のポールが必要です。ラックの高さを決めて、こちらをまずは4本選んでから、長くしたい場合は延長ポールを追加します。

ポールは1本100円で、長さは3種類あります。

25cm

39cm

47cm

⑤延長ポールのサイズ

延長ポールは、④のポールにつなげられるようになっています。あまり高くするとバランスがくずれますが、ねじ式になっていて何本でもつなげられます。高くしたい場合は何本もつなぎましょう。

ベースのポールと延長ポールを組み合わせた長さであれば高さのサイズは自由です。延長ポールのサイズも3種類あります。(1本100円)

24cm

38cm

46cm

<下に続く>

ダイソーのジョイントラックのパーツの種類

①固定部品

ポールに棚板を固定するのに必要な部品です。ポールを挟み込むように2つに分かれるパーツを取り付け、棚板がずり落ちないように止めます。

1袋に固定部品が4つ入っていて100円です。棚板を固定するのに、4つの固定部品が必要になりますので、棚板1つに対して固定部品1袋を購入するようにします。

買い忘れることの多い部品ですので、ご注意ください。

②キャスター

直線ラインに動くキャスターです。動かす目的が、ラックを引き出すだけならこちらのキャスターで大丈夫です。

キャスターは、隙間収納で引き出して奥のものを取る時などに使いたいパーツです。動かせると掃除もしやすいですね。

見た目は、カバーが付いた一般的な黒いキャスターです。ストッパーはついていません。

1袋に2つキャスターが入って100円です。通常は1つのラックに2袋必要です。

③回転式キャスター

こちらは、キャスターがくるくる自在に回転するタイプです。動かす範囲が広い場合はこちらのキャスターが使いやすいですね。

また、タイヤ部分がポリウレタンになっていて床にキズが付きにくい仕様になっています。こちらもストッパーはついていません。

回転式キャスターは1つで100円です。通常は1つのラックに4つ必要になります。

<下に続く>

ダイソーのジョイントラックの組み立て方

①まず、ポールを組み立てます。ポールを延長する場合は、ベースのポールのキャップを外し、必要な延長ポールをクルクルねじ止めします。

最終的な長さになったポールを4本用意します。

②棚の位置を決めます。1番下段の棚を設置したい場所に固定部品を取り付けます。

ポールの溝に合わすときっちりと固定部品を取り付けられます。

また、ポールの溝は5本ずつ目印になる2本溝になっていて便利です。目印を確認しながら、棚が斜めにならないように、4本のポールの同じ場所に固定部品を取り付けます。

③ポールの上から棚を通します。固定部品にしっかりと固定します。(この時にゴムのハンマーがあると、少ない力で棚を固定部品に固定できて便利です)

④必要な棚の数だけ②と③を繰り返します。

⑤キャスターをつける場合は取りつけます。

以上です!簡単ですね。

<下に続く>

ダイソーのジョイントラックを使った収納アイデア

①洋服を収納するアイデア

かごタイプの棚板を利用して洋服を収納するアイデアです。かごタイプならそのまま洋服を入れられて便利ですね。

写真のタイプで、かごタイプ棚板×3、補強ポール×4、延長ポール×4、固定部品×3、キャスター2つ入り×2で、合計2,200円になります。

隠す収納であれば、ケースを利用して洋服を納めればすっきり片付けられます。S字フックを利用して、ラックまわりにバッグや帽子をかければ、さらに多くのものを片付けることができます。

@n.s.m.r.83がシェアした投稿 -

②おもちゃを収納するアイデア

ボックスなどを利用しておもちゃをスッキリ収納する方法です。ボックスをカラフルにしたり、お気に入りのおもちゃをディスプレイしたりすれば、楽しいスペースになりますね。お子さんも片づけ上手になれそうです。

写真の高さがある方は、棚板×3、補強ポール×4、延長ポール×4、固定部品×3、合計2,000円になります。低い方は、棚板×3、補強ポール×4、固定部品×3で、合計1,600円です。2台で3,600円で作れます。

@n.s.m.r.83がシェアした投稿 -

③よく使う食器を収納するアイデア

よく使う食器をまとめて置ければ、取り出しやすく時短につながります。3段あれば毎日使うような食器をすべて収納できそうです。

こちらも延長ポールキャスターなしの基本の3段。棚板×3、補強ポール×4、固定部品×3で、合計1,600円です。

キッチンまわりではほかに、スパイスを収納したり、お茶タイムに必要なセットをまとめたりと細々したものを片付けるのに便利です。

また細長く組み立てて、冷蔵庫と壁の間の隙間を利用した収納にも利用できます。

@n.s.m.r.83がシェアした投稿 -

④キッチン流し下の収納アイデア

キッチンの流しの下は、高さはあっても配水管が邪魔で収納が難しい場所です。ジョイントラックを組み合わせて利用すれば、空間に無駄なく収納を確保できますね。洗面流し下のスペースも同じように利用できます。

@n.s.m.r.83がシェアした投稿 -

⑤玄関で靴を収納するアイデア

玄関にたくさん並んでしまう靴を、スッキリ収納するアイデアです。横に並べたり、高くすることで収納力がアップします。

棚板を靴の高さに合わせて設置すれば、レインシューズやブーツもきれいに収まります。また、ラックごと動かしてお掃除すれば、お掃除もラクラクですね。

もぐぐさん(@mogugu121)がシェアした投稿 -

⑥脱衣所のランドリーラックとして利用するアイデア

洗剤やタオルなどを収納するランドリーラックも、スペースに合わせて組み立てられます。洗濯ばさみやハンガー、ドライヤーなどを細々したものを収納すれば生活感を隠せます。

ラックがシンプルなので、どんなスタイルも合うのがうれしいポイントです。ナチュラル素材のかごやバッグとの相性もいいですね。

@n.s.m.r.83がシェアした投稿 -

⑦植物を収納するアイデア

小さな鉢植えを並べるのにも便利です。屋外仕様ではないので、雨ざらしの場所は避けた方がいいです。

また、土が入ると重くなりますので耐荷重には注意が必要です。下の段にも日光が届きやすく排水もスムーズなので、元気に育ちそうです。

植物を置くだけでなく、園芸用品の収納にもぴったりです。

なおさん(@nyaon2000)がシェアした投稿 -

<下に続く>

ダイソーのジョイントラックのおしゃれなアレンジ法

①突っ張り棒などを吊ってハンガーラックにアレンジ法

S字フックで棚板の端から突っ張り棒を吊って、ハンガーラックにするナイスアイデアです。上下にも棚を作れば、小物やバッグなども収納できてとても便利ですね。

ハンガーにかける洋服の長さに合わせて無駄なくつくることができます。洋服のサイズが変わる子供用のハンガーラックにすれば、洋服が大きくなればハンガーラックのサイズを変更できるので、買い直しが必要なく助かります。

同じような方法で、キッチンでお玉などをぶら下げる収納や、吊りクリップで歯磨き粉やクリームなどを収納するのも便利ですね。

@n.s.m.r.83がシェアした投稿 -

②棚板にぴったりの木板を置くアレンジ法

写真は木目調のシートですが、木の板のほか、滑り止めマット、アクリル板、コルクマットなどを棚板に置けば、見た目も収納のしやすさもアップします。セリアのシートを利用する人も多いようです。インテリアに合わせた素材を選べばおしゃれに使うことができますね。

memeさん(@meme1120a)がシェアした投稿 -

③ペットのベッドにアレンジ法

低めの1段のラックにお布団やクッションを置いて、ペットのベッドとはグッドアイデアです。通気性もあって快適に過ごせそうです。

そのほか人形用の2段ベッドを作るアイデアも。お子さんも喜びそうです。

④ポールの高さを変えるアレンジ法

軽いものを置くなら、ポール2本で棚板を支えるアイデアもありですね。手前のポールがなければ置いてあるものがよく見えますので、ディスプレイしたいものにぴったりです。

⑤上級者向け?の連結アレンジ法

同じ高さに棚板を設置しなければ、2つのラックを連結したような組み合わせが可能です。うまく組み合せば100均とは思えない完成度になります。

完成形を紙に書くなどしてしっかり形を決めて、組み立てる時にも順序をよく検討する必要がありますが、出来上がった時は達成感を味わえそうですね。

<下に続く>

ダイソーのジョイントラックを使って収納力アップ

組み立て式のメタルラックは、組み合わせ次第で片付け上手になれる頼れる存在です。小さな収納から大きな収納まで、便利に活用してください。

店舗によってそろう部品が違ったり、人気のため売り切れていたりするようですので事前に電話確認をしてから行った方が確実です。何店も周って部品をそろえる人もいるようです。

金額の目安は、延長ポールなし・キャスターなしの棚板3段を基本として合計1600円。延長ポールを1段追加するごとに400円追加。棚板1枚追加するごとに400円追加のイメージです。ダイソーのジョイントラックで節約収納を実現しましょう。

Thumb minkane logo
written by

「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。
投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。

関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line